5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

ノックイン投信【三井住友信託=中央三井・BTMU他】

1 :詐欺?:2013/12/18(水) 01:49:51.42 0
【詐欺?】ノックイン投信【三菱UFJ・中央三井他】
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/money/1233584823/

「リスク限定・軽減」「高金利」などと騙して買わせ、購入者に損をさせて発行体と販売会社が儲けるトンデモ商品。
被害に遭った方は法的措置の検討を。

▲国民生活センターから2度の注意喚起
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20090108_3.html
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120726_1.html

▲「投資は自己責任なので買ったほうが悪い」と思っている人はまずこちらを→ 判例集
http://cgi2.osk.3web.ne.jp/~syouken/db/index.html
http://www2.osk.3web.ne.jp/~syouken/hanrei.html
(「データベースへ」から「商品」で、「投資信託」または「仕組債」を選択)

▲前スレのbPより転載
被害状況の記事→ttp://news.goo.ne.jp:80/article/diamond/business/2008041401-diamond.html
上記の新聞記事→ttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090115-OYT8T00285.htm
前スレ
【単独?】中央三井【合併?】
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/money/1163900766/l50
ノックイン投信(日経平均リンク債)被害者の声
ttp://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1232273768/

2 :名無しさん:2013/12/18(水) 01:51:21.68 0
三井住友信託=2012年4月に、前年4月の持株会社「三井住友トラスト・ホールディングス株式会社」の発足に続き、
傘下信託銀行3社(住友信託銀行・中央三井信託銀行・中央三井アセット信託銀行)が合併した

BTMU=三菱東京UFJ銀行の略称

3 :名無しさん:2013/12/18(水) 01:58:37.36 0
【投資】”話が違う”…購入者から怒りの声 「リスク限定型」投信で元本割れが続出 [08/04/14]
ttp://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1208178068/

リスクが限定的で安全性が高いことを売りにしている投資信託で、
元本割れが続出し、購入者からは「話が違う」との怒りの声が出始めている。

「リスク限定型」と呼ばれるこの投信は、日経平均株価が一定の範囲内であれば元本が確保され、
一定の分配金を受け取ることができるというもの。

商品によって多少の違いはあるものの、
(1)スタート時に日経平均を基に設定した「スタート株価」が1年ないしは
  1年半後の判定日に日経平均を上回った場合、
(2)もし上回らなくても1年半のあいだ、日経平均があらかじめ定められた価格(ノックイン価格)まで
  下がらなければ、元本は確保される
といった仕組みになっている。

このようにダブルでリスクテークしているため、リターンは大きくないもののリスクは小さく、
安全性が高いとして銀行を中心に広く販売されてきた。
ところがである。サブプライムローン問題に端を発し、昨夏から日経平均は下落の一途。
3月にはついに1万2000円台まで割り込んでしまい、ノックイン価格を下回る商品が続出しているのだ。

最も多いのが三菱東京UFJ銀行。2006年12月に販売された通称「デュアルバリア06-12」をはじめ、
これまで6本の投信がノックイン価格を下回ってしまった。販売額は1730億円強だ。
中央三井信託銀行も同様の商品を販売。
これまで計8本、販売額にして約1570億円の投信がノックイン価格を下回っている。

4 :名無しさん:2013/12/18(水) 02:00:03.15 0
>>3
現時点では、2つの条件のうち後者に抵触しただけともいえるが、日経平均が「スタート株価」まで
回復する望みは薄い。つまり前者の条件も満たされず、元本割れの可能性が非常に高まっているのだ。

しかも、販売手法にも問題がありそうだ。金融関係者によれば、特に金融商品取引法施行前の段階で、
「リスクに関する十分な説明をしていない営業マンが多かった」というのだ。
購入者からは、「日経平均がそんなに下落するわけがなく、元本は確保されるという言葉を信じたのに」
との不満も多く聞かれる。
また、たとえ説明があったとしても、リスク限定型という商品の特性上、「投資初心者を中心に販売していた」
(関係者)といい、顧客が理解したうえで購入していたか大いに疑問が残ると指摘する金融関係者は多い。

こうした事態に陥り、購入者に連絡を入れて「元本割れのリスクもある」と呼びかけるなど、
対策を講じる銀行も出始めている。

確かにここまでの株安は想定外だったかもしれない。
しかし前述の2行だけを見ても、1人当たりの購入額を仮に500万円とすると、6万6000人あまりが
購入していることになり、今後、問題は広がっていく可能性が高い。

ソース (『週刊ダイヤモンド』編集部)
ttp://news.goo.ne.jp/article/diamond/business/2008041401-diamond.html

5 :名無しさん:2013/12/18(水) 02:06:26.95 0
投資信託、元本割れで高齢者悲鳴  苦情・相談が相次ぐ
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1206247883/
高金利に目が眩み銀行員に勧められるがままに購入した元本『確保』型投信が元本割れ 高齢者が悲鳴
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1206210646/
【証券】投資信託:元本割れに高齢者悲鳴、サブプライム株安で・相談件数は過去最高の約1000件に…国民生活センター [08/03/23]
ttp://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1206226051/

サブプライムが高齢者襲う 投資信託元本割れに悲鳴

株式や債券で運用する投資信託の苦情・相談が急増している。国民生活センターが集計した全国の相談件数は
07年度、過去最高の約1000件に達する見通しとなった。米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローン問題
による株安で多くの投信の価格が急落、高齢者が「大幅に資産が減った」と訴える例が増えている。「元本確保」
とうたいながら元本割れする商品もあるなど損失リスクが十分説明されていない例もあり、金融機関の姿勢が問われている。

6 :名無しさん:2013/12/18(水) 02:08:33.93 0
>>5
同センターによると、投信の相談件数は集計を始めた00年度に491件だったが、06年度は約2倍の993件に増え、
過去最高になった。07年2月末に世界的な株安が起きたため、年度末にかけて相談件数が急増した。
 07年夏にサブプライム問題が表面化して世界株安が起き、投信価格が急落。日経平均株価は1万8000円台
から今年3月には一時1万2000円を割り込むまで下落し、日本株で運用する投信の保有者は含み損を抱えているケースも多い。

 このため、07年度の相談件数も増え、最新集計の2月中旬時点では806件に達した。
 相談者の年齢は70歳代以上が最多の4割。60歳代を加えると、全体の6割を占める。相談内容は「証券会社の説
明で損のない投資と思ったが、大幅に資産が減った」「元本保証の定期預金を契約したはずが、実際は投信を契約していた」など。
 投信には「元本確保型」や「リスク限定型」と呼ばれる商品がある。「元本確保」は満期時の元本確保を目標に運用するが、元本割れの
可能性もある。「リスク限定」は日経平均が一定範囲の下落まで元本が守られるが、大幅に下落した場合は元本割れの恐れがある。
いまの株価水準が続けば、リスク限定型をうたう約200の投信のうち1割程度が元本割れになる見込みだという。

 金融商品に詳しい南山大の吉本佳生・准教授は「リスク限定型でも元本割れのリスクはあり、元本保証の預金とは違う。
投資で損をしたくない預金者が買いやすいように工夫された商品だが、注意が必要だ」と話す。
ttp://www.asahi.com/business/update/0322/TKY200803220326.html

7 :名無しさん:2013/12/18(水) 02:37:49.58 0
【全国一斉デリバティブ被害110番のお知らせ】
仕組み債などのデリバティブ投資で被害に合われた方のために全国一斉で110番を実施します。
日時:
電話番号:(当日のみ有効)

の、団体

東京投資被害弁護士研究会 (東京先物証券被害研究会・旧名称)
http://www.tokyosakimonosyokenhigai.com/

8 :名無しさん:2013/12/19(木) 19:37:32.37 0
金融ADR制度(金融分野における裁判外紛争解決制度)

○ 指定紛争解決機関一覧
現在、紛争解決機関の指定を受けている団体は以下のとおりです。

紛争解決機関としての指定を受けた団体の一覧

団体名                       所在地                 業務の種別等

(社)生命保険協会                     東京都千代田区丸の内3−4−1   生命保険業務•外国生命保険業務

一般社団法人全国銀行協会                東京都千代田区丸の内1−3−1   銀行業務•農林中央金庫業務

一般社団法人信託協会                  東京都千代田区大手町2−6−2   手続対象信託業務•特定兼営業務

一般社団法人日本損害保険協会              東京都千代田区神田淡路町2−105  損害保険業務•外国損害保険業務•特定損害保険業務

一般社団法人保険オンブズマン              東京都港区虎ノ門3−20−4     損害保険業務•外国損害保険業務•特定損害保険業務•保険仲立人保険募集

一般社団法人日本少額短期保険協会            東京都中央区八丁堀3−12−8    少額短期保険業務

日本貸金業協会                     東京都港区高輪3−19−15     貸金業務

特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター  東京都中央区日本橋茅場町2−1−13  特定第一種金融商品取引業務

http://www.fsa.go.jp/policy/adr/shiteifunson/index.html
お問い合わせ先  金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)  総務企画局企画課金融トラブル解決制度推進室 (内線3516、3856)

9 :名無しさん:2013/12/23(月) 13:36:28.75 0
 悪質化する詐欺事件
最近、「おれおれ詐欺」や「振り込め詐欺」、そして、「未公開株」や投資など儲け話をもちかけた詐欺事件など被害額の非常に大きい詐欺事件が多発しています。
これは、「額に汗して働くことなんて馬鹿馬鹿しい。不正なことをしてでもお金を手に入れて、自分たちさえその日その日を楽に暮らしていければいいんだ。
他の人達が犠牲になろうが、どうなろうが関係ない。」
などと考えている最近の若者や中年者によって引き起こされ、犯罪そのもの、或いはこれに近い悪質なトラブルが大半を占めています。

一方、被害を受けた多くの方々は、終戦後の貧しい時代に育ち、刻苦勉励して我が国、社会、家庭の繁栄のために額に汗して働き続け、蓄えを積み上げられて、
これからは安心して老後を送りたいと願っておられていた方々が大部分ではないでしょうか。
http://www.vict-higai.com/

金融ADRとは,金融機関との間で金融取引を抱える顧客が,第三者機関の協力を得て,裁判外で紛争を解決しようとする制度です。
現在,為替デリバティブに関して金融ADRを取り扱っている機関は,
一般社団法人全国銀行協会と,特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター(通称「FINMAC」)になります。
そのいずれかに,あっせん申立てをすることになります。
http://www.vict-higai.com/225/22520/

特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター(通称「FINMAC」)
http://www.finmac.or.jp/

一般社団法人全国銀行協会
http://www.zenginkyo.or.jp/adr/

10 :名無しさん:2013/12/28(土) 13:32:49.54 0
金融業界の腐敗と罠(Dark Side)

個人投資家や法人では絶対に勝ち目のない世界。
証券、銀行、保険は本来の経済活動を歪める三大巨悪とも言える。
特にリーマンショックは無担保の虚構のマネー(carry-trade)が
世界中を駆け巡り、鞘取り合戦に勝ったもの…ユダヤが生き残った。

★詐欺的商品 日経平均リンク債(ノックインでノックアウト)

さて、相場が上昇し始めると証券会社や銀行は「この機を逃してなるものか!」と、様々な怪しいデリバティブの拡販に奔走します。
通貨オプションや通貨スワップは基本的に法人しか契約できない数億円単位の超ハイリスク商品ですが、
個人向け商品の中にも信じられない様なハイリスクミドルorロウリターンのものが存在します。

極めて複雑な内容で、表向きの高金利で購買欲をそそり、思わず購入した年配の方も少なくないようです。
然しながら、これはオプション取引の一種で購入者は発行体に対するプットオプションの売り手になり、
裏目に出れば投資金額の半値八掛けは当たり前と言う極めて損失リスクの高い商品に成り、通常は個人向けに販売出来る事自体疑問である。

例えば、仕組み預金とかEB債などもその中の一つですが、本日は仕組債の代表格である日経平均リンク債なるものを分析してみましょう。
これは数ある仕組債の中の一例なので発行体の名前は伏せて置きます。

11 :名無しさん:2013/12/30(月) 12:44:45.92 0
 例 日経平均リンク債 年率3.10%(税引前)

商品名  2015/11/20満期 早期償還条項付ノックイン型日経平均株価連動円建社債

発行体 海外金融公庫(公社) 格付(※1) A2(Moody's)/A+(S&P)
売出価格 額面金額の100%  利率(年)3.10%(税引前) 発行日 2013/5/17(金)発行額 8億円

 利払日 年4回払 2月、5月、8月、11月の各20日(30/360ベース) 初回 2013/8/20
満期償還日 2015/11/20 お申し込み単位(額面) 50万円以上、50万円単位
当社売出期間(予定) 2013/4/25(木)9:00〜2013/5/15(水)18:00
当初日経平均株価 条件設定日(2013/5/20)の日経平均株価終値
早期償還判定水準 当初日経平均株価×110.00%(小数第3位を四捨五入)
早期償還日 満期償還日を除く各利払日  早期償還評価日 各早期償還日の5取引所営業日前

12 :名無しさん:2013/12/30(月) 12:48:47.78 0
●ノックイン事由 観察期間中の日経平均株価終値が一度でもノックイン判定水準と等しいかまたはこれを下回った場合
ノックイン判定水準 当初日経平均株価×70.00%(小数第3位を四捨五入)
観察期間 2013/5/20(受渡日)から最終評価日(償還日の5予定取引所営業日前)までの期間
最終日経平均株価 最終評価日の日経平均株価終値  最終評価日 満期償還日の5取引所営業日前
● 早期償還
各早期償還評価日の日経平均株価終値が、早期償還判定水準以上の場合、
本債券は直後の早期償還日に額面金額の100.00%と当該利払期日に支払われるべき利金の支払をもって早期償還されます。
※早期償還した場合、利金は当該早期償還日分までのお受け取りで、以降の利金はお受け取りできません。
● 満期償還
本債券は、早期に償還または買入消却されない限り、満期償還日に下記の条件にて償還されます。
(1)ノックイン事由が発生しなかった場合、額面金額の100.00%現金にて償還
(2)ノックイン事由が発生した場合、額面金額×(最終日経平均株価 ÷ 当初日経平均株価)の現金にて償還
(ただし0は下回らず、額面金額を上回りません。円未満四捨五入)
●取引所営業日 東京証券取引所の営業している日を取引所営業日といいます。
営業日 東京、ロンドンの銀行営業日(利払日、償還日が営業日でない場合は、翌営業日に繰延べます。ただし、繰延べた結果、翌月になる場合は前営業日に繰上げます。)

13 :名無しさん:2013/12/30(月) 21:35:40.45 0
※価格は額面100に対するパーセント表示を記しております。
※本債券の売出は、当社約款規程集 PDFです。新しいウィンドウで開きます。第6章「外国証券取引口座約款」に基づいて行っております。
※本債券に関しましては、契約締結前交付書面と目論見書のWEB閲覧又は郵送請求をされていない場合は、ご注文は受付できませんのでご注意ください。
※本債券は、ユーロ市場で発行された円建債券です。
※当初日経平均株価等の条件は、原則条件決定日の翌営業日にお客様のメッセージボックスへお知らせいたします。また、ログイン後の「債券」>「取扱実績」ページ内でもご確認いただけます。
(※1)金融商品取引法第66条の27の登録を受けていない者が付与した格付(無登録格付)です。
本債券の格付に関しては、 「無登録格付に関する説明書」 PDFです。新しいウィンドウで開きます。をご覧ください。

ご注意
本債券は、満期までの保有を前提とした特殊な仕組みとなっておりますので、中途売却される場合、売却価格が著しく低くなり、投資元本を割込むことがあります。
ご購入に際しては、満期までの保有をお勧めいたします。
本概要は、目論見書の記載内容の一部をわかりやすく表現したものです。(その結果、目論見書上の表現と異なる部分があります。)詳細につきましては、目論見書をご確認ください。
本債券は、日経平均株価の変動に連動して利金および償還金のお受取金額が変動する仕組みを組み入れています。
お申し込み、ご購入前に、「満期償還時の想定損失額」および「中途売却時の想定損失額」を必ずご確認ください。
本債券の発行体の格付は引下げ方向で見直しの対象となっているため、売出期間中に格付が変更される可能性がございます。
発生した際は、事象の内容を本ページ内に掲載いたします。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

14 :名無しさん:2013/12/30(月) 21:47:21.90 0

以上の様な商品概要ですが、これをご覧になってよく理解できると思う人がどれだけいるでしょうか?
逆にパッと見てピンと来る人は絶対に手を出さない詐欺的商品です。

ノックイン…70%に一度でも触れたら満期日(判定日)にその時の日経平均価格に連動して償還になる。
例えば、14000円が当初価格なら2.5年以内に一度でも9800円に触れれば連動して償還。
2年半後に8400円なら元本の60%と3.1%(30/360ベーシス)の金利しか返ってこない。

仮に1000万円の投資なら600万+77.5万=677.5万円…32.5%の損失である。

それでは、日経ダウが16000円になれば、いじゃないか?などと思う人は絶対にこの商品を購入してはならない。
何故ならば、商品内容が全く把握できていないという事になる。
詰まり、早期償還条項に書いてあるように判定基準日に110%になった時点で強制償還になる。

どういうことかと言えば、上記の場合は日経平均が15400円になった時点で元本と30/360ベーシスの金利が受け取れるだけで、日経ダウ上昇分の利益は全く享受できないという代物。

15 :名無しさん:2013/12/31(火) 06:34:16.42 0

仮に上手く行っても株価上昇分の利益は全く取れずに2年半で1000万+77.5万
逆に裏目に出れば元本が50%以下にもなり得る超ハイリスク商品。

2年半の間に9800円迄下落しないと言う保証は全くないし、
この様なギャンブル性の高い商品の保有期間が2年半と言うのは余りにも長い。
単純に言えば1年でも長いが、期間が短くなれば数理計算上、発行条件が悪くなるので金融機関は販売しにくい訳だ。

色々と説明してもかなり複雑で分かり難いと思われるが、
要はこの様な発行体が主導権を持ち、購入者が雁字搦めに条件で縛られた商品を買うなら、
まだ日経平均のインデックス投信を購入する方がいいに決まっている…何故なら上昇すれば上昇しただけ素直に利益が享受できる。
逆に相場が下落基調になりやばいと思えば、早めの損切りだって可能な訳だ。

◆リンク債の場合は下落時には「どうぞ、ノックインしない様に」とただ指を咥えて祈るばかりである。

事実、リーマンショックの時には募集額が総計数百億〜数千億の日経平均リンク債が全てノックインして購入者は敢え無く撃沈した事がこの商品の怖さを物語っている。

では、発行体はどの様な運用をしているのか?
発行体が単純にプットの購入(仕組債購入者はプットの売り手)で、
運用益を出すなら市場でプットを購入すればいい訳だがオプション料金の損失が出る可能性があり、敢えて募集を掛ける意味があり、
そこには絶対に利益を上げるための巧妙な罠がある。

16 :名無しさん:2014/01/01(水) 04:49:36.29 0
発行体の運用に付いては幾つかの解説が書かれていますが、
正直なところ間違っているものが多く、単にプットオプションを購入している訳ではなく、
その間の相場の動き(ボタラリティー)で利益を得ます。

その場合に、発行体(証券会社ではありません)はデルタヘッジ(0〜1)を掛けるのですが、この場合には先物を買うか合成先物を組成してフルヘッジします。
ですが、これだけではプラスマイナスゼロなので利益は出ませんよね。

然し、償還までの間に相場は何回も上げ下げするので、下がれば買い増し、上がればポジションを売るという事を繰り返すので利益が積み上がります。
その際に、ノックイン価格(上記なら9800円)に近付けば、デルタは1に近付くのでオプションと同等の先物で対処しますが、
いざ9800円になると思えば、ヘッジを一気に外す…詰まり、9850円~9900円では大量の先物が売られて現物も下落する。
そして、購入者はノックインして、30%損失の段階から株価と連動して投資金額が上下する。

一度、ノックインしてしまえばもう一度先物を買い戻して再度運用益を得ると言う仕組みである。

兎に角、これと同じ仕組みで他社株転換社債と言うのもあるが、
この場合には企業が対象なのでもっとボラタリティーが高くなり、購入者の見かけ上の金利は15%〜25%と高くなるが、
デフォルトや上場廃止になれば紙屑になるので最悪の事態に陥る。
実際に、ある不動産関連の企業のEBはリーマンショック後に上場廃止で紙くずになり、訴訟問題にまで発展した。

日経ダウリンク債はデフォルトはないが、今の様に昨年から50%以上上昇している過程で購入すれば下落の確率が高くそれだけ損失リスクが高くなるので絶対に購入してはいけない。

17 :名無しさん:2014/01/01(水) 11:37:35.82 0
銀行員による投資信託の勧誘行為に不法行為を認めた事例
   2013年5月公表   独立行政法人 国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/201305_1.html

 本件は、高齢者に投資信託の商品を販売した銀行の従業員の勧誘に、
適合性原則違反および説明義務違反があったとして、
銀行に対し、使用者責任に基づく損害賠償を請求した事案である。

 裁判所は、従業員の勧誘行為は適合性原則違反および説明義務違反のいずれもが認められるとしたうえで、
顧客側の過失は認められないとして、原告の損害賠償請求を全部認容した。
(大阪地裁平成25年2月20日判決(確定))
判決文未登載

事案の概要
原告:X(消費者) 被告:Y(銀行) 関係者:AおよびB(Xを担当したYの従業員)

 X(取引当時77歳の女性)は、一人暮らしの年金生活者であった。
証券取引の経験はなく、2003年に夫を亡くし、相続した預貯金等を含め3,000万円程度の預金があった。
また、1999年頃から補聴器を装用し、2004年頃には難聴と診断を受けていた。

2007年7月、AとBはX宅を訪問し、定期預金を解約して投資信託(ノックイン型投資信託*)を買うように勧誘した。

*株価指数など対象となる資産の価格が、一定の水準を超えて下落しなければ、一定の利回りが支払われるといった、
特殊な条件が定められた債券(仕組債)を投資対象とする投資信託。
一定の範囲を超えて下落した場合(これを「ノックイン」という)、その下落分に連動して投資家の損失が生じるというリスクがある。

18 :名無しさん:2014/01/01(水) 19:32:49.65 0
この商品は、日経平均株価の値動きによって償還条件が決定されるしくみのユーロ円債に投資し、銘柄組み換えを行わないことを原則としている。

この商品の特性の1つとして、3年の償還期間中、日経平均株価の終値がスタート株価に対し、一度も30%以上下落しなければ投資元本全額が償還され、かつ一定の分配金が入るが、
一度でも30%以上下落したことがあると、エンド株価がスタート株価を下回る場合、償還時の下落割合に応じた元本割れの損失が生じる、というものであった。

購入者は、解約によって本件商品の価格変動リスクを回避することができるが、
解約を申し込むことができるのは、解約可能期間(約2年9カ月間)における銀行営業日の約15%という限られた日数に過ぎないため、
事実上適時にリスクを回避する方法は大きく制限されていた。

Xは証券取引の知識や経験がなかったが、AおよびBが熱心に勧めるので、これに応じ、
Xが保有する金融資産の約3分の2に該当する定期預金2,100万円分を解約、これを本件商品の購入資金に充てた。

その後、株価が下落。XはAから本件商品の評価額が約半分になっていると知らされたため、
2009年10月26日に解約し、解約返戻金として約1,180万円を受領した。

Xは、Yの従業員AおよびBが行った本件勧誘は適合性原則違反であり、かつ説明義務違反であるとして、不法行為に基づく損害賠償請求をした。
損害額は、購入代金から、上記の解約返戻金、受領した分配金、解約時までのキャッシュバックを控除した額に、
定期預金を満期まで預けていたらもらえたはずの利息額から中途解約利息を控除した額と弁護士費用を加えた額として、約900万円であると主張した。

Yは、本件投資信託のしくみは単純であり、
XもAおよびBの説明で理解したうえ、定期預金の金利が低いために購入することにしたのであるし、
保有する金融資産も4,200万円以上あると申告しており、自宅も所有していたことから、適合性は十分に有していた、
説明は販売資料の記載内容に沿って行われており、説明義務違反もないなどと主張し、争った。

19 :名無しさん:2014/01/01(水) 19:37:01.39 0
○理由

(1)適合性原則違反について

 購入者が本件商品を購入するか否か、
購入額をいくらにするか、
途中解約をするか否かなどの投資判断を的確に行うためには、
購入者は本件商品の特性を認識および理解できるだけの能力、
日経平均株価の推移や動向をある程度把握・理解できる能力が必要といえる。

 Xの投資経験、投資取引の知識・能力からすると、本件商品の特性を理解できる能力は備えていなかったと推認できる。

 また、本件パンフレットには太字で「元本確保」と記載されていたこと、
YがXおよび亡夫の長年の預金の預け入れ先である銀行であることも併せ鑑みれば、
Xにおいては本件商品が元本の確保された高い利回りの預金あるいは預金類似の金融商品と誤解する危険性が高いと考えられる。

 さらに、Xの投資意向は、元本の安定性を重視するものであったし、
本件の投資額2,100万円はXが保有する金融資産の7割以上に当たる。
以上からすると、AおよびBの本件勧誘は、Xの実情と意向に反し、
明らかに過大な危険を伴う取引を勧誘したもので、
適合性原則から著しく逸脱した違法な行為である。

20 :名無しさん:2014/01/01(水) 19:40:23.22 0
(2)説明義務違反について

AおよびBは、販売用資料の記載内容に沿って、一応の説明を行ったことは認められる。
しかし、Xの年齢、経歴、難聴等からすると、それらの内容をすべて理解できたとは考えがたく、本件商品の特性およびリスクを理解できたとも考え難い。
AおよびBは、Xが独自の判断として「今後3年間は日経平均株価が30%以上下落することはないだろう」と述べたというが、そのような事実は認められない。
したがって、AおよびBの本件取引に関する勧誘行為には説明義務違反があったというべきである。

(3)過失相殺

Xは、AおよびBの勧誘に応じて本件商品を購入したと推認でき、
その勧誘は、適合性に欠けるXに十分な説明をせず本件商品を購入させたものであるから、
適合性原則違反および説明義務違反のどちらの関係でも過失相殺を行うのは相当であるとは認められない。

以上のように判断し、Xの請求額が全部認容された。

21 :名無しさん:2014/01/01(水) 20:22:35.79 0
○解説
 ノックイン型投資信託は、日経平均連動債などの特定の仕組債に集中投資をする投資信託である。

 そのため、分散投資の機能はなく、投資対象の仕組債と同様のリスク構造をもっている。
このような商品は、証券会社だけでなく銀行でも扱われているが、
高齢者の場合、預金をしている銀行から、この商品を勧誘されると、商品の特性について誤解を招きやすいものといえる。

 ノックイン型投資信託の勧誘販売の事案で、銀行に損害賠償責任を認めた判決としては、参考判例(1)がある。
その後、本件と同様に、銀行の行員によるノックイン型投資信託の勧誘事案で(説明義務違反には言及せず)適合性原則違反を認めた参考判例(2)が出ている
(この判決も本判決と同様に控訴なしで確定している)。
また、銀行子会社の証券会社によるノックイン型投資信託の勧誘が説明義務違反とされたものとして、参考判例(3)がある。

 過失相殺について、参考判例(1)は、適合性原則違反と説明義務違反を認めたが、2割の過失相殺をしていた。
参考判例(2)は、原告が当時79歳であったが、説明によって不十分ながらも一定の理解をしていたことや、同居していた孫が購入手続きの一部に関与しており、
同居家族に相談する機会も十分にあったなどとして、8割の過失相殺をしている。
この事案では、ノックイン型投資信託のほか、追加型株式投資信託を買っていたが、それについての勧誘の違法性は否定されている。

参考判例
(1)大阪地裁平成22年8月26日判決(『金融法務事情』1907号101ページ、『金融・商事判例』1350号14ページ)
(2)東京地裁平成23年8月2日判決(『証券取引被害判例セレクト』41号1ページ)
(3)東京地裁平成23年2月28日判決(『金融・商事判例』1369号59ページ)

22 :名無しさん:2014/01/01(水) 20:24:49.96 0
 これに対して本判決は、AおよびBの供述の信用性を否定したうえで、
適合性原則違反と説明義務違反を認め、
過失相殺は相当でないとして請求を全部認容しており、
重要な先例といえる。

 この種の事案では、2010年10月から金融ADR法が施行されており、
一般社団法人全国銀行協会のあっせん委員会や特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)に申し立てられるものもある。
 しかし、銀行や証券会社側にはADRでの解決に柔軟性を欠く姿勢がみられ、あっせん案が出てもそれを受け入れずに不成立に終わる例も少なくないようである。
その意味でも、判決の蓄積が待たれる状況にあるといえる。

23 :名無しさん:2014/01/31(金) 23:54:24.12 0
株ヤバいことになってきたで。
こりゃノックインでまくるかもな

24 :名無しさん:2014/03/28(金) 22:43:24.78 i
>>17-22
【過失相殺なしで信託銀行が全面敗訴「難聴の高齢女性に投信販売で違反」】
中央三井信託銀行に大阪地裁判決、説明義務違反、適合性原則違反を認定
http://judiciary.asahi.com/articles/2013031200005.html

 中央三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)が売った投資信託を巡り、損失を被った顧客の現在82歳の女性が同行に損害賠償を求めた訴訟で、
大阪地裁は2月20日、請求の全部を認め、894万円を支払うよう銀行に命じる判決を言い渡した。銀行は控訴期限の3月6日までに控訴せず、判決が確定した。
金融商品を巡る銀行と顧客の訴訟で、顧客が勝訴する事例はまれだが、なかでも請求額全額の支払いを認めた判決は極めて異例だ。

判決は、銀行側の適合性原則違反、説明義務違反を認めた。
銀行側は「原告は『運用状況はわかっている』と述べた」「原告は投資商品の購入を主張した」などと主張したが、
判決はこれについて「事実を認められない」「不自然」などとして退け、「(原告側に)過失があると評価できない」として、過失相殺も認めなかった。

原告側訴訟代理人の中嶋弘弁護士は
「原告が、銀行の不当な手法を世間に知ってもらい、同じような老人が同種の被害に遭って泣かされないように警鐘を鳴らしてほしいと銀行の和解申し入れに応じなかったため、判決に至った。
原告は、ノックイン投信のような投資判断が難しく、リスクも高い金融商品を、投資経験のない者に適した商品だと誤って位置づけて、
会社として積極的に販売していた営業姿勢が生んだ被害者だ」
と話している。

25 :名無しさん:2014/03/30(日) 09:59:10.01 i
 ■「適合性の原則から著しく逸脱した違法な行為」

 顧客の女性は昭和5年(1930年)生まれ(現在、82歳)。国民学校高等科を卒業し、実家の農業を手伝い、
その後、宿泊施設で仲居として働いた。昭和30年、国鉄職員の夫と結婚し、昭和42年から平成2年まで工場で働いたという。
訴訟の原因となった投資信託を買うまで証券取引の経験はなく、金融取引といえば、預貯金のみだった。

 1993年(平成5年)ごろ、耳が遠くなり、99年(平成11年)ごろから補聴器をつけるようになった。2004年(平成16年)、難聴と診断された。一人暮らしだった。
2007年(平成19年)7月6日、中央三井信託銀行の見知らぬ銀行員2人が突然、女性宅を訪問した時も、相手の言葉がよく聞き取れない状況だったという。

 判決文などによると、銀行員2人は、女性の自宅で約1時間にわたり、販売用資料を示し、商品の勧誘を行った。
中央三井信託銀行に預けていた計2100万円の定期預金を解約させ、同額の投資信託を購入させた。
 しかし、2009年10月、女性は銀行から「評価額が半分になっている」と告げられ、この投信を解約。
評価損など計894万円の損害賠償を求めて、2011年7月、銀行を提訴した。

 この投信は2007年に販売された「中央三井償還条件付株価参照ファンド07−07」。
ユーロ円債に投資し、日経平均株価の値動きで償還条件が決定される仕組みで、J・P・モルガン・インターナショナル・デリバティブズ・リミテッドが発行する商品だった。
 日経平均株価の終値がスタート価格に対し、一度でも30%以上、下落しなければ投資元本が確保されるが、平均株価が価格以上に上昇した場合でも投資家の利益は限定されるしくみ。
日経平均株価が大きく変動したり、ユーロ円債が債務不履行となれば、元本を大きく下回る可能性がある。

26 :名無しさん:2014/03/30(日) 10:03:34.50 i
 今回の判決で最も注目されるのは、銀行が主張したストーリーに判決文は真っ向から疑義を呈したことだ。

 耳が遠く、過去に一度も株取引をしたことのない高齢女性でも投資判断ができたし、リスクを理解していた、と銀行側は主張した。
銀行側の主張によれば、今回の投資信託の前に変額年金保険を女性に勧めたところ、「10年は少し長い」と言われ、
「投資信託ならもう少し短い商品がある」と伝えると女性が興味を示した、あるいは女性は「定期預金の金利が低いので資産運用を見直ししたい」と言った、とされている。
原告は金融商品に興味があったからリスクも知っていたとするストーリーだ。
しかし、判決は「本件取引以前に(銀行側が)原告の自宅を訪問して金融商品の購入等を勧誘していた事実および原告がこれに前向きな姿勢を示していた事実を認めることはできない」とした。
そのほか、銀行側が販売行為を正当化する主張に「慎重に吟味しなければならない」「不自然といわざるを得ない」「ただちに信用することはできない」「被告従業員の認識を示すものに過ぎない」とことごとく疑義を示した。

 原告の女性は、商品の内容もろくに分からぬまま、老後の生活の蓄えで亡き夫の退職金をもとにした定期預金を解約させられ、新たにリスクの高い金融商品を買わされていた。
女性は記者の取材に、体を震わせながら「なんでハンコなんて押してしまったんでしょう」と悔やんだ。
定期預金を解約した時点でも、それが投資信託という証券取引に変わるとは、全く理解していなかった可能性が高い。

 判決文は、商品について「日経平均株価が商品の購入者に有利に推移すれば、満期償還で最大で2.12%程度の利益が得られる反面、
不利に推移(下落)した場合は、日経平均株価の下落率に近い高率の価額減少率で元本を毀損する危険性がある」とする。

27 :名無しさん:2014/03/30(日) 10:16:50.49 i
 そうした点から、「原告は当時77歳の高齢の一人暮らしの女性であり、第二次世界大戦の戦時下に国民学校高等科を卒業し、学校卒業後は宿泊施設の仲居、専業主婦、工場労働者として働くという、
株式等の金融商品の知識を得る機会の少ない学歴、職歴、経歴しか有せず(省略)、
株式、投資信託等の元本割れのリスクを伴う金融商品の取引に関する知識や日経平均株価に関する知識を十分身につけてはおらず、
商品の特性をパンフレットおよび目論見書を読んだだけで理解できる能力は備えていなかったと推認できる」「被告従業員から定期預金を解約してその解約金で商品を購入するよう勧められた場合には、
預貯金以外の投資経験のない高齢者である原告は、元本が確保された高い利回りの預金あるいは預金類似の金融商品であると誤解する危険性が高いと考えられる」としたうえで、
「一連の勧誘行為は、原告の実情と意向に反する明らかに過大な危険を伴い取引を勧誘したもの」で「適合性の原則から著しく逸脱した違法な行為」とした。

 また、銀行の説明義務違反についても認定した。

 「販売用資料の記載にそって一応の説明を行ったことは認められる。
しかし、銀行の担当者と原告が面談して原告とやりとりを行った時間は1時間であり、
(中略)原告が金融用語、経済用語が多数用いられた本件パンフレットの記載に沿った説明を被告従業員から聞いたり、日経平均株価のチャート図等の図を見せられたとしても、
それらの説明をすべて理解できたとは考えがたく、(中略)難聴であったことも相まって、原告が銀行の担当者が話す内容をほとんど理解できていなかった可能性を窺わせる」。

 三井住友信託銀行の広報室は取材に対して「個別事案であり、コメントは差し控えたい」としている。

28 :名無しさん:2014/03/30(日) 12:03:07.08 i
 ■原告の女性インタビュー
 77歳で投資信託を買った原告女性は現在、82歳になっている。大阪市内で話を聞いた。なお、取材中も難聴のため、こちらの質問が聞き取れないことがよくあった。

 ――投信を買った当時の状況について。
 女性:「アポも取らず、銀行員の男の人と女の人がいきなり来たんですよ。中央三井信託銀行には(夫の)退職金を定期預金にして預けていた。
何のお話かと(思い、家に)上がってもらって話を聞いたんですけど、まさか年寄りをだますようなことを…。それまで銀行を信用しきっていたんです」
 ――定期預金を崩して、投信を買った。
 女性:「私にはそういう認識はないです。ただ、おじいさんが残したお金で老後を過ごせると思っていたんです。もっとしっかりしとったら、ほんま良かったんやけど。
銀行を信用してましたから。何かねえ、なんでハンコ押したんでしょうね」
 ――銀行は耳が悪いのを知っていた?
 女性:「知っていたと思いますよ。ちょっと耳が遠いんでね、と私言いますから。大きな声で話すこともなかったです。普通でした。
でも、全然何も考えてなかったからね。30年以上ですから、三井さんとのおつきあいは。そんなことしはるとは思っていなかった」
 ――平成21年10月、銀行から商品の評価額が「半分になっている」と聞かされた時は。
 女性:「びっくりしました。なんでかなと。セールスみたいな人が来はって『これだけ減ってます』って。そしたら、何か、こんなグラフみたいなもって来はったから。
でも私、読みもせえへんし、読んでもわからへんから、最初に(大阪の)茨木警察に行ったんです。こんな時どないしたらいいって。そうしたら民事だといわれて…」
 「オレオレ詐欺が流行っていたころだから、それにだまされたりしたらいかんと一生懸命になっていて。
それが銀行にだまされるとは思いませんもん。いまは、もう何も信用するものはないです」

29 :名無しさん:2014/03/30(日) 12:06:29.09 i
 ――すぐに解約したのはなぜですか。

 女性:「少しでも助かると思って解約しますっていったんです。少しでも生活助かるかと思って。解約申し込んだとき、銀行員さんが一人来はった。
でも、『民主党の政権になったら株価が上がりますから置いといたらいかがですか』と解約するなというんです。
でも、そんなの私、知りませんやん。お金いうもんはただ、預けたらいいとだけしか思っていませんから。
私がその人に言ったんです。『もし、あなたのお母さんや親戚の人が、私みたいにこんなだまされ方したら、お宅どないしはる?』って聞いたんです。
そしたら、その人が畳に額つけて2分間ぐらい、頭あげられへんのや…。その時、私は銀行が寄ってたかって年寄りをだましているんだと思ったです。
やることやったろうと。今は気分的に参ってしまったけど」

 ――証券取引ってわかりますか。

 女性:「定期預金がせきのやま。水飲み百姓で、おじいさんが残したお金ですやん。株も何も知りません。私は生命保険も、嫌いやったから入らなかったです。
ただ、貯金だけ。その貯金をだまし取られた」

 ――銀行へのイメージは大きく変わった?

 女性:「いままで役所を信用ならんと思っていた。ちゃんと領収書を置いておかなあかんと思っていた。でも、銀行は通帳があるというのもあって、安心してました。
信用していたんです。ちょっと見た時に、ギリシャがつぶれた。公務員と銀行でつぶれたといってましたから。銀行はこんなに悪いやっちゃと。
今回の銀行員の人たちも刑務所に入れてもらいたいです」「三井だけは許しません。灰になっても呪ってやると思ってます」

30 :名無しさん:2014/03/30(日) 17:30:37.72 i
▽筆者:松田史朗
1964年生まれ。信州大学を卒業する前後から、さまざまなアルバイトを転々とする。
重化学工業通信社」を経て、「週刊ポスト」「週刊文春」の特派契約記者、フリーライターなどを経て、2003年秋、朝日新聞に入社。
政治部、社会部、特別報道チーム、文化グループなどを経て経済部。
週刊ポスト」時代に永田町の取材を始め、政界の汚職事件も担当。
田中真紀子衆院議員の秘書給与疑惑(2002年)や日本スケート連盟汚職(2006年)、偽装請負問題(2006年)、鳩山首相故人献金問題(2009年)などを取材。
著書に、名古屋の中学生5000万円恐喝事件の加害者の両親の手記をまとめた『息子が、なぜ』(2001年、文藝春秋、構成・まとめ)、『田中真紀子研究』(2002年、幻冬舎)。共著に『偽装請負』(2007年、朝日新聞社)がある。

▽関連資料:

2013年2月20日に言い渡された大阪地裁判決の全文●pdfファイル
http://judiciary.asahi.com/apfcont.php?contents=tZpQeifayZUJz6jXyZePFOyCtcorFV0KIaffJBfIMUSej3lPPjIN4esL+dNOv2cWgQwyVu+TuiJjhMIaBY0wGg==

中央三井信託銀行の行員から原告女性が受け取った投資信託の資料
http://judiciary.asahi.com/S2006/upload/2013031200005_1.jpg
http://judiciary.asahi.com/S2006/upload/2013031200005_2.jpg

31 :名無しさん:2014/03/31(月) 13:58:55.43 i
週刊エコノミストは、
毎日新聞社が発行するビジネス誌です。1923年(大正12年)に創刊、2013年に創刊90周年を迎えました。
創刊号では編集方針を「学理を論じて空疎に失せず、現実に即して卑近に流れず」と謳い、以来、本誌は、時流に流されず、現実を見据えた報道につとめてまいりました。

目次 2013年4月16日特大号
金融トラブル ノックイン投信で全面敗訴 問われる中央三井信託の良識 ■鈴木 道隆
http://www.weekly-economist.com/2013/04/16/%E7%9B%AE%E6%AC%A1-2013%E5%B9%B44%E6%9C%8816%E6%97%A5%E7%89%B9%E5%A4%A7%E5%8F%B7/#permalink
___________________________________________________________________________________________

〔金融トラブル〕ノックイン投信で全面敗訴 問われる中央三井信託の良識=鈴木道隆
エコノミスト 第91巻 第18号 通巻4283号 2013.4.16

金融商品販売を巡り銀行側の落ち度を全面的に認める、異例の判決が2月20日、大阪地裁で出た。
中央三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)が2007年に売った投資信託(ユーロ円債投資)で損失を抱えた顧客の82歳の女性が損害賠償を求めた訴訟で、
銀行側が請求額894万円全額を支払うよう命じられたのだ。銀行の全面敗訴は極めて珍しい。
中央三井は控訴せず、3月上旬、判決が確定した。 この訴訟の判決文を読むと、銀…
以下、
※この記事は以下の決済方法を使ってご購入できます。
http://mikke.g-search.jp/QENM/2013/20130416/QENM20130416se1089089001045000c.html

32 :名無しさん:2014/03/31(月) 14:15:34.55 i
ttp://judiciary.asahi.com/apfcont.php?contents=tZpQeifayZUJz6jXyZePFOyCtcorFV0KIaffJBfIMUSej3lPPjIN4esL+dNOv2cWgQwyVu+TuiJjhMIaBY0wGg==

ttp://www.weekly-economist.com/2013/04/16/%E7%9B%AE%E6%AC%A1-2013%E5%B9%B44%E6%9C%8816%E6%97%A5%E7%89%B9%E5%A4%A7%E5%8F%B7/

33 :名無しさん:2014/04/02(水) 00:30:46.78 0
>>32
梅田支店かぁ〜
従業員●●●●(以下「●●」という。)及び同●田●●(以下「●田」という。)

で、それって誰よ

34 :名無しさん:2014/04/03(木) 06:45:00.63 0
三井住友信託さんには非常にお世話になっています。
昨日夜から、お気に入りファンド一覧が見れない状況になっています。
消費税変更に伴うシステム障害でしょうか?
もし社員さんが見ていたら、返答をお願いします。

35 :名無しさん:2014/04/03(木) 19:05:21.17 0
すみません。上の投稿はスレ違いみたいでした。

しかし、ノックイン投信は買ったことがないのですが、
このスレは参考になりました。

36 :名無しさん:2014/04/04(金) 22:03:03.07 0
中央三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)が高齢者に売った投資信託といえば、こんなのも
このスレも、ノックイン投信について参考になるな

ボケ老人(89)カモにゴミ信託など年間5000万円以上売り付け・ 大和証券は600万円賠償で和解、中央三井信託銀行はゴネる
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1332953396/

認知症の男性(89)に投資信託などを販売して損害を与えたとして、
男性側が大和証券に約820万円の損害賠償を求めた訴訟があり、
東京地裁(村上正敏裁判長)で和解が成立していたことが28日、分かった。
和解は21日付で大和側が600万円を支払う。
男性は中央三井信託銀行にも約1030万円を求めているが、和解は大和分のみ。

訴状によると、男性は平成20年に老人性認知症と診断され、21年に成年後見開始決定を受けた。
金融商品の購入金額は15年まで年間240万円程度だったが、18年は2社で約5530万円に上った。
原告側は「判断力の低下に乗じて、外務員らが違法な勧誘を行っていた」と主張、
売却価格との差額などを求めていた。
男性側代理人は 「同様の例はあるはずで、社会に警鐘を鳴らす事案になれば」 としている。
大和証券は「事案の内容を十分精査した上で、適切に対応した」とコメントしている。
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120329/trl12032901310000-n1.htm
関連スレ
マドフ事件では150年の禁固刑、AIJ事件はどんなにがんばっても懲役10年以下・・日本は経済犯罪者の天国なのか
ttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1332929428/

37 :名無しさん:2014/04/09(水) 00:47:52.36 0
>>36
確かに、大和の投資信託は三井住友信託や日興と比較して高いな。
消費税が8%になって、大和のネット注文の最低手数料が1,080円に
上がったので、一単元が安い銘柄は買いづらくなった。

2 :あらららら:2012/03/29(木) 01:53:17.15 0
D和は手数料が高いけどね。

38 :名無しさん:2014/04/09(水) 00:50:03.17 0
最初は投資信託の手数料の話で、次が株式の話でした。

39 :名無しさん:2014/04/09(水) 06:09:50.74 O
小林コーチ

40 :名無しさん:2014/04/10(木) 18:25:16.36 i
詐欺被害者に“金を取り戻せる”9人逮捕 2014年4月10日 動画付
http://www.news24.jp/articles/2014/04/10/07249018.html

 投資詐欺の被害にあった男性に「被害金を取り戻せる」とウソの話を持ちかけ、現金をだまし取ろうとしたとして、無職の男ら9人が逮捕された。
詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、東京・豊島区の無職・沼田靖容疑者(31)ら9人。
警視庁によると、沼田容疑者らは過去にエビ養殖事業の投資詐欺で400万円の被害にあった男性(78)に電話し、
「被害金を取り戻せる」などとウソの話を持ちかけて、手数料などの名目で現金をだまし取ろうとした疑いが持たれている。
摘発したアジトからは、詐欺被害者とみられる約7000人分の名簿や、1か月の目標額とだまし取った額が書かれたホワイトボードなどが見つかった。
警視庁は、名簿の入手経路や余罪を調べている。

41 :名無しさん:2014/04/12(土) 10:48:40.93 i
日本弁護士連合会 消費者問題ニュース154号(2013年6月)
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/data/consumer/news_154.pdf

【事件情報】
ノックイン投信勧誘について適合性違反・説明義務違反が認められた判決
(大阪地裁8民事部合議係 平成25年2月20日判決(確定))

@
本件は、中央三井信託銀行(当時)の行員が、
予め、定期預金全額の解約用紙とノックイン投信の申込用紙を用意した上で原告宅を訪問し、
定期預金2100万円全額を解約させ、ノックイン投信の購入に充てさせたことについて、
原告が同行に対し、適合性原則違反、説明義務違反を理由に不法行為による損害賠償請求をした事案です。

42 :名無しさん:2014/04/12(土) 12:09:46.54 i
A
本件で問題となったノックイン投信は、
ノックイン条件付日経平均連動債に集中投資する投資信託です。
3年間の間に一度でも当初株価から3割以上下落したら、以後は株価下落率に応じて損失が出ます。
株価がどんなに上昇しても得られるのはわずかな分配金だけです。
途中売却するには大きな制限があるため、
投資判断する時点で日経平均株価指数の3年間の推移を予測しなければなりません。

 原告は投資経験がなく、投資に関心もありませんでした。
原告は難聴であり、投資関連の専門用語を聞いて理解する能力はありませんでした。
そのような原告が本件ノックイン投信に保有資産2800万円の7割以上を投資しました。

 投信を販売した被告は、
ノックイン投信が「投資経験のない顧客に適した商品である」という誤った理解をしていました。
そして被告は、原告が4200万円以上の資産を有していると述べたとか、
3年間日経平均は3割以上下がらないと思うと述べたとか、
説明を聞いて理解していたなどと主張しました。

43 :名無しさん:2014/04/12(土) 14:10:15.72 i
B
これに対して本判決は、被告の主張をすべて排斥し、
銀行が作成したヒアリングシートや業務日誌の記載が信用できず、
銀行員の供述も信用できないとしました。

そして本件商品は「元本が確保された高い利回りの預金あるいは預金類似の金融商品であると誤解する危険性が高い」とし、
かかる金融商品は原告の意向と実情に照らし適合しないとして適合性原則違反を認めました。

また1時間弱の説明を受けても原告がノックイン投信の特性とリスクを理解できたとは考え難く、
原告が理解できるような説明はなかったとして説明義務違反を認めました。

社会常識に適った認定です。

 また、本判決は、過失相殺を行うことが相当であるとは認められないとして、
解約させられた定期預金の利息(逸失利益)の損害まで含めて原告の主張を全面的に認容しました。

銀行窓販の悪質な実態を浮き彫りにした判決といえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本弁護士連合会 消費者問題対策委員会 
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3
TEL 03-3580-9841 FAX 03-3580-2896

44 :名無しさん:2014/04/13(日) 16:14:39.17 0
>>43
>>銀行が作成したヒアリングシートや業務日誌の記載が信用できず、

【企業特集】【第122回】 2012年4月19日
三井住友信託銀行
インサイダーに続く不祥事発覚 記録改ざんでメガ信託に暗雲

インサイダー取引疑惑にシステム障害。4月1日に誕生した信託業界最大手の三井住友信託銀行は波乱含みのスタートを切ったが、
週刊ダイヤモンドの取材でさらなる不祥事が発覚した。規模こそ業界トップに躍り出たが本業は課題山積。名実共に業界の盟主になれるか。

「お客さまの面談記録を勝手に変えたり、全部消したり、私が見聞きしたこととは全く違うことを記入されてますけど」
「まあ、あったか、なかったかというところを含めて、えっと、具体的に……」
「具体的になかったとおっしゃるんですか」
「いえ、あの〜、変えたことは、あります」

これは、旧中央三井信託銀行(4月1日に合併して三井住友信託銀行)の都内支店における次長と契約社員のやりとりの一部だ。
 本誌の調べで、旧中央三井信託の東京23区内にある支店の次長ら幹部が行内規定に違反して、
リスク商品などの販売に関する業務日誌の一部について、
支店にとって都合の悪い情報を担当者に無断で改ざん、消去していたことがわかった。

同行関係者によれば、この次長は支店の法令順守体制を管理する内部管理責任者。
記録の改ざんは、本来ならば本部に上げるべきクレーム情報などを隠蔽するためだったとみられる。

この支店では2008年から09年ごろにかけて、幹部による改ざん行為が横行していたという。
三井住友信託は本誌の取材に対し、「この件でコメントは致しません」と回答した。
※ 旧中央三井信託銀行のコンプライアンスマニュアルには、法令などルールの厳格な順守がうたわれていたが……
http://diamond.jp/articles/-/17043

45 :名無しさん:2014/04/15(火) 11:07:37.72 O
小林コーチ!

46 :名無しさん:2014/04/15(火) 19:45:11.03 0
>>45
どういう意味ですか?

47 :名無しさん:2014/04/17(木) 07:32:25.36 0
ちょっとスレ違いですが、車を運転していて横断歩道信号で
じいさんが信号無視をして渡っていた。
反射的にクラクションを鳴らしたら歩道に戻った。
一般的に車が人をはねたら100%車の過失だけど、信号無視の場合は
過失相殺で20%だったような。
今回の場合、じいさんが知っていて信号無視をしたのかどうかは
わからないけど、認知症の場合は過失割合は変わるのですか?

48 :名無しさん:2014/04/22(火) 07:23:45.69 O
グッチ小林

49 :名無しさん:2014/04/22(火) 07:33:04.25 O
>>46
小林コーチ!

50 :名無しさん:2014/04/24(木) 19:04:13.88 O
コーチ!

51 :名無しさん:2014/04/24(木) 22:03:15.06 0
高知は5打席連続敬遠

52 :名無しさん:2014/04/24(木) 22:12:29.26 0
>>44
>>インサイダー取引疑惑に……
>>※ 旧中央三井信託銀行のコンプライアンスマニュアルには、法令などルールの厳格な順守がうたわれていたが……

●インサイダー取引、信託銀に課徴金を勧告   2012年3月21日

「中央三井アセット信託銀行」が、企業の公募増資の情報を入手し、インサイダー取引で不正に利益を得たとして、
証券取引等監視委員会は21日、課徴金の支払いを命じるよう金融庁に勧告した。
 証券取引等監視委員会によると、中央三井アセット信託銀行は10年6月、「国際石油開発帝石」(東京・港区)が公募増資するとの情報を発表前に証券会社から入手した。
中央三井アセット信託銀行はその後、国際石油開発帝石の株を空売りした上、増資の発表後に株価が下がったところで株を買い戻すなどして、約1400万円の利益を得ていたという。
株取引には中央三井アセット信託銀行が運用しているファンドの資金が使われ、
証券取引等監視委員会は、 運用手数料に相当する約5万円の課徴金の支払いを命じるよう金融庁に勧告した。公募増資に絡む勧告は今回が初めて。
 中央三井アセット信託銀行・住田社長は
「信頼を損なう法令違反を犯したのは社会的存在を問われかねない重大な問題として厳粛に受け止めている。関係者の皆様に深くおわびします」とコメントしている。
http://www.news24.jp/articles/2012/03/21/07202332.html

●3行合併、三井住友信託銀行が発足  2012年4月1日

「三井住友トラスト・ホールディングス」傘下の3銀行が1日に統合し、日本最大の信託銀行がスタートした。
合併したのは「住友信託銀行」「中央三井信託銀行」「中央三井アセット信託銀行」で、合併後の新しい銀行名は「三井住友信託銀行」。
この合併により、資金量などで日本最大の信託銀行となる。
合併前の先月、中央三井アセット信託銀行のファンドマネジャーによるインサイダー問題が発覚し、発足セレモニーの冒頭、常陰均社長が謝罪した。
http://www.news24.jp/articles/2012/04/01/06202977.html

※※※ニュース映像を見るには、リンクから「動画を見る」をクリックして下さい※※※

53 :名無しさん:2014/04/24(木) 23:34:54.83 0
>>52
5打席連続敬遠と同様に悪質

54 :名無しさん:2014/04/25(金) 13:50:46.71 0
コーチは 若者らしく勝負すべきマツイに対し 5打席連続敬遠した

中央三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)は 本来敬遠すべき年寄に ノックイン悪球で真っ向勝負してきた
また インサイダー危険球を証券市場にぶつけて退場処分を食らった
ということか

55 :名無しさん:2014/04/26(土) 01:10:46.22 0
>>54
面白い。

高知東急が東急電鉄から訴えられたけど。

56 :名無しさん:2014/04/27(日) 19:02:36.59 O
小林コーチ!

57 :名無しさん:2014/04/28(月) 04:16:35.48 0
高知でも藤川球児は今どうなっているの?

58 :名無しさん:2014/04/28(月) 16:23:16.17 0
三井住友信託=中央三井 のスレッドといったら こんなもんか
しかしまぁ 有名な役者がCMやってるんだな

三井住友信託銀行【中央三井+住信】佐藤浩市CM
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/money/1350316015/

【合併▲中央三井信託銀行▼4【役所広司も涙】
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/money/1325158185/

【SMFG】三井住友・中央三井信託・住友信託
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/money/1117028426/

59 :名無しさん:2014/04/28(月) 18:42:31.10 0
住友生命では浅田真央だけどね。

60 :名無しさん:2014/04/29(火) 01:49:22.37 0
【社会】ブログを開設し、児童ポルノを販売 三井住友アセット社員(45)を逮捕
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398686909/

販売ブログを開設し、児童ポルノを販売したとして、京都府警は28日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反と
わいせつ電磁的記録頒布の疑いで、東京都中央区日本橋小網町の大手投資信託会社「三井住友アセットマネジメント」の社員、
海野利勝容疑者(45)を逮捕した。

逮捕容疑は今年3月、神奈川県のインターネットカフェで児童ポルノの動画をインターネット上にアップロードし、
横浜市の男性会社員(26)ら3人に販売したなどとしている。

府警によると海野容疑者は、他人名義で購入したパソコンで児童ポルノ販売ブログ「美少女コレクション」を運営し、
児童ポルノの動画や画像を販売。昨年8月から今年4月までで、約450万円の収入を得ていたとみられる。
代金は他人名義の銀行口座に振り込ませ、動画や画像のアップロードには、利用登録が不要のインターネットカフェを利用していた。
昨年8月、府警が任意で事情聴取した男の所持品から児童ポルノが見つかり、男の説明からサイトが浮上した。

ソース:http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140428/waf14042819120024-n1.htm


経歴・御顔
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398686909/25

61 :名無しさん:2014/04/30(水) 23:16:41.85 O
あずさ!それ、ホッといタよ!

62 :名無しさん:2014/04/30(水) 23:20:52.20 0
横山ノックイン知事

63 :名無しさん:2014/05/05(月) 20:41:15.47 0
>>52
●証取委が野村を特別検査 情報体制を調査か  2012年4月26日

証券取引等監視委員会(証取委)が、定期的な検査を受けたばかりの「野村証券」に対して「特別検査」を行っていることがわかった。
野村証券は今年、一般検査を終えたばかりだが、特定の業務に対する「特別検査」を25日から追加で受けていることが関係者の話でわかった。
野村証券をめぐっては、証取委が今年3月に旧「中央三井アセット信託銀行」をインサイダー取引で行政処分するよう金融庁に勧告した問題で、
野村証券関係者が旧中央三井アセット側に情報を漏らしたことが明らかになっている。証取委は野村証券社内の情報管理体制が十分かについて詳しく調べているとみられる。
野村証券を傘下に抱える「野村ホールディングス」は「検査には全面的に協力していく」とコメントしている。
http://www.news24.jp/articles/2012/04/26/06204586.html

●監視委、三井住友信託銀行に課徴金勧告  2012年5月29日

証券取引等監視委員会は29日、公募増資に絡んでインサイダー取引を行ったとして、「三井住友信託銀行」に8万円の課徴金を科すよう金融庁に勧告した。
監視委員会によると、今年4月に三井住友信託銀行に吸収・合併された旧「中央三井アセット信託銀行」の運用担当の社員が、
合併前の10年6月、「みずほフィナンシャルグループ」の公募増資の情報を公表前に知り、みずほの株式を売却して損失を回避していた。
監視委員会は、これが金融商品取引法違反のインサイダー取引にあたるとみて、8万円の課徴金を金融庁に勧告した。
旧中央三井アセット信託銀行は今年3月にも、公募増資をめぐるインサイダー取引で課徴金の勧告を受けている。
インサイダー情報を伝えたのは、2回とも増資を担当した主幹事の「野村証券」だという。
http://www.news24.jp/articles/2012/05/29/06206604.html

64 :名無しさん:2014/05/05(月) 20:43:58.55 0
●課徴金勧告を受け、三井住友信託銀が謝罪  2012年5月29日

 公募増資に絡んでインサイダー取引を行ったとして、課徴金納付命令の勧告が29日に出されたことを受けて、
「三井住友トラスト・ホールディングス」と傘下の「三井住友信託銀行」は同日、会見を開き、謝罪した。
銀行側は、3月に続いて証券取引等監視委員会からインサイダー取引と指摘されたことについて、
運用部門のリスクや管理体制が脆弱(ぜいじゃく)だったことが今回の事態を引き起こしたとの認識を示した。
三井住友トラスト・ホールディングスは、第三者委員会の検証を経た上で、結果を6月の早い時期に公表するとしている。
http://www.news24.jp/articles/2012/05/29/06206608.html

●三井住友トラスト、インサイダーで2人解雇   2012年6月8日

「三井住友トラスト・ホールディングス」は8日、傘下にある銀行のインサイダー取引問題で、社員2人の解雇と当時の役員らの処分を発表した。
三井住友トラストは8日、会見を開き、旧「中央三井アセット信託銀行」の運用担当者2人がそれぞれ別の公募増資でインサイダー取引をした問題で、
常陰均会長を含む役員22人の減俸処分を発表した。 運用担当だった社員2人は、8日付で懲戒処分としている。
また、増資を担当した「野村証券」の営業担当者との個人的に親しい関係などが背景にあったため、今後、証券会社の営業担当者との接触を原則で禁止することを明らかにした。
http://www.news24.jp/articles/2012/06/08/06207264.html

※※※ニュース映像を見るには、リンクから「動画を見る」をクリックして下さい※※※

65 :名無しさん:2014/05/08(木) 19:18:17.57 0
課徴金といっても、8万円程度なのか。

66 :名無しさん:2014/05/08(木) 19:59:50.28 i
うん
だから、外国から笑われた
だから、金融庁は金額を引き上げるそうだ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC0700N_X01C12A1EE8000/
だから、ノックインの被害者は怒っている

67 :名無しさん:2014/05/08(木) 20:32:37.14 0
大幅に引き上げないと、一般の投資家は不公平で納得しないよ。

68 :名無しさん:2014/05/13(火) 01:56:06.22 0
課徴金は古い法律のため?

69 :名無しさん:2014/05/13(火) 20:12:50.94 0
ここ覗くとノックイン投信の話ばっか なんだけどww

三井住友信託銀行【中央三井+住信】佐藤浩市CM 2

http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/money/1399467649/

70 :名無しさん:2014/05/14(水) 21:32:51.23 0
↑に こんなの有るけど
______________________________________________________________
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/money/1347853122/98-99
なんなんだ、これ?三井住友信託に関係ある揉め事なのか?

>>引き延ばすのは横に広がったてめえの体だけで十分だからとっとと、、、、

名指しの弁護士事務所をググッたら、一致したぞ
しかし、卑猥な表現だな(笑)女とはいえ相手は弁護士だろが

71 :名無しさん:2014/05/25(日) 07:57:29.43 i
>>24-30
>>この投信は2007年に販売された「中央三井償還条件付株価参照ファンド07−07」。

275 名前 山師さん 投稿日 2008/03/17(月) 16:39:49
   ノックイン価格
14231.92円 三菱UFJ ダブルバリア07-06 1年半判定 (341億円)
13631.43円 三菱UFJ ダブルバリア07-03 1年半判定 ()
13599.72円 三菱UFJ ダブルバリア07-07 1年半判定 (273億円)
13328.21円 三菱UFJ ダブルバリア07-09 1年半判定 (437億円)
13077.72円 三菱UFJ ダブルバリア06-12 1年半判定 ()
12720.49円 三井住友・インカム確保型株価参照F07-06 3年判定 (35億円)
12715.46円 中央三井償還条件付株価参照型F07-06 3年判定 (229億円)
12632.38円 UBS償還条件付利回り積極追求型Fデュアルバリア07-12 (240億円)
12586.39円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-05 3年判定 (153億円)
12235.57円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-04 3年判定 (136億円)
12123.38円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-03 3年判定 (181億円)
12208.23円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-01 3年判定 (96億円)
12123.39円 CAリスク軽減型F2007-3はなたば (105億円)
12006.72円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-02 3年判定 (96億円)
===================================
11899.76円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-07 3年判定 (304億円) →→こいつか。でげー。
===================================
11853.97円 CAリスク軽減型F2007-7ほうせんか (84億円)
11833.75円 DKA株価参照ファンド07−03 (143億円)      ↑ノックイン済
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

72 :名無しさん:2014/05/25(日) 08:18:01.45 0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
11570.16円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-10 3年判定 (452億円)←次(大!)
11480.44円 CAリスク軽減型F2007-10きんもくせい (135億円)
11470.19円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-08 3年判定 (357億円)
11407.62円 CAリスク軽減型F2007-8ふうせんかずら (129億円)
10958.19円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-11 3年判定 (284億円)
10705.10円 CAリスク軽減型F2007-2早春気分 (99億円)
10657.20円 CAリスク軽減型F2007-7チェルシー (123億円)
10443.03円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-12 3年判定 (170億円)
10015.04円 CA条件付元本確保型ファンド07−7A (184億円)
9731.06円 ちば興銀2007−4−春のひだまり (126億円)
9547.20円 CA条件付元本確保型F2007-3ファミーユ16 (142億円)
9499.29円 CAリスク軽減型インカムファンド2007-9 (109億円)
9412.17円 ちば興銀株価指数2007−10−100 (205億円)

73 :名無しさん:2014/06/06(金) 21:14:34.55 i
中央三井のみ

ノックイン価格
12715.46円 中央三井償還条件付株価参照型F07-06 3年判定 (229億円)
12586.39円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-05 3年判定 (153億円)
12235.57円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-04 3年判定 (136億円)
12123.38円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-03 3年判定 (181億円)
12208.23円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-01 3年判定 (96億円)
12006.72円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-02 3年判定 (96億円)
11899.76円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-07 3年判定 (304億円)
     ↑ノックイン済
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
11570.16円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-10 3年判定 (452億円)←次(大!)
11470.19円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-08 3年判定 (357億円)
10958.19円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-11 3年判定 (284億円)
10443.03円 中央三井償還条件付株価参照型ファンド07-12 3年判定 (170億円)

74 :名無しさん:2014/07/12(土) 19:40:50.85 i
M8級地震の前兆か…早朝に東北・関東で震度4 専門家、大地震を警戒 18:06:57
ttp://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140712/dms1407121528006-n1.htm

野生タケノコから基準値超の放射性セシウム 18:10:30
ttp://mainichi.jp/area/gunma/news/m20140710ddlk10040084000c.html

75 :名無しさん:2014/07/15(火) 00:14:18.01 0
先週に北國銀行で父がノーロードにつられて、
BNYメロン・リアル・リターン・ファンドB(ヘッジ無)
をNISAで購入しました。
調べるとノーロードでも、信託報酬が1.827%、信託財産留保額が0.3%
もかかります。
私は20銘柄程持っていますが、そんなに信託報酬と信託財産留保額が
高い銘柄は持っていません。

目論見書を見ると、欧州の株式で運用しているみたいです。
日経225やTOPIXやダウ、ナスはそろそろ暴落し、高値掴みではないかと
思っていたところ、やはり先週月曜から金曜まで5日連続下落しました。
日経225やTOPIXやダウ、ナスは今週月曜は上昇していますが、購入した
BNYメロン・リアル・リターン・ファンドB(ヘッジ無)
は今週月曜もマイナスで、6日連続下落です。

76 :名無しさん:2014/07/15(火) 00:16:56.67 0
父が76歳で最近眼の手術を2回受けました。
目論見書の見方もわからない状態です。
眼が良く見えないと言い、夜に車は運転できないと言っています。
車はシルバーマークをつけています。
よく頭が痛いと言って、脳梗塞の薬を服用しています。
そのような状況でも、北國銀行は株式で運用している投資信託を
売ってもよいのでしょうか?
BNYメロン・リアル・リターン・ファンドB(ヘッジ無)は純資産が数十億で、
新しい商品を売ると銀行員の成績が高くなるのですか?

母も70代前半ですが私が代理になっています。
世界にリスク分散しているはずのグローバルリートを購入しようとしても、
日興の担当者の上司からチェックが入りました。
購入しなかったけど、ハイブリッド証券で運用する投資信託も
上司からチェックがありましたよ。
ミドルリスク・ミドルリターン程度の商品で70代前半に日興からは
チェックが入るのに、北國銀行は76歳に株式型を売るとはどういう
ことでしょうか?

77 :名無しさん:2014/07/15(火) 00:31:58.31 0
父には「杏の実」がNISA向けなので買うように勧めました。
しかし先月北國銀行の支店で、「杏の実」が今後NISA対象外になりそう
と聞いていました。
それで先週火曜に気になって北國銀行のコールセンターに電話して確認したら、
「杏の実」はすでにNISA対象外になっているとのこと。
北國銀行の支店に行っているはずの父の携帯にすぐに電話して至急折り返し
電話をするよう留守番電話を入れました。
しかし、父は携帯電話を持っていくのを忘れたとのことで、しかも留守番電話を
聞く方法もよく分からないとのことでした。
BNYメロン・リアル・リターン・ファンドB(ヘッジ無)
の基準価額を調べることもできません。
このような76歳に対して、毎月分配型の「杏の実」とは全く異なるタイプの
BNYメロン・リアル・リターン・ファンドB(ヘッジ無)(年1回3月決算)を
勧めるのはどういうことでしょうか?
パンフレットを見たら、代替案として「月桂樹」とかもあったのですが。

目論見書を読んだら、最近ニュースによく出てきますが降圧剤データ改ざんで
逮捕者が出たノバルティスが組み入れ銘柄の4位に入っていました。
父が飲んでいる脳梗塞の薬の会社も組み入れ銘柄に入っています。

78 :名無しさん:2014/07/15(火) 01:12:12.66 0
北國銀行の投資信託のところ(下)では

http://www.hokkokubank.co.jp/customer/saving/itrust/

投資信託で上手に投資する方法は?

1.ポートフォリオ(資産構成)をつくりましょう
いくつかのファンド(商品)をバランスよく購入することにより、
投資対象の違う複数のファンドによるポートフォリオ(資産構成)
をつくることができ、いっそうの分散効果を得ることができます。

と書かれています。

これにも関わらず、北國銀行が販売したのは株式型1銘柄のみでした。


これらも含めて、下の電話にクレームを話しました。
しかし、北國銀行の視点から電話が来て問題はなかったと話されました。

消費者センターに電話したら、やはり投資信託はクーリングオフが
できず、裁判にするしかないとのことでした。
今後損害が大きくなれば裁判を検討します。

79 :名無しさん:2014/07/15(火) 18:38:18.06 i
三井住友トラスト、代表取締役が社内で暴力事件  適正な処分されず、被害者は訴訟も検討

http://biz-journal.jp/2014/07/post_5327.html
http://news.livedoor.com/article/detail/9016715/
http://blog.livedoor.jp/gamematometa/archives/9376864.html

80 :名無しさん:2014/07/16(水) 06:14:03.25 0
北國銀行の投資信託ファンド一覧
http://t2.jiji.com/linkbox?userID=hokkoku-bk
を見たら、先月もらったパンフレットと比較して
NISA対象外になったインターネット専用や販売停止銘柄が多く、
NISAで販売する気があるのかと思ってしまいます。

最初にある「月桂樹」は先進国に分散しているのでその商品自体が
リスク分散になっています。
しかし、同様に10カ国に分散している「世界のサイフ」は販売停止
になっています。
先月に一度電話で「GW7つの卵」に関して「組み入れ銘柄の9位がエレコム、
10位がソフトバンクで、その2銘柄は最近株価が上昇したので利益確定
していたらすでに基準価額が上がっていませんか?」と聞いたところ、
「確かに最近上がっています」とのことでした。

81 :名無しさん:2014/07/16(水) 07:00:36.31 i
age

82 :名無しさん:2014/07/16(水) 07:41:13.77 0
ageがあったので書いてみる。

北國銀行の投資信託ファンド一覧
http://t2.jiji.com/linkbox?userID=hokkoku-bk
でNISAで買えるのはたったの14銘柄のみ。やる気あるの?
三井住友信託さんと比較してしょぼすぎます。

私が保有しているのは毎月分配型(庶民はこちらを選びます)で
債券型かリートがほとんど。
Jリートは最近高くて買うつもりはない。
グローバルリートの「世界の大家さん」は日興ではノーロード。
今年は日興はNISAなら購入手数料なしだけどね。
月桂樹とピクテ資源国ソブリン・ファンド(毎月分配型)の2銘柄しか
選択肢がないではないか。
ピクテ資源国ソブリン・ファンドは、豪ドル関係銘柄とブラジルレアル関係銘柄
を持っているので重複するけど、利回りが高いのは魅力的かな。
(NISA廃止になった世界のサイフと比較して)

83 :名無しさん:2014/07/16(水) 11:36:15.98 i
【メガ】三井住友信託銀行★2【信託】

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1333704253/

84 :名無しさん:2014/07/17(木) 05:52:53.58 0
>>83
別のスレでは統合失調症の人みたいな書き込みがあるな。


765 :就職戦線異状名無しさん:2014/05/31(土) 11:51:56.92 返信 tw しおり ■ 三井住友信託銀行 「有休はとらないのが当然」激務軍隊カルチャー

軍隊的カルチャーの住友とマイルドな中央三井のギャップもあり、
合併後は住友身の部長がいる部署を中心に精神的な病による休職者が続出。
社員はワークライフバランスとは無縁な激務の日々を強いられている。

◇30歳で750万が標準、40代前半で主任調で1200万だがなれるのは3割
◇50歳前からは関係会社などに出向・転籍し、3割給料下がって定年
◇国立大出身が多いがマーチクラスまで普通にいる
◇まずは支店に3年、投信・遺言を売るだけ
◇収益のメインは法人向け融資業務だが、規模ではメガバンクに大きく劣る
◇忙しい時期は月100時間残業も当たり前
◇通常の勤務時間は、朝8時半〜21,22時まで。課長は夜12時まで仕事
◇「有休はとらないのが当たり前」のカルチャー
◇旧中央三井の人が、部長が住友出身になり、ノルマが厳しく達成出来ず→呼び出されて詰められる
◇10人に1人が精神的な病で休職中、特に合併後多くなった

85 :名無しさん:2014/07/20(日) 18:07:58.89 0
怖い

86 :名無しさん:2014/07/26(土) 13:55:52.15 i
>>統合失調症の人みたいな書き込みがあるな
これのことか?

>>73の一覧の合計2458億円 の 一律30%損失として計算すると 737億円です。
警察庁の平成25年の特殊詐欺(振り込め詐欺等)の総額は、489億ですから
中央三井単独で、遥かに上回っている、ということで良いですかね?
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/higaijoukyou.html

上の回答でも分かるように、顧客の受けた被害は、
振り込め詐欺の被害をはるかに上回っていたと云えるでしょう。
但し5年超に渡る発行期間中、常にノックインになったわけでもないので、
狭義でみた損失になる訳ではありません。
ただし、ノックインの仕組み自体に詐欺行為があったわけですから、
発行総額全てが詐欺被害額と云っても過言ではありません。

特殊詐欺(振り込め詐欺等)の総額の、489億は、2458億円の約20% だから、
少なくても上回っていることは、まちがえないか
中央三井 恐るべし
全国の特殊詐欺(振り込め詐欺等)師が束になっても敵わない

以上 ↓より
三井住友信託銀行【中央三井+住信】佐藤浩市CM 2
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/money/1399467649/

87 :名無しさん:2014/07/28(月) 22:05:03.76 0
統合失調症には大塚のエビリファイ。

88 :名無しさん:2014/09/03(水) 17:28:58.24 0
ノックイン 恐るべし
中央三井 恐るべし
代表取締役 も 恐るべし

89 :名無しさん:2014/09/13(土) 21:36:34.32 0
>>15-16
ネットでたまにこういった解説を見ますが、「絶対に利益を上げる」わけでは全くありません。
プレーンバニラタイプの売オプションであればデルタヘッジをきちんとかけることができれば理論上は「絶対に」損益は確定します。

が、ノックインタイプの買オプションではそうは行きません。
例えば残り時間ほぼゼロ、ノックイン株価8000円・プット権利行使価格10000円・現在株価8010円の場合を考えます。
株価が8010円→8000円→7990円→7980円となればオプションの価値は0→2000円→2010円→2020円と不連続になるため、デルタは5とか6とか、直近では200とか2000とかいう値になります。
完全ヘッジをしようとして結果的にノックインしなければ、買い下がって来たヘッジ取引の大損が発生するだけなので「ヘッジ」にはなりません。
また書かれている「ノックインすると思えば、ヘッジを一気に外す」という手法も同様で、ノックインしなかった場合にやはり買い下がった先物を安値で手仕舞う損失が発生するので、全く「ヘッジ」にはなっていません。
(下落過程の買い→売りのディーリング益との比較となり、株価が長くボックス圏の動きをしていれば利益が上回るかもしれませんが、右肩下がりの動きであれば損失です。
最悪は右肩下がり→ヘッジ手仕舞い損発生→株価反転→再ヘッジ→ヘッジ手仕舞い損発生の無限ループです)

なお、書かれているような取引をやっていないという意味ではありません。(やっているかどうかはわかりません)
もしやっていた場合これは「リスクヘッジ」「絶対に利益が出る方法」ではなく、「リスクテイク」「ノックインしなかった場合に損失が発生する可能性がある方法」になるという意味です。

90 :名無しさん:2014/09/24(水) 16:49:01.73 0

被害を受けた年寄りたちにも解かるように書けよ

91 :名無しさん:2014/10/04(土) 13:29:15.16 0
>>90
これをもっと解りやすくしようと思うと逐一用語の解説が必要になります^^;
(「プレーンバニラ」「デルタヘッジ」「デルタの計算方法」等々)
ある程度以上オプション取引を知っている方でないと理解できる話ではないですね。
これを理解しているかどうかと商品の詐欺性を理解しているかどうかは全く別の問題なので特に気にしなくていいかと。

72 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★