5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

まどかの原作者です。

1 :マギカクォーテット:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:uUQ8E1cQ
今からまどか2を執筆していきます。

2 :マギカクォーテット:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:uUQ8E1cQ
女は空を見上げてにやついていた。

3 :マギカクォーテット:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:uUQ8E1cQ
四発のミサイルが目標に向けて発射された。

4 :マギカクォーテット:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:uUQ8E1cQ
上空が煙に包まれた。

5 :創る名無しに見る名無し:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:IMTpoTv3
>>1

創作発表板はVIPと違い、放っておいてもスレが落ちません。

単発SSなら↓の板おすすめ

SS速報VIP
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/index.html

6 :創る名無しに見る名無し:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:+Vy0Feh0
ここで練習しな
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1367214935/

7 :創る名無しに見る名無し:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:+Vy0Feh0
練習し放題だから

8 :創る名無しに見る名無し:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:d5hY+MbA
すいません。スレッド?を立てたものです。今からヒッキーの小説のところに真面目に書きます。

9 :山中康平と言います:2013/09/01(日) 05:53:08.77 ID:rH6YrxuW
1です。どうやらまどかは僕の見た作品から作ったみたいです。今世界で共通していることはお金がないということです。今から作品を書くのでぜひシャフトとみんなに見てもらいたいです。

10 :山中康平:2013/09/01(日) 05:54:51.46 ID:rH6YrxuW
「来るはずのない電車」

11 :山中康平:2013/09/01(日) 05:57:47.78 ID:rH6YrxuW
「来るはずのない電車」私は電車に乗っていた。地図を片手に路地をさまよいながら、彼の家についた。「コーヒーでいい?」「ええ」「結婚することになったんだ」帰りは終電だった。私はホームに座って来るはずのない電車を・・続く

12 :山中康平:2013/09/01(日) 06:03:04.96 ID:rH6YrxuW
ちなみに世界最強になるにはものを売ること。お風呂。サッカー。エロを見ない。すいません。この三つだけなんとなくわかりました。

13 :山中康平:2013/09/01(日) 06:07:51.18 ID:rH6YrxuW
後みなさんはオナニーをちゃんとしてるでしょうか

14 :創る名無しに見る名無し:2013/09/10(火) 08:14:06.33 ID:diBsIAHL
すいません。1です。よくわからない書き込みをしてすいません。でもお風呂とオナニーは確かです。ヒッキーの方でも書きました。では始めます。一日一回書いていきます。

15 :創る名無しに見る名無し:2013/09/10(火) 08:18:02.00 ID:diBsIAHL
女は空を見上げてにやついていた。ミサイルが上空に打ち上げられ、目標に当たった。上空は大きな煙で包まれた。女はまだ空を見上げたままにやついている。女の側には二人いて、二人共だまったままだった。

16 :創る名無しに見る名無し:2013/09/10(火) 08:46:34.10 ID:diBsIAHL
やっぱり怖くなってきました。ちゃんと大人になってからやっていきたいと思います。

17 :マギカクォーテット:2013/10/01(火) 20:02:19.14 ID:ZHhdnlWy
〜俺が本物じゃ〜女はにやついていた。

18 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:07:29.15 ID:ZHhdnlWy
ミサイルが上空に打ち上げられ、目標に当たった。

19 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:10:07.67 ID:ZHhdnlWy
女はまだにやついている。

20 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:14:03.69 ID:ZHhdnlWy
側には二人いて、どちらも黙ったままだった。

21 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:16:29.31 ID:ZHhdnlWy
すると突然、爆煙の中から謎の物体が現れ、女に迫ってきた。

22 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:20:46.10 ID:ZHhdnlWy
女は大きな槍をふりおろした。・・・

23 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:25:53.88 ID:ZHhdnlWy
長い廊下を三人は歩いていた。

24 :創る名無しに見る名無し:2013/10/01(火) 20:30:24.81 ID:ZHhdnlWy
屋上に出ると、ヘリが止まっていて、三人を出迎えてくれた。・・・

25 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:07:16.64 ID:YVyRpCFc
ヘリが到着すると、一人の少女がいた。女のうちの一人はその少女に目もくれず、横切っていった。・・ここは大きな町・・プロローグおわり

26 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:24:21.15 ID:YVyRpCFc
まだまだ続く。僕働いてなくてどうやら僕の販売歴からまどかを作ってくれたみたい。書庫は絶対捨てちゃ駄目だよ。サッカーもしなくていいよ。すまんです。シャフトさんも読んでると思うけど僕ジブリに行きたいっす。まじむずい(T_T)もっと野菜を食べねば(笑)

27 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:34:52.21 ID:YVyRpCFc
朝、ほむらは目覚めた。日の光がガラス越しに差しこんで、顔半分にあたっている。

28 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:41:46.53 ID:YVyRpCFc
むくりと彼女は起きあがると、ぼーっと目の前を見つめていた。「学校だ。」

29 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:48:29.71 ID:YVyRpCFc
通学路をほむらは一人で歩いていた。後ろから声をかけられた。「お〜い。」杏子(きょうこ)だった。

30 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:53:08.68 ID:YVyRpCFc
今学期から同じクラスメイトになる。杏子の制服姿はとても似合っていた。

31 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 00:57:37.42 ID:YVyRpCFc
杏子「朝っぱらからむっつりかあんたは。」・・教室にて。杏子「モグモグ。で?」ほむら「・・・」

32 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 01:03:33.59 ID:YVyRpCFc
杏子「ま、あんたの考えてることもわからんでもない。」ほむらは弁当のはしを置いて杏子を見た。杏子「今、マミのやつがやってる。」・・・

33 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 01:39:11.02 ID:YVyRpCFc
ちょっと休憩。そして反省。やっぱりファンの気持ちを考えたらまどかを作り続けるべき。答え。シャフト。

34 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 02:21:03.52 ID:YVyRpCFc
マミ「片ずいたわね。でもやっぱり・・・。」仁美(ひとみ)「・・・。」・・・

35 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 02:48:17.14 ID:YVyRpCFc
演奏会にて。仁美「人手が足りないんですね。」ほむら「そうよ。」仁美「・・やります。」・・・

36 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 03:06:58.82 ID:YVyRpCFc
三人、帰り道にて。杏子「本当にやれんのかよ。あんなんで。」ほむら「あの子は本物よ。」マミ「ええ、すごい力を持ってる。」・・・

37 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 03:39:09.26 ID:YVyRpCFc
キュウべえ「もう君はこっちでいいんだよ。」仁美「はい。お願いします。」・・・

38 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 03:49:33.89 ID:YVyRpCFc
37訂正。キュウべえ「本当にこっちでいいのかい?」仁美「はい。お願いします。」

39 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 05:14:53.33 ID:YVyRpCFc
発表途中で急やけど・・チンコの皮を上下にこすると気持ちよくなって射精する。同様にマンコもいじると気持ちよくなる。これをオナニーといいますよ。

40 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 05:37:04.55 ID:YVyRpCFc
マミの家にて。マミ「ええ、では」仁美「そんなにかしこまらなくても。」ほむら「いいのよ。これで。」マミ「コラ。それまだ切ってないやつだよ。」・・・

41 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 06:16:22.66 ID:YVyRpCFc
途中でごめん。喜多村英梨さんの277〜281以下浮いてる書き込みもなぜかマギカクォーテットといわれているまどかの原作者です。匿名ですいませんでした。

42 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 06:31:59.39 ID:YVyRpCFc
37と38訂正。なかったことに。

43 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 07:41:59.50 ID:YVyRpCFc
・・四人はお腹いっぱいになった後、ほむらは切り出した。「・・しっぽがいるわ。」三人はほむらの方を見た。

44 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 07:50:25.70 ID:YVyRpCFc
仁美「しっぽ・・ですか?」杏子「おいおい。誰かが裏で暴れまわってるってことかよ。」マミ「暁さん、それは一体?」ほむら「・・人よ。」

45 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 08:23:35.44 ID:YVyRpCFc
このスレッドを削除できるでしょうか

46 :創る名無しに見る名無し:2013/10/02(水) 22:51:45.66 ID:YVyRpCFc
最後の書き込み。誰か見てくれてる?アダルトビデオを見たらどうだろ。

47 :創る名無しに見る名無し:2013/10/03(木) 11:10:49.11 ID:r0DJzx6w
[sage]

48 :創る名無しに見る名無し:2013/10/03(木) 11:13:04.47 ID:r0DJzx6w
[sage]

49 :創る名無しに見る名無し:2013/10/04(金) 15:21:10.17 ID:H7DySqX6
〜まだある・・・1000までいこう〜・・・その少女はビルの上でたそがれていた。ほむら「あなたね。魔女を操っていたのは。」少女「それで?」ほむらは弓を握った。「どこでそれを知ったかは言わないわ。」

50 :創る名無しに見る名無し:2013/10/04(金) 15:24:56.90 ID:H7DySqX6
ほむらは翼を広げた。少女「あなたはどうあがいても私にはかなわない。」ほむらは弓を放った。しかし、少女は消えてしまった。

51 :創る名無しに見る名無し:2013/10/04(金) 19:04:09.09 ID:H7DySqX6
〜おわり〜 ・・・にします。

52 :創る名無しに見る名無し:2013/10/04(金) 19:10:03.58 ID:H7DySqX6
おい。俺結局どこで働くんだよ。ジブリがすごいの?

53 :創る名無しに見る名無し:2013/10/04(金) 19:48:34.32 ID:H7DySqX6
まぁいいや。すんませんでした。本当に発表はおわりです。見てくれた人ありがとう。

54 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 15:05:58.03 ID:5y9D4CX9
本当に見てくれてありがとう。後セーラームーン・・・じゃないか?最強の作品は・・

55 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 19:06:12.90 ID:5y9D4CX9
〜やっぱ続けます〜「あの子ならなんとかなるかもね。」ほむら「・・・」

56 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 19:19:46.62 ID:5y9D4CX9
・・・教室にて。マミ「あの子って。」杏子「まどかって子のことだろ?てめえが散々説明してくれた。」

57 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 19:35:17.52 ID:5y9D4CX9
休憩。セーラームーンテニ王だよな。抜くきっかけって。

58 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 20:01:09.08 ID:5y9D4CX9
( ̄^ ̄)y-~~roll〜転がるだってよ。最強になるには外国語かよ。

59 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 20:09:41.30 ID:5y9D4CX9
確かに英語の後の国語ってわりと楽しかったようなないような(´・ω・`)

60 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 20:18:50.00 ID:5y9D4CX9
( ̄^ ̄)y-~~でもやっぱり心だよな。・・・ドラゴンボールを読んだから・・・か!

61 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 21:26:40.96 ID:5y9D4CX9
〜続き〜ほむら「あいつはまどかにしか倒せない・・・かも。ごめん。」

62 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 21:50:28.90 ID:5y9D4CX9
ゆるゆり二冊。機巧少女は傷つかない一冊。まどか一冊。なんかカラフルになってきた。ドラゴンボールはどうやろ。

63 :創る名無しに見る名無し:2013/10/05(土) 22:58:02.24 ID:5y9D4CX9
仁美「さやかさんは・・・ごめんなさい。」四人は沈黙した。しばらくして、杏子は切り出した。杏子「これからはみんなで動く。」

64 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 03:56:11.23 ID:AOLoGvln
マミ「わかったわ。」ほむらは黙ったままうつむき、仁美は杏子の方を見てうなずいた。・・・

65 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 04:13:31.82 ID:AOLoGvln
数日後、マミ「じゃあ。」ほむら「待って。」・・・キュウべえ「へえ、そんなのがいたなんてね。」

66 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 04:19:54.01 ID:AOLoGvln
マミ「何とかならない?」キュウべえ「わかった。一度この子一人で戦わせてみないか?」仁美「え?」みんなは一斉に仁美にいちべつを投げた。

67 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 05:04:00.91 ID:AOLoGvln
畜生関大で147とりやがって。同志社で140とりやがって。と自分に言い聞かせとる。これが僕です。

68 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 05:40:30.14 ID:1RJlIJkD
コンビニで牛乳を買い、外に出て数歩も歩かないうちにごまどかの親仔に絡まれた。「ティヒヒ、ミルクダヨ」「ミルキューwwww」

69 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 05:42:34.48 ID:1RJlIJkD
どうやら牛乳の匂いを嗅ぎつけたようだが、こちらはやる気なぞ微塵もない。
無視して歩き去るが、ズリズリビタビタと気味の悪い音が後からついてくる。

「ミルクダヨ、ホムラチャ」
「ミルキューwwww」

仕方なしに後ろを振り返り、ごまどか達を暫く眺めていると、何を勘違いしたのか盛大に涎を垂らしはじめた。

「ウェヒヒ、ゴハンゴハンwwww」
「ティビャーwwww」

どうも牛乳を貰えると勘違いしたようで、無用心に擦り寄ってくる。

こちらからもごまどかのほうに近づくと、仔ごまの方は嬉しそうに跳ねはじめた。貰えると確信したようだ。

「ミルキューミルキューwwww」


肢を上げて嬉しそうに飛び跳ねている仔ごまに、こちらも足を上げ――



                 ――迷うことなく踏みつける。
 
 
 

70 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 05:45:04.87 ID:1RJlIJkD
 
 
「ミルキューミルキョ……『プブッ!!!?』」
 
     「ウェヒッ!?」

プチャッ、という音とともに仔ごまの姿が見えなくなる。代わりに靴の下からは赤いものが染み出していた。
足を上げてみると背骨が折れ曲がり、ちょうど背中から二つ折りにされたような仔ごま、らしきものが確認できた。
体は薄く押し広げられ、目玉は飛び出しており、毛皮は泥と血で汚れているため、これが外見だけは愛らしい仔ゴマとはとても思えない。

「ウェヒ?……ウェ、ウェヒ?アカチャン?」

親ごまは今この瞬間に何が起きたか理解できていないようで、目の前にあるものが変わり果てた自分の仔供と上手く認識出来ていない様である。
 
現実を知らしめるために、上げていた足を再度振り下ろす。

「ウェ、ウェギャアァァァーー!!!???」

踏みつけるたびに、ブチュッ、グチャッ、と血が飛び散り、その度に仔ごまは外見だけではそれと判断できないようになっていく。

「ウェヒイィィィーーーッ!? ヤメテーーーッ!!!」

何度か踏みつけた後、ようやく親ごまが上げた足と仔ごまの間に体を割り込ませてきた。
そして自身の短い肢で、もうボロボロになってしまって判別できない仔ごまの体を懸命に撫でる。

「アカチャンッ!?アカチャンオキテッ!?ミルクガアルノヨ!!??」

71 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 05:47:23.32 ID:1RJlIJkD
ここまでボロボロになって起き上がれる筈がない。
それにしても、この期に及んで牛乳が自分のものと勘違いしているとは、なんとも浅ましい。
 
上げていた足をもう一度振り下ろし、親ごまの肢を踏み潰した。

「アカチャ……『ウェギャアアァッッ!!??』」

そのまま靴の汚れを落とすようにぐりぐりと擦り付けると、親ごまの肢は愛しの仔ゴマと一体化した。

「イダイイィィッ!!ドウシテエエェェッ!!!??」

両肢が無くなったごまどかはゴロゴロと辺りを転がり、なぜか自分の身上を嘆いている。
一緒になれたのだから、むしろ感謝してほしいくらいなのだが。
もう一度、今度はアスファルトに靴裏を擦り付け、しっかりと汚れを落としてからその場を立ち去った。


「アカチャン……ドウシテ……コンナノッテナイヨ……」
                       
                                      ■■■了■■■

72 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 05:50:48.06 ID:1RJlIJkD
シャフトさん、アニメ化お願いします。

73 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 06:15:50.38 ID:AOLoGvln
関わってくれてありがとう。開いてくれてうれしいっす。

74 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 06:20:24.83 ID:AOLoGvln
大丈夫。1から全部僕です。本物っす。マギカクォーテット。本当にお返事?ありがとう。

75 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 06:34:44.10 ID:AOLoGvln
作品になるなんてうれしいことはないです。ちなみクォーテットはクォーター→四分の一→関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館各大学)からとってくれたんだと思います。

76 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 09:05:33.87 ID:AOLoGvln
マミ「やれる?」仁美「できるでしょうか。」杏子「そんなにすごいやつだったら私が」ほむらは手で杏子を防いだ。

77 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 09:23:15.08 ID:AOLoGvln
・・・二人は歩いていた。仁美「・・・」キュウべえ「すまない。君に託して。」仁美「大丈夫です。それに一度会ってみたいんです。」

78 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 11:30:39.30 ID:AOLoGvln
( ̄^ ̄)y-~~書庫は二度と捨てないようにするわ。大きな本ってのが一番いいかもな。テニ王もセーラームーンも完全版みたいな感じで出てておかずにもなるし。

79 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 12:04:15.70 ID:AOLoGvln
もえたん・・・

80 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 14:34:34.55 ID:AOLoGvln
〜気をとりなおして〜おかずってのは作家として失礼だな。尊敬の証です。すんません。後これが情報の最後(←これ作中で言えw)っす。俺毎日果物だされてるっす。

81 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 14:37:34.08 ID:AOLoGvln
キュウべえ「?」仁美「だって、女の子っていうからどんな子か見てみたいじゃないですか。」仁美はニッコリと笑った。・・・

82 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 14:49:12.40 ID:AOLoGvln
よっしゃ。これでいいっす。なんとかして働きにいきます。ではなんちゃらおわりってことで。本当にありがとうございました。

83 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 16:12:00.56 ID:AOLoGvln
( ̄^ ̄)y-~~子供の頃よく友達とファイナルファンタジー話やっててそいつの顔の骨格がかっこよかったなあ。・・・こういうことかもな。何でゲームなんだろ。

84 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 18:15:19.25 ID:AOLoGvln
( ̄^ ̄)y-~~一回同人誌ってものを買ってみたい。ネットでしか見れない。

85 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 18:40:49.86 ID:AOLoGvln
〜まだやる・・・w〜道路沿いのショーウィンドウをその少女は眺めていた。仁美「あなたね。」仁美は反対車線の道路沿いから声をかけた。

86 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 18:59:24.51 ID:AOLoGvln
少女「強い。あなた何者?」仁美は翼を広げた。仁美「暁さんから習ったの。」少女「あなたは優しすぎる。

87 :創る名無しに見る名無し:2013/10/06(日) 19:03:46.12 ID:AOLoGvln
だから私を倒せない。」仁美「どういう理屈でそうなったのかしら。」

88 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 01:25:48.80 ID:cUJppgjZ
仁美は手の平を相手に向けた。そして放った!少女「ブーン」少女はバリア―を張った。そして弾き返した!

89 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 02:13:10.88 ID:cUJppgjZ
弾光が仁美に返ってくる。仁美は上に飛んでよけた。ドドドドドン!爆煙とがれきが飛び散る中、仁美は着地した。

90 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 02:43:33.04 ID:cUJppgjZ
仁美「・・・」少女「あの子の弓。そのきっさきでしか私を貫けない。」「槍はどうだい?」少女は上空を見上げた。ブォウ―ン。

91 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 03:11:26.51 ID:cUJppgjZ
少女は横に飛びのくと、後ろにはほむらがいた。ほむら「そんなに弱いの?私のこれは。」少女は道路の先にいる

92 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 03:20:27.31 ID:cUJppgjZ
マミの銃口を向けられているのを確認すると、ほむらの矛先に振り返った。少女「難しいのよ。」ほむら「たから壊すのね。」

93 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 03:32:20.01 ID:cUJppgjZ
マミ「・・・まさか、あなた・・・。」杏子「おいおい!どこにいんだ?」さやか「ここっす。」周りを見渡すとそこには大勢の魔法少女が取り囲んでいた。

94 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 03:39:14.74 ID:cUJppgjZ
そこにはまどかの姿もあった。ほむら「・・・」少女「これが最後の遺言。」まどかは弓を放ち、さやかは剣を放った。・・・おわり。

95 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 06:12:21.09 ID:cUJppgjZ
〜やっぱ1000までいってw〜そこにはまどかの姿もあった。ほむら「・・・」少女「私を倒して助けて。これが遺言。」みんなは沈黙した。

96 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 06:14:42.34 ID:cUJppgjZ
おっとIDの問題。1から全部僕だよ。

97 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 06:43:46.57 ID:cUJppgjZ
ほむら「・・・」さやか「いや〜悪い悪い。生き返っちゃったみたい。」まどか「ほむらちゃん・・・」

98 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 13:01:23.35 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~らき☆すたってやつを表紙買い?してきた。こんな事が出来るようになった。小遣い貯めて全巻買いってのもあるな。一巻から順番てのは駄目ってなってきた。とりあえず今は引きこもろ。

99 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 13:11:26.24 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~ここ見てる人俺がMr.Children聞いてたらどう思うだろう。知ってる人作風に出てると思う?

100 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 13:30:19.47 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~高〜鳴(高菜)りを〜♪だってさ。・・・すげえな。これだけ見抜けた。野菜を食べないとたぶん無理っすォ

101 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 13:40:50.39 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~今気付いたwらき☆すた2巻のダイエーホークスの話と何でかかるんだ?(笑)

102 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 13:42:40.12 ID:cUJppgjZ
かかるんだ?も違うwすんません。

103 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 14:03:01.82 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~20代の今時の女の子は頭よくなりたいっていうけどどうなんだろうな。

104 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 15:06:50.17 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~ふーっ。ところでヨーダとシスのなんちゃら大王の戦い何で寸止めしたんだろ。

105 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 17:18:14.85 ID:cUJppgjZ
ほむら「行きましょう。」杏子「え、行くってどこに?」ほむらは歩きながら言った。「マミの家に。」マミはにっこり笑った。「そうね。たくさん作らなきゃ。」

106 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 18:49:37.90 ID:cUJppgjZ
・・・キュウべえ「本当に魔女としての君でいいのかい?」少女「ええ。それより。」キュウべえ「わかってる。みんなと一緒に戦いたいんだね。」

107 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 19:38:08.88 ID:cUJppgjZ
一日千円。風呂掃除で500円。皿洗いで100円。結構おもろい。

108 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 20:06:42.63 ID:cUJppgjZ
少女はうなずいた。キュウべえ「わかった。そのかわり約束してほしい。」少女「何でも。」・・・ほむらの家にて。まどか「あ、あのね。」

109 :創る名無しに見る名無し:2013/10/07(月) 20:14:34.82 ID:cUJppgjZ
( ̄^ ̄)y-~~

110 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 02:09:17.70 ID:mVuxnvab
ほむら「私ね、友達って一緒にご飯を食べにいったりカラオケに行ったりゲ―センに行ったりそうしないとと思ってる人がいるみたいだけど私はこうして一緒に家で過ごすことの方が楽しいと思う。」

111 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 02:14:41.12 ID:mVuxnvab
まどか「ほむらちゃん・・・」ほむら「何?」まどか「ようやくぐだぐだなしゃべり方になってしまったね。」ほむら「あなたも」・・・

112 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 03:07:22.98 ID:mVuxnvab
上条君の演奏会にて。杏子「なぁさやか。」さやか「え?」杏子「私ら付き合ってんの?」・・・

113 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 03:45:01.33 ID:mVuxnvab
おわり。( ̄^ ̄)y-~~今日もえたん買おう。また頭の中で念じなければ。普通の単語帳と比べてどうだろ。

114 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 05:52:36.44 ID:mVuxnvab
〜「来るはずのない電車」続き〜・・・待っていた。(完)ついでに別のスレで迷惑かけた作品も。「ヒカリ」僕は鉄棒の前に立っていた。前足を蹴った。その瞬間身体が空に吸い寄せられた。

115 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 06:04:56.77 ID:mVuxnvab
・・・気が付くとあたりは草原だった。周りには湖が広がっていて、向こうには町がある。ガサッ。突然後ろから声をかけられた。

116 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 06:06:57.77 ID:mVuxnvab
ふりかえるとそこには一人の少女が立っていた。その少女は言った。「逆上がりおめでとうございます。」

117 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 06:11:07.84 ID:mVuxnvab
「コールド」私は緑道を歩いていた。その一角に占い師がまじないをしていた。私はとりあえず占ってもらった。そうするとこう言われた。「好きです。」

118 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 06:12:13.65 ID:mVuxnvab
( ̄^ ̄)y-~~

119 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 10:37:45.25 ID:mVuxnvab
( ̄^ ̄)y-~~結局まどか二冊買ってきた。

120 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 17:44:37.85 ID:mVuxnvab
エピローグ。キュウべえ「わかった。そのかわり約束してほしい。」少女「何でも。」キュウべえ「僕と契約して魔法少女になってよ。」・・・

121 :創る名無しに見る名無し:2013/10/08(火) 20:00:12.98 ID:mVuxnvab
( ̄^ ̄)y-~~やっぱおかずにするのにセーラームーンは古いな。ハルヒあたりか?

122 :創る名無しに見る名無し:2013/10/09(水) 01:43:38.10 ID:56jw0ZyF
( ̄^ ̄)y-~~新作でも書こうかなか・・・

123 :創る名無しに見る名無し:2013/10/09(水) 01:52:58.73 ID:56jw0ZyF
デパートの地下街を歩きながら 彼女は腕時計に目をやった。ここは駅前にある商業ビルの一つで、彼女が仕事帰りによくいくところだ。彼女はなんやよくわからないぞうさいを

124 :創る名無しに見る名無し:2013/10/09(水) 15:43:34.65 ID:56jw0ZyF
( ̄^ ̄)y-~~今日はユメタンていう英単語帳を。これは本当にどうだろ。

125 :創る名無しに見る名無し:2013/10/09(水) 16:51:58.96 ID:56jw0ZyF
( ̄^ ̄)y-~~新作の題名なんにしよう。「あの花」にしようかな。ていうかこれも俺ちゃうんかw

126 :創る名無しに見る名無し:2013/10/09(水) 18:16:43.44 ID:56jw0ZyF
( ̄^ ̄)y-~~・・・すまん。A-I PROJECTさんすいませんでした。

127 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 00:57:48.77 ID:itzuqlwH
買って家路の電車の中にいる。帰りの各駅電車ほど心地いいものはない。「次は○○、次は○○。」アナウンスの声が各車両に響き渡った。ピーッ。扉が開いた。

128 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 01:03:18.69 ID:itzuqlwH
( ̄^ ̄)y-~~題名は「コールド」で。すまん。さっきのはプロローグみたいなていうことで。

129 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 02:00:55.06 ID:itzuqlwH
俺一人暮らししたら自殺するかもだけど何か上手い死に方ないかな。

130 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 04:27:37.73 ID:itzuqlwH
( ̄^ ̄)y-~~ちょっとMr.Childrenさんに暴露謝っておかないと。すいませんでした。

131 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 04:38:55.15 ID:itzuqlwH
( ̄^ ̄)y-~~やっぱ自殺って嫌だな。この前調べたけど難しかった。

132 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 04:49:00.08 ID:itzuqlwH
( ̄^ ̄)y-~~今日はガリレオガリレオのサークルゲームのやつ買って来た。・・・どうも。

133 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 05:00:05.94 ID:itzuqlwH
( ̄^ ̄)y-~~何を血迷ってたんだ・・・どうもすいませんでした。みんなはまどかではなくほむらに。

134 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 12:01:40.72 ID:itzuqlwH
( ̄^ ̄)y-~~ファイナルファンタジー・・・なんつーのかな、こう頭が自動的になる感じ?そして上の方の書き込みは本当に申し訳ないです。すいませんでした。

135 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 13:56:35.36 ID:itzuqlwH
他に思いつくのはこんぶ、ワカメ、カレー、スパゲティ、パン、チーズなどの草系統。見てくれた人どうもありがとうございました。

136 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 17:23:21.17 ID:itzuqlwH
彼女の隣に大柄な男性が座ってきた。年は30代といったところか。何よりもかっこよかった。私は(これからは私と呼ぶ)彼の横顔を確認しながら電車に揺られていた。

137 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 21:41:30.60 ID:itzuqlwH
あ、A-1 Picturesって名前のところでしたか・・・本当にありがとうございます。

138 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 21:52:53.18 ID:itzuqlwH
もうマジに将来上に書いたところに面接に行かせてもらいます。シャフトさんすいませんでした。題名も「コールド」から「あの花」に。本当にうれしいことをやってくれてありがとうございます。

139 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 22:01:33.28 ID:itzuqlwH
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」デパートの地下街を歩きながら彼女は腕時計に目をやった。ここは駅前にある商業ビルの一つで、彼女が仕事帰りによく行くところだ。彼女はなんやよくわからないぞうさいを

140 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 22:22:19.44 ID:itzuqlwH
買って家路の電車にいる。帰りの各駅電車ほど心地いいものはない。「次は○○。次は○○。」アナウンスの声が各車両に響き渡った。ピーッ。扉が開いた。

141 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 22:44:38.16 ID:itzuqlwH
彼女の隣に大柄な男性が座ってきた。年は30代といったところか。何よりもかっこよかった。彼女は彼の横顔を確認しながら電車に

142 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 22:55:41.23 ID:itzuqlwH
揺られていた。彼女「なんちゃら建物会社だっけ。」彼「まぁな。まぁ勉強したかいがあったもんさ。」彼女「あの頃は頭悪かったもんね。あなた。」・・・彼「なぁ、これ日本語で何て読むの?」

143 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 23:05:47.86 ID:itzuqlwH
彼女「エスケープ。逃げる。」彼2「英語の資格なんかとってどうすんだよ。」彼3「お前よりましだよ。」彼女2「あんた達の会話、訳分からなすぎ。」彼女3「私解るよ〜。」

144 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 23:21:46.00 ID:itzuqlwH
彼2「おめえは勘だろ。」6人は「ここ」で過ごすのが好きだった。何よりも好きだった。彼女2「で?」彼女はしかめっ面を彼2に向けた。彼2「・・・何だよ。」彼女2「こいつ

145 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 23:28:37.50 ID:itzuqlwH
の周3気味を何とかしようの会じゃなかったの?今日は。」彼2「たまに周4。」彼女3「うれし〜。」彼3「他の日は何やってんの?」彼2「・・・散歩。」彼女2「ま、まぁいいわ。周3で。」

146 :創る名無しに見る名無し:2013/10/10(木) 23:52:58.76 ID:itzuqlwH
やっぱ遠慮しときます。御二家の方々どうもありがとうございます。この続きはノートに執筆していきます。頃合いが来たらシャフト面接に行かせてもらいます。見てくれた人どうもありがとう。

147 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 06:08:29.52 ID:PfuPduRG
もてない女の骨格スレッド見てきた。ゲームで合ってますように。先日大学覗きに行ってきたけどやっぱ辛かったです。

148 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 06:33:45.21 ID:PfuPduRG
いろんなスレッドの人今まで迷惑かけました。最後?に。映画「クレヨンしんちゃん対ハイグレ魔王」って知ってる?これで貧乏症になったからここまで俺は力を付けれたのかもな。

149 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 07:27:53.08 ID:PfuPduRG
・・・こういうのはやっぱ古いな。

150 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 10:42:52.06 ID:PfuPduRG
最後?あたりにちょっと?の要望を。政治の人に一度成人未満禁止のアダルトものを全年齢にと思ってるのですがすんません。

151 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 10:43:54.37 ID:PfuPduRG
すぐ返す。すんません。

152 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 10:54:43.96 ID:PfuPduRG
すんません。昔昼間に黄色のパンツをまさぐる映画を見たんです。その後すぐにシャワーを当てました。これかアニメかなどとオナニーのきっかけを思いだしていたんです。

153 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 12:08:45.19 ID:zXWNl+4v
ゴミ?

154 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 12:22:55.32 ID:PfuPduRG
いえ本物っす。書き込みありがとう!( ̄^ ̄)y-~~やっぱオナには繋がらんか・・・動揺させてすまん。

155 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 12:50:11.55 ID:PfuPduRG
〜せっかく書き込みくれたので「あの花」続き〜彼女「どっちなのよ。」彼「これは?」彼女「パーフェクト。完璧。」そんなんで良かったんだ。・・・(周3でも。)

156 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 13:05:14.55 ID:PfuPduRG
彼3「ん?」彼女2「え、何か言った?」彼2「何でも。」かくして夏休みは始まったのである。・・・

157 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 13:18:51.62 ID:PfuPduRG
人物紹介。彼〜ぽっぽ。彼2〜じんたん。彼3〜ゆきあつ。彼女〜つるこ。彼女2〜あなる。彼女3〜めんま。本当にすんません。今日からノート一日三行分にします。

158 :創る名無しに見る名無し:2013/10/11(金) 15:45:18.44 ID:PfuPduRG
もっと説明。1からほとんど僕です。ファイナルファンタジーはやっぱ固定観念に縛られてるな。別のを今度やってみようかな。

159 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 01:19:31.75 ID:fVsxxnEC
何か髪が減ってきてる。これも最近ゲームやってないからかもな。

160 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 01:40:20.14 ID:fVsxxnEC
〜「あの花」続き〜父「ねぇ、じんたん。ちょっといいかな?」じんたんはゲームをしながら寝そべっていた。「ん?何?」

161 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 01:41:38.18 ID:fVsxxnEC
父「今日のお墓参り、どうする?」じんたん「どうするって・・・行くに決まってんだろ・・・。」二人は線路沿いに歩いていた。すると

162 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 02:10:24.72 ID:fVsxxnEC
今日の三行見てどうも。・・テニ王で乾が越前に牛乳渡してる・・・身長伸ばせだって。骨が固まると深読みをしてた。

163 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 02:22:55.03 ID:fVsxxnEC
高校の子が身長は肉食って牛乳骨固まり組み合わせろっつってたけど、やっぱりよくわかってないみたいだな。

164 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 02:43:26.36 ID:fVsxxnEC
最後最後ってまだあるっぽいな。もう言ってしまおう。「なら間違えることさ」だもんな。究極の課題。どれをやったら悔しがらずにずるせずに自力で頑張るようになるのか?・・・[小説]。

165 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 03:09:33.86 ID:fVsxxnEC
これ本当どうだろう。小説読まずに漫画読むとそのまんまその人になってまうのか。

166 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 04:42:33.45 ID:fVsxxnEC
いや、現代社会の答えをもし「クレヨンしんちゃん」だとすると、ドラえもんの声が変わって「親」が切りだして子供がクレしんを見なくなって・・・。こんな感じか。

167 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 05:15:00.68 ID:fVsxxnEC
何かいろいろあるんだな。どれに当てはまりましたか?

168 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 07:14:02.73 ID:fVsxxnEC
毎年今日と明日僕らの地域だんじりっていう祭りなんです。

169 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 07:25:28.96 ID:fVsxxnEC
だから三歳ぐらいから楽しかったんです。こういうのじゃないのかなぁ。今全世界に見てもらってると思います。本当にすんません。

170 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 10:51:12.63 ID:fVsxxnEC
いやこういうことじゃないです。すんません。やっぱ漫画!女の子見てる?テニスの王子様完全版3巻見てみ。どんなんか試してよ。男は本当にセーラームーンぽい。道理でアダルトビデオじゃない訳だ。活性作品ているんだな。あるんだな。

171 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 13:03:17.99 ID:fVsxxnEC
周りがすごい人だらけの学生はここ見てる?放課後電車の窓で老けてるでしょ?何かナルトのイタチみたいに。あれはなんかあるみたい。自分はそれにも恐れて行けない。

172 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 13:26:31.14 ID:fVsxxnEC
心だったら完璧に終わりだ。若い子とは付き合えない。

173 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 21:48:44.37 ID:fVsxxnEC
解説を。まどか2で「難しいのよ。」「だから壊すのね。」の所なんですが、何を言いたかったのかというと@「文章が」A「戦いが」。この二つを心の奥からしぼりだしたのかな?こんな感じです。

174 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 22:36:26.36 ID:fVsxxnEC
FFEを買ってからだな。らんま二分の一を見始めてしこりまくったのは。そしてFFFのティファっていう子のミニスカでも。・・・たぶん友達スクエニで働いてる。ここ見てくれって言ってあるからな。FFF頑張ってくれ。一言で。ファイナルファンタジーF。これだな。

175 :創る名無しに見る名無し:2013/10/12(土) 23:07:39.31 ID:fVsxxnEC
やっぱ違う。らんま二分の一を新しく作る。こっちっぽいな。シャフト社員で見てくれてる人やってくださいますか。お願いします。

176 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 00:59:58.33 ID:7zBlR7e/
やっぱりこれも違う。古いんだろうな。

177 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 01:12:29.57 ID:7zBlR7e/
〜「あの花」続き。一日ノート一行にします。〜あなるに出くわした。じんたん「げっ。」あなる「げって何よ。」

178 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 01:29:09.09 ID:7zBlR7e/
あ、アニメ会社さんが見てくれていろいろやってくれてるだろう。本当にすんません。こんな感じの過去なんです。

179 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 02:06:33.48 ID:7zBlR7e/
〜すんません続き。そうなんですか(笑)〜・・・じんたん「なぁ、夏休みって恋人と過ごすもんじゃねえの。」あなる「はぁ?」あなる「・・意識はそうらしい。でも友達・・らしい。」

180 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 08:06:01.17 ID:7zBlR7e/
〜179はなかったことに。すんません。〜三人は線路沿いを歩いていた。じんたん「今日バイトなかったのかよ。」あなる「うん。ところで迷惑かな?」じんたん「何が?」

181 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 10:43:57.61 ID:7zBlR7e/
セーラームーン新装版買ったらやっぱ古い。すんません。でも戦士姿は本当に現代。2013年冬から何かやるらしい。今「きっかけ」を考えてる。

182 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 11:05:31.35 ID:7zBlR7e/
もうこっそりコンビニのエロ本DVD買ったらいいのかもな。今のやつ全部DVDが付いてる。見たら心臓がばくばくになる。

183 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 11:48:37.03 ID:7zBlR7e/
まどかエピローグ2。さやか「ところで仁美、あんた何できんの?」仁美「魔球。」まどか「野球?」・・・

184 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 14:57:38.33 ID:7zBlR7e/
顔は書庫。ゲームで前髪と骨格。ゆるゆりみたいなお笑い漫画で後ろ。みたいな感じか。

185 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 17:24:14.55 ID:7zBlR7e/
今日は何で家の中にいるのにイタチになるんだろうなサスケ・・・。

186 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 18:01:32.80 ID:7zBlR7e/
真面目に書きます。すんません。今日は本当にしんどい。はげる。老ける。

187 :創る名無しに見る名無し:2013/10/13(日) 19:23:56.31 ID:7zBlR7e/
すんません。ええと、ノートに書いてることを。野菜。オナニー。AV。果物?。書庫。音楽CD。外国語。ゲーム。

188 :創る名無しに見る名無し:2013/10/14(月) 00:54:52.62 ID:glB5BqNf
あなる「一緒についていくの。」父は二人をチラリと横目で見ながら先を歩いていた。・・・ゼェゼェォ一日一行にします。

189 :創る名無しに見る名無し:2013/10/14(月) 04:41:56.14 ID:iAsKNBmj
ttp://blog-imgs-56.fc2.com/m/a/t/matomeseikein/4162af01.jpg

190 :創る名無しに見る名無し:2013/10/14(月) 10:40:34.96 ID:glB5BqNf
書き込みありがとう。少し考え事したいんで空けます。

191 :創る名無しに見る名無し:2013/10/14(月) 12:45:14.11 ID:glB5BqNf
パソコン・・検索・・上げる?

192 :創る名無しに見る名無し:2013/10/14(月) 22:27:11.02 ID:glB5BqNf
オーケー。YOUTUBEのサークルゲームはすごいよ。

193 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 00:16:00.51 ID:J3PP1+DW
〜「あの花」続き〜じんたん「そんなもん気にするかよ。」あなる「あのさぁ、めんまのことなんだけどね。」「ああ、今家でゲームやってる。」

194 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 00:22:56.84 ID:hbTyyldO
ttps://dl.dropboxusercontent.com/u/150482979/2.swf

195 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 01:58:53.85 ID:J3PP1+DW
肉つっても動物の肉と魚の肉で栄養が違うみたい。

196 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 02:50:57.41 ID:J3PP1+DW
機巧少女は傷つかない2話見終わった。原作がないとついていけないな。

197 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 03:21:02.54 ID:J3PP1+DW
すんません。もう一回ノートに書いてあることを。野菜。オナニー。AV。果物?。書庫。音楽CD。外国語。魚。

198 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 05:50:48.65 ID:J3PP1+DW
安部総理大臣も見てるかな?

199 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 05:58:40.37 ID:J3PP1+DW
じゃあちょっと。I am novelist of madoka.and want outsider(obama and etc)to look this sled.

200 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 06:11:12.22 ID:J3PP1+DW
天皇皇后両陛下の答えは魚だったのかもな。すんません。

201 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 07:12:30.18 ID:J3PP1+DW
EUの人達は見てるかな。宮崎駿監督とか庵野監督とか冨野監督とか。すんません。もし行けたら虚淵玄さんとか新房監督に何か言われるのだろうか。

202 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 07:20:48.53 ID:J3PP1+DW
やっぱりamazon(アマゾン)て何か買い物難しい。

203 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 07:38:08.00 ID:J3PP1+DW
まどかの漫画のハノカゲさんはMagica Quartetをマギカカルテットって書いてんだな。

204 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 07:43:16.54 ID:J3PP1+DW
NGO?とかも見れるんだもんなぁ。

205 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 07:48:07.22 ID:J3PP1+DW
ヒッキー(引きこもり)はこれらのまとめでいけるだろうか?

206 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 18:11:26.88 ID:J3PP1+DW
世界最強法までみんな遠いんだろうか。

207 :創る名無しに見る名無し:2013/10/15(火) 18:44:15.04 ID:J3PP1+DW
〜今日の一行ということに〜あなる「・・・何でも。」じんたん「言えよ。」あなるは線路に首を向け、じんたんはただ前を向いて歩いていた。

208 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 00:22:16.92 ID:zQqB1Oyi
・・・お墓場にて。そこにはつるこがいた。・・・つるこ「ずいぶん経ったんだよね。あれから。」

209 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 00:38:17.09 ID:zQqB1Oyi
( ̄^ ̄)y-~~テイルズ オブ ハーツって面白いのか。昨日買ってきた。

210 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 01:55:46.96 ID:zQqB1Oyi
情報終わり。〜あの花〜父「お母さんも喜んでたよ。じんたんにいい友達が出来たらそれだけでうれしいって。」つることあなるは少し照れくさそうにうつむいた。

211 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 05:21:16.80 ID:zQqB1Oyi
ええと、ノートに書いてることをもう一度書きます。野菜。魚。果物。オナニー。AV。書庫。音楽CD。外国語。ゲーム。

212 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 06:12:19.02 ID:zQqB1Oyi
もう一度。野菜。魚。植物(カレーなど)。果物?。書庫。音楽CD。ゲーム。外国語。オナニー。アダルトビデオ。

213 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 06:18:15.90 ID:zQqB1Oyi
もう一度。野菜。魚。植物(カレー。スパゲティ。ピザ。)。果物?。書庫。音楽CD。ゲーム。外国語。オナニー。アダルトビデオ。

214 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 10:37:52.22 ID:zQqB1Oyi
劇場版魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語ってどんなだろう?何か再放送でもやるみたい。何かすんません。

215 :創る名無しに見る名無し:2013/10/16(水) 13:05:21.50 ID:zQqB1Oyi
芳文社に投稿するほどの画力って・・・ゆるゆりってパソコンかなんかでじゃないとやばいだろォ

216 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 00:48:26.26 ID:uGmGasUa
〜あの花〜帰り道にて。あなるとつるこは二人肩を並べて歩いていた。つるこ「よく覚えてたわね。」あなる「え、何が?」

217 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 04:12:23.14 ID:uGmGasUa
シャフトさん見ていただいたのならすんません。まどか2プロローグのヘリを却下していただけませんでしょうか?

218 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 05:39:24.95 ID:uGmGasUa
ではちょっとまどかの話を。脚本さんが書いてくれた鹿目まどかっていうのは常に心を配っている人。でもちょっと優越感に浸っているのではないか。こんな感じなんだと思います。

219 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 10:38:25.76 ID:uGmGasUa
・・・・水とりんごの上下線見てくれてありがとう。

220 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 11:18:44.94 ID:uGmGasUa
液晶画面を印刷した書籍に何かあるみたい。今日ノートパソコンの本買ったんだけど急に頭が良くなった気が。そういえば昔ゲームの攻略本読みまくっても100点ばっかり取ってたな。

221 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 11:26:49.67 ID:uGmGasUa
まとめを。一から全部僕です。野菜。魚。カレー。スパゲティ。ピザ。果物。書庫。音楽CD。ゲーム。ゲームの攻略本(液晶画面印刷に?理解できるから?)。外国語。オナニー。アダルトビデオ。

222 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 15:49:04.42 ID:uGmGasUa
喜多村英梨さんのDestinyってやつを買ってきた。すごいんだな今のやつって。

223 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 16:45:50.38 ID:uGmGasUa
〜ハルヒ。すんません。書きたいです〜教室にて。トントン。「あのさあ。」ハルヒは頬杖をつきながら、そして消しゴムをつつきながら前の席に座っている男に話しかけた。「ん?どうかしたか?」キョンという名の男はふりかえった。

224 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 16:57:04.67 ID:uGmGasUa
やっぱりやめます。申し訳ないです。すんませんでした。

225 :創る名無しに見る名無し:2013/10/17(木) 23:22:00.13 ID:uGmGasUa
Mr.ChildrenはHAPPY SONGでやめんのかな。

226 :創る名無しに見る名無し:2013/10/18(金) 00:08:22.01 ID:VhB3xf5D
〜あの花〜つるこ「宿海君の母親の命日。一人で行った帰りだったんでしょ。宿海君のお墓参りに出くわしたの。」あなる「・・・ユキアツとぽっぽは?」つるこ「朝一で行ってたみたい。」

227 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 00:04:40.66 ID:wQcmghQX
コネクトの人って今何歳なんだろ。

228 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 02:18:11.63 ID:wQcmghQX
あなる「そう・・・みんな覚えてるんだね。」つるこ「ぽっぽは忘れてたみたいだけどね。」あなる「ふーん。そんな感じなんだ。」つるこ「何が?」あなる「べっつに〜ユキアツだと思ってたんだけどな〜。」

229 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 07:19:51.26 ID:wQcmghQX
ゲームの一強なんだろうな。企業者にとっては。後アダルトビデオでオナニーは顔がくぼんで出っ歯に。これで友達とややこしいことに。上手い具合に妄想でオナニーを。

230 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 07:22:52.41 ID:wQcmghQX
・・・すんません。作品企業で働くって思いつかないものなんだな。

231 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 13:15:14.19 ID:wQcmghQX
もう一度謝っておきます。すんません。何か学説的な事書いたら失敗するよなぁ。

232 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 14:33:31.39 ID:wQcmghQX
つるこ「勝てないの。」あなる「そうかい。」つるこは歩幅を広げた。あなるはクスリと笑ってつるこについていった。・・・

233 :創る名無しに見る名無し:2013/10/19(土) 15:20:15.60 ID:wQcmghQX
野菜を食べねばと生きねばのかかりも何かあるみたいです。

234 :創る名無しに見る名無し:2013/10/20(日) 02:16:58.25 ID:7d5r9puc
今の若い人って何か強い子が多いでしょ。あれって俺ら世代みたいなゲームばっかやってる人がかっこいいから何か無理してたのかもな。

235 :創る名無しに見る名無し:2013/10/20(日) 12:06:57.29 ID:7d5r9puc
喜多村さんのCDにも高鳴るって書いてある。やっぱ何かあんのかな。

236 :創る名無しに見る名無し:2013/10/20(日) 12:15:15.20 ID:7d5r9puc
現場行けたら怒られるな。やっぱ僕の頭の仕組みみたいです。それか気にしずぎか。すんません。

237 :創る名無しに見る名無し:2013/10/20(日) 12:17:54.75 ID:7d5r9puc
また気付いた。違います(T_T)何回もすんません。

238 :創る名無しに見る名無し:2013/10/20(日) 20:03:42.55 ID:7d5r9puc
・・・めんま「あ!めんまのだよこれ〜。」弟「いいじゃん別に。」二人はお菓子の取りあいをしている中、母はクスリと笑いながら食後のテーブルをふいていた。

239 :創る名無しに見る名無し:2013/10/21(月) 04:30:47.36 ID:kNpjKZd9
ちょっと。まどか2のミサイルのとこなかったことに。すんません。

240 :創る名無しに見る名無し:2013/10/21(月) 09:13:53.91 ID:kNpjKZd9
秘密基地にて。ユキアツ「なぁ宿海。」宿海「あ?」ユキアツ「ここの答え分かる?」宿海「何で進学校が俺に聞いてんだ・・・。」

241 :創る名無しに見る名無し:2013/10/22(火) 00:05:05.53 ID:Bu3onxGu
|考| |考| |語|
  | |
 ̄あいつ ̄ ̄ ̄俺 ̄ ̄ ̄ ̄ (ゲーム) (書庫ゲーム)
こんな感じになってると思う。

242 :創る名無しに見る名無し:2013/10/22(火) 07:34:02.92 ID:Bu3onxGu
Mr.ChildrenのMarshmallow dayのマシュマロって植物の根からみたいだな。

243 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/10/22(火) 22:09:27.31 ID:/tgIMW+A ?2BP(427)
あうあうあうあうあうああー

::::::::: へ( ^q^')ノ        やあ。きみはまどかの原作者なのかい?
:::::::::   (┐ノ         
:::::::::: /           
:::::::::::::::::::::::::::::::::
宇宙よりめちゃでかい壮大な中二病小説を書くスレ
http://ebilog.biz/2log/bookall/1310518134/
の371から。
二人の人物が、まどか☆マギカの原作者は自分だと主張して言い争ったログを転載してある。
参考になるかもしれないから読んでくれ。

244 :創る名無しに見る名無し:2013/10/23(水) 14:16:37.30 ID:BBJmqFEz
二人は木製のテーブルでだらんとぶらつき、ぽっぽは何かを探していた。じんたん「何やってんだよ。」ぽっぽ「いや、ちょっと・・・」

245 :創る名無しに見る名無し:2013/10/25(金) 00:08:00.57 ID:4jJphlmD
テニスの王子様って女の子からしたら深夜にやってるようなアニメだったから深夜アニメを夕方に持っていったらどうだろ。

246 :ギンコψ ◆WilleVnDjM :2013/11/24(日) 06:00:44.17 ID:MK05Aq4S
真希波・マリ・イラストリアス
「これ、ケーキ?どれどれ、食べてみるかにゃ。あーん!パクっ!」

京乃まどか
「ああっ!?そのケーキ、タバスコにわさびにハバネロにハラペーニョにジョロキア入りの激辛ケーキ!?」

真希波・マリ・イラストリアス
「んっ!?んぐぐっ!?かっ、からい〜っ!?」

式波・アスカ・ラングレー
「あんたバカァ!?がっついて食べるからよ!?コネメガネったら!?自業自得よ!」

ギンコ
「いわゆる食い物の罠ってことだね。」

247 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:8) :2013/12/22(日) 15:23:32.86 ID:+XEFcgAc
てす

248 :創る名無しに見る名無し:2014/01/14(火) 01:51:48.52 ID:dLyCSpIL
tes

249 :山中康平:2014/02/06(木) 06:18:44.26 ID:spnH21pM
書き込めましたか

250 :創る名無しに見る名無し:2014/07/17(木) 16:28:25.42 ID:WBnjqm0r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

251 :創る名無しに見る名無し:2014/07/17(木) 16:29:37.15 ID:WBnjqm0r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

252 :創る名無しに見る名無し:2014/07/17(木) 16:30:42.32 ID:WBnjqm0r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

253 :創る名無しに見る名無し:2014/07/17(木) 16:32:22.11 ID:WBnjqm0r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

254 :創る名無しに見る名無し:2014/07/17(木) 16:33:22.56 ID:WBnjqm0r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

255 :創る名無しに見る名無し:2014/07/17(木) 16:33:56.72 ID:WBnjqm0r
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

256 :創る名無しに見る名無し:2014/08/20(水) 02:04:52.80 ID:yUvhukfP
魔女図鑑No.11 シャルロッテ

お菓子の魔女。かつて執着の夢を見た。マミの家に突如現れた謎の生き物。「ベベ」と名づけられるが、その正体は円環の理からやって来たお菓子の魔女。円環の理の排泄のお世話を担当する。

出会った当初はかなり無口で無表情だったが、いつの間にか今のような有様に。マミのとっても豊満な胸が一番のお気に入り。ちょっとうるさい。新しい服はマミのお手製。

巴マミは、この魔女が最後に見たこわい夢に出てくる人に似ている気がする。マミはいつもよく食べるなあと内心微笑ましく思っている。精液とチーズが好物。

257 :創る名無しに見る名無し:2014/08/21(木) 09:44:50.25 ID:HoHa0PRa
BD届いた。またいじめてやるからな、ほむら。

あの転校してきて指輪見せびらかしてる時の顔早速ムカつくなw
魔法少女にならない落ちこぼれ自殺ルートのほむらいじめるのもいいけど、ちょっとやそっと無茶しても死なない魔法少女ほむいじめてやる
先ずは思いっきり股間蹴り上げてやる。魔法少女の痛み軽減効果も俺の制御下だ。無様に痛みにのた打ち回れ

なぎさはブチ込んだら陰部裂傷肛門裂傷、構わず犯してたらショック死しそうだ
マミとさやかは絶対ビッチの素質がある。さやかは男に尽くすタイプの気がする。まどかも慣れてきたらベッドの上で笑ってみせるくらいの余裕はすぐに出てくる

ほむらには貧相な体とかブスとかとことん罵倒してセックスしてほしいのに裸になるの嫌がるようにしてやる
声出したり濡れたりしたらビッチだと罵りまくってやる。後戯でキスしたり抱きしめてやると安心したような顔になる単純バカ
だから、犯しまくって満足したらさっさとシャワー浴びて服着て帰る事もする。悲しそうな饅頭の視線は無視

258 :創る名無しに見る名無し:2014/08/25(月) 15:14:27.25 ID:ZrozRzM+
まどか☆マギカ ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか☆マギカ ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか☆マギカ ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか☆マギカ ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか☆マギカ ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

259 :創る名無しに見る名無し:2014/08/27(水) 05:02:15.87 ID:Reppjn7Z
ほむ

260 :創る名無しに見る名無し:2014/08/27(水) 12:21:47.04 ID:Reppjn7Z
ストーリーうんぬんより、新作では魔法少女たちのパンチラ希望

ほむほむの魔法少女姿がいちばんスカート短くて、スカートの中が簡単に見えそうなのに
さっぱり見せてくれないよなー
ミニスカートで脚線美を見せ付けるような、さも男受けを狙ったようなほむほむのキャラデザって、
ヲタ向けの性欲処理担当狙いキャラと言ってしまうとすごく下品だけど、
この娘がヲタ相手には一番人気が出るだろう、という予想が製作側には企画段階から
ちゃんとあった、それで狙ったデザインにした、ということなのかね?

生パンツを見せるのはさやかちゃんとマミさんしかいないだろ
まどかは物理的に無理だし
杏子は同じく難しそうだし
ほむらはパンスト履いてるし
まあ一番見たいのは制服メガほむのパンチラなんだけどな
ほむほむのスカートまくり上げたらストッキングより上まであがってお腹が見えると思うんだ

きっとそこにほむほむの素肌がある

261 :創る名無しに見る名無し:2014/09/03(水) 14:05:51.85 ID:TU7T+Fps
268: 名無しさん@まどっち [sage]
魔法少女まどか☆マギカ ヲチ第1話in避難所
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/8286/1385573870/
これはヲチスレの避難所のようですが、ヲチスレの実態は荒らしの温床です
本スレやキャラスレを荒らしている輩が避難所を使うのはどうかと思いますが、いかがでしようか?
なお、ヲチスレがどんなところかは、以下を見ていただければ分かると思います

137: 見ろ!名無しがゴミのようだ! [sage] 2014/08/24(日) 15:13:47.67 ID:y8xTp2sJ
難民怖いね

146: 見ろ!名無しがゴミのようだ! [sage] 2014/08/25(月) 18:53:50.06 ID:p+p5rnt7
案の定ヲチの連中か

ようだ! [sage] 2014/08/27(水) 00:17:38.40 ID:R25Y+b8i
>>146
ヲチの連中て信者なの?アンチなの?

150: 見ろ!名無しがゴミのようだ! [sage] 2014/08/27(水) 00:19:29.19 ID:Qt69zByf
>>149
難民板特有の悪質な腐女子の粘着荒しの集団

262 :創る名無しに見る名無し:2014/09/03(水) 15:24:58.23 ID:TU7T+Fps
まどか 川本庄太 ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか 川本庄太 ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか 川本庄太 ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか 川本庄太 ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

まどか 川本庄太 ベベ ぬいぐるみ ベベぬいぐるみ http://i.imgur.com/O7cOocv.jpg ベベの人 まどマギ

74 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★