5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

ヴォイニッチ手稿総合4

1 :本当にあった怖い名無し:2013/05/04(土) 11:56:22.48 ID:3rtcwM3j0
1 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2012/07/27(金) 22:25:56.22 ID:pnkYJabb0
ヴォイニッチ手稿を解読・解析するスレです。
文字を解読できた人はもちろん、文字を何故か読める人、絵から何かを感じ取った人
気軽に何でも書き込んで下さい
謎を秘めた古文書を2chで一緒に解き明かそう!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E6%89%8B%E7%A8%BF

★前スレ・関連スレ
記憶が2つあるんだが
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314597984/
【記憶が2つあるんだが】ヴォイニッチ手稿総合
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1341021829/
【記憶が2つあるんだが】ヴォイニッチ手稿総合2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1342099155/
【記憶が2つあるんだが】ヴォイニッチ手稿総合3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1343395556/


★関連サイト
Voynich manuscript - Wikimedia Commons(全ページ見れます)
http://commons.wikimedia.org/wiki/Voynich_manuscript
The Most Mysterious Manuscript in the World
http://www.voynich.com/
ヴォイニッチ手稿の解読プロジェクト
http://sogoods1.blog14.fc2.com/
詳しい紹介
http://www.voynich.com/voynich2.htm

★スレまとめwiki
http://www59.atwiki.jp/2chvoynich/

2 :1:2013/05/04(土) 12:02:13.38 ID:3rtcwM3j0
1行目ミスったorz

あと悪いけど【記憶が2つあるんだが】の人最近来ないし
ヴォイニッチと時空のおっさんの関連はまだまだ不明だし
一旦、スレタイと関連スレから外させてもらった
何か関連事項&考察事項あるヤツはそれぞれ引っ張り合ってくれ。

あと、ヴォイニッチ・ホテルってマンガがあって気になって読んでみたけど
ヴォイニッチと関係なかったorz 自分が判る情報はそれだけだ。

3 :本当にあった怖い名無し:2013/05/04(土) 12:43:47.83 ID:y40kI66k0
>>1
これも入れてやってくれ

記憶が2つあるんだが オカ板版
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1314624076/

4 :本当にあった怖い名無し:2013/05/04(土) 15:58:49.65 ID:n6U+TPCC0
天狗の書いた巻物についての解読に成功した

あれは天狗が地上を侵略しようとした際にその僧に出鼻を挫かれて失敗し、その経緯を

その僧に渡した奴

5 :本当にあった怖い名無し:2013/05/05(日) 01:16:42.69 ID:I+Lo8oEe0
NGワード:イデアおじさん

6 :本当にあった怖い名無し:2013/05/05(日) 01:36:25.93 ID:/BoTMaWJ0
  ┌┴┴┴┴┴┴┴┴┴┐
  |             |
  |  ●     ●   |
(○┘  ______  └○)
  |  ______  |      _______________
 /__________\   /
||  |  |  |  |  || <<  お前は○○。
||   └―┘  └―┘  ||  \
 \\    ┌―┐    //      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \\   |  |  //   ( 〇)
     \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ∩ ||
     `――┐┌―-′  /└┴┴つ
       / ̄ ̄ ̄ ̄/――(    ∫
       |     / ̄| ̄\__)
  /⌒\/___ノ |_/    ||
 /λ   \ __∠       ||
/ )\         ̄\    λλλ
(/  |           )   \_ノ
    \______/   / |
            /∠_   /   |
           (__)  ノノ人人

7 :本当にあった怖い名無し:2013/05/05(日) 15:15:43.57 ID:rU5e0tKxO
>>1-2乙。

ヴォイニッチホテルは自分も調べたけど、関係無くて落胆したw

8 :本当にあった怖い名無し:2013/05/09(木) 20:28:54.97 ID:CDKY26yIO
その内、シュタインズゲートでのジョン・タイターみたいに
ヴォイニッチ手稿を扱ったアニメが出てくるかも。

9 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/09(木) 20:35:41.98 ID:Cd6m2P/F0
思ったよりも斬新な解釈がないものですね。

10 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/09(木) 20:38:26.72 ID:Cd6m2P/F0
早速、変な宗教の粘着が書き込みしているみたいなので、
ロムっておきます。

11 :本当にあった怖い名無し:2013/05/10(金) 02:29:07.02 ID:u1y0uICq0
それROMって言わないぞ

12 :本当にあった怖い名無し:2013/05/11(土) 20:31:22.14 ID:aKC0AsqTO
結局、これは何について書いた物なんだろう。

13 :本当にあった怖い名無し:2013/05/12(日) 12:38:26.34 ID:BTJoIDrG0
イラストの多くに裸の女性達が登場するが、手を繋ぎあってプールの中を
旋回しているように見える。これがインドの乳海攪拌神話の元ではないか?
という気がする。
何故なら、乳海攪拌神話のようなダイナミックな海と陸との関わり合いは
インド洋やインドの湖、あるいは東方の中国や日本海、東シナ海のような
割合に大規模な水域との関わりにおいて単純な地形にある国々では
産まれないのではないか?と思うから。
西はエジプトギリシャから東はイラク、北はトルコ、黒海、カスピ海の
沿岸地域にかけてなら、乳海攪拌神話が生まれるのに相応しいと思うのだが。
あの周辺には大きな海が地中海、黒海、カスピ海、紅海、ペルシャ湾とあって、
海と陸がモザイクを成してるような感じだ。これらの海に囲まれた地域に住む
人々は海に対して強い怖れと親近感を同時に抱いていたと思う。他にも西に
ナイル川東にはチグリス、ユーフラテス川もあり、後の二つはペルシャ湾と
地中海を繋いでいる。ユダヤ人は無論、他でも民族全体でこれらの地域を
大規模に移動した例もあった?
ヴォイニッチ手稿の作者はおそらくは、ヨーロッパ系の人間だろうが、
自分の考えで新たな乳海攪拌神話を書いたのかもしれない。水の妖精達?の
顔は明らかにヨーロッパ系であり、作者は乳海攪拌神話の生まれた場所を
クレタ島かアナトリアあたりと想像していたのかも。

14 :本当にあった怖い名無し:2013/05/12(日) 12:39:45.98 ID:op7xN1WV0
http://psychotoolbox.web.fc2.com/hypnosis/history.html

ここのさぁメスメルって人のね「バケー」って装置を使った催眠なんだけど
浴槽に使った女性の挿絵ってコレと関係あるかなぁ
ビビビッときたので書き込んでおくぜ

15 :本当にあった怖い名無し:2013/05/14(火) 23:08:34.94 ID:0vShms2l0
13に付け加えると、
乳海を撹拌すれば泡が出るのが当然だが、水の妖精のガラテアや、女神
アフロディテには泡が実際に絵画に描かれているのに対して、インドの
乳海攪拌神話で泡が描かれてる例は見たことがない。それだけ、インドの
話には具体性が希薄だということ?

16 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/15(水) 21:25:00.05 ID:nVdKSnPE0
乳海撹拌神話はヒンドゥー教でインドということになります。
乳海撹拌神話の西洋版がヴォイニッチ手稿に書かれているのでは
ないかということですが、おもしろいですね。
これまで、ヴォイニッチ手稿の経緯の舞台は、イタリアから遡り
チェコのプラハ、イギリスとなりそうです。インドとなるとやは
り遠いのですが、研究者によっては、アッパース朝の治世のルー
マニアやブルガリアなどからもたらされたではないかという意見
もあれば、マルコポーロの時代の中国の支那言語に関連している
のでは、というひともいます。なので、遠くインドからもたらさ
れたというのも否定は出来ないとおもいます。

17 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/15(水) 21:40:23.12 ID:nVdKSnPE0
浴槽の裸婦に関してですが、レヴイトフ博士というカタリ派の研究者が居て
すでに否定はされていますが、浴槽の女性の図はカタリ派のエンドゥラと呼
ばれる儀式ではないかということです。レヴィトフ博士によれば、アルビジ
ヨア十字軍により滅ぼされ、ヴォイニッチ手稿はあらゆる記録が消失したな
か唯一のカタリ派の文書ではないか、ということです。
メスメルのした動物磁気術なる集団療法の模様はたしかに、ヴォイニッチ手稿
に書かれた浴槽の裸婦を彷彿とさせます。イデアおじさんとしては、18世紀
フランスですが、この時代にもまだ惑星と人間の関係性の類推が医学的なもの
として一応、認められていたのだということになるほどとおもいました。

18 :本当にあった怖い名無し:2013/05/16(木) 02:08:05.09 ID:Q7gW01Li0
ヴォイニッチって時空のおじさんとも関係あるんだっけ?

19 :本当にあった怖い名無し:2013/05/16(木) 11:32:24.90 ID:Zt3/A5M+P
時空のおっさん 8
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1348894963/497

497 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/20(水) 20:01:00.42 ID:zjzAe7490
大体合ってる。うちらは只の庭師。
因みにヴォイニッチしか描いていないが、このページを見て分かるようならうちらどころか雇い主の女主人に会えるだろう。
■ww.voynich.com/folios/color/102v.j■g


498 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/20(水) 20:03:05.86 ID:zjzAe7490
左に描かれた「塔」が見えるかな?
この「塔」の中は時空が歪んでて、各階にそれぞれの時空を管理してる女主人がいるぞ。
「塔」は上の階だから新しい時空かと言うとそうではない。高い場所の階がこの世界で言う2000年前なんてことはザラだ。
ヴォイニッチはこれを使ってこの時空に帰ってきた。本来そうでないと時空は行き来してはいけない決まりだからな。
くれぐれもイレギュラーな方法で来ないで欲しい。うちらがあの女主人にドヤされるんだから。


514 497 sage 2013/02/23(土) 00:55:08.27 ID:GoFWVdK/0
いくつか誤解が生まれそうなので答えていきたい。俺は正式にはこの話題の「時空のおっさん」では無い。
イレギュラーな方法で時空の階を越えてしまった人間を戻せるのはもっと上の位の人間で、その方々は肉体は持っていない。
肉体を持った俺らみたいなのはイレギュラーな方法で入ってきた人間を上に報告するだけ。「塔」の中は移動できる。

515 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/23(土) 01:03:29.52 ID:GoFWVdK/0
携帯を持って話してる相手はその階を管理してる女主人の補佐。
各階には女主人とその補佐役の二人で回している。
各階はそれぞれ風景が違うが、この時空の階の女主人は和室好きらしく和室になっている。
襖の一区画一区画がモニタになっていて、補佐役が異常進入の報告を受けるとその箇所をモニタに写して女主人の判断を仰ぐ。
創造主…と呼べるのか知らんが、あれとは話が出来ない。そもそも意思疎通が出来るのかすら考えたこともない。

20 :本当にあった怖い名無し:2013/05/16(木) 11:33:08.61 ID:Zt3/A5M+P
516 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/23(土) 01:14:09.45 ID:GoFWVdK/0
君たちが遭遇した「時空のおっさん」も元々は肉体を持った人間だった。俺らのようにね。
しかし生きているうちに女主人から招待状が届くことがある。それが全ての始まりだ。
人間は死ねば肉体は土へと還り、魂は世界の根へと還っていく。
だが招待状が届いてしまった以上、俺らはそこには帰れない。
肉体は土へと還るが魂は女主人と共にあり続ける事になる。


517 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/23(土) 01:21:22.07 ID:OS15ZOfz0
イレギュラーな方法で来るなと言われても、
来ちゃった人は自分の意志とは関係なく
気がついたら誰もいなかったパターン。

気を付けようがないのでは?


518 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/23(土) 01:39:22.23 ID:GoFWVdK/0
いや、それがある。
時空をイレギュラーな方法で移動するためには特定の音階が必要だ。
自分の声や車内でかかっていた音楽を含め、特定の音階が出来上がったときに時空をイレギュラーな形で移動できる。
ヴォイニッチの書いた言語が読めないと言われてるようだが、あれはそのための音階が書かれた楽譜に近い。
ヴォイニッチ手稿は楽譜に近いため、より赤ん坊に近い子供なら読めるはずだ。


519 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/23(土) 01:54:47.87 ID:GoFWVdK/0
そして肝心の音階だが、いくつかある…いくつかあるがその音階のうち、いくつかを音楽にした人間がいるので紹介したい。
日本のアーティストで「平沢進」というのがいる。あれも肉体を持った時空のおっさん見習いだ。
もしも興味があったらYoutubeで「Susumu Hirasawa - Mermaid Song (Original)」で検索をしてみてほしい。
間奏中に流れる音階はイレギュラーな形で時空を超えるためのものに、あえて一音だけズラして効果を相殺させた形で使っている。

21 :本当にあった怖い名無し:2013/05/17(金) 05:37:52.58 ID:V90C78Wj0
平沢進かあ…
パプリカで知ったが独特の世界観の曲だよね
それも聞いてみるか

22 :本当にあった怖い名無し:2013/05/17(金) 10:54:57.57 ID:AheHCyIRP
けいおん!と勘違いしたのは俺だけじゃないだろ?

23 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/17(金) 20:57:44.54 ID:+kxU5G8T0
時空のおっさん、時空の塔に住まう女主人というのは面白いですね。
ジョン・タイターを思わせますが、ジョン・タイターのタイムトラベルは
エヴァレットの多世界解釈(イデアおじさんもくわしくはわかりませんが)
を下敷きに、その世界線をまたぐことによって、パラレルワールドへ移動
出来るというものでした。
また、時空のおっさんも脳内における記憶の修復やイメージの更新などか
ら丁寧な仮説をたてているブログもあったりしましたね。どちらも興味
深いです。ヴォイニッチ手稿と関係していたらいいですね。

24 :本当にあった怖い名無し:2013/05/18(土) 03:19:23.42 ID:VDlCLr7f0
原始的な意味で肉体的に苛酷な労働を一定期間、経験していない
知的なゲームには限界があるだろうね。世界中の学者に共通して
言えることだが。特に民俗学や人類学など、古代人の心を理解するには、
肉体労働への感覚的な理解が欠かせない、にも拘らず、世界中の学者には
共通してその経験がない。

25 :本当にあった怖い名無し:2013/05/21(火) 05:47:09.77 ID:0SqwPb5T0
元の持ち主の神聖ローマ皇帝ルドルフ二世という人は殆ど化け物だな。

26 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/21(火) 20:08:13.28 ID:PZa+CVGm0
もし、エヴァンスの『魔術の帝国〜ルドルフU世とその世界〜』を読まれた方が居たら、感想おねがいします。

27 :本当にあった怖い名無し:2013/05/22(水) 05:38:14.08 ID:EJqcFpxH0
色々なまとめ見てきたんだけど、何か石川賢のマンガ思い出したわ

世界の心理理解したものの話せなかったりおかしくなったりする辺りが

28 :本当にあった怖い名無し:2013/05/23(木) 15:20:55.08 ID:WzqXruZ30
ルドルフ2世の珍奇な物の膨大なコレクションは当時すでに有名だったと
すれば、そういう金に糸目をつけない好事家が偽物などのガセネタを
沢山つかまされるケースは多かったに違いない。最近の手稿作成時の
年代測定で1400年代の前半が有力視されたが、まだまだ16世紀半ば
くらいの可能性も否定出来ないとすれば、ヴォイニッチ手稿が
ルドルフ二世から大金を騙し取るために特別に作られた可能性も出て来る。

29 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/23(木) 21:46:32.33 ID:npk4z+Ga0
あるかもしれませんね。
ですが、ヴォイニッチ手稿の解読にあたった天才の暗号学者にウィリアム・フリードマンがいますね。
フリードマンは第二次世界単線中、軍の任務として各国の外交にかかわる機密文書の解読にあったた
学者です。当時、日本の難攻不落とされた紫暗号(コード名パープル)を解読せしめています。これ
はイギリスやソ連といったような他国が理論化は出来たものの、暗号を平文(つまりもとの日本語)
には戻せなかったという代物です。フリードマン(率いる学者チーム)は、勤務中はこうした敵国の
機密文書の暗号解読にせいをだし、アフターファイブはその他のまだ解読できていない中世の古文書
の暗号解読をしたのです。つまり、余力がったのです。その中にヴォイニッチ手稿が含まれていた。
中世の古文書などのなか、解読できなかったのは、ヴォイニッチ手稿だけです。フリードマンは第二次
世界大戦の後にもヴォイニッチ手稿を手元におき、さらにそれを他の学者にも見せて解読に尽力した
のです。いいですか、それでも一文たりとて読めなかったのです。暗号学者の天才が終生かけて読もう
したけれども、読めなかった。ただ、なんらかの意味のある言語であるだろうと、なので人造言語の一種
ではないかという、結論は出たのです。

30 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/23(木) 21:54:27.60 ID:npk4z+Ga0
16世紀ごろ仮に資産家の好事家に売りつけるために、ヨーロッパのインテリがつくったものだとしても、
後の世のあらゆる学者の解読を寄せ付けず、はねのけることが出来る(にもかかわらず、なんらかの意味
はあるだろうとおもわせるだけの言語としての文法構造を合わせもつ)ものを作れたか、というとわたし
は無理だとおもいます。ヴォイニッチ手稿がオパーツのひとつだと見做されるのは、この解読不可能性に
あります。
イデアおじさんとしては、またこの解読不可能性をもって、あらゆる贋作説は否定出来るものと見ていま
す。

31 :本当にあった怖い名無し:2013/05/23(木) 23:50:43.43 ID:08MzKXSD0
俺読めるは
数字がカギ

32 :本当にあった怖い名無し:2013/05/24(金) 05:18:41.81 ID:SoalLiBLO
まぁデタラメではないだろうな。
なんらかの意味を持つ文書だと思う。
ttp://commons.wikimedia.org/wiki/Voynich_manuscript

33 :本当にあった怖い名無し:2013/05/24(金) 05:47:37.92 ID:I33Bx10+O
前から思ってたんだがこれただの簡単な暗号だろ
欠け文字

34 :本当にあった怖い名無し:2013/05/24(金) 06:15:53.24 ID:+4AZiz7O0
アメリカやロシアは既に解読したことを秘密にして猫をかぶってるだけ
かもよw
リニアAの解読に精を出した方が出世の可能性が高いしw

35 :本当にあった怖い名無し:2013/05/24(金) 23:45:49.98 ID:4MZFkP+S0
イデアおじさん。貴方の純粋に知を求めんとする姿に魅せられたので少し私の知識を分けたい。
この知識を使って頂いてもも構わないし、私の妄言だと一蹴してもらっても構わない。

さて、ヴォイニッチ手稿を少し紐解いてみたい。
まず、ヴォイニッチ手稿の読み方だが、これには二通りの読み方がある。

一つは「知」を使っての読み方、もう一つは「感」を使っての読み方だ。
基本的に文字らしき羅列は「知」を使って読むように出来ていて、絵の方は「感」を使って読むように出来ている。
両者共に書いてある内容の本質に変わりは無い。

36 :本当にあった怖い名無し:2013/05/24(金) 23:53:24.31 ID:4MZFkP+S0
私には残念ながら「知」を使った読み方が出来ないため、「感」を使って読んだ内容を「知」を使う人にも分かりやすく説明できるようにしたい。

まず、この「知」と「感」だが、物質的な表し方をすれば「男性」と「女性」に当たる。

ヴォイニッチ手稿の挿絵には見渡す限り人間の形をした者は全て「女性」である。
なぜ女性なのかと言う点だが、人間が母親のお腹で初めて人間の形を成した時の性別は皆「女性」だからである。
男性への分化はその後に起こる。

つまり、ここに描かれている「女性の形をした者」と言うのは「基礎」であると言う解釈で構わない。
決して歴史的な「女性の自殺シーン」でも無ければ「女性が作業しているシーン」でも無い。
そこには「基礎」があるだけだ。

37 :本当にあった怖い名無し:2013/05/24(金) 23:59:13.33 ID:4MZFkP+S0
次にこのページを見てほしい。
commons.w■kimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(153).j■g

そして次にこのページを見てほしい。
commons.w■kimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(141).j■g

どちらも「女性」が「水に浸かっている」情景が描かれている。
これは即ち、人間が体内で「人間の基礎」となっている情景を描いている。

38 :本当にあった怖い名無し:2013/05/25(土) 00:37:38.13 ID:RNlcpt1G0
ちなみに、このページと
commons.w■kimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(141).j■g

このページは
commons.w■kimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(135).j■g

挿絵がリンクしているのが分かるだろうか?
(141)のページはより遠くから(とはいっても物理的距離ではなく概念的に)見ていて、(135)のページはそれの最上部を詳細に描いている。

描かれた内容は全て同じで、「基礎」が積み重ねられて、最後は錬度の高い魂へとなっていく様が描かれている。

魂に物質的な時間の概念は一切通用しない。
何故なら、魂だけは別の時空にいるからだ。

同じ階で何度も何度も基礎をやり直させられる事になる人間もいる。
つまり、悪事を働き死んだ人間の魂は、またその人間の形が形成されたその時間まで引き戻され、何度も何度も基礎を繰り返させられる。
つまり我々もまた、別の時間軸において全く同じようにこの瞬間、このモニタを見ていた可能性があると言うことだ。

39 :本当にあった怖い名無し:2013/05/25(土) 17:53:19.86 ID:2v+Cn6PFO
続きはよ

40 :本当にあった怖い名無し:2013/05/26(日) 01:49:32.45 ID:/3J2svIr0
>>11
勧死といいます。

41 :イデアおじさん ◆q.3EgBe8KE :2013/05/26(日) 11:23:43.62 ID:lqGk36k70
たしかに、全然ROMになってませんね。
ですが、わたしのヴォイニッチ手稿の見解は控えさせてもらいたい(という意味)、
他の方の意見を聞きたいです。また、その感想を述べたいです。

42 :本当にあった怖い名無し:2013/05/27(月) 01:52:58.83 ID:dQPBbj8q0
暴言吐かなきゃ誰が書いても構わんだろ

43 :本当にあった怖い名無し:2013/05/27(月) 03:55:50.53 ID:KjBUnXLr0
>>41
35-39についてはどう思いますか?
イデアおじさんの仮説もぜひお聞かせ下さい!

44 :イデアおじさん:2013/05/27(月) 20:17:47.23 ID:LZzqWeGL0
イデアおじさんの仮説は、いまは控えさせてもらいたいのですが、
誰が聞いても目玉が飛び出るような結論です。
もしかしたら、わたしの仮説が一番突飛な仮説かもしれませんね。

45 :イデアおじさん:2013/05/27(月) 20:20:48.08 ID:LZzqWeGL0
すべての人間の基礎に女性があって、魂の錬成の過程が描かれているというのは興味深いです。

46 :43:2013/05/28(火) 05:19:33.37 ID:gD29czrI0
>>44
そうなんですね!
ぜひその仮説も参考に聞いてみたいです!
よろしくお願いします!

47 :イデアおじさん:2013/05/28(火) 10:52:44.52 ID:VdjOBobK0
お前は死ね

48 :イデアおじさん ◇q.3EgBe8KE:2013/05/28(火) 12:51:22.07 ID:R9RpVZ9L0
>>47

だまれカス!!

49 :本当にあった怖い名無し:2013/05/28(火) 13:35:30.84 ID:BW4+Tq7T0
>>36
いわゆる地方Fランだが、生物系の大学生として色々と援護?補足?を言いたい

母親が偉大とか父親より母親の方が近いっていう話はよくあるけど
あながち間違いじゃないかもしれない。って話がある
遺伝的には父母両方のDNAが必要になってはいるが
精子は卵にDNAをぶちこむだけで、それ以外細胞質はほぼ100%卵由来な事は証明されてる
つまり、子は父母両方のDNA持っているが、子の細胞質は母親のクローンと呼べる
(小説版のパラサイト・イヴでミトコン使って説明されてるあれな)
それにヒトのオスの場合、X染色体は母親からしか受け継がれないから、より母親的と言える。のかもしれない
※メスの場合はメチル化だ何だが働いて、母親のXが働く細胞と父親のXが働く細胞が半々らしい。

>>36は知ってるみたいだけど
Y染色体の働きはヒトのオス化として働くから、ヒトの本来の性別はメスであるというのは証明されてる
が、ZW型の生物の基準ってオスだっけ?メスだっけ?それとも種ごとに違うんだっけ?

50 :本当にあった怖い名無し:2013/05/28(火) 16:14:25.11 ID:3NbNoUiF0
音符やでこれ

51 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/28(火) 20:15:32.29 ID:pnAODz6h0
───────── ― - --
─── /⌒ヽ, ───────── イデアおじさんのコテ使うなって言いましたよね!
 ̄ ̄  / ,ヘ  ヽ∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   , ” ' ‐ ,
 ̄ ̄ i .i \ ( ´Д`)ヽ,   ___,, __ _ ,, - _―" ’.  ' ・,  ’・ ,  /∧_∧>47
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴”_ ∵,          ))
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ; ; - 、・   r=-,/⌒  ~ヽ~,
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -            i y  ノ' ノi j |
───────  / /,.  ヽ,  ──                i,,___ノ   //
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ _           ,'    ゝi
           j  i                        /   y ノ
_____    巛i~ ____ _             /    /~/
                                   i   < /

52 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/28(火) 20:17:18.83 ID:pnAODz6h0
いいかげんにしてくださいね。
マナー違反にもほどがあります。

53 :本当にあった怖い名無し:2013/05/28(火) 20:21:01.75 ID:G69YT2uM0
続きはイデアじさんのブログでお願いします

54 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/28(火) 20:33:54.09 ID:pnAODz6h0
魔女宗の方にも是非、意見を伺いたいなとおもっています。
たとえば黄金の夜明け団の本に『召喚魔術』がありますね。
その本の中に、ジョン・ディーとエドワード・ケリーの名が出てきます。
エドワード・ケリーがその交霊の際に使用したとされるエノク語なども出てきて、
当然、危険な召喚の方法が書かれているのですが、ヴォイニッチ手稿はまずは、
この二人が所有していたとされるのが定説です。
ジョン・ディーはイギリス本国では、学者というよりもオカルティックなエリザベスT世に
仕えた魔術師としての印象が強いのです。
なので、ウィッカやウィッチクラフトなどで儀式を奉じている方の意見を聴いてみたいです。

55 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/28(火) 20:38:15.68 ID:pnAODz6h0
本来なら、魔女宗のスレに書くべきですね。ですが、イデアおじさんはそのスレに行けないのです。
頭痛がしてくるので、スレを通して読むことも出来ないのです。なにか、魔女宗にイデアおじさんは
合わないみたいですね。なので、逆に魔女宗の方が書きこんでくれるとありがたいのですがね。

56 :カスのイデア:2013/05/28(火) 21:21:46.01 ID:a7gkaTxl0
世の人は われをなんとも いはばいへ

57 :イデアおじさん:2013/05/29(水) 01:39:37.54 ID:2mBIMWGR0
>>51
.          ____
  .ni 7      /ノ   ヽ\   壁に向かってしゃべってろゴミ
l^l | | l ,/)   / /゚ヽ  /゚ヾ\      .n
', U ! レ' / /   ⌒   ⌒  \   l^l.| | /)
/    〈 |  (____人__)  |   | U レ'//)
     ヽ\    |lr┬-l|   /  ノ    /
 /´ ̄ ̄ノ    ゙=ニ二"   \rニ     |

58 :イデアおじさん:2013/05/29(水) 02:08:47.89 ID:2mBIMWGR0
出でよ!イデアおじさん!!

59 :カスのイデア:2013/05/29(水) 02:14:56.07 ID:htwGLkBn0
  ┌┴┴┴┴┴┴┴┴┴┐
  |             |
  |  ●     ●   |
(○┘  ______  └○)
  |  ______  |      _______________
 /__________\   /
||  |  |  |  |  || <<  お前はカス!!
||   └―┘  └―┘  ||  \
 \\    ┌―┐    //      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \\   |  |  //   ( 〇)
     \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ∩ ||
     `――┐┌―-′  /└┴┴つ
       / ̄ ̄ ̄ ̄/――(    ∫
       |     / ̄| ̄\__)
  /⌒\/___ノ |_/    ||
 /λ   \ __∠       ||
/ )\         ̄\    λλλ
(/  |           )   \_ノ
    \______/   / |
            /∠_   /   |
           (__)  ノノ人人

60 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 02:29:57.37 ID:lx3HVAwRO
イデアおじさんは、ヴォイニッチ手稿はどういう本だと考えているの?

61 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 02:45:08.83 ID:hRZYPCJh0
なんでいつも荒れるのか…。

62 :イデアおじさん:2013/05/29(水) 13:55:23.29 ID:o+Iip0Ma0
私がいる所為でスレがアンチに侵されるのです
私には煽り耐性がなくてすぐに「お前は死ね」のような暴言を吐いてしまうので

63 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/29(水) 20:22:35.88 ID:eoeqDA020
_, -=''"" ̄ ̄""=-―,.、
  _,=、            ̄=.、
   彡             "" - ,
    >                ヽ
   :"  .__=__  ̄=.、   \
  /  彡⌒  | |    ̄=--,、    ヽ       .'  , .. ∧_∧
  /彡" /~ニ | j|∧_∧   "ヽ     ヽ    .∴ '     (    ) >57
 /   ( /_/  |( ´_ゝ`)     \   ミ     ・,‘ r⌒>  _/ /
     ヽ ミ  .|ヽ,-  ⌒ヽ. ,_   ミ   ,i      ’| y'⌒   ⌒i
       ̄| ミ   ノ|ヽ Y|三)  ヽ  .|       |  /  ノ |
       |  |   / \_ノ    |ミ  ij       , ー'  /´ヾ_ノ
       ヽ ヽ  |         |  |i       / ,  ノ
        "ー、  |        |   ノ     / /         いい加減に

64 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/29(水) 20:24:21.81 ID:eoeqDA020
        ∧_∧
        _( ´_ゝ`)
      /      )           _  _  >59,62
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |       してください

65 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/29(水) 20:25:55.07 ID:eoeqDA020
毎回、毎回、同一人物の粘着のはずです。
イデアおじさんにつきまとわないでください。

66 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 20:30:04.84 ID:YBM55fg+0
「四つ葉の声が聴こえる少女」は解明可能か不可能か
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368284727/5-

67 :イデアおじさん:2013/05/29(水) 20:34:49.29 ID:AJvkccjt0
───────── ― - --
─── /⌒ヽ, ───────── イデアおじさんのコテ使うなって言いましたよね!
 ̄ ̄  / ,ヘ  ヽ∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   , ” ' ‐ ,
 ̄ ̄ i .i \ ( ´Д`)ヽ,   ___,, __ _ ,, - _―" ’.  ' ・,  ’・ ,  /∧_∧>65
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴”_ ∵,          ))
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ; ; - 、・   r=-,/⌒  ~ヽ~,
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -            i y  ノ' ノi j |
───────  / /,.  ヽ,  ──                i,,___ノ   //
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ _           ,'    ゝi
           j  i                        /   y ノ
_____    巛i~ ____ _             /    /~/
                                   i   < /

68 :イデアおじさん:2013/05/29(水) 20:35:59.20 ID:AJvkccjt0
勝手にトリップまで付けて本物ぶろうとしても無駄ですよ
あなたはなりすましの他にも何か呪いの類のものをやっているようですが、やめた方がいい
身を滅ぼしますよ

69 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 20:51:54.74 ID:m4iyU4820
何人いるんだ?イデアおじさん

70 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/29(水) 21:07:09.73 ID:eoeqDA020
夢見が悪くなりますよ。
やめなさい。

71 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/29(水) 21:24:41.26 ID:eoeqDA020
http://imepic.jp/20130529/769930

72 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/29(水) 21:27:54.48 ID:eoeqDA020
謝罪して、「わたしは、イデアおじさんではありません」と、
書き込みなさい。

73 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 21:32:01.24 ID:x/+CpCiv0
もう、イデアおじさん専門のスレ立ててそっちでやってくれませんか?

74 :イデアおじさん:2013/05/30(木) 01:52:33.21 ID:FfI2Iw2i0
お前は死ね

75 :本当にあった怖い名無し:2013/05/30(木) 09:54:26.94 ID:35sj0cRy0
知的な話が色々出てて無知な私には理解するのが難しいな。私がヴォイニッチを見て思ったのは絵の色がとても不気味というか気持ち悪いというか…。何故かわからないけど他の古い絵では感じないけど、ヴォイニッチは色の印象が怖い。もちろん絵自体も不思議なんだけど…。

76 :本当にあった怖い名無し:2013/05/30(木) 17:45:33.25 ID:lIG5UNza0
絵で言えば、limbourg brothersの「the garden of eden」のタッチと
似てる気がする。女の膨らみ気味のお腹や、後ろ向きになった時の膝の
裏から踵にかけての線など。
limbourg brothers +the garden of edenで検索すれば、その絵が見れる。
リンブルグ兄弟は、15世紀始めにフランスなどで活動していたオランダ出身の
画家で、illuminated manuscript(装飾写本)を得意にしていたという。

77 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/30(木) 22:17:06.62 ID:uYv+St0a0
>75
 ヴォイニッチ手稿に描かれた植物を研究者によっては、まだ何処かに自生していた本物の植物として
見ていることもありますが、イデアおじさん個人としては、やはりああいった植物は存在しないと思い
ます。それは、現実にあるどんな草でも手にとってヴォイニッチ手稿のそれと見比べれば分かると思い
ますね。ああいった、装飾的な書き方は実際に存在する(した)植物を直接書いているようには思えな
いのです。

78 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/30(木) 22:39:49.76 ID:uYv+St0a0
>77

 リンブルグ兄弟は時代的にも、ヴォイニッチ手稿がイギリスからプラハへと移動した時期とそんなには離れていないかな
とおもいます。ただ、フランスということで神聖ローマ皇帝ルドルフU世からはちょっと縁遠いかなという気がします。
ですが、確かにヴォイニッチ手稿の画風(タッチ)と似ていますよね。
 個人的にはフランスと言えば、当時、ジル・ド・レ伯爵がいます。ジル・ド・レ伯爵は、ジャンヌ・ダルクとともに百年
戦争を戦った後に、フランス随一の資産家となります。美少年の讃美歌と錬金術などにお金を費やしますが、その中で、美
貌の僧フラカスティなる人物が伯爵のもとを訪れて、黒魔術へと伯爵を導くのです。その影響もあって、伯爵は幼児虐殺を
その性的嗜好に任せて犯していくのでした。そのフラカスティが翻訳した本の中に中国の『山海経』がありました。
ラグクラフトのクトゥルフ神話の中で『ルルイエ異本』というかたちで出てきていますね。どういった本だったのでしょう
か。関係ないとは思いますが、。

79 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 00:14:15.03 ID:wsFVGRtg0
ごめん

80 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 04:41:50.86 ID:98PlNGHMO
>>75
なにか見てて不安にある絵だよね。
茎の中の女性は勿論、存在しない植物の絵も、なんか怖い…

81 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 06:10:19.23 ID:JeBDqxJB0
>>76
情報ありがとうございます。検索して見てみました!確かに似ていますね、ただヴォイニッチのような不気味な感じはしませんでした。綺麗な絵だなと…ヴォイニッチは紙質等もあるのでしょうか、色が微妙に薄い?のか、変に下手な絵と相まって気持ち悪いんですよね…w

>>77
私も何故だかこの世の植物とは思えません。なのに絵の記述はその植物に対して詳しく説明されている様で…。不気味なんですよね。「記憶が2つ」の人の話もあるし。。

>>80
ですよね…。私もずっと見ていると、今まで色々な絵画を見てきましたけど、感じた事の無い不安感というか気持ち悪さを感じるのですよね…。

82 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 10:15:27.86 ID:Cq0yFcsN0
75の「ヴォイニッチは色の印象が怖い」というのを読んで感じたのは、
そう言われれば、色使いが不自然かも?ということ。
これらのイラストが全色盲か、特定の色に限っての色盲の人のために
描かれたのかもしれない。あるいは、自分で所有するために描いたのなら、
描き手自身が色盲だったことになるが。
あるいは描き手の経済的事情か何かで、絵の具の種類が望み通りに
揃わなかったということも有り得る。
イラストと地文の書き手は別々の人物の可能性も高い。

昔のヨーロッパの王室の男性には色盲が多かったという。

83 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 11:50:13.47 ID:438uxUFq0
>>82
って事は色調換えれば書きたかったor示したかった姿が見えるかもって事か!

家系図と表現型わかればどの錐体細胞が足りないかがわかるから
どんなふうに色が足りないかがわかるな

84 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/31(金) 20:24:40.86 ID:LRxtFK8z0
イデアおじさんのコテを使うと、イデアおじさんがもうひとり居るというかたちになりますね。
イデアおじさんはふたりは居ませんよね。貴方のところに見に来ますよ。
わたしは貴方のために助言したのです。
貴方の寝顔を覗きに来るモノがいるはずですと、
なので夢見が悪くなる、と。
わたしが呪いの類をやったわけじゃないんですよ。

85 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/05/31(金) 21:25:42.00 ID:LRxtFK8z0
やはり、わたしは静かにしておくことにします。

86 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 23:19:58.16 ID:7osnOzuV0
>>39
ありがとう。
…が、私も肉体があるうちはただのオッサンのため、感謝のレスを入れられず申し訳なかった…

>>45
イデアおじさんの興味のある話題になれて光栄です。読んでくださってありがとう。

>>49
「知」の方に補足頂けて本当に嬉しい。ありがとうございます。
…残念ながら私には「感」はあれども「知」が無いため、ZW型(性染色体ZW型)が雌雄どちらが基礎になりえるかの知識を持ち合わせていなく、大変恥ずかしいあまりです…
しかし「知」を持つ人の補足は本当に心強いです。

87 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 23:30:42.23 ID:7osnOzuV0
さて、では再びヴォイニッチ手稿の話題に戻したい。

ヴォイニッチ手稿の中で女性が水に使っている挿絵の部分は「基礎」という意味合いで描かれている…と言うのは以前書かせていただいた通りなのだが、それらをもっとよく見ながら少し解説を入れたい。

まずはこのページ
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(142).jpg

次にこのページ
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(141).jpg

次にこのページをよく見てほしい。
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(136).jpg

どれも「基礎」が奇妙に蛇行するパイプのようなもので繋がれているのが見える。
私たちはこれを「へその緒」と呼んでいる。
つまり、どの時空の階も全てこの「へその緒」で繋がれているため、例えば今現在私たちがいる時空が乱れる(悪い事ばかりをする人間が増える)と、別の階の時空にも影響が出ることの説明になっている。

88 :本当にあった怖い名無し:2013/05/31(金) 23:49:48.41 ID:7osnOzuV0
このイメージはとてつもないオカルト妄想のように思えるかもしれないが、実はこれをそのまま体現している宗教(と呼べるのかもわからんが)が世界にひとつだけある。
それが日本固有の宗教「古神道」だ。
彼らには聖書や経典のようなものは無く、ただひたすらに「感」を次の時空へと「へその緒」を通じて伝えていくだけのもので、正にヴォイニッチが描いた世界そのままだ。
古神道も世界ではこの挿絵と同じように「宗教の基礎」だと言われているのも興味深いところだ。

さて、あんまり宗教の話題に触れると私がただのステマ工作員のように見られてしまうためこの辺にして、再びヴォイニッチ手稿に話題を戻す。

まずはこのページを見てほしい。
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(135).jpg

この挿絵の上部に注目してほしい。洗練された「基礎」が上昇し、最後はパラソルのような物が掛かった場所へ出て行っている。
ではこのパラソルのような最上部には何があるのか…ということだが、それがこちらの挿絵で説明されている。

commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(121).jpg

この挿絵はそのパラソル状になった傘の最上部を描いている。
左と右のページで挿絵がまったく違うのだが、このパラソル状の物は三次元の物体のように裏や表…といった概念が無いため、どちらのページの絵も裏でもあり表でもある。
このページから(135)のページまではひたすらこのパラソル状の物についての詳細な状態が描かれている。

89 :本当にあった怖い名無し:2013/06/01(土) 11:21:47.18 ID:MMy23J3rP
見てるよ!

90 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 06:51:40.15 ID:Jw0QECGi0
>>89
ありがとう。とても心が温まった。

さて、では上のパラソル状のものの詳細が描かれた

commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(121).jpg

を説明する前に、ヴォイニッチの描いたこの「時空」の概念を簡単に説明したい。
それが前提にないとこの絵の説明が出来ない…が、私の文章力不足で理解し辛い場合には本当に申し訳ないです。

さて、この「時空」の概念だが、まず今、皆さんはこのスレをモニタ越しに覗いていると思う。
PCかもしれないし、スマートホンかもしれないが、そのままモニタを見ていてほしい。

91 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 06:52:50.13 ID:Jw0QECGi0
ここで貴方に次の条件を加えたい。

1.モニタは見たままで、「貴方の姿を後ろから見ている自分」というのを想像する。

2.実際の貴方は後ろを振り返れないというルールを作る。

この条件下で想像してほしい。
では、貴方の後ろから槍を手にした巨漢が立っている…と言うのを想像して欲しい。
貴方は後ろを振り返る事が出来ないため、その巨漢が一体次にどんなアクションをするかは分からない。

次の瞬間にその巨漢は貴方の背中を一突きして、その瞬間に貴方は自分の腹から突き出た槍の先を見る事になる。

この世界の時間と時空の概念とは正にそれで例えることが出来る。

まずは貴方の後ろに立った「槍を持った巨漢」とは「未来」の事。未来は全く分からない。
次に貴方の背中から突いた「槍」とは「現在」の事。「刺された事実」は良くは分かるが、一体それが何で刺されたのかは分からない。
最後に貴方の腹から突き出た「槍の先」とは「過去」の事。何で刺され、自分がどうなったかが良く見える。

92 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 07:07:13.66 ID:Jw0QECGi0
少し別スレの「時空のおっさん」についても触れないといけないが、この例えの中で、一番最初に「モニタを見続ける貴方を後ろから見ている自分」を置いたね。

これが実は「時空のおっさん」の正体。
その例えの中では「巨漢が貴方を槍で一突きする」と言うアクションを取ったが、例えばこの巨漢が

1.槍を捨てて貴方を抱きしめる
2.槍を窓から投げ捨てて外へ飛び出していく
3.そもそも「槍を持った巨漢」なんていなかった

…等々、様々な起こりうる未来の中から「巨漢が槍で一突きする」と言う時間軸を選んだ。
つまり、皆さんの「振り返る事を許されていない背後=未来」には、凄まじいレイヤーの別々の時間軸が走っているという事だ。

…が、もしも貴方が仮に何らかの条件が揃えてしまい、本来振り返れない筈の背後を見れてしまったとしたら…
そこで貴方に対してそれを見ていた人が「貴方、ルール違反ですよ。振り返らないでね」と諭すのが時空のおっさん…というわけだ。

93 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 07:28:04.61 ID:Jw0QECGi0
…という概念を頭に入れた上でヴォイニッチの描いた

commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(121).jpg

を説明していきたい。

まず、左側に描かれた顔の入った風車のようなもの、これが私たちがいる日本でも古くから知られている「ツクヨミ」だ。
赤く塗られた部分は「太陽神」の力、青い部分が「月の神」の力。
周りに散らばった星は、それらの従者だと考えてもらって構わない。

94 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 07:37:12.70 ID:Jw0QECGi0
さて、その「ツクヨミ」だが、「基礎」を終え、洗練された魂は一度この「ツクヨミ」によって精査され、次に「太陽神」に橋渡しされる。
「太陽神」によって精査された後に再び「ツクヨミ」に橋渡しされる。
これがどのタイミングで行われるかが描かれたのが右のページの図だ。

人の顔のようなアイコンの髪の毛(?)に注目してもらいたい。
黒く塗りつぶされているのは「ツクヨミ」によって精査され、白い部分が「太陽神」によって精査されるという意味。

一体何を精査しているのか…というのがさっきの例えで出てきた「皆さんの背後に走る無数の時間軸=未来」だ。

いくら「基礎」をやり終えたと言っても、背後に走る全ての時間軸の中では、もしかしたら致命的な欠陥のある未来を招いていた…と言う事も起こりえる。

本当にそれが無く、この時空の基礎をやり遂げたと言えるのかどうか…と言うのをそこで精査してもらっている。

95 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 08:10:30.00 ID:q2S+uZyQ0
>>94
とても興味深く読ませて頂いています!
精査…自分を後ろから見ていたら、不合格だなと思いました…orz

96 :本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 09:27:51.56 ID:Jw0QECGi0
>>95
ありがとう。またひとつ今日私にとって心温まる事があったと感じました。

…と同時に貴方のレスで私も心温まれた、これだけでも貴方は人の時間軸の進行に良い影響を与える程素晴らしい行いをされてる…のではないかな…と思いました。
私もまだまだ未熟者です…私にとっては貴方もまた、素晴らしき人です。
一緒にヴォイニッチの見た世界を解いていかれたら、それは本当に嬉しい事です。

さて、インターネット…と言うのはとても面白い物で、私はヴォイニッチが描いたこの「時空と時空を繋ぐへその緒」の平面版がこのインターネットだろうと考えている。
「へその緒」で繋がれたそれぞれの時空はお互いに影響しあっている。
同じように私たちも同じ時空の階にいることはいるが、お互いは全く別々の時間軸を進んでいる。
その中で、へその緒の平面版でもあるインターネットは、その時間軸同士を繋ぎ、良い影響も悪い影響も与える事が出来る。

叶うならば、悪い影響を無視出来るほどに良い影響を与え合えれば良いのにな…とも考える次第です。

97 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 06:36:36.76 ID:nLxjAc3p0
密教でもヘルメスでもそうだが、秘密主義が嵩じると弊害も多くなる
ということがあると思う。部外者や世間一般に対して必要以上に
もったいをつけることで貧しい内容を知られまいとする。
一子相伝とか、門外不出とかはその典型だが。天皇家の三種の神器も
そうらしい。
読解が難しい=内容が素晴らしい、
ではないからな。

98 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 09:12:54.19 ID:5QLb1r+cO
>>94
この三次元時空の「中での」意識の動作システムを図説してるってぇことか。
て仮定だとそのシステムの外から見たやつがいるって仮定になり、他の図も外から見た中の何かって仮定になるな。
悪くないと俺は思うが正しいかどうかはわからん。
いいぞもっとやりやがってくださいおねがいします。

99 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 18:32:21.47 ID:czHTQVfoP
いまきたごぎょう

100 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 18:38:27.63 ID:czHTQVfoP
あの〜
めっちゃ素朴な疑問で申し訳ないんですが

なんで誰にも読めないのに、そんな重要なことが書かれてると分かるのですか?

101 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 18:57:37.70 ID:WlXmwnfm0
あの〜

102 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 20:32:24.37 ID:VFprh6Wx0
>>100
夢であり願望だよ。暗号解読や古文書解読なんてそんなもん

103 :本当にあった怖い名無し:2013/06/03(月) 21:31:16.35 ID:sgVr1CTx0
なんで読めるとかオカルト板で聞くなんてヤボだぜ
君も考えるんじゃなく感じるんだ!w

104 :本当にあった怖い名無し:2013/06/04(火) 00:47:27.57 ID:/KpnvL/N0
tanisigeスレに通じるものがあるなw

105 :本当にあった怖い名無し:2013/06/04(火) 01:14:20.36 ID:kk9re1lO0
なるほどです
勉強になりました!

106 :本当にあった怖い名無し:2013/06/04(火) 01:22:18.43 ID:xuekgXEg0
>>96
返信頂きありがとうございます!95です
過分なお言葉ありがとうございます。周りの方に良い影響を与えられるよう頑張りますw
ヴォイニッチの風車の絵が緑のプール上段のパラソルを上から見た図とは思いつきませんでした。言われてみれば確かに。

107 :本当にあった怖い名無し:2013/06/04(火) 22:23:43.10 ID:Ne3y8ALoP
縁を感じるなー。
また覗きにきます。

108 :本当にあった怖い名無し:2013/06/05(水) 00:12:42.03 ID:p0lmZKwi0
>>97
私も貴方のその意見に激しく同意したい。
現に陰謀論でお馴染み「イルミナティ」がその良い例だが、秘密主義が嵩じて結局本来のイルミナティではない人間たちに名前だけを悪用され、今や本来「イルミナティ」と呼ばなくてはならない連中が虫の息だ。
ヴォイニッチ手稿についても実際に全て解き明かしてみれば、もしかしたら私たち日本人にとっては何の変哲もない極々一般的なありふれた内容なのかもしれないとは思っている。

>>98
ありがとう。とても勇気付けられました。
私の説が間違っていなければ、恐らくその見解で間違いはないと思う。

少しだけ補足をさせて頂けるなら、「魂」についてのみ言及すれば、それは常にこの三次元時空の外にいると思って頂いて構わない。
肉体があることによってまるで私たちは時間が「存在」したり、時空が「存在」しているように思えるが、それはそこにあってないようなものだ。

例えば、ゲームを想像してもらえるとわかり易い。
ロールプレイングゲームをプレイしたことがあるなら尚わかり易いが、RPG内ではそのゲームの中の時間が存在し、ゲーム内でしか存在しない通貨がある。
リアルなこちら側ではもう3日もプレイしてるのに、ゲーム内ではまだ1時間分しか時間が進んでいないことも多々ある。
ゲーム内は正に「肉体をもった三次元世界」だ。そこに時間や物質が存在しうるように思えるが、魂のようにその枠から外れてみてみれば、実は何もなかった事に気が付く。
これを如実に表したのが「馬鹿は死ぬまで直らない」だ。死ぬと今まで必死に追っていたものが唯の虚像だったことに気が付く。

109 :本当にあった怖い名無し:2013/06/05(水) 00:37:14.59 ID:p0lmZKwi0
>>100
とても素朴で、私は貴方の質問を愛しています。
子供のお世話をしているとよく貴方のような素朴な質問を受けますが、それは私たち大人にとっても「基礎」をもう一度振り返る良い機会になります。
ヴォイニッチ手稿を解くにあたっては恐らく、貴方のように「基礎」に立って恐れず何かを見ようとする力がとても大切なのだと思わされました。ありがとうございます。

さて、私がどうして分かるか…と言う事だけど、実は本当の所、全てを分かっているわけではないのです。申し訳ない。
ただ、数年前に交通事故にあって生死をさ迷った事があり、そのこん睡状態の時に見た風景が正にヴォイニッチの描いたこの風景だったため、私が見てきた物に関してはあっているかどうかは定かではないけど、出来るだけ情報を提供させてもらいたい…と思った次第です。

交通事故にあった後、私は綺麗な花の咲く丘にいた。あまりに綺麗なため散歩をしていると、とある「塔」が川辺に立っていた。
それがこの「塔」だ。

w■w.voynich.com/folios/color/102v.jpg

この「塔」だが、ヴォイニッチは根っこの部分も描いたようだが、恐らく根っこはあの花畑の土の中なのだろうか、私には見えなかった。
「塔」は遠目から見ると入り口は全く分からないが、近くまで行くとさっきまで見えなかった入り口があった。
その入り口から螺旋状になる階段を上っていくと、正に今まで私が解説を入れさせて頂いていたような風景に出会った。

110 :本当にあった怖い名無し:2013/06/05(水) 01:10:17.36 ID:p0lmZKwi0
>>106
こちらこそまだまだ未熟者なのに偉そうに申し訳ない…と自分を責めつつも、こんな人間の言葉に共感していただけた事に本当に感謝です。ありがとうございます。
私が臨死体験をしている間に見た時には、あのパラソルの部分はあんなに変な色ではなく、もっと「美麗」と呼ぶに相応しい色だったような気がしますが、貴方にとって何かの参考になれたのは本当に嬉しいことです。

さて、少しヴォイニッチと関係があるか無いか…は定かではないが、明らかにヴォイニッチ手稿を解き、それを題材に音楽やムービーを作っていると思われるアーティストを紹介してみたい。

お手元にヴォイニッチ手稿の
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(121).jpg

を開きながら一緒にご覧いただきたい。
まずは「Serph」と言うアーティストから「Luck」と表題の付いた曲がそれ。
w■w.youtube.com/watch?v=ufzL5iKmi0I&hd=1

ヴォイニッチ手稿の世界がチラチラと見え隠れしている上、曲タイトルが「運」とはまた興味深い。

111 :本当にあった怖い名無し:2013/06/05(水) 01:26:27.62 ID:p0lmZKwi0
次に、ヴォイニッチ手稿の
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(134).jpg
のページから、
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(121).jpg
までを一ページずつ巻き戻すようにしてご覧いただきたい。

最初の
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(134).jpg
のページの図から
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(127).jpg
までは「基礎」を終えた魂が太陽神、月の神の従者でもある星座の神の洗礼を受けている場面を描いているのだが、ここから
commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(122).jpg
の太陽神降臨までを描いているのがあの時空のおっさん「平沢進」の「Lotus」だ。
w■w.youtube.com/watch?v=X9muQIB-q_A&hd=1

太陽神が降臨すると、まるでそれを中心に花が咲いたような図が出来る。

112 :98:2013/06/05(水) 01:32:40.62 ID:ygt4o48vO
>>108
俺の身内も交通事故で昏睡して、花畑歩いて帰ってきたから、わかる。
異様にシェイプがはっきり見えて、色も鮮やかで、歩くと、先により綺麗な花があるらしい。
ものすごくでかい樹が一本あったと言っていた。
手稿の植物画を見てると不安になるが、そういう次元の違うリアルさがあるからかもしれん。
俺には詳しい知識はないが、臨死状態の世界の描写説は結構ありだと思う。
ただ文字はわからんね。
なぜ謎文字で書かれたのかは。

113 :本当にあった怖い名無し:2013/06/05(水) 01:45:35.40 ID:MMM5pLqH0
忍法帳のレベルが低くてURLをフルで書き込めない貴方!
http://からではなくてttp://あるいはtp://から貼り付けてみて!
専ブラ使いなんだがコピペいちいちめんどくさい!!

114 :本当にあった怖い名無し:2013/06/05(水) 21:56:07.31 ID:yDOSeh6A0
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Voynich_Manuscript_(122).jpg
この絵を見て浮かんだのは
脳の神経細胞、シナプスなんかの図によく似ている。
ということはベタだけど、結局僕らの上をたどっていくと、人間の細胞内にたどり着き、更にいくと一人の人間にたどり着く。
この世なんて1つの細胞にも満たない世界なのかなって思った。宇宙なんかはまさに細胞っぽいよね。
でも、この絵はそういう事だとしても、植物の絵がよくわからないよね。

115 :本当にあった怖い名無し:2013/06/06(木) 14:57:52.66 ID:TGbV5/4BP
>>109
回答ありがとうございました!
愛された///
なるほどなるほど。あちらの世界と共通してる部分があるから読める人がいないってことですね!でも人間て必ず何かしらのモデルがあるからこそ色んなものを作りあげてきたんですよね?
全くの無から何かを生み出すことは人間には絶対不可能だと思うのです。
ということは、ヴォイニッチの文字も何かモデルがあるとと思うのですが

116 :本当にあった怖い名無し:2013/06/06(木) 16:18:33.37 ID:scoqg7gBP
>>115
>>20>>50 は、謎文字は音譜だと言ってるね

117 :本当にあった怖い名無し:2013/06/06(木) 23:08:42.47 ID:YcD54GpD0
なあ、これってなんか関係あるかな
http://i.imgur.com/WGxEv0r.jpg

118 :本当にあった怖い名無し:2013/06/06(木) 23:30:56.58 ID:jCI9qV7w0
何の本?

119 :本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 01:25:27.78 ID:OCi6ZzBV0
>>116
音符?ほほ〜なるほど!
誰か奏でてくれないな〜(チラッ

何かのプログラムのコードだったら面白いよね!既出?

120 :本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 03:29:08.18 ID:rF+HdOex0
>>118
理学の本だとかかんだとか
Twitterで拾った画像だよ

121 :本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 05:29:33.45 ID:/3NTCd2O0
内容的になんか関連あるのかと思ったら
下にカッコで書かれてる通りの意味だった
なんで唐突にヘブライ語が出てくるのかわからんが著者がユダヤ教徒とかなんかな

122 :本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 15:48:08.49 ID:Xiv6MMqWO
手塚治虫の0次元の丘を思い出した

123 :本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 19:58:29.29 ID:+ekJwO/90
>>122
どんな話だっけか?と調べたついでに画像検索したらエロ画像だらけだった…orz

124 :本当にあった怖い名無し:2013/06/07(金) 20:59:14.39 ID:rF+HdOex0
>>121
ヘブライ語なのかこれ

125 :本当にあった怖い名無し:2013/06/09(日) 00:22:56.82 ID:RlrBHMk40
ブライ文字だなーと思って検索したら
glosbe.com/he/en/%D7%AA%D7%95%D7%A9%D7%9C%D7%91%D7%B4%D7%A2
名前的にヘブライ語→英語の辞書サイト

126 :本当にあった怖い名無し:2013/06/10(月) 08:21:02.50 ID:4/ILBd5d0
装飾写本の起こりがイスラム文献のラテン語への翻訳に端を発していた
ことを想起すれば、その当時、Ibn al-Bawwab という写本製作者に辿り着ける。
彼は当時のislamic Calligraphy(イスラム書道)のプロであり、voynich手稿と
似た、読むのが不可能な本を多数作り出していた?

127 :ヴィオニッチ手稿f1rの第一章:2013/06/11(火) 15:40:44.11 ID:wojdTrco0
このヴィオニッチ手稿とやらは、手書きなので、文字の機微まで見ないといけない。
そして、文字一つ一つに対して、既存の概念を、和の精神で、当て嵌めて、
その後、ヴィオニッチという天才と自分との重ね合わせによって、既存の概念を
開放的に仕上げないといけない。つまり変異させないといけない。
そして、膨大な量のページ数。一つ一つに対して、紛れもない誠意をもって、
試みないことには、忽ちに、外部から来る、メフィストフェレスの堕落させる
囁きにのってしまうだろう。

僕は、コテハンに示した、範囲のところを、一応、既存の概念で埋め尽くした。
それだけでも、かなり疲れた。というか体が固まった。何せ、机があるだけで、
椅子に座っていないのだから・・・。パソコンの机で、とりあえず、その範囲は
クリアーにしたが、最後の仕上げとしての、重ね合わせが、また一苦労なのだ。
どれだけのレベルのところまで、自分を、ヴィオニッチの思想に近づけれるか?
その到底無謀な試みをする人々で溢れている、このスレッドで投稿する喜びに
溢れている。

僕としては、ドゥルーズの、反復の哲学に、すごい共感しているので、
これを機に、さらに共感の力が強くなるだろう。

128 :本当にあった怖い名無し:2013/06/12(水) 02:20:06.43 ID:Gn4lrQPU0
読点が、多いです。

129 :本当にあった怖い名無し:2013/06/12(水) 09:29:09.55 ID:ZCOwCZRbO
オカルト的にはやはり音だな
これを正しく発音すると冒涜的な言語になる
きっとハイパーボリアの言語だ

ただ下手なギリシャ語にも見える

130 :本当にあった怖い名無し:2013/06/12(水) 18:54:00.98 ID:svc0wNmj0
ナウシカの腐海にありそうな植物だな

131 :本当にあった怖い名無し:2013/06/12(水) 19:00:04.60 ID:BvPgTetp0
わからないけど、生物学的に見て植物の生態とか植生環境って推測できないんだろうか?

132 :本当にあった怖い名無し:2013/06/12(水) 20:12:58.80 ID:Qn9DF50V0
http://book.asahi.com/S2800/upload/2013053000001_3.jpg
http://book.asahi.com/S2800/upload/2013053000001_4.jpg
http://book.asahi.com/S2800/upload/2013053000001_5.jpg
http://book.asahi.com/S2800/upload/2013053000001_6.jpg
http://book.asahi.com/S2800/upload/2013053000001_7.jpg
http://book.asahi.com/booknews/update/2013053000001.html?page=1

これと似たようなものだったんじゃないのかね

133 :本当にあった怖い名無し:2013/06/12(水) 21:57:21.96 ID:Gn4lrQPU0
微笑ましい

134 :本当にあった怖い名無し:2013/06/13(木) 10:12:53.19 ID:NAaH+bCI0
これなに?

135 :本当にあった怖い名無し:2013/06/14(金) 08:43:57.41 ID:QJSnNvSF0
チューニッチ手稿だろ

136 :本当にあった怖い名無し:2013/06/14(金) 11:55:56.32 ID:Y7Ws8wm00
うまい!35点!!

137 :本当にあった怖い名無し:2013/06/14(金) 22:44:59.76 ID:QrqZgeG7P
草間彌生の作品にヴォイニッチくさいのがある

138 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 13:46:30.92 ID:CCvsY25r0
これを解読成功してここに包み隠さず全部 ぶちまけたら
スレ内で大騒ぎになる可能性はどれぐらい?

秘密をベラベラと全部喋ると数日たったら黒服が玄関を叩くとか
リアルでの変化が何かあるんかな?何かの拍子でもし自分が
解読できたとしたら全部 ぶちまけてやるがリアルでの変化が何かあれば怖いな。

139 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 16:05:23.81 ID:t2cu3Iwq0
スレ内で大騒ぎどころか
納得出来る解法なら世界中で話題になるよ

140 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 16:44:38.33 ID:R9bERRJd0
もし論理的に解読できたらそれだけで歴史に残る偉業。
内容がオカルトなら更にキチガイレベル。

141 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 23:47:16.28 ID:Hnrt/Fz90
解読したらどんくらいSAN削れるだろうか
1d8/2d8くらい?

142 :本当にあった怖い名無し:2013/06/17(月) 04:23:39.52 ID:wB3Kv0J60
死海文書とヴォイニッチ手稿のつながりを指摘する奴はいないのか
残念

143 :本当にあった怖い名無し:2013/06/17(月) 16:13:34.57 ID:HhtkHAkJ0
>>139>>140
なるほど、確実に家にすっ飛んで来られますな。

「ヴォイニッチ手稿を解読したら三日とたたず家に
各国のマスコミテレビ 手稿の研究者、信者
霊能力者 MIBのような黒服さん エイリアン カルト宗教の方々
大学の教授などの人達が津波のように押し寄せたでござる」

とこうなるわけだ。 ガグブル・・・。どうもありがとう。

144 :本当にあった怖い名無し:2013/06/17(月) 16:44:34.49 ID:yvuqyuFP0
>>143
まぁここに書いてもそんな事ないからばらしちゃいなYO!

145 :本当にあった怖い名無し:2013/06/18(火) 17:03:57.61 ID:UaSAcg9rP
本当にヤバいことって表に出てこないからな

146 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 01:38:45.77 ID:oDguE1lNO
ヴォイニッチ手稿は、人工光合成について書かれている。
この研究は未だ発展途上で実用化には至っていない。
これを解読する事で、人類の科学技術は大きく革新するだろう。

147 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 04:10:44.42 ID:EDdICFkR0
何が書いてあるかも分からんのに、人工合成について
書いてあるとか…
何処にそんな記述があるんよ?

148 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 11:10:02.23 ID:/9qrBobW0
解読出来てもなぜその結果になったかまた証明がいるわけで
今までに解読出来たお!っていう研究者が大勢いたのに誰も公式には認められてないんだろ?
真実を突き止めても学会にホラ吹き乙って突っ返されるのがオチじゃね

149 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 11:55:30.41 ID:xCZ2Kl5a0
言語学も統計学もあまり知らないけど、「意味はわからないけど文法的な規則が存在する」ってどんな状態なのかね

150 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 14:00:07.56 ID:VyN87FjaP
絶対とっくに解読出来てんだろこれ
勿体ぶってないで教えろカス

151 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 14:10:33.59 ID:lD77qohh0
>>149
山田正紀の神狩り読んで見ようぜ

152 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 21:42:59.41 ID:13gBok/90
ヴォイニッチ手稿はエノク語とは別の「天使の言語」です。間違いありません。
解読はまだです。
10世紀よりも前の人間、たとえばユダヤの賢人ラビ・アキバなら読めたかもしれません。

153 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/20(木) 21:48:48.17 ID:13gBok/90
上記はイデアおじさんです。
それから、
>78で書いた
ジル・ド・レ伯爵に近づいた、美貌の僧の名はフラカスティではなく、
プレラチでした。失礼しました。

154 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 22:10:50.50 ID:P7UpuN420
ある音階を表しているらしいよ

155 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 22:15:41.73 ID:P7UpuN420
英語のサイト見れば既に解読された文章が載ってるかもしれないな

156 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 22:17:17.31 ID:lD77qohh0
内容紹介
情報工学の天才、島津圭助は花崗岩石室に刻まれた謎の《古代文字》を調査中に落盤事故にあう。
古代文字の解明に没頭した圭助は、それが人間には理解不能な構造を持つことをつきとめた。
この言語を操るもの──それは神なのか。では、その意志とは?
やがて、人間の営為を覆う神の悪意に気づいた圭助は、人類の未来をかけた壮大な戦いの渦に
まきこまれてゆくのだった。書き下ろし「三六年目のあとがき」/解説=神林長平

内容(「BOOK」データベースより)
若き天才情報工学者、島津圭助は、神戸市で調査中の遺跡、花崗岩石室内壁に、
ある『文字』を見せられる。十三重に入り組んだ関係代名詞と、二つの論理記号のみの文字。
論理では解くことのできないその世界の言葉を執拗に追うある組織は、島津の卓越した頭脳に、
この文字を通じて『神』の実在を証明することを強要する。―語りえぬことについては、
沈黙しなくてはならない。ヴィトゲンシュタインの哲学に反く行いに幕を開ける、SF小説の金字塔。

http://www.amazon.co.jp/dp/4894564416


ちなみにこんな内容だ
読み返したくなって来た

157 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/20(木) 22:42:06.05 ID:13gBok/90
ヴィトゲンシュタイン・・・前世紀のはじめに言語論的転回というのがありましたね。
たとえば簡単な三段論法「全ての人間は死すべきものである。ソクラテスは人間である。
ゆえにソクラテスは死すべきものである。」この三段論法のなかに人の思考の仕方が透け
てみえている。人間はこのように言葉の構造(または網目)によって考えているのであり、
人間の精神活動がこうした言語のシステムに依拠している、というような言語そのものへ
の探求へと意識を振り向ける、というひとつのパラダイムシフトでした。

158 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/20(木) 22:48:37.04 ID:13gBok/90
ヴィトゲンシュタインが言いたかったのは、三段論法のように言語は透明ではない、と言いたかったのです。
言語はもっと不透明な動きをわれわれの思惟のなかで行っている、と言いたかったわけです。そう、「言語
ゲーム」ですね。
ですがね、イデアおじさんから言わせればこの思想もすでに古いのです。人間の思考の営みは言語(ロゴス)
ばかりではないのです。

159 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/20(木) 22:59:14.80 ID:13gBok/90
「―語りえぬことについては、 沈黙しなくてはならない。」ヴィトゲンシュタインのこの言葉にイデアおじさんが
続きを書くのなら、こうです「―なぜかならば、われわれは学者だからだ。」学者は語ることが仕事です。語ること
が出来ないものを語ってはならない、そうでなかれば、学者ではなくなり、あらぬ領域に足を踏み入れてしまうから
だ、ということでしょう。

160 :本当にあった怖い名無し:2013/06/20(木) 23:46:07.29 ID:oDguE1lNO
>>150
>>155
理論立てて解読した者はまだ誰もいない。

>>156
これってヴォイニッチ手稿にヒントを得たのかな?
ちょっと読んでみたい。

161 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 00:07:36.16 ID:53DW36lX0
1974年 - 『SFマガジン』1974年7月号にて『神狩り』でデビュー。

この頃話題になってたかな。ちょっと分からん


人工光合成ってのは何の根拠で?wと聞いてみる

162 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 00:47:22.71 ID:dKE86jUp0
>>160
楽譜みたいなものだって聞いた事あるけど違うの?

163 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 01:08:01.24 ID:Rx+NdevM0
>>151
有難う、探してみる

164 :146:2013/06/21(金) 01:12:08.53 ID:TAlkFTdCO
>>162
それは2ちゃんに騙されてるか、解読方法を公開してない外国の超能力者だかが言ってるだけ。
誰もが理解できる明確な方式での解読はされてない。


人工光合成はNHKでやってて、ちょうど手稿も植物から何かが生まれるような絵があるから
なんとなく言ってみただけ。

165 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 01:43:24.34 ID:dKE86jUp0
>>164
じゃあ断言せず、せめて伝聞とか推測の形式にして書いて欲しい
上の天使の言語とかのレスも何故か無根拠なのに間違いないと断言的に書いているんだよな

166 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 02:13:00.25 ID:TAlkFTdCO
前スレとかでも突拍子の無い妄想を拾って、
そこから物凄い考察が始まったりした事もあったから
何か話のきっかけにでもなればいいな、という期待もあった。

まぁ断言したのはちょっと悪ノリが過ぎたかなと思ってる。スマンカッタ。


ただ現状、『ヴォイニッチ手稿はたとえ解読できたとしても、さして重要な内容は記されておらず、解読する価値は低い』
というのが一般的な見解になっていて
何か悔しい(?)ので、少しでも人類の躍進に繋がる記述があると信じたい想いがある事は分かって頂きたい。

167 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 02:13:17.56 ID:a7w0QUDe0
電波受信しちゃってる人なんて珍しくないじゃん

168 :本当にあった怖い名無し:2013/06/21(金) 05:15:07.26 ID:XpHPLF6I0
この文章はなかなか趣向を凝らした内容になっていますよ。

169 :本当にあった怖い名無し:2013/06/22(土) 13:36:26.73 ID:Yo2kbA5eP
ウォイッチニッ! サンシッ!

170 :本当にあった怖い名無し:2013/06/22(土) 21:21:46.43 ID:zaEnous+0
【100年に及ぶ謎】「ヴォイニッチ写本」は本物である可能性

Mysterious Voynich manuscript has 'genuine message'

http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68288000/jpg/_68288322_new_voynich_manuscript_(170).jpg
【要約】
多くの人は、「ヴォイニッチ写本」が悪戯で作られたものだとしている。
ところが、イギリス・マンチェスター大の研究グループは統計学的手法に基づいて
テキストの中から意味のあるとみられる言語パターンを発見したという。


ヴォイニッチ写本は、240ページ全てが謎の文字で書かれており、未知の植物・天体の画像や、
裸の女性が入浴する神秘的な絵などがある
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68289000/jpg/_68289512_new_3voynich_manuscript_(178).jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68289000/jpg/_68289510_voynich_manuscript_(124).jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68289000/jpg/_68289504_voynich_1006113_quarter.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68288000/jpg/_68288328_voynich_manuscript_(66).jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68289000/jpg/_68289505_voynich_manuscrito151.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/68289000/jpg/_68289506_1006194_quarter.jpg

続きはソースで
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-22975809
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1371879632/l50

171 :本当にあった怖い名無し:2013/06/22(土) 22:32:09.28 ID:kjFzLZAC0
ググるで翻訳して読んでみたけど、中身の文章は少しも分かってないみたいだな
デマの可能性が少々薄くなったってだけか
あとけんもーにURL貼っている奴が居るけど、二ュー速系の板からオカ板に誘導しない方が良いぞ

172 :本当にあった怖い名無し:2013/06/22(土) 22:36:37.61 ID:gBXRlc8FO
79:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 06/22(土) 15:21 huhndB9+0 [sage]
は例えば、最もよく使われる単語が二度三度続くことが頻繁にあるが、私はこの特性を明らかにするため、
ヴォイニッチ手稿に使われている文字をそれぞれ一旦ローマ字に置き換えて文章を比較した。
すると、例えばページ78Rにはqokedy quokedy dal quokedy quokedyといった並びで言葉が書かれている事が分かる。
しかし、こうした単語の配列はおそらく既存のいかなる言語にも見て取ることの出来ないパターンである。

羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
と同じパターンじゃね 

138:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 06/22(土) 16:32 N6WMbNDvP [sage]
>>79
それ面白いな
実際、宗教的呪術的記述って同じフレーズの反復や類韻の多用がみられるから



この解釈はありかも。

173 :本当にあった怖い名無し:2013/06/22(土) 22:57:22.59 ID:+xqxcF2K0
じゃあ普通にかんがえてみようか

これは地球の人類の祖先にあたる、他の惑星の人間が関わってるものだろう
言語は彼らが使用していたもので、描かれている植物も彼らの惑星に生息しているものだ

174 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/22(土) 23:11:49.58 ID:ANx3Ff6b0
とても興味深い記事ですね。
ヴォイニッチ手稿の意味上の繋がりにおいて、その言葉同士の構造にある類似を見出すことができる。
それが現実に存在する言葉にもある程度あてはまることであるということ。
これらの特徴があるいたずら書きでしかない文章をよりもっともらしく見せるためだけに組み込まれて
いるとは考えずらいことだ、とアメリカのマンチェスター大学のMarcelo Montemurro教授は主張してい
ます。なぜかならば、そこに必要とされる学問的な知識がヴォイニッチ手稿が作られた時代においては
存在していなかったはずだからだ、ということです。(記事の一部の意訳です)

175 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/22(土) 23:19:10.76 ID:ANx3Ff6b0
記事のなかでは、デタラメ説もその解釈のひとつでしかないということになる、らしいことが書いてあります。
ヴォイニッチ手稿は'genuine message' 本物のメッセージとなりそうです。
しかし、このgenuineは誰のことでしょうかね。天使のことでしょうかね。
それにしても、記事の日付は2013年の6月22日です。タイムリーですね。

176 :本当にあった怖い名無し:2013/06/23(日) 07:50:10.30 ID:d51dkYFj0
知り合いのギリシャ人が、文字は古代ギリシャ語とラテン語に似てるっていってた

177 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/23(日) 20:36:48.71 ID:oF9Qu1H40
ギリシャ語に近いということで、
個人的にいちばん自然で妥当な解釈ではないかとおもわれるものを紹介します。

それは、ヴォイニッチ手稿がヨーロッパは地中海を挟んで、イスラムはアッパー
ス朝、マルムーク朝の勢力が盛んであった頃、オスマン帝国がヨーロッパへ向け
てまずはバルカン半島の国々からじわじわと侵略しはじめるのですが、この頃に
故国を捨てて生き延びたアルメニア人(遊牧民のような)がバルカン半島を過ぎ
て、イタリアに至った際にその間に医学書かそうした本草学のよう書物を文字が
書けるものに頼んで、書いてもらったものではないか、ということです。

178 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/23(日) 20:48:02.74 ID:oF9Qu1H40
キリル文字を使用する地域の言語にヴォイニッチ手稿に使われている言葉と類似点が
多いらしいのです。アルメニア語のアルファベットなどには、すでにヴォイニッチ手
稿に使われている文字に似たものを見出すことが出来ます。オスマントルコの侵略を
受けてもいるので、アラビア文字からの影響もあるとその研究者はしています。しか
し、アルメニア人がイタリアに至った際には書き言葉を持っていなかったとされてい
て、その言語は絶滅してしまって、確認しうる現存する資料などはなにも残っていな
いとされていたり、描かれている植物も基本絶滅したとものとしているあたりはちょ
っと都合が良すぎる気もします。

179 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/24(月) 20:34:42.97 ID:WswT/kCd0
ここで、最初の持ち主とされる、ジョン・ディー博士に関してです。
ジョン・ディー博士はイギリスはエリベスT世の時代に、まずは占星術師として女王に仕えました。
この頃、修道院解散により各地にあった修道院が解体されました。中世の当時、アカデミズムの中
心は修道院にありました。なのでそこにあった多くの書物も失われていくことになったのですが、
学究肌のディー博士はそれをとても惜しみ、修道院にある書物を保存するため国立の図書館を建設
することを嘆願するのでした。しかし、これはあえなく退けられてしまい、ディー博士は自らの私財
を投げ打って図書館を建設します。当時のケンブリッジ大学やオックスフォード大学にも負けない蔵
書であったとされます。

180 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/24(月) 20:45:35.15 ID:WswT/kCd0
ものの本によるとジョン・ディー博士は一日のうち18時間も学問にあてたそうです。その間にどれほどたくさんの
書物を読んだことでしょうか。ディー博士の肩書きは占星術師であり、錬金術師であり、数学者であり、暗号学者
であり、天文学にも通じた科学者でもありました。要するに当代随一の学者であったわけです。
ジョン・ディー博士はさまざまな書物からいろいろなことを学び、数字(数学)の持つ神秘から自然の理や神の知
恵に辿りつこうとしたのです。ですが、ある時から霊媒にのめり込んでいきます。水晶球を覗きこんで、霊的なも
のからの啓示を待つようになったのです。そこに現われたのが、詐欺師悪党と言われる霊媒師エドワード・ケリー
でした。

181 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/24(月) 20:54:03.54 ID:WswT/kCd0
ですが、ジョン・ディー博士は何故、不意に交霊会に没頭するようになったのでしょうか。
イデアおじさん個人としては、おそらく書物を読んでいってもディー博士の知りたいことに
近づかないということをある時点でディー博士本人が気付いたのだとおもいます。つまり、
なんらかの神秘への参入を果たさなければ、理解出来ないことがあると分かったということで
しょう。当時は科学とオカルトは双子のように互いに近い関係にあったと言えます。なので、
今でいう科学者が不意に神秘主義者(本格的な)になってもなにもおかしなことではなかった
と言えるのです。
・・・神秘への参入を果たさないと理解できないことがある、問題はここですね。今の学者が
出来ないことです。

182 :本当にあった怖い名無し:2013/06/24(月) 21:15:04.12 ID:X9JnwJGc0
このおっさん来てから読む気失せたわ

183 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/24(月) 23:03:10.13 ID:WswT/kCd0
やはり沈黙しておいた方がいいみたいですね。

184 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 02:37:26.25 ID:7yweSfZ30
イデアおじさん成長したな

185 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 07:37:07.46 ID:aziJIBOf0
えらいぞイデアおじさん

186 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 11:06:01.07 ID:pLSBhCQp0
別にスレチでも何でも無いしインテリジェンスで興味深いけどな
俺は逆にイデアおじさんの書き込みが楽しみでまた最近見だしたんだけどなw

187 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 13:53:14.82 ID:VgaJanb80
イデアおじさんのレベルが上がった。
暴言をはかない、を覚えた。

188 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/06/25(火) 20:29:18.84 ID:TOiPEcLj0
ゴードン・ラグ博士のカルダン・グリル説に関しての簡単な批判は、wikipediaにありました。
最後のところです。↓

http://en.wikipedia.org/wiki/Gordon_Rugg

さらに図書館情報学の分野から、ヴォイニッチ手稿が意味のないデタラメではない
という研究結果に至った慶応義塾大学、安形麻理先生の記事です。↓

http://www.keio.ac.jp/ja/contents/research/2010/9.html

しばらく沈黙しておきます。

189 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 22:55:58.31 ID:3bhFdU9+O
銀河が渦巻き状態で書かれてるのは
すごいな
この本が書かれた時は渦巻き状だなんて
知られてなかったんだろ?

他のは何が書いてあるかわからないけど
この渦巻き状の絵は銀河のことについて書いてあるのが
一目でわかるな

190 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 23:16:02.06 ID:Y9GAruqrO
☆マークが描いてあるしな。
きっと第一章は異星の植物、第二章にはその植物が存在する星の位置が記されていると思う。
第三章はその星と地球人の関係について。

191 :本当にあった怖い名無し:2013/06/25(火) 23:23:54.93 ID:3bhFdU9+O
>>190
そうならスゲーなオラなんだかワクワクしてきたぞ

竹内文書みたいな超古代文明のことが
書かれた本なのかもな
この本に書かれた謎の文字も
神代文字の一種だったりして…

192 :本当にあった怖い名無し:2013/06/29(土) 09:47:59.60 ID:FMdlyxoLO
>>186 俺もれも

193 :本当にあった怖い名無し:2013/06/29(土) 10:24:26.04 ID:4keNBb0o0
既出かもしれんが
http://www.voynich.com/enigma/
論文?

194 :本当にあった怖い名無し:2013/06/29(土) 21:04:09.49 ID:kSTNcr2V0
自分は「記憶が2つ」の書き込み読んで初めてヴォイニッチの存在を知ったんだよね。

彼の体験談は釣りかもしれないけど、とても面白かったし興味をひかれた。

もし良かったら、彼の異世界での生活をもっともっと詳しく知りたいんだよね。それと全てわかったというヴォイニッチの謎も。

帰って来てまた語ってくれないかなぁ。

195 :本当にあった怖い名無し:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:gLxuI6Fc0
記録が二つの人が終盤に書いた、
「じゃあ、この世界は・・・そ・・g・・・・・・・ 」

「じゃぁ、この世界はかわいそうなじごくだったのか」
じゃないかと思っている。

196 :本当にあった怖い名無し:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:gLxuI6Fc0
>>195
×記録→○記憶

ヴォイニッチの本が重要な個所で何度も同じ文節を繰り返すのは、
この世界の本で重要なぶ箇所を赤文字や強調文字にしたりする事と
似ているのかもしれない。
繰り返さず強調することは紙とインクの節約にはなるだろうが、
それは単なる叫び(おらび)にしかならない。

相手に深く理解を求めるには、音楽のように静かに繰り返し強調することが必要であり
効果的だと考える文化や考え方の違いじゃないかな。
脳の仕組みの違いでもあるかも。

197 :本当にあった怖い名無し:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:dNswsgVu0
16世紀の顕微鏡の開発者であり、暗号研究家であり、植物や天文にも
詳しかったというジャンバッティスタ・デッラ・ポルタの書いた、
ヘルメス思想や錬金術に熱中してる人達へのサタイアではなかったか?
同じ頃にイギリスの劇作家ベン・ジョンソンは『錬金術師』という喜劇で
錬金術師や、彼に期待したり、利用しようとする人達を風刺してるね。

ヴォイニッチ手稿でも、デッラ・ポルタが暗号を作り、適当なイラストを
描いて随所にちりばめたw

198 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:JLSj99Oa0
ポルタはイタリアの医者で自然魔法道士というかんじでしょうか。
四体液説を基にして、人間の中に流れる四つの液体による影響が自然のなかにも見られると、
とくに動物と人間の骨相から、その性格の類似点をあげているところが特長的ですね。
イタリアは世界で2番目に古いとされるサレルノ大学がありヨーロッパでも当時、第一線を
いく医学が学ばれていました。
ヴォイニッチ手稿はイタリアはバチカンと縁の深い建物ヴィラ・モンドラゴーネで発見され
ているので、そういったポルタの著作とされる手稿がバチカンの所有する書物に含まれてい
たとしてもおかしくはないですよね。

199 :本当にあった怖い名無し:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:IuNcjSp80
ペンは剣よりも強し?とルネッサンス後期イギリスの剣術の先生も
言ったらしいが?
風刺が剣術をきっかけとして生まれる場合は良くあること。
シェイクスピア、ベン・ジョンソン、モリエール、シラノ、ロスタンなど。
ポルタも、剣術について本を書く程だったが。

200 :本当にあった怖い名無し:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:DSnVtP7LO
>>198 博学っすなあ

201 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:DIcHZHWC0
いえ、はったりです

202 :本当にあった怖い名無し:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:PwvgefBJ0
ポルタは実際に錬金術や魔術を使うという疑いの異端審問によって、投獄も
されており、彼の暗号作成の技術を行使する必要にも迫られていたし、彼の
暗号について書いた本はどこやらの王様に献呈されている。
その反面でかなりの目立ちたがり屋でもあったらしい。
ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタは、かなり有望なヴォイニッチ手稿の
書き手ではないですか?
芸術作品としては喜劇をたくさん書いたということだが。家族や内輪で
演じることを目的として書いたものだったという噂?も聞くが。

203 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:7s9Saljq0
ポルタに関しては、「自然の秘密アデミア」という研究所を自ら立ち上げたこと、
それにより、時の教皇庁から異端のかどで閉鎖を命じられるのですが、ポルタみ
ずからローマへ向かって、どんな研究をしているのか教皇を説得し研究所を維持
した、という経緯がありましたね。錬金術師や魔術道士のように見られがちです
が、彼らよりは科学的(近代、現代の)な視野を持っていたようです。
ほぼ同じ時代、多彩な芸術家にレオナルド・ダ・ヴィンチがいますが、ヴォイニ
ッチ手稿は彼の著作ではないかという研究者もいます。ポルタもまた、ヴォイニ
ッチ手稿の新たなる書き手として研究されるべきだとおもいます。

204 :本当にあった怖い名無し:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hDZulFuZ0
Tivoli Villa d'Este fountains photos - Roman Homesで検索したサイトで
見つけた写真の中の上から五段目の大きな写真(The Fontana dell'Ovato)

205 :本当にあった怖い名無し:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hDZulFuZ0
書き込みの妨害を止めてくれないかな?
俺は画期的なことを書いてるんだから。」

206 :204の続き:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hDZulFuZ0
ヴォイニッチに良く出て来る裸の女性達の水浴シーンの舞台が
下の文で説明されている。女性達はmarble nymphasとされている。
The Fontana dell'Ovato (Oval Fountain),
also called Fontana di Tivoli (Tivoli Fountain), is near the
Fountain of Neptune.

207 :206の続き:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hDZulFuZ0
The design is of Pirro Ligorio, while the
rusticated arcade of the concave nymphaeum, peopled with marble
nymphas, is by Giovanni Battista Della Porta. A visitor may walk
behind the water through the arcade (currently this is not allowed).
Above the nymphaeum you find three statues symbolizing the three
rivers of Tivoli (Aniene, Erculaneo, Albuneo), and finally the
sculpture of Pegasus.

208 :207の続き:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hDZulFuZ0
以上はgiambattista della porta=Giovanni Battista Della Portaに
非常に所縁あるfountain(泉)についての記述でした。

209 :本当にあった怖い名無し:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:PyF18rC90
>>204
英語の文章を流し読みしたんだが、どうヴォイニッチと関係あるかわかんなかったから説明してくれないか?

あと『書き込みの妨害』はお前に対してじゃないから諦めろ。

210 :本当にあった怖い名無し:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:oGoWmOpfO
http://pds2.exblog.jp/pds/1/201101/26/28/f0095128_510173.jpg

211 :本当にあった怖い名無し:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:9XFfJA5v0
要するにこのOval Fountainってのがヴォイニッチの絵と似てた、
ポルタが彫像のデザインしたってぐらいだからこの噴水を見たことがあるんじゃないか?
モデルになってるんじゃないかって言いたいのか?

わかりにくいわ

212 :本当にあった怖い名無し:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:myZH98BZ0
日本語だと『ティヴォリのエステ家別荘』って言う所の噴水らしいな。

ヴォイニッチとボルタの繋がりが確定してない内から考察しても……という感じがするんだが。
物理やってないから理屈は知らんが、川とか池の水がこんな感じの緑色になるのは普通だしねぇ……。

213 :本当にあった怖い名無し:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:Zut5Ty5P0
>>174
>アメリカのマンチェスター大学のMarcelo Montemurro教授

イギリスです。

214 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:h8+/Oe180
UKをUSAと読み間違えてしまったようです。失礼しました。


エステ荘の噴水にポルタがデザインした彫像があるんですね。ポルタはとても多才な学者ですね。

215 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:h8+/Oe180
それにしても、ヴォイニッチ手稿に関する手掛かりが少なすぎますね。
誰の目から見ても明らかな物的証拠が少なすぎて、なんとも言えないというか、
言うに言えないというか。

216 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:oeZt9PT60
ヴォイニッチ手稿がそもそもどういったものなのか、それを示し得る証拠が少なすぎる
ため、むしろその多くの謎を出来るだけ多く回収するかたちでつじつまの合う結論を出
すというのが一番いい方法ではないかと個人的にはおもいます。

217 :本当にあった怖い名無し:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:KkwxBkUH0
正解の無い問題は解けない。

218 :本当にあった怖い名無し:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:Fm/6G5kRO
改めて手稿の植物イラストをひととおり見たけど、
多くの植物の根っこに違和感を感じた。

自分もさまざまな植物を育てたり観察したけれど、
あの根っこは実物の植物を見て描いたとはとうてい思えないな。

植物にそこそこ詳しい人間が、わざとあり得ない植物を想定して描いたか、
植物に見立てて何か他の情報を描いたか。

イラストを繰り返し見ていると、根っこが人間に見えてくる。
葉が環境、そして花が精神の病理に見えてくる。
まあ、ただの感想ですけどね。

219 :本当にあった怖い名無し:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:/TzAvd9G0
>>218
確かに主根・側根はっきりしてなかったりひげ根なのに側根あったりするけど、知らない人から見たらこんな風に書くんじゃないかと思える所も多々あるんだよね。
一部人っぽく見えたから全部は否定できないけど……。

さらに時々2chでリークされてるけど葉の部分が○○に似てた!って結構あるよ。
その時その時でググってはいおしまいだからそれぞれの名前忘れたけど……。

220 :本当にあった怖い名無し:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:rQCHEOSEO
>>219
描かれた時代の文化に詳しくないので的外れかもしれんが。
なぜ、描かれたものが植物なのか?に興味があって。
植物を描くことで、手稿を見た人間にどう思わせたいのか、
未知の古い時代の古文書のように見せたいのか、
異国や異世界の博物的なそれっぽさを出したいのか、
じゃあなぜあり得ない植物を描いたのか。
動物ではダメだったのか。
ま、個人的にそのへんの謎がツボった。

無い文字無い言語無い植物、で、完全な謎を仕立てて釣りたかったのかねー(2ちゃん的な)

221 :本当にあった怖い名無し:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:TAd5EpPs0
>>220
まぁ、植物界と菌界だったら菌界の方が動物界に近いし、植物って(動物基準で)わけわかんない所多いんだよね。
ミトコンも相当変態だけど、クロロフィルもかなりぶっ飛んでるから異世界らしさを出すにはもってこいだったりするし。

生物習った大学生がこんな事言ったらダメなんだろうけど「実は植物は宇宙人でした!」って言われても俺は違和感を感じない。

222 :本当にあった怖い名無し:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:uIgnRnLP0
まあ人じゃないとは思うぞw

223 :本当にあった怖い名無し:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Zvh7MUAl0
宇宙板の宇宙は解明できたから〜ってスレで植物が人間を操ってるって考察してたのを思い出した

224 :本当にあった怖い名無し:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Vd0a9kzq0
全く関係ないけど、AVATARでも植物の電気的ネットワークが大いなる知性を持ってるって設定だったね。

動物界に属する生物は神経系を発達させるから知能が高いといわれるけど、他の種類の生物(或いは無機物でも)ネットワークを構成しさえすれば「知性」を獲得できるのかもしれない

なんの根拠もない妄想だけど

225 :本当にあった怖い名無し:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:IwHkXpYw0
まぁ自我・知性っていまだに全然わかってないからな。
色んなモノからタンパクできる事は証明されたけど、そっから知性を持ったモノってできてないし。

AIの方もチューニングテストはあるとはいえ、真のAIの条件は?って聞かれたら「我思うゆえに我あり」って答えるしかないしね。

226 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:BwqLdXht0
興味深いです。

227 :本当にあった怖い名無し:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:Xj2OBzYp0
拡大解釈すれば、生態系・環境・宇宙そのものもひとつの巨大な知性と捉えられなくもない。

統合的システムそれ自体のことを知性と呼ぶのもロマンチックね。

228 :本当にあった怖い名無し:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:Gr8tCvru0
ユングの集合的無意識だな
人間、動物、植物、鉱物ですら一つの意識と繋がっているらしい
人間の行動は受動的意識仮説により自動で動いてると言われている
現在の人間達は誰かにとって都合のいいプログラムで動かされているが古代の人類は集合的無意識みたいなのに従って平和に過ごしてたんじゃないかな
縄文人とか凄い平和な暮らしをしてたみたいだ

229 :本当にあった怖い名無し:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:E8TplRug0
>>228
一応集合的無意識って否定されなかったっけ?

後縄文時代が平和だったのは世界が狭かったからだろ?
ドラクエで村から二歩出て戻る間に敵に遭遇しない確率と、世界一周してる間に一度も敵に遭遇しない確率を考えればおk。
あと『盗む』とか『争う』って概念自体無かったろうしね。

230 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:0IcYNPWl0
ミトコンドリアは確かに興味深いですね。それ自体でDNAを持っていて、細菌らしきものが
ある頃から動物の真核細胞に入りこんで共生状態となりました。細胞内において大変に重要な
役割(ATPの生産、カルシウムの濃度の調整、アトポーシスなど)を果たしており、リケッ
チアと呼ばれる細胞内(宿主の)で増殖する編成細胞内寄生体に類似するバクテリアであった
とされます。もちろん、植物にも存在しています。
ミトコンドリアに人間の生理現象がたいへんミクロの世界で支えられていて、ミトコンドリは
何処から来たのでしょうかね。

231 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:0IcYNPWl0
不思議ですね。

232 :本当にあった怖い名無し:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:IdNLLqtf0
ミトコンドリアの祖先とされてる嫌気性細菌は見つかってるみたいだけど、現存してないらしい。ソース無くて済まない。

233 :本当にあった怖い名無し:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:HZ/Sgtk10
>>230
ミトコンとクロロフィルの人工合成ができれば地球制覇も余裕だしね。
共生説が出た後に「ミトコンは宇宙から降ってきた」って説も出たくらいだし。(まぁこの説は100%嘘だけど)
あと、ミトコン調べるならクロロフィルも調べた方が良いよ。あいつらの方が古いから。

>>232
むしろ生き残ってた方がびっくりだよ。
まぁ拡大解釈すればいま生きてる原核生物が祖先って言えなくもないけど……。

234 :本当にあった怖い名無し:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:35z1hCOp0
根から窒素吸って、葉緑体でブドウ糖合成して、ミトコンドリアでブドウ糖と酸素でエネルギー産生してって具合に生存が自己完結して捕食のために動く必要ないのが植物だからな
植物はその意味では進化しきった生物

235 :本当にあった怖い名無し:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:0uCNChYr0
>>234
つ『独立栄養生物』
植物は光合成だけど、化学合成で生きてるやつもいるから完結してるのは植物だけじゃない。
まぁ、地球で一番はびこってるのは植物だろうけど。

植物(正しくはクロロフィル)が一番トチ狂ってるのは超効率よく光エネを化エネに変えてる事。
専門じゃないから記憶があいまいだけど、確か27℃・光の量が日本の春位って条件ならCO2濃度5%とかでもまだ光合成の余力残ってんだぜ。

236 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:h24JchvK0
クロロフィルは光エネルギーを吸収して、電子(e-)を放出しそれにより水を分解して
酸素と水素ができます。その過程でNADPHとATPが合成され、カルビン回路により二酸化
炭素と水を使って糖が合成されるというわけです。二酸化炭素を吸収して酸素をつくり、
また生物界のエネルギーの下支えさえも、植物の葉に含まれるクロロフィルが行っている
ことになりますね。

237 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:h24JchvK0
ある意味、多機能なミトコンドリアに比べてより原始的なかんじのクロロフィルです
が、このクロロフィルの持つ、ある光の波長を当てると励起電子(e-)が出てくると
いう性質がなければ、必要な化学合成が行われないわけで、そるなると地球はかつて
赤土だらけの生物の存在しない枯れた星だったかもしれません。イデアおじさんもそ
んなに詳しくはありませんが。

238 :本当にあった怖い名無し:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:msYqxjAK0
>>237
クロロフィルが原始的ってそりゃ古いからね。
今現在推測されてるおおまかな地球史としては
地球誕生→水(海)誕生→有機物誕生→生命(原核生物?)誕生→クロロフィル誕生→
→酸素大発生&オゾン層形成→酸素で多くの数の生物が死亡→ミトコン誕生→真核生物誕生→(以下略)
だからね。
陸上に植物上がるまでは火星みたいに地球も真っ赤な星だと思う。
クロロフィルのまき散らした毒からエネルギー作るとかミトコンマジ変態すぎるだろ……。

ちょっと聞きたいんだけど、俺もトリつけた方が良い?

239 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:ClvKQAKV0
地球上にかつて酸素がほとんど存在しなかった時代に最初の生命となる、バクテリアなどが
誕生しましたが、そののちクロロフィルの誕生を待って酸素が多く供給されるようになると、
そうした最初の生命は死滅し酸素を利用出来るものたちが繁栄していったということですね。
>232からすると、かつてミトコンドリアは嫌気性細菌であったということですが、いつの間
にやら好気呼吸が出来るようになっていて、それによりATPなど合成出来るようになったとい
うことでしょうか。ミトコンドリアにもそのDNAにそれぞれの種が存在しているようなかん
じがします。ミトコンドリアのある種がそうした進化を遂げたということでしょうかね。
トリはつけることをお薦めします。

240 :本当にあった怖い名無し:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:iqso3Wxs0
>>239
申し訳ない、とんでもない書き違えをしていた。ミトコンドリアはどう考えても好気性ですね。すみません。

生物系でもない奴の戯れ言なので鳥付けるまでも無いと思いました。


私が疑問に思っているのは、ミトコンドリアがある種の好気性細菌から派生したものだとして、その好気性細菌の子孫か末裔が発見されていないだろうかと言うことです。

241 :本当にあった怖い名無し:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:iqso3Wxs0
>>239
申し訳ない、とんでもない書き違えをしていた。ミトコンドリアはどう考えても好気性ですね。すみません。

生物系でもない奴の戯れ言なので鳥付けるまでも無いと思いました。


私が疑問に思っているのは、ミトコンドリアがある種の好気性細菌から派生したものだとして、その好気性細菌の子孫か末裔が発見されていないだろうかと言うことです。

好気性細菌と言えども、当初は栄養吸収によって生活していたはずです。
貴方の仰るようなATPを介した酸素呼吸を獲得するプロセスを私は知らないのですが、もしミトコンドリアの子孫のようなバクテリアが存在するなら、その進化過程もハッキリするのではないか、と考えています。

242 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:/O6s2Maa0
ある種の好気性細菌からミトコンドリアが生まれて、その末裔が現在に生きているとしたら、
ミトコンドリアの進化の過程がわかるかもしれませんね。
ミトコンドリアは人間のまたその他動物、植物の細胞の中であまりにも活躍しすぎている気が
しますが、ミトコンドリアは一体何処からやってきたのでしょうか。ミトコンドリア・イブな
ら知っているかもしれませんね。
それにしても、クロロフィルの緑色とヴォイニッチ手稿、裸婦の水浴するプールのような液体
様の色はよくて似ています。

243 :本当にあった怖い名無し:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w94yp+510
え、なんでミトコンドリア・イブがそんなこと知ってるの?

244 :238 ◆BYSbcy0KoQ :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/TXoKdHR0
>>238です。トリつけました
(自分から振っといてアレですが)ヴォイニッチスレなのに自分とイデアおじさんさんによる生物学トークスレになってるけど良いのだろうか……。
そして何となくそろそろ終わりそうな予感がする……。

>>239
『地球上に〜ということでしょうか。』の部分は大まかに言えばイエス。
重箱のスミをつつくような話だけど
最初の生命が死滅→全滅はしていない。酸素が無いエリアで生き残ってた連中が真核生物ズの祖先。
ミトコンがATPを合成できた→ATP自体はその前から作ってエネルギーにしていた。(嫌気呼吸)
               ミトコンが変態なのは毒を克服したのもあるけど、嫌気呼吸の20倍近い効率で無駄なくATPを量産してる所。
               例えて言うなら初代ファミコンの次にプレステ3来る位の技術革新だよ。

色んな種のミトコンがいるのでは?とのことですが、それについては『多分違う』というのが今の所の回答。
確かに生物ごとにミトコンドリアDNA(以下mtDNA)に差はありますが、高等生物に関してはほぼ一緒。
一部の下等生物と比較するとものすごい違いがあるように見えますが、エネルギー合成以外の部分を削ってったと考えれば中身はほぼ一緒です。
多少の違いも共生してから変異が起こったと考えれば納得できる程度の変異しか起こってないので『どれも元は同じだろう』というのが今の所の考え方。

生物種がいつ別れたかわかんの?と思うかもしれないけど、分子時計があるからそこらへんは大丈夫。
努力と根性と確率論で無理矢理たたき出してるだけだけど……。

245 : ◆BYSbcy0KoQ :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/TXoKdHR0
>>242
まずミトコンの末裔との事ですが、コレばっかりはわからないとしか…………。
人間が調査した場所なんて地球のほんの上澄みな上に未発見の生物が多すぎる以上はなんとも。
ただ、共生前のミトコンがそのまま残ってる確率は限りなく低いのと、
今残ってる原核生物の大半が超ニッチ使用のプロフェッショナルなので希望はあんまり抱かない方がいいよとしか……。

最近ブームの古細菌ズも怪しいっちゃ怪しいけど、アイツら元真核だからなぁ……。

ミトコンドリア・イヴですが、これは
「ミトっちゃんって卵経由でしか子孫に伝わんなくね!?」
「ってことは全人類調べてったら人類の始まりわかるんじゃね!?」
『約束の地キタコレ!!』
って調べてったらアフリカにたどり着きました。
「まぁ、ミトコンドリア学的にこの人が人類の始まりって事で良いよね?」
『おk』
「人類の始まり&メス=イヴって事で、彼女の名前はミトコンドリア・イヴでおk?」
『おk』
って言うだけなので、最初のミトコンドリアとかそういう意味は無いですよ。

書いてて一瞬、この方法を全生物に対して使えばオリジナル見つかるんじゃって思ったけど、いわゆる原生生物界がカオスな以上絶望的か……。
後サンプル数。

連続投稿な上に駄文で長文で申し訳ない。

246 :本当にあった怖い名無し:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RCTxP0R60
てst

247 :本当にあった怖い名無し:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RCTxP0R60
流れを無視してごめん
他の人が書いてるみたいに高度なものではないけど・・・

反キリスト教関連の書物なの?
上部に描かれてる何かの実みたいなやつ、松ぼっくりみたいだと思って色々調べてみた。

松ぼっくりはイタリア語で「ピーニャ」と言い、豊穣や繁栄を表すバチカンのシンボルらしい。
世界共通かはわからんが、形が似ていることから睾丸という意味もあるそう。
バチカン美術館に「ピーニャの中庭」という場所があり、そこに馬鹿でかい松ぼっくりのモニュメントがある。
今はバチカン美術館にあるけど、元々はサンピエトロ大聖堂にあったものだそう。

過去ログで、女の腹がふくらんでいるところから妊娠しているのでは?という書き込みを見た。
なので、ピーニャをキリストの睾丸(精子)か何かに見たてているのではないかと。
泉の女達はいわゆる、マグダラのマリア(娼婦)的な位置づけで。

>>198にも発見された寺院がバチカンと縁のあるところと書いてあったから
やっぱりキリスト教関連のものかと思った。

248 : ◆BYSbcy0KoQ :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/4bFXZQ10
自分でも言ってるけど、厳密には俺の方がスレチなわけだから>>247は気にしなくていいんだぜ。

>>247
・反キリスト教なの?
何書かれてるかが全くわかってないからそれすらわかんない。
(ここや元スレの記憶が二つみたいに読めたって人はそこそこいるけど、とりあえずそれは保留という事で…)
一応「反キリスト教ならそれなりのメッセージが何かあるはず→でもこれは何も読めない→という事はキリスト教とは関係ない?」というのが今現在の見方。なはず。
まぁキリスト教徒の方々にしてみれば自分達以外は悪だから反キリスト教の本とも言えなくない。
どっかで「作者が迫害される覚悟で勇気出して書いたって書いてある」って言ってた気がするけどソースは忘れた。すまん……。

あと『松ぼっくりみたいなイラスト』って>>1の中にある関連サイトの一番上にある写真wikiの中にある『f11v』の事でおk?

249 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:0X/2b3Oo0
イデアおじさんの初心者的ミトコンドリア観、失礼しました。
なるほど、ミトコンドリアにはそれほど種は存在しておらず、植物や動物、人間のミトコンドリアも
ほぼ同じもの(種)であろうということですね。それにしても、いつごろからミトコンドリアがその
他生物の細胞へと共生状態に入ったかは興味深く知りたいところですね。
ヴォイニッチ手稿に描かれている裸婦はもしかしたら、ミトコンドリア・イヴで、ミトコドリアがい
っぱい入った浴槽につけらえて直接、宇宙人たちによって体内に入れられている図だったら面白いで
すね。SFチックで可能性はかなり低いでしょうが。

250 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:0X/2b3Oo0
>247
 松ぼっくりに似たものが描かれているということですね。その松ぼっくりがバチカンの
シンボルということで豊穣や繁栄を意味するということですね。それがキリストの睾丸も
意味しているのではないかということですが、個人的にたしか教会建築のファサードにタ
ンパンと呼ばれる半月形の部分がありますが、そこに聖書の一場面を表した彫刻を見ます
が、そこに大股開きのイエス・キリストがいて一物もそのままあって、イエス・キリスト
の種から我々が繁栄したという種類の図像があったはずです。ネットから探してみました
が探せませんでした。

251 :本当にあった怖い名無し:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RCTxP0R60
>>248さん
色々とありがとうございます!

>どっかで「作者が迫害される覚悟で勇気出して書いたって書いてある」って言ってた気がするけどソースは忘れた。すまん……。
自分もこれをどこかで見たのですが思い出せないんです・・・
松ぼっくりみたいなイラストは『f78r』の事を言ってました。
『f11v』は見てませんでした。こっちの方が松ぼっくりっぽいですね。

252 :本当にあった怖い名無し:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RCTxP0R60
>>250さん

すみません、リロードしていませんでした。

そうです!文章書くの苦手なのでちゃんと伝わってよかった。
今しがたファサードのタンパンこちらでも見てみたのですが、そういった場面のものは同じく出てこなかったですね。
松ぼっくりを調べていた時に、偶然バチカンのピーニャの庭に関連するものを見つけただけで
確固たる理由も証拠もないのですが・・・なんとなくそんな感じがしまして。

キリストの種(精子)=植物の種に通ずるところがあるのかなと思ってました。

253 :本当にあった怖い名無し:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:DCtEuCdB0
俺の友人に手稿を見せたら、意味がわかるかもしれないと言っているんだが。

詳しくは話せないから今度会って話したいとのこと。

254 : ◆BYSbcy0KoQ :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:EKc5UWaC0
>>249
種の定義に関する問題も含んでるんでアレですが、ミトコンドリアは種としてはどれも同じはず。
ちょっとの違いっていうのは白人・黒人・ストレート・天パ・ドレッドヘア・黒髪・金髪とかっていうレベルの違いです。
まぁ、チワワからブルドッグまで全部同じイヌって言いきってる現状に抵抗なくも無いけどさ……。

いつミトコンが共生したのか?に関しては原核生物と真核生物の間としか言えません。
それが具体的に何年前なのかはまだわかっていませんが、コレだけははっきりしています。

ミトコン宇宙人説に関しては100%ありえません。
ミトコンとそれ以外に多少違いがあるとはいえ、それ以上に共通部分が多すぎるのでミトコンも原核生物も由来は一緒です。
いくら変態ミトコンとは言えセントラルドグマの中にいる以上、ミトコンとそれ以外は(ついでにクロロフィルも)全部祖先は同じです。
(仮の話だけど『地球に生物or有機物を持ち込んだ奴がいて、そこから進化したのが今の地球生物』だとしたらミトコンは宇宙人といえなくもないのだろうけど……)
(でも原始地球環境からアミノ酸とかは作れてるし、異星人輸入説の確率は低かったり)

ミトコンドリアじゃないですが『星を継ぐ者(J・P・ホーガン)』というSF小説をすすめます。

255 : ◆BYSbcy0KoQ :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:EKc5UWaC0
>>251
『f78r』確認してきました。

確かにこれも松ぼっくりっぽい…………。
開ききって落ちる前のヤツにスゲェ似てると俺も思うわ。
でも、そこから何が出てるのか?とかこの人たちは?ってなるとまったく意味が分からないよな……。
その下のパイプみたいなのが神経っぽく見えるけど、植物って神経無いしな……。
(プール:神経細胞・パイプ:ランビエ輪って具合に見えたけど、向きが逆だしね)

256 : ◆BYSbcy0KoQ :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:EKc5UWaC0
連投になって申し訳ない。

>>253
友人の話が終わったら報告頼むぞ!
友人共々身の安全第一で頼む。

あとできればでいいから録音機材もってってくれ。
ネットに上げなくても、もってく所持ってったら証拠になるはずだし……。

257 :本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:vujS7V0J0
>>256
了解した。
録音しておいて、興味深い内容なら上げることにしよう

おっと誰か来たようだ。

258 :本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:gGc3lj3S0
>>257
出ちゃだめー!!

259 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:slTx2UWr0
もちろん、249で書いたのはイデアおじさんの楽しい想像以外のものではありません。
それにしても、ミトコンドリアはおもしろいですね。

録音興味深いです。

260 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
録音出来なかったのでしょうかね。

261 :本当にあった怖い名無し:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:EzmrTTgO0
>>260
すみません、8月末になると思います

262 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
語ることが出来ることと、語ることが出来ないことがありますね。
表現がむずかしい、とかそういうことではなくて、
語ることが許されていないとか、そういうことです。
ヴォイニッチ手稿は、天使の言葉に間違いないとおもっています。
時宜を得て話しますが、これはまだ人間がその内なるロゴスを見つめることが
出来た時代に賢人の中の何人かが理解できたという種類のものだとおもいます。

263 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
ヴォイニッチ手稿と縁の深いルドルフU世皇帝の宮廷には、いろいろな珍奇な物品や
魔術師たちが集まりましたが、そのなかには、天体物理学の先駆けとされるヨハネス
・ケプラーなどもいました。ケプラーは数学的な裏付けから、古典物理学へと繋がる
独自の惑星論を提唱し、あの時代のもっとも科学的な人物だと言えるとおもいます。
ヨハネス・ケプラーはこんなことを言っています。何故、われわれの知る楕円という
図形を天空に描いたとき、それがある星の動きと同じものになるのか?と。

264 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
現代の科学や物理学やその他の学問がその分野を細分化し、おおくの専門領域が生まれましたが、
それはある外界の事象を細かく観察分析していく過程で起こってきたことだと言えます。さまざま
な自然現象を観察し、そこにある法則を導き出し結論を出していくわけですが、上述のヨハネス・
ケプラーの言葉は、そういった法則がまずはわれわれの内側に最初から存在している、ということ
を示唆していると言えるとおもいます。これを、昔の哲学者たちはロゴスと言ったのです。このロ
ゴスがキリスト教の登場によって、われわれの使う言葉と同一視されていく過程についてはわたし
は自分のブログに書きました。

265 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
プラトンが自ら設立したアカデメイア(哲学学校)にまずは幾何学(数学)を知らないものは
入学を許さなかったというのは、この数学、数字による計算がある自然やこの世界の理を説明
するということに関して、そのことを理解できないものはそれゆえに自らの内なるロゴスも感
じることも見つめることも出来ないはずだという理由があったはずです。このロゴスというも
のを、直接のうちに観相出来る(出来た)古代の賢人たちがわれわれの現在使っている言葉と
は違う感覚でなら、ヴォイニッチ手稿は読めたかもしれません。

266 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
言葉足らずで、イデアおじさんも歯痒いのですが、時宜を得たらもっと丁寧にヴォイニッチ手稿が
どういったものか説明出来るとおもいます。もうすこし時間が必要です。

267 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:at1QVayP0
もちろん、こうしたイデアおじさんの理論理屈ばかりではなく、ヴォイニッチ手稿にもともとある謎を
解決しながら、つまり、そのように辻褄を合せて誰もが分かる俎板にのせて、話していくとおもいます。

268 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:i0CIecLp0
また、しゃべりすぎましたね。失礼しました。

269 :本当にあった怖い名無し:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:6PzA37X60
♪てれれれってってててー♪

イデアおじさんのレベルがあがった!

レベル3に なった!
     ▼
かしこさが 1ポイント あがった!
ちからが 2ポイント さがった!
すばやさが 1ポイント あがった!
さいだいHPが 3ポイント さがった!
うんのよさは これいじょうさがらない!
     ▼
とくいわざ 「すぐにキレる」を わすれた。
とくいわざ 「スルー」は まだおぼえていない。

270 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Mqa07/FW0
ボーカロイドによりヴォイニッチ手稿を題材にして曲を作っている方がいるみたいです。

[巡音ルカ]異世界に行った話[オリジナル]
ttp://www.youtube.com/watch?v=2fCXggDDbfE

すごいです。

271 :本当にあった怖い名無し:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:hx0ygLdk0
いひひ
おもしろいね
何度見てもあの「顔」はずるいと思う

272 :本当にあった怖い名無し:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:29+LcMH0O
イデアおじさん☆に期待しとるぜ。
俺は体感系だから手稿のあの不気味さに近づき難い何かを感じる。
気になるんだが近づけん。
だからイデアおじさん☆の知的解析に期待。

273 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:NoKBE5Z00
発言出来ることと、出来ないことがありますね。
話してしまうと狂ってしまったり、もしくは死んでしまったり、
ということです。
ミュートスというのがありますね。ロゴスの反対の意味を持つとされますが、
このミュートスは語ることが出来ないものを、物語という形に粉飾し、仮託して
話してある、ということです。昔の人も語ることが出来ることと、出来ないことがある
のを勿論、知っていたのでしょう。だからこそ、ミュートスが出てきたと言っていいと
おもいます。ミュートスとはすなわち、神話のことになります。

274 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:NoKBE5Z00
中世の錬金術師たちが、暗号という方法を用いて自ら知り得た秘密を後世の人に
残そうとしたのも、この語ることが出来ない、という事情があるので、ぱっと見
ても解らないカタチにしておかないといけなかった、ということだとおもいます。

275 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:NoKBE5Z00
>156で『神狩り』という小説とその内容を教えてくださった方がいますが、
まさにあの通りです。勿論、わたしはあの小説を読んでヴォイニッチ手稿
にあてがっているわけではありません。偶然ですが、あの小説の通りだと
おもいますね。『神狩り』とは、またなんとバチ当たりなタイトルでしょ
うかね。
アーメン。

276 :本当にあった怖い名無し:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:OgFjngEX0
こういう事に色々ツッコむのは野暮だけどツッコませてくれ

キリスト教の教義・伝説は大半がでっち上げだぞ
俺もイエスが良い事言った事は否定はしない(むしろ肯定する)が
イエスの教え=キリスト教の教え
は成り立たないぜ
むしろ敬虔なキリスト教徒ほどイエスの教えに背いている人間はいないぞ

まぁ旧約の方はいざしらず、新約聖書ほどバカバカしくぶっ飛んだ電波小説はこの世にないしな


もちろん、日本では宗教・思想の自由がある以上誰がどんな考えを持とうとも自由ではある
が、個人的にはキリスト教的な教えに賛同しない方が良いですよ
まぁ言い方は悪いが、こんな所にいる時点で傍から見れば俺も同じなんだろうけど……

277 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:MNb0pN4k0
聖書は勿論、科学書や歴史書などではなくまずは信仰の対象ですよね。
信じる者が信じればいいということです。もちろん。
上述のことは、すべてわたしの見解ですので一個人のもので、押しつけるつもりはないです。

上述のこととは全くべつに、またヴォイニッチ手稿が楽譜ではないかという説に興味があります。
ヴォイニッチ手稿楽譜説はぜひ一度調べてみたいとおもっています。

278 :本当にあった怖い名無し:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:TSoKS38/0
単なる思いつきだけど、楽譜以外にも例えば化学反応式とか数式みたいに、「一定の文法構造を持っているが、生活言語ではない記述形式」ってあると思うんだ。

例えば40近くあるヴォイニッチのアルファベットが、数式やある種の論理式の様に用いられているとしたら、奇妙な文法や同単語の連続等にも説明がつくんじゃないか。

279 :本当にあった怖い名無し:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:bO3impri0
そう言えばヴォイニッチ語楽譜説は結構前からあるよね

でも表音文字を解読するならロゼッタストーンにあたるものが無いと地球言語に訳せなくね?と思う

280 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:Oml7+/7A0
ヴォイニッチ手稿が制作された時代には、ハープやリュートといったような弦楽器が馴染み深い楽器ではなかったかとおもいます。
そうした弦楽器をつかった楽譜として演奏記号やコード、その楽器の奏法などが指示されて書かれているのかもしれないですね。
現代にもあるギターのような弦楽器でもある程度奏でることのできる、解放弦とかアルペジオといったような奏法とともに、コード
進行のようなものが書かれていると解釈出来るかもしれないです。
個人的に思ったのは、仮に楽譜だとしてその楽譜がこれまでヴォイニッチ手稿を言語として見たときの言語としての文法構造に類似
したものを持っているかという点です。ヴォイニッチ手稿はこれまで多くの学者によって、その精緻なまでの言語としての構造が指
摘されているので、出来るだけ言語にちかい文法構造のようなものを楽譜が持っていないといけないという気がします。
でも、どうでしょうかね、例えばメジャーコードやマイナーコードといったような明るさや暗さ、微妙な感情の機微、物語のような
曲の展開等など、その曲の持つ部分の構成においてそれぞれのコード進行に類似が見られたり、なんらかの言語に似た構造は分析次第
では出てくるのではないかとイデアおじさん自身としてはおもいます。ですが、それも相当洗練されたカタチを提示しないと研究者た
ちは納得しないかもしれないなとはおもいます。興味深い説のひとつとしてイデアおじさん個人としてはみています。

281 :イデアおじさん☆ ◆zbRyxr8xxg :2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:3BILXjjs0
16世紀のイタリアの自然魔法道士、ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタを紹介してくれた方が、
ティボリのユネスコの世界遺産に登録されているエステ家別荘の庭園も紹介してくれましたが、
エステ家の噴水といえば、リストの曲に同名のピアノ曲があるみたいです。
ここで、たまたま見つけた癒しの一曲を紹介します。

フランツ・リスト 「巡礼の年第3年」から「エステ荘の噴水」です。

ttps://www.youtube.com/watch?v=TOSyj_ZerGM

282 :イデアおじさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:q2H0z3Ya0


283 :本当にあった怖い名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:tJBf0Fv5O
やっぱ時代背景から勉強せんと正しく理解できねーな俺
勉強してくるわ

284 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:ewalDpMY0


285 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:TRoDd67N0


286 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:J1S2Uef20


287 :本当にあった怖い名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:jXaKQmKqO
アクキン?(-_-;)

288 :本当にあった怖い名無し:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:aJVpByPCO
ヴォイニッ(挨拶)

289 :本当にあった怖い名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:0lBO/WaPI
本当にあいつムカつくわー。マジ氏ね!氏ね!
ムカつく!ムカつく!権力で迫害すんなボケ!
あ、そうだ。神秘的な絵とか横に書いとけばこれ予言書っぽく見えるかな?
将来これが発見されたらアホどもがこぞって解読に勤しむんだろなww
ざまぁww 仕事の愚痴しか書いてねーよww

こんなもんだったらどうしよう。

290 :本当にあった怖い名無し:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:5CIeUmLO0
ヴォイニッチアパート
http://livedoor.blogimg.jp/sekaiminzoku/imgs/3/6/36553ef1.jpg
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/29979340.html

291 :本当にあった怖い名無し:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:cMV2ILLh0
ヴォイッス!(空腹なう

292 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:MBYmjaib0
さて、ヴォイニッチ手稿は決して誰の解読も退けてきましたが、
そのヴェールを脱ぐときが来ました。
イデアおじさんが考えるにこの手稿は二重の構造になっています。
すなわち、人造言語+簡単な暗号という仕組みです。
これまでの研究者たちは、どちらかかで考えていたと思います。
ですが、どちらもだとおもいます。

293 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:MBYmjaib0
アクセス禁止が解けましたね。
イデアおじさんが考えるに、この人造言語の方が天使の言語に当たるだろう
とおもうのです。これは人類のすべての言語の祖形とも言うべきものだと思
います。そんなに難しい発想ではないのです。
天使の言語(イデアおじさんが考える)が一体、どのようなものか、という
ところまで、案内したいとおもいます。そして、現われ来る天使の言語の壁
のところでイデアおじさんの解読は終わりです。解読出来ないのです。

294 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:MBYmjaib0
この解読出来ないという言葉はたいへん意味深長です。おそらく、後のどんな学者であろう
ともこの天使の言語は解読出来ません。たとえ、言語に関わるどんな学者たちが集おうと
も、この言葉は理解出来ないことでしょう。ものすごく偉そうにもの申しますが、言葉とい
うロジックに囚われその窓からしか見ることの出来ない学者には最初から不可能な代物にな
っています。
後の説明はとても長くなりますので、近日中にわたしのブログにて公開する予定です。
イデアおじさんなら、なんとか数行は出来るかもしれません。ですが、そうです、解読出来な
いみたいですね。あきらめました。

295 :本当にあった怖い名無し:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:llPP0CDW0
ブログのURL教えて

296 :本当にあった怖い名無し:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:s0Prw65s0
イデアおじさんはなんとなくハゲてる気がする

297 :本当にあった怖い名無し:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:XkD9C9BBi
イデアおじさんがいなくなるとスレが落ちてしまいそうな気がするんだが大丈夫なのか

298 :本当にあった怖い名無し:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:+b7VHYK50
あたま使い杉

299 :本当にあった怖い名無し:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:4rt3id6k0
>>295
ググったら出てくるよ。ヤフーブログだった。

300 :ねあふか ◆caEYoRFsy6 :2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:yUnijVuE0
暇つぶし

12あるけど時計ではないと思うよ。多分、1年だね。これは致命的。この世界の話かな!
そうなると、どの言葉がどの文字に対応しているのか解けたりして・・・。
自分はあんまり興味がないけど、暇な人は大文字・小文字から解いてみるのも一興かもしれないね。
cdn53.atwikiimg.com/jikuunoossanmatome/?cmd=upload&amp;act=open&amp;page=%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E6%89%8B%E7%A8%BF%E3%81%A8%E3%81%AE%E7%B9%8B%E3%81%8C%E3%82%8A&amp;file=%E9%A2%A8%E8%BB%8A%E3%81%AE%E7%B5%B5.jpg

301 :ねあふか ◆caEYoRFsy6 :2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:yUnijVuE0
>>300
あ、ちなみに星の数(★)は書いた人間の時間の長さだと思うよ。
音がなんなのかは分からないけど、最初の文字が主音で その後が子音になっているのでしょう。
「か」になるためには 「K と a」のようなもの。
大文字の前の○などは大文字とセットの主音なのでしょうね。日本だとあかさたなはまやらわですよね。
ただ、音は自分でも分からないですね。なんとなく聞いたとしてもあっているのかどうかはわからないです。

302 :ねあふか ◆caEYoRFsy6 :2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:yUnijVuE0
>>300
3行ある円環の一番上は多分、行事に関すること。2行目から下は植物の植え付けに関するものですかね。
2行目は大まかなもので、3行目は月ごとに細かく分けているのではと思います。
ちなみにSOGとかSO4みたいに見える文字は、何々との「と」の部分だと思います。

暇があるなら解いて見てください。がんばればいけそうでしょ!
自分は解いても意味がなさそうなので暇な時にまた見に来ますよ。

303 :本当にあった怖い名無し:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:jGnoP0Hr0
見てみた。
絵に関しては、はっきりヘタクソだと断言できるレベル。
何となくヘンリー・ダーガーのうっすらとした狂気というか
猟奇性と共通する幼さのようなものを感じる。

文章の方はそれに比べると神秘的だが…いざ解読してみたら、キチガイが
フルパワーで書いた妄想戦記でしたなんて事にならないといいと心から願う。
謎のままでもいいかもね。

304 :本当にあった怖い名無し:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:d1q5vG+v0
遺伝子情報(DNA)と文字が対応する様に書かれているのでは?
と直感がありました。

305 :本当にあった怖い名無し:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:F6Mlxz500
遺伝暗号はATGC四種類だしなぁ
アミノ酸なら20種類だったか、それでも余っちゃうな

306 :本当にあった怖い名無し:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:Zm+J7hK3O
>>294
blog見つけた
読むからがんばれ

307 :本当にあった怖い名無し:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:B/eW+Wgb0
Amazon.co.jp: 幻詩狩り (創元SF文庫): 川又 千秋: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4488726011

1948年。戦後のパリで、シュルレアリスムの巨星アンドレ・ブルトンが再会を約した、名もない若き天才。
彼の創りだす詩は麻薬にも似て、人間を異界に導く途方もない力をそなえていた…。
時を経て、その詩が昭和末期の日本で翻訳される。そして、ひとりまたひとりと、読む者たちは詩に冒されていく。
言葉の持つ魔力を描いて読者を翻弄する、川又言語SFの粋。日本SF大賞受賞。



また懐かしいSFが再刊されたそうなので紹介するよ
暗い日曜日みたいな話だった気がするが読んだの四半世紀前なので記憶がおぼろげだw

308 :本当にあった怖い名無し:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:twzUtlde0
5,000年前のボードゲーム、トルコで発見 ≪ WIRED.jp
http://wired.jp/2013/08/16/ancient-game-tokens-found/

309 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:YH706fD70
イデアおじさんのブログにて、順を追って説明している最中ですが、
みなさん肩の力を抜いて読んでください。
また、イデアおじさんが言いたいこと、推測したことはこういうこと
じゃないか、というようなわたしを出し抜くような発想に辿りついた
という方は是非、わたしのブログのコメント欄に書いてみてください。
そのほうがきっと楽しいですね。おねがいします。

310 :本当にあった怖い名無し:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:q5aXDEI00
イデアおじさんのプロフィールに書いてある
年齢見てビックリした
これからはイデアおにいさんと呼ぶよ!
(もしくはイデアアニキ)

311 :本当にあった怖い名無し:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qtxn3MxmO
>>310
うむ。俺からしたらイデア小僧だぜ

312 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:HrRypxNa0
イデア小僧・・・ありがとうございます。

313 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:bwCaort20
イデアおじさんのヴォイニッチ手稿の仮説も佳境を迎え始めていますが、
まだ先があります。なので、なにか分かったという方や、イデアおじさん
の考えていることは、こういうことだとおもう、という方は是非コメント
をしてください。
結論はそんなに難しいことではないとおもいます。(すくなくとも、idea
おじさんの仮説においては)

314 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:jUBcDu2p0
在野の人でも、なにか頑張って解読している人も居るには居るみたいなんだけど、
なんの答えも見つかってないみたいです。何十年も研究しているみたいですね。

315 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:jUBcDu2p0
ふふふ、本をいっぱい読んだら解っていることがどんどん少なくなっていくという逆説に陥るみたいですね。

316 :本当にあった怖い名無し:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:gGl098J+0
時空のおっさんまとめをみてて、記憶が二つあるんだがの
「神なんて想像上です。
リンゴなんてありませんよ。すっごく似た果物はあります。
しょうがないから少し話します。
すっごく似た果物は俺の記憶上、この前までいっぱいありました。
たぶん、今でもたくさんあります。
でも、毒があります。
毒蛇こわいですね。
以上。」
を16進法に変換してから16進法にしたら「Infinity」って出たけど、既出?

317 :本当にあった怖い名無し:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:9BDFaUYLO
>>316
おいおいkwsk

318 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:SaZjF+6c0
面白いですね。
「エデンの園」もイデアおじさんとしては、
ヴォイニッチ手稿に関係しているとおもっています。

319 :ねあふか ◆caEYoRFsy6 :2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:yfp+qROM0
イデアおじさんのブログを読みましたよ。
ヴォイニッチ手稿に関する歴史や重要人物、話がいくつも出ていましたね。
まだ、結論までには道のりが長そうですが気長に時々覗いてみようと思います。

320 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:+OU6bPgZ0
そうですね、あともう少しありますので、
最後のところを読んで遡って読むのもいいとおもいます。
もしも、間違っているところなどあったらコメントください。

321 :本当にあった怖い名無し:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:EQq3UrL50
>>316
おっさんスレの方の書き込みだよな

本人は間違いだったって言ってるけど、どういう操作を行ったか知りたい俺がいる

322 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:hcQfLzJu0
わたしも直感は大切だとおもいます。
ひきつづき、他の方の説や意見も聞いてみたいです。

323 :本当にあった怖い名無し:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:tfAyTVRqi
これ読む限りだとどうもエネルギー的な世界があるみたい

324 :本当にあった怖い名無し:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:tfAyTVRqi
で、まあがっかりしないでほしんだけど、個性なんて無いんだと、

あの絵のとおりみんな一様な存在で命の価値なんて無い

我々は歯車にすぎないんだと

325 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:uvA64N4y0
>>318
裸の男女とか外枠世界とか禁忌を犯すとか聖書に書かれてることと被るんだよな。
記憶がふたつある人のまとめね。
http://chikatomo.doorblog.jp/lite/archives/29923706.html

326 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:GnEyFDiz0
なんで日本語でかかねーんだよ…

327 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:r4TAFfQj0
解読出来ました。
イデアおじさんの一仮説に過ぎませんが、
ヴォイニッチ手稿の文字が「天使の言語」である
ことを説明出来たとおもいます。
間違っているところも、あるかとおもいます。
ご指摘ください。

328 :本当にあった怖い名無し:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:iiR0hIBqO
>>327
blogの感想をここに書くのもアレだが
面白いぜ!!
小僧とか言った俺エデン逝って吊ってこい

329 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:r4TAFfQj0
ありがとうございます。
小僧でいいんですよ。

330 :本当にあった怖い名無し:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:Ct48iqh7O
>>329
そこは 「吊ったらエデン着きますよ」 とかな
まあいいや
数字に見える文字を数字と仮定すっと、
単語に見えるひとくくりの文字列で各一文字を導き出す ってのはないかな
その程度の発想なら世界の誰かが試みてるか

331 :本当にあった怖い名無し:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:rmZS+gHK0
ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタが書いた。
ローマ法王に召還されたりで彼の手稿が押収されて、バチカンが所有していた。
暗号術の本をルドルフ2世 (神聖ローマ皇帝)に献呈したことがある。
彼の蒸気機関の研究についてルドルフ2世 (神聖ローマ皇帝)は
知りたがっていたので、プラハに招こうとしたのだ。ジョン・ディーらの
ような古いタイプの純粋な錬金術師には、その頃のルドルフは興味を失って
いた。

332 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:rvBLLsGU0
ポルタは『暗号論』の著作などでも知られている、博覧強記のひとだったようです。
暗号学においても、しっかりとした足跡をのこした人物でしたね。
ルドルフU世皇帝が当時、錬金術師や魔術師に飽きてきていたというのは
そうかもしれませんね。当時の、宮廷おかかえの占星術師ティコ・ブラーエの
死後にその後釜についたのは、ヨハネス・ケプラーでした。「ルドルフ星表」など
をつくりましたが、「占星術は天文学の出来の悪い娘である」という言葉で有名
です。近代の合理主義精神の萌芽をルドルフU世も感じていたので、後釜がケプラ
ーになったのかもしれません。暗号術の本をルドフルU世皇帝に献呈しているん
ですね。初めて知りました。

333 :本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 04:42:18.03 ID:t1k2rTJM0
そういや友人が読めそうだって言ってた>>253は結局来なかったな……

334 :本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 11:37:32.85 ID:Fchfs4lX0
>>333
悪い、連絡取れなくなりました。

335 :本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 13:46:55.57 ID:b6wfc3h80
>>334
まさか真実を知ったから…とかのレス乞食臭すぎ

336 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/01(日) 20:40:33.60 ID:jlu4ZOE/0
わたしの「天使の言語」説に何か反論とかないんでしょうかね。

337 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/01(日) 20:50:20.52 ID:jlu4ZOE/0
ようやく書けた結論です。ひとかたならぬ苦労もありました。
あそこまでしか書けません。書くことが出来ないのです。

338 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/01(日) 21:26:16.02 ID:jlu4ZOE/0
ヴォイニッチ手稿には多くの名だたる学者たちが係わりましたが、
その中に、やはりまずはヴォイニッチ手稿の第一人者として名前があがるのは
メアリー・ディンペリオ女史でしょう。こんなことを言ってます。
「ヴォイニッチ文字の根底にあるのが、宗教的霊感のある個人による、この種の
人造言語である可能性を除外することはできない」
ディンペリオ女史は、イデアおじさんと同じ見解の近くまで来たのです。
ですが、それを見つけることが出来たのはイデアおじさんでした。
オカルトノーベル賞受賞ですね。

339 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/01(日) 21:33:35.06 ID:jlu4ZOE/0
いい加減なことを言って、と学者の方はそう思うでしょうね。
ですけどね、いい加減なことを言っているのは学者の方です。
カルダン・グリルとかね。ヴォイニッチ手稿がなにか、怪しいものだから
と言って、6割説明出来たら全部説明出来たつもりになってますね。
とんでもないことです。
オカルトを舐めるな!ということですよ。

340 :本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 23:03:36.17 ID:PklQKgul0
天使でもおじさんでもなんでもいいけど、
読み方のルール作って教えてください

おじさんだけが解読できたよっていっても
誰も面白くないんですけど

341 :本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 23:46:54.14 ID:QzP7tchmI
>>340
ブログ嫁

342 :本当にあった怖い名無し:2013/09/02(月) 15:12:38.18 ID:C7SjrEgt0
デッラ・ポルタは1561年頃から少なくとも1565年一杯ぐらいまでは
フランスからスペインを旅行して回っていたから、フランスの最初の宗教戦争
である1562年に起きたvassyの虐殺に遭遇していたか、その件について
詳しい情報を集めていたかもしれない。無論、虐殺側であったカトリック派に
とっては知られたくないことばかりだったろうし、それをイタリアで広められ
ては困るようなことを相当以上に知っていたことは間違いない。

343 :本当にあった怖い名無し:2013/09/02(月) 15:15:52.41 ID:C7SjrEgt0
バチカンが彼の書いたものに対して神経質になっていたことは考えられるし、
イタリア国内や外国の友人達とvassyの虐殺や、その他のプロテスタント弾圧の
可能性について情報を交換したかったに違いない。特に、外国の友人達と
情報交換したかったのではないか?そのために一見して無害を装った暗号の
手稿を書いた。それがヴォイニッチ。
現在のバチカンから見ても、当時の虐殺についての新たな情報が出て来る
とすれば、バチカンにとしては必死で止めようとするはず。場合によっては
暗殺も有り得る。
16世紀後半から17世紀初頭当時の科学者は殆どがプロテスタント寄りだろ?

344 :本当にあった怖い名無し:2013/09/02(月) 15:21:51.75 ID:uTxva1RaO
草がバックにかかれてる画像の文章の三列目の最後5文字が姫路城の石垣に書かれた落書き?と一致してる

345 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/02(月) 21:32:29.05 ID:Zz0S1pRK0
フランスにおいてまずはルター派の思想が1520年代に伝わり、その主流がカルヴァン派にとって
かわるとプロテスタントの勢いは、当時のフランスの為政者たちの脅威となりました。
熱烈なカトリック教徒であったギース公が実権を握るようになると、プロテスタントとの宗教抗争
が国内で激化していきます。それは、さまざな政治的な思惑の入り乱れたユグノー戦争という
内戦へ繋がります。その具体的な契機になったのが、ヴァシーの虐殺でした。
ジャンパティスタ・デッラ・ポルタがどの程度、この戦争に関心を持ちかかわったか勉強不足でわか
りませんが、暗号の大家として知られるポルタがイタリアはバチカンにとって不利になる内容を暗号
化して仲間たちとやりとりしたかもしれませんね。

346 :本当にあった怖い名無し:2013/09/03(火) 19:05:03.10 ID:GZLF8Y2i0
ヴォイニッチ見たけど
世界の怪奇現象を参照しつつ
パラレルワールド説を仮定とすると
この世界が、他の世界より地位が低いことが分かる

となると、異世界から俺らを見てる何かがいるのかもな

347 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/03(火) 21:09:59.36 ID:aW6Tq/WF0
突然ですが、
妖怪の血液銀行が何処にあるか知っていますか。
恐山だそうです。
『ゲゲゲの鬼太郎』より

348 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/03(火) 21:12:40.12 ID:aW6Tq/WF0
イデアおじさんは、ヴォイニッチ手稿については、答えを出すことが出来たので、
研究対象を変えようかとおもっています。
「おしら様」なんかいいかもしれないです。
民俗学です。

349 :本当にあった怖い名無し:2013/09/04(水) 23:51:04.46 ID:X1GYhws90
文句を言うつもりはないんだけど…

イデアおじさんは別にスレたてたらいいんじゃないかと思う
スレチでもないしうざいわけじゃないし、blogも読むけどなんかもやもやしちゃうのは自分だけかな

他の方がそう思わないならスルーしてください。

350 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 00:09:10.22 ID:+VU9W+Ob0
こういうオカ住民って基本的に糖質なの?

351 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 00:12:45.67 ID:wcjOiJ9C0
そ、そんなこと言っちゃったら…

352 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 00:16:04.77 ID:bVqrXPC50
ちょっとしか見てないが驚いたな
これの中には世界図が描かれているよ
でも、この世界図は所謂「現実世界」のものじゃない
「精神世界」のものだ

353 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/05(木) 20:15:40.44 ID:Pitzju4G0
イデアおじさん自身の仮説をなんとか、最後まで書きましたが自分の書いたものが間違いない、
などと言うつもりはないです。むしろ、逆で間違っているところがあったら指摘して欲しいと
いう、意味をこめて、煽ったり、啖呵を切ったりしました。失礼しました。>>347,348では、ヴォ
イニッチ手稿の解読はやめて、他のスレで他の事をやってみようという意味のことです。

354 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/05(木) 20:18:38.31 ID:Pitzju4G0
>350,351

 どういう指摘もせずどんな仮説もあげずどんな提唱していない、という状態で
さらに加えて、イデアおじさんのスレやブログもちゃんと読まず、いい加減なこ
とを言わないでください。
 
 失せろ、カス!!!

 あなたたちのやっていることはこういうことです。

355 :本当にあった怖い名無し:2013/09/06(金) 01:43:54.98 ID:r+fmgwXb0
♪てぃんどんてぃんどんてぃんどんどん♪

イデアおじさんのレベルがさがった!

レベル2に なった!
     ▼
かしこさが 3ポイント さがった!
ちからが 2ポイント あがった!
すばやさが 1ポイント さがった!
さいだいHPが 2ポイント さがった!
うんのよさは これいじょうさがらない!
     ▼
とくいわざ 「すぐにキレる」を おもいだした。
とくいわざ 「スルー」は おぼえられない。

356 :本当にあった怖い名無し:2013/09/06(金) 08:23:55.56 ID:PrYjK68w0
ヴォイニッチを霊視的?に理解できるという人は少なからずいる様子だけど、
「文書の内容」ではなく、「文法」や「解読法」を霊視的に読み取れるってことはないのかな
ヴォイニッチに限らず、解読されてない文字全般そんな風にできないのかなと思う

357 :本当にあった怖い名無し:2013/09/07(土) 05:08:10.49 ID:GCpt9pco0
断言しちゃってる人ってマジで言ってんの?
これは何を表していて、それはこうこうで。
みたいな説明出来てるやつ一人もいねーじゃん
ドヤ顔厨二風に驚いたなとかされても失笑なんですが恥ずかしくないの????????

358 :本当にあった怖い名無し:2013/09/07(土) 08:35:52.10 ID:DQ30Tj4rO
オカルト板はな、空想と創作と妄言を楽しむところなの。わかったら大人しくしてなさい

359 :本当にあった怖い名無し:2013/09/07(土) 20:20:39.36 ID:6N+3UlcK0
独りよがりで楽しくも何とも無いものばかりだから困る

360 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/07(土) 20:25:14.60 ID:XQR/UN+k0
( ´_ゝ`)o―∈‥・・ビーム!!━━━━━━━━━━━★>357,358

361 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/07(土) 20:28:33.87 ID:XQR/UN+k0
・・・おなじことを言うようですが、イデアおじさんのレス、ブログで書かれていることから
具体的に指摘をおねがいします。間違っている、ここがおかしいなど、なんでもかまいません。

362 :本当にあった怖い名無し:2013/09/07(土) 23:07:45.20 ID:RPoDREDL0
ヴォイニッチに対するアプローチは別に独りよがりでも構わないと思う。
公に未解読なんだし、オカルト板だし。
イデアおじさん気にするな。

363 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/08(日) 20:25:39.15 ID:AAD62OKv0
わたしのヴォイニッチ手稿の仮説は突拍子もない感じがするところがあるので、
疑問符を付けたくなるひともいっぱいいるとおもいますが、スレやブログを読
んでみて、出来れば具体的にどうおもうかコメントをいただけると幸いです。

364 :本当にあった怖い名無し:2013/09/08(日) 20:29:49.41 ID:ffzUPTxc0
これ既出?
http://kuippa.com/blog/2013/06/27/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E6%89%8B%E7%A8%BF%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%82%82%E6%A5%BD%E8%AD%9C/

365 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/08(日) 20:38:43.18 ID:AAD62OKv0
読みました。興味深い説ですよね。

366 :本当にあった怖い名無し:2013/09/08(日) 21:11:31.50 ID:ffzUPTxc0
それから手稿の中に天体の絵があるが
ケプラーも宇宙が音楽を奏でているとかふざけたこと言ってたな?

367 :本当にあった怖い名無し:2013/09/08(日) 22:35:11.60 ID:uVRzyg6Y0
>>366
『宇宙はひとつの楽器である』

368 :本当にあった怖い名無し:2013/09/08(日) 23:47:59.07 ID:3RHU0BHC0
>>364
文字→音 or 文字→感触の共感覚者に見せてみたいな
というかこの筆者がそうなのかも?

369 :本当にあった怖い名無し:2013/09/09(月) 00:28:42.04 ID:0mZJnFbJ0
>>364
おもしろいね。音にしたやつをぜひ聞いてみたい。

370 :本当にあった怖い名無し:2013/09/09(月) 10:06:33.08 ID:0WicCXaDi
そのヴォイニッチの曲を演奏すると異世界にいけるのかな?

371 :本当にあった怖い名無し:2013/09/09(月) 13:24:26.43 ID:hipgTOso0
曲ってことなら途中にでてくる植物や女性達の絵はなんなんだ?

372 :本当にあった怖い名無し:2013/09/09(月) 17:35:12.04 ID:6GGXGWSJ0
働けよ
自立しろよ
ニートもゴミ
カーチャンの顔を見てみろよ
もう、老いさらばえて見る影もない
いつまで寄生するつもりだ?
こんなもんただの落書きだ
現実を生きろ

373 :本当にあった怖い名無し:2013/09/09(月) 17:44:28.89 ID:IIsVZNWa0
イデアおじさんは自分の生活の事を、今後の事を考えた方がいいよね^^;
あと、気持ち悪いデスクトップは変えよう

374 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/09(月) 20:23:29.14 ID:lwEj5JKC0
おおきなお世話です。

375 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/09(月) 20:26:27.31 ID:lwEj5JKC0
もしも、まだわたし個人に粘着をしている方の書き込みというのなら、
あなたは、自分の死ぬ時期を大変に気にしているようですので、
ためしに、三途の河原を拝ませてあげますよ。

376 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/09(月) 20:40:50.44 ID:lwEj5JKC0
>372,373

 粘着しているのは自分じゃないという場合は、粘着しているのは自分じゃないと
書き込んでください。

377 :本当にあった怖い名無し:2013/09/10(火) 02:08:48.71 ID:8Ih+Tlna0
惨めやな

378 :本当にあった怖い名無し:2013/09/10(火) 02:12:18.07 ID:Md/i+Vf20
>>377
おまえは可哀想に見えるぞ。
泣く涙も尽きてボーとすることが多くなったのか?

379 :本当にあった怖い名無し:2013/09/10(火) 17:41:53.59 ID:HH/wv5+m0
>>378
頑張って生きろよw

380 :本当にあった怖い名無し:2013/09/11(水) 04:17:24.12 ID:5MBCU6GcI
すいません。
f1rの一番右端に、縦書きでアルファベット小文字の
a、b、c、d…からo、p、qぐらいまで見えますが、
何か意味ありますか?

一行目の文字列をa、二行目をb…ではなさそうか…。
あとお願いします。

381 :本当にあった怖い名無し:2013/09/11(水) 08:43:48.56 ID:+LHtqVLy0
そういえば、右上に書いてある数字は、俺らが使ってる記法なんだな

382 :本当にあった怖い名無し:2013/09/12(木) 00:25:02.55 ID:wp+EqDbJ0
文字を四角く塗りつぶしたらアスキーアートみたいに意味が浮かび上がってくるよ
これって日本人が解読するんだよね
解読したら石油が無意味になったり色々凄いっす

383 :本当にあった怖い名無し:2013/09/12(木) 14:54:16.44 ID:xbdEuoZ40
それはすごいですね(^q^O)

384 :本当にあった怖い名無し:2013/09/12(木) 18:03:48.09 ID:ipAwC7KS0
イデアおじさんのブログ見たけど解読に至ってねえじゃんか…
薀蓄垂れるだけならGoogle先生がやってくれるっつうの

385 :本当にあった怖い名無し:2013/09/15(日) 18:32:18.62 ID:lRAUBb+a0
イデアおじさんの目下の関心であるという「おしらさま」が蚕信仰であり、
さらには蚕や繭が、死体や墓、うつろ舟、舟墓と結びつくことからしても、
やはり、オカルトに帰ってこざるを得ないのではないか?
オシラサマをあえて「死と再生の民俗学」と名付ければ、それはオカルトの
一分野ともなり得るのではないか?
秦河勝の「うつろ舟」は舟葬のことを言ってるのに過ぎん。彼は養蚕を
伝えた人でもあると言われているが。
中島敦の小説『光と風と夢』で描かれた蚕部屋のイメージも死そのものだ。

386 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/15(日) 21:17:10.42 ID:4U6w/Xkf0
おしら様のスレは後日、オカルト板に立てたいとおもっています。
神秘主義者の目でもって、おしら様を著述してみたいです。
よろしくおねがいします。

387 :本当にあった怖い名無し:2013/09/16(月) 01:19:01.75 ID:2Dbur8KR0
また一人でスレを埋める作業をするのかい

388 :本当にあった怖い名無し:2013/09/17(火) 05:12:23.61 ID:9veLAKPG0
デタラメだから意味ないらしいけど、この手稿の解読に本気で取り組んでる人って今いるのかな?

389 :本当にあった怖い名無し:2013/09/17(火) 18:26:05.31 ID:tACSy5rQ0
ここに居るじゃない。無職のイデアおじさん。

390 :本当にあった怖い名無し:2013/09/17(火) 21:59:58.54 ID:MsR4Ltb80
こっちはやめたの?

「四つ葉の声が聴こえる少女」は解明可能か不可能か
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1368284727/

391 :本当にあった怖い名無し:2013/09/18(水) 12:20:38.85 ID:kcwogZKd0
>>390
それ、単に植物や動物の精神エネルギー(波動)を感知できるだけだろ、
単に物質だけ見てる今の科学じゃ解明できないだけ、

392 :本当にあった怖い名無し:2013/09/18(水) 15:09:55.46 ID:BgqOuoLU0
(波動)

393 :本当にあった怖い名無し:2013/09/18(水) 15:52:48.71 ID:/bWDPYG+0
今の科学じゃ解明できない

394 :本当にあった怖い名無し:2013/09/20(金) 14:34:04.08 ID:5vj2/iD/0
オカルトの鏡

395 :本当にあった怖い名無し:2013/09/21(土) 10:43:10.99 ID:mvmLayFE0
鑑ではないのですね

396 :本当にあった怖い名無し:2013/09/24(火) 01:04:47.82 ID:ut1czmMW0
ttp://marcusgunnar.blogspot.jp/2013/07/ms408-board-game-based-on-voynich.html

ボードゲームだって

397 :本当にあった怖い名無し:2013/09/24(火) 13:42:21.41 ID:OEuhLhjB0
>>1絵から何かを感じ取った人
末梢神経の先の先の先を図面化したもの
既出だったら スマン

398 :本当にあった怖い名無し:2013/09/24(火) 18:27:52.66 ID:l8f2UVAn0
アレだろ?、MADLAXの中に出てきた本のモデル・・

399 :本当にあった怖い名無し:2013/09/25(水) 14:35:37.18 ID:ESFxG+4m0
ヴォイニッチのまとめに、平沢巨匠が時空のおっさん見習ってあったけど、
そういや氏も 進おじさんって愛称で呼ばれたりしてるなー
かんけーないか、ないな。

400 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/09/25(水) 22:21:05.07 ID:esGj9rWp0
おしら様は今ひとまずやめて、
「オカルト・wikipedia」ということで、
英語のウィキペディアから、翻訳されていない
オカルト関連の記事をイデアおじさんが翻訳してのせる
というスレをたてようかと迷っています。

401 :本当にあった怖い名無し:2013/09/25(水) 23:29:19.54 ID:E+OCyhR70
>>396
このボードゲームは、どういうルールで駒を進めて、どうなれば「上がり」なんだろうね。
何らかの解釈がなければ、ルールも作れないし、上がりも決まらないはずだから。
気になるわ。

402 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 02:57:27.27 ID:cElY3vQai
>>400
ブログのほうで見たいかも

403 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 03:15:39.78 ID:iNcHFgjn0
>>372
上場おめでとう。
20円はご祝儀な。

404 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 03:37:55.27 ID:KPUPdwX80
>>400
おじさんさこのブログ見に行ったけど、
回答なんかなかったや

405 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 15:12:53.61 ID:Sv8bj0660
また自演かw

406 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 20:13:11.99 ID:0expPIYu0
今思い出したが、小学生低学年頃、同じ絵ばかり描いていたことがあった
窓の外から見える景色で、異世界の植物や花が手前にあり、その奥に電波塔があり空には
UFOが飛んでいるだけの絵
植物の絵がヴォイニッチと似ているが、想像が尽きるとどうしても根を面白く描いてみたり
することしかできないんだよね
あれは実際見たんじゃなくて、想像の産物じゃないかと思う
あの絵を見ずに小学1年生に50種類の植物を描けと言われたら、同じような絵になるはずってこと

407 :本当にあった怖い名無し:2013/09/28(土) 17:54:08.20 ID:3IxPt5X00
1.何処かの閉じた空間内を描いている(風景を描いていない)
2.白人種に似た女形ばかり・・・おそらくクローン・・・
3.植物をたくさん描いているのは、そこの生活を支え、クローンを培養するのに極めて重要なものであるからだろう
4.おそらく太陽系内の惑星地下の巨大建造物
5.女性ばかりであるのは閉じた空間内の社会安定性を確保するためとクローン増殖に最適であるため

408 :本当にあった怖い名無し:2013/09/28(土) 18:07:59.53 ID:DsXwmghC0
すごいすごーい

409 :本当にあった怖い名無し:2013/09/28(土) 23:43:33.88 ID:Ls7UvdGH0
横だけど、うちの子供(2歳)が手稿内の絵(女の人が裸でチューブみたいなのに繋がれていて魚と草とくっついてるやつ)を見て「これママのおなかのなかとおなじだよ」って、言ったのが怖かったです。
ごめんね、胎内記憶とどっちに書こうか迷ったのだけどただ吐き出しただけです。

410 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 01:06:50.07 ID:psNjidyw0
君に子供なんて居ないでしょ

411 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 01:32:58.07 ID:GAoc/16N0
>>409
もっと色々見せて聞いてみてーー!

412 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 03:01:36.90 ID:njN8O1yW0
>>407
BLAM!の設定かと思った

413 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 09:54:09.99 ID:xCFNPO680
>>411

ちなみに正確に言うと子供は2歳10か月。
胎内記憶スレとか見てて子供に『ママのお腹の中で何してたの〜?』とかよく聞いたりしてたんだけどずっとスルーされてたんだ。
んで、大昔中二病こじらせて買ったヴォイオニッチ写本の謎って本を子供が観て↑って、言ったんだよね。

あと、アンパンマンの世界と似てる的な事を言い始めたんだよね。
で、はっとした顔をして積み木で遊び始めちゃったからそれ以上は聞けなかったんだ。

パンが喋ったり、唯一人間っぽいのがジャムおじさんとバタコさんしか居なくて(しかもパンを作れる)後は、動物や植物が人格を持って喋ったり暮らしてる世界とヴォイニッチが似てるだと!!!
と、思ったら何か不気味に思えて昨日ここに書いたんだ。

気軽に書き込んでいいって書いてあったから、本当に気軽に書き込んじゃってごめんね。家庭板に帰ります。

414 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 10:18:10.43 ID:GAoc/16N0
>>413
ちょw
アンパンマン気になる

なんか子供なら読める的なことヴォイニッチ読めると主張してる人が書いてたね
是非また面白いこと聞けたらお願い

415 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 10:39:32.22 ID:tH1LFTmC0
アンパンマン=パンの木
ジャムおじさん=神(創造者)
とかだったら凄いな。泣いてる子供がアンパンマン観ると泣き止むとかよく言うけどヴォイニッチと関係あったら子供は覚えてるって事かね。

416 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 20:05:22.98 ID:ppbqFbDQ0
ちなみにアンパンマンは普通のアンパンにいのちの星というのを入れたことで誕生したという設定なんだがなんか関係あるかな?

他にも不毛の土地を豊かにするとかいう効果もあるらしい

417 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 20:22:25.23 ID:/vA5PWXc0
(´・ω・`)は?

418 :本当にあった怖い名無し:2013/09/29(日) 20:29:52.73 ID:9VGU7mHI0
勇気の草だな。で、アンパンマン作ってるときに命の星が降ってきてアンパンマンになったんだ。
そういえば、アニメ版のアンパンマン第一話の失敗作パンマンもかなりグロいんだよな。

419 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 01:24:39.37 ID:/60KKY5P0
童話 星の王子様も
最初しゃべるわがままな薔薇と暮らしていて
最後星に帰る時は体は重くてもってけない
と言って毒蛇に噛んでもらうんだよね

死の体験で異世界に移送は記憶が二つも言ってたね
そもそも宗教も死んだら天国(地獄)に行くってのも
そういうことかもね
どうやらいろんな所にちりばめられてたんだな

420 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 04:35:41.51 ID:pL7VwYdu0
これは養生訓みたいなものだね。健康増進の方法について書かれている。

第1章 健康に役立つ薬草
第2章 精神〜宇宙のリズムを取り入れよう
第3章 入浴の効能〜ドラム缶風呂からリゾートスパまで
第4章 効能別薬草の調合法

421 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 09:02:14.76 ID:T2X44T/0O
ルドルフより前の所持者は一切わからないのですか?

あくまでこの文字は世間に似たものはあれどオリジナルなんですよね
仮に暗号だとして、仲間内共通で使用していた文字としてもこの手稿しか出てない
なぜこれだけの金と時間を費やしたであろうものを誰一人知らず他の文献にも残っていないのか

地位の高い貴族の子供に社交界には出せないような子供が出来て
その子供を隠すために幽閉し、その子がその間に書き上げたのがこの手稿なのでは
なにか先天的な精神的病気を持っている方の芸術作品のような感じがします
その人の中で文字ひとつひとつに意味があるような…うまく言えないですが

422 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 14:58:46.03 ID:UjOBMmRe0
絵を見ると、記憶を頼りに思い出しながら描いたようだ
大雑把であることがそれを証明していると言える
忘れないうちにとにかく記録することを第一としたのだろう
文字は流麗で手慣れているから逝った世界にかなりの期間滞在していたと思われる
覚えた文字は、時々使用する限りは忘れることはない
現実の異世界(地球外)に逝って、こちらに帰ってきた者の手記であろふ

超太古の基本言語を元にした日本語ならば解読できる可能性がある

423 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 21:19:03.57 ID:QFJ7tykj0
非オカルトなアプローチでヴォイニッチ語るスレってない?

424 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 21:27:07.47 ID:eNYQOu1N0
>>423
ここかな 考古学板
ヴォイニッチ手稿解読・解析
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1342707932/

425 :本当にあった怖い名無し:2013/09/30(月) 22:57:22.11 ID:Hw/Gw8/S0
古代からの言い伝えであれば、歌のようにシンプルな単語が繰り返し繰り返し
出てくるのも不思議ではない?

426 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 13:15:35.85 ID:r9g6jLjw0
>>423
ていうかオカルトのアプローチとか無意味だよ
言語学的な技術アプローチができないとただの妄想で終わる

427 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 13:43:43.74 ID:YRUvWi2F0
1987年には今度はアマチュアの文献学者ジョン・ストイコが手稿はウクライナ語から母音を除いたものであるという試論を発表した。
しかし彼の解読した文章は例えば、「空虚とは、赤ちゃんの神様の目が、戦うべきものである」といった不可思議な文章となり、
それらは描かれている挿絵、あるいはウクライナの歴史と比べても一切関連性のないものとなり、結局失敗に終わっている。

これに何かが引っかかるんじゃね?
一応は意味のある単語になるんだったらかなり近そうだけどなぁ

428 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 16:38:27.84 ID:9OnT++l20
>>426
ほんとこれ
ここは糖質の妄想しか書いてないからな

429 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 17:43:18.76 ID:ubtsad8z0
まあもし言語学的な技術で解読出来てもその内容がオカルトなら
結局書いた人の妄想ということで終わるんだろうがな
オカルト否定派にはどんなアプローチしたって無駄なんだよ
自分が満足する結果でないと気に食わないんだからな
オカ板にはそんな夢の無い人はいないと思いたいがね

430 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 18:38:15.88 ID:70DAtxN50
オカルト視点では、想像ならできても永遠に解明できないね。
これは言語なんだから。

431 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 20:46:23.92 ID:Bez2EFhW0
事実の確かめようがないからねぇ
どっかのスレでみたエデンがあって〜みたいな話とかだったらすごいワクワクするなぁ
せめてもっと研究が進めば議論も面白くなるのに

432 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 21:38:19.30 ID:aF7sywsZi
>>429
別にオカルトは否定しないけど解読はプロがしっかりやる必要あるでしょ。
例えば未知の聖書外典が見つかったとして、
ヘブライ語もギリシャ語もできないような素人の妄想訳を読みたい?
そうじゃなくて、その過程だけはしっかりした技術と知識でやらないといけない。これは前提。
オカルティストがいろいろ想像を巡らすのはそれから後の話。

433 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 22:44:34.22 ID:GIMOqsBH0
悟りを開いた人に聞いてみるスレ【人生相談】26
の鬼和尚って人ヴォイニッチ手稿読めるみたいだよ〜

616 :マジレスさん:2013/09/30(月) 23:41:47.36 ID:K+DLJ/Vk
悟ったらヴォイニッチ手稿読めるようになりますか?

639 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/10/01(火) 20:49:49.32 ID:mKJHfh/J
>>610 父親が原因ならば家を出たらよかろう。
 一日や3日でも旅行でもしてみたら何か知る事が出来るじゃろう。
 世界はそれほど恐ろしいところではないかも知れん。
 思い切って外に出てみるのじゃ。

>>613 本当に全ての努力を放棄したならば、3日ぐらいで悟りは開かれるじゃろう。
 しかし人は3分も何もしないではいられないものじゃ。
 試してみたらよいのじゃ。

>>616 わしはもう読んだのじゃ。
 おぬしも早く悟りを開いて読むと良かろう。

>>621 それで良いのじゃ。
 お釈迦様も家を出て死ぬまで乞食僧だったのじゃ。
 おぬしも修行するト良かろう。

434 : ◆ZhAc8rvphI :2013/10/01(火) 22:51:06.39 ID:nmJmWmkN0
あったあった。
記憶が2つスレのまとめブログ見て気になったことがあったんで来てみた。
あれ見てどうしても俺なりに補足したい解釈があったんだ。
あのスレの1にどうしても伝わってほしい内容なんで数レス失敬。


この世界には上下関係があって俺たちにも上下関係があるって1が話してて、
他所での解釈でもそれが宇宙の摂理だと言ってるのを見かけたが、
あれはたぶん万有引力の比喩表現だと思うんだわ。

435 : ◆ZhAc8rvphI :2013/10/01(火) 22:51:55.53 ID:nmJmWmkN0
ダークマターの漂う空間があり、それを小惑星が少しずつ纏ってゆく。これが根。
やがて小惑星どうしが集まって確固たる重力源を形成し、物質を引き寄せる原型となる。これが茎。
終いには重力が肥大化して中心で物質の組成が崩壊し、重力源が濃縮されてゆく。これが実。

植物が思想の根源になってる文明が重力という概念を認識してなければ、
宇宙の摂理を考えようとしたらそうなるんだろうな。

今俺の中でこれがファイナルアンサーになっててものすごく腑に落ちてる。

436 : ◆ZhAc8rvphI :2013/10/01(火) 22:52:33.91 ID:nmJmWmkN0
つまり、実に向かって流されてゆくことが支配にあたるのだろう。
支配から開放されるには根の外へ向かって行かなければならない。
図を逆に解釈するというのはそういうことだろう。

しかし、そもそも宇宙自体が何らかの生命体の可能性もあり、
その場合はすでにこの構図で支配されていることになる。
その摂理こそが1の言う支配なのだろう。

437 : ◆ZhAc8rvphI :2013/10/01(火) 22:53:32.09 ID:nmJmWmkN0
重力源に近い方が近視眼的で苛烈な環境を強いられる。これが地獄。
重力源から遠い方が俯瞰的で奔放な環境を得られる。これが天国。
地獄とは強い力が弱い力を喰う世界。つまり、小さな質量は大きな質量に喰われて養分となる。
天国とは広い視界が狭い視界を呑む世界。つまり、狭い視界は広い視界に組込まれて部品となる。
最も強い力を手にするのが地獄の頂点。
最も広い視界を手にするのが天国の頂点。

力を求めて重力方向へ向かい、地獄の頂点を目指すのが悪魔で、
自由を求めて反重力方向へ向かい、天国の頂点を目指すのが神なんだろうな。

天国の頂点と地獄の頂点を目指す意義は相反しているが、
その両者に共通の存在意義は資源循環だ。
どちらを目指すにしても、自分が生存するために
エネルギーの摂取が必要となることには変わり無い。

438 : ◆ZhAc8rvphI :2013/10/01(火) 22:54:04.82 ID:nmJmWmkN0
で、仮に俺達の計り知れない宇宙規模の生命体が存在したとして、
それは例えばビフィズス菌から見た人間のようなものなんじゃないか?
スケールはそんな比じゃないけどな。
仮にそれを支配と呼べるとしても、それはお互いが自分に見合ったスケールで
自分が生存するために環境適応してるだけだろ。
そもそもスケールが違いすぎて支配関係の比較にならないんじゃないか。

宇宙のスケールで生命体が存在するとして、
その生命体に俺達が支配されているとして、
おそらく双方とも自らの生存のために資源循環を求めているだけなんだ。
その資源循環を起こした結果双方が生存できるなら
それはもはや支配ではなく、共存なんだ。

439 : ◆ZhAc8rvphI :2013/10/01(火) 22:54:48.61 ID:nmJmWmkN0
もしこの解釈でしっくりきてもらえるなら、
次に1を見かけたときにこれを伝えておいて欲しい。
仮にヴォイニッツ手稿の中で支配と記されていようが、
その概念に捕われて卑屈になる必要なんかどこにも無いってこと。
自分が適合するスケールの中で自分の生存手段を探して共存を目指せばいいってこと。
それを1によく言い聞かせて自信や存在意義を取り戻して欲しいと思ったんだ。

そして、あの手稿の続きを聞かせて欲しかった。


以上、長文失敬。

440 :本当にあった怖い名無し:2013/10/01(火) 23:51:45.09 ID:qRkBi/NH0
生死を彷徨った時に見ると言われている、花や泉や川とかの世界に似ている気が
するが、その世界と関係あるかな?そこは実在する世界なのかな?

441 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 01:17:24.80 ID:KHFm9NHz0
平沢進が時空のおっさん見習いって情報見て調べてみたけど、
このひとのアルバム(?)の絵にヴォイニッチの風車が顔になった人が
でてくるよね。

442 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 01:35:44.44 ID:BwqglQCz0
>>427
比喩や隠語をちりばめて一見訳の分からない文に見せかけてるとしたらいい線いってるのかもな

443 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 02:05:10.46 ID:hzaNhJ6Y0
失われた未来の記憶 新世紀オーパーツ紀行
って本でヴォイニッチ写本について書いてるようだ。ちなみに著者はあのデニケン

444 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 16:53:24.13 ID:w+k8+kuF0
>>438
グルジェフの人間は人間自身のためではなく太陽系の運行を助けるために存在しているってのを思い出したわ

445 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 18:46:38.33 ID:721CngBG0
ボインエッチ写本なら俺も持っている

446 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 20:00:20.26 ID:fv+WL6Mli
>>444
>>438
>グルジェフの人間は人間自身のためではなく太陽系の運行を助けるために存在しているってのを思い出したわ

何それkwsk。月は人間の捕食者、ではなかった?
その月は太陽に食べられて…とかそんな展開なの?人間がどう「太陽系の運行を助ける」っていうの?
自分について言えば、太陽系の運行を助けた覚えは全然無いの。
これすっごい不思議な文言だったから小一時間問い詰めたい気分。

447 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 20:39:24.30 ID:w+k8+kuF0
俺もオカ板の他スレで偶然見かけて気になった言葉だから詳しいことは分からんのだわ
一応調べたらグルジェフスレに書いてたからそれを貼っておこう

グルジェフについてかたろう
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1239364088/150-152

448 :本当にあった怖い名無し:2013/10/02(水) 21:28:02.16 ID:Dw2YvtWR0
タイムマシンが完成したら、是非書いた人に会ってみたいな。何を思いながら文章や絵を書いたのか

449 :本当にあった怖い名無し:2013/10/03(木) 00:34:31.27 ID:IiyRLKZj0
>>434
私のうまく言葉に表せない考えをまとめてくれた、なんかありがとう

450 :本当にあった怖い名無し:2013/10/05(土) 13:54:17.95 ID:ypxwnBLy0
また未来人が現れてヴォイニッチ手稿についてちょっと語ってるね
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1379897911/
69(1): 09/23(月)13:33 ID:vEXuVgrx0(69)AAS
ちなみにフィボナッチ数列を利用した新たな理論が気象学に確信を与えます。
期待しといてください。
ヴォイニッチ手稿に記載されていることは人間と植物の関係性です。
175(1): ドイチュの勘違い 09/23(月)21:11 ID:vEXuVgrx0(69)AAS
>>168
ヴォイニッチ手稿は捏造ではありません。
解かれていませんが、言語として成立しています。
23という数字がキーワードです。
しかし、この時代に解かれることはないでしょうというか解けません
あの言語は二重になっており、あれ自体が暗号文になっています。
それを解くキーは現代人には理解できないでしょう。
書いている内容は人類と植物の関係性について書いてあります。
あの手稿は対になっているはずです。もう一冊がなければ解読出来ません


まだ続き読んでないからこの後どうなったかは知らないけど

451 :本当にあった怖い名無し:2013/10/05(土) 14:20:36.01 ID:pUhsgQpa0
宣伝はいいっすよw
この手の人間は結局、何も書かないんだよねw

452 :本当にあった怖い名無し:2013/10/05(土) 16:00:20.63 ID:otuQ6Gax0
確実な事は何一つ書かないよな

453 :本当にあった怖い名無し:2013/10/05(土) 18:41:32.21 ID:R8+SYIos0
>>450
ヴォイニッチ手稿について語ってたのはこれだけだったと思うよ

結局こいつかなりボロ出して唐突に逃げたし信憑性は薄いな

454 :本当にあった怖い名無し:2013/10/05(土) 20:10:21.91 ID:w067SDt10
ここには妄言以外ないからなw

455 :本当にあった怖い名無し:2013/10/05(土) 20:43:41.33 ID:hKtUuF0Z0
そもそも、そんなに凄い事なんて2chに書かないだろうw

456 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 03:16:08.27 ID:VN3G1Tf/O
アンパンマンと似てるってのは、「お腹が空いたならボクの顔をお食べよ」てことだよ

457 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 06:34:27.75 ID:BYLvCvbM0
ヒントやるよ。
@俺達は何も選んでない
A俺もお前らも宇宙も同じ箱の中のもの
B輪廻からの解脱は持っていると思っていたものを実際に得る事
C予言なんかが出来る人は存在する

458 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 13:51:02.69 ID:NzzGbfhJ0
恥ずかしいなぁ・・・

459 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 14:15:58.76 ID:BYLvCvbM0
草花はもし人が植物ならこういう働きをしている、と言った形で書かれたもの。
この箱の持ち主について、箱の抜け出し方についても書かれてる。

過去、様々な宗教で苦行や婚姻をしない事が尊ばれた理由が読めれば分かる。
自我だと思っているものの欲求に抗う事で、運命を変えて支配から逃れようとしたんだな。

460 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 14:42:19.10 ID:QS+KBiBj0
そんな事はどーでもいいからさ
どう読むのか説明してよw
出来ないだろうけどwwwwwwww

461 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 15:03:58.70 ID:6gedh+M00
なんか全開ですなあwww

462 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 15:32:53.43 ID:hN3yQR5G0
>>459
続けてよw
ほら、続けてよw

463 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 16:46:07.25 ID:0B/8x6JG0
考えるんじゃない…感じるんだ(キリッ
こうですねかっこわるいです

464 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 16:52:26.32 ID:2kcs6+P40
457 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2013/10/06(日) 06:34:27.75 ID:BYLvCvbM0 [1/2]
ヒントやるよ。
@俺達は何も選んでない
A俺もお前らも宇宙も同じ箱の中のもの
B輪廻からの解脱は持っていると思っていたものを実際に得る事
C予言なんかが出来る人は存在する

465 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 18:01:26.64 ID:0B/8x6JG0
こういうのをしたり顔しながら書き込んでる奴らってまじで何かの信者か糖質なんじゃないの?
ネタじゃないレベルで臭いんだけど…そういう考察スレない?

466 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 19:06:08.46 ID:zDOX0w9hi
>>465
フツーの人は全く理解できないトピックだから
書き込んでくれるだけありがたいって思うけどね。
どうせ、詳しく突っ込んだら答えられなくなって、破綻するのがオチだし。
糖質や何かの信者であることは否定できないわね。

467 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 19:30:17.50 ID:VN3G1Tf/O
そうそう、糖質の妄想
あんまり見てると糖質うつるよ頭おかしくなるかもよ
子供に見せるのはやめた方がいいよ

468 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 19:33:06.15 ID:NNM3qD8s0
抗う



469 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 21:10:05.33 ID:BYLvCvbM0
ただの等質の戯言や妙な宗教の信者だと思うのも無理はないだろうな。
俺だって証明できないし読めない、感覚的にそう思うだけだしなあ。

しかし何もかもそれで片付けるんなら、何でこのスレにいるんだ?

470 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 21:35:31.04 ID:BYLvCvbM0
とりあえず読んでくれる人だけ読んでくれりゃいいかなあ。
批判はいくらでもやってくれて良いよ。

これはどこぞやの1が言ってた「知らないほうがいい事」ではあると思う。
俺たちは房についたぶどう粒みたいなもん。
普通のぶどうと違うのは、育ち方も味も食べるタイミングも食べる側の裁量で
全部決められている事くらい。

ヴォイニッチはその仕組みと俺たちがどう育てられて食われるのか、そのサイクルから
逃れるにはどうしたらいいのかって事が書かれてるように思う。

471 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 22:03:13.77 ID:RfFmyAOz0
食べるのはどういう存在?

自殺がダメってのはなぜ?

472 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 22:03:32.64 ID:iVNmKgKw0
結局、適当な言葉を並べてるだけで
中身が何も無いよね。

473 :本当にあった怖い名無し:2013/10/06(日) 23:39:51.47 ID:dymjclGJ0
わざわざオカルト板にきて
妄想だとか批判しに来るのは
理解できないな。

474 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 00:08:23.03 ID:LRZb3EIv0
>>470
続きを頼みます

475 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 00:20:41.58 ID:zKQDaNrbi
>>470
食べる者は、一体どういう存在なの。
4次元STS(Service to Self)のトカゲたち、って考えていいのかな。
私たちの何を、彼らは食べるのかしら?

476 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 00:22:28.33 ID:Z/qpAikX0
>>473
話が広がればいいんだけどさ
結局、適当な事を書いて毎回逃げるだけだから
どーにもならん

本当に面白い事を書いてくれる人が離れてく

477 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 00:33:00.65 ID:zKQDaNrbi
>>476
あなたのような批判者が粘着するから、書きたいものもかけなくなっちゃうの!
批判されたら書きたくなくなるのが分からない?
あなたこそ、二度と発言しないで!

478 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 00:49:16.64 ID:4qhkro0/0
>>477 みたいな人も半分糖質なんだろうなあ

479 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:01:55.43 ID:3Su655760
>>476
オカルト板は色々な話出てくると思うけど
自分と感覚が合わない話は
スルーすれば良いんだよ。
証拠や事実を明示できない話多いから
否定されると反論できっこないし。
その辺わかってあげて。

480 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:06:58.68 ID:zKQDaNrbi
>>478
糖質の、意味のないコメントばっかりなんでしょう?
だったら、見る必要もないんじゃないかな。

481 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:23:29.15 ID:Z8mpObPS0
ぶどうの実はぶどうの木の一部。
ぶどうの木と言うものの形を作る一つの部品だわな。
俺達はその部品として、房の先の木や根や土に管理育成されてる。
食べるって言うのは比喩だよ。

実の育ち方なんかは向こうの思い通りって書いたね。
思い通りと言うか、あらかじめ決められてるって言ったほうがいい。
俺達の意思や思考と呼ばれてるものに自由はない、と言うか
そもそもそういうものは存在しない。

482 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:26:58.42 ID:zKQDaNrbi
>>481
管理してるのは、どういう存在なのかが知りたいんだけど。

483 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:36:05.65 ID:Z8mpObPS0
俺達の意思や思考そのものの内容があらかじめ決められてるって事。
決まっている事には、意思や思考が生み出すあらゆる物事の過程、結果も含まれる。
つまり自我と言うものが俺達には存在してない。
コンピューターのプログラムと同じ。

予言なんかが出来る人は実際に居るって話もしたけど、そういう人はどういう訳か
時々房の先に意識が繋がったりするから、未来の事がちょっと分かったりする。

484 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:37:15.52 ID:zKQDaNrbi
>>483
だから、管理してるのはどういう存在なのか、っていうことをお聞きしてるのだけど。

485 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:44:23.05 ID:Zv2wamRp0
無理無理。何も考えてないからw

486 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:46:41.15 ID:Z8mpObPS0
>>482
創○とか国家とかプレアデス星人とかではないと一応言っておきます。

管理してるものの正体はよく分からないので、便宜上「それ」としよう。
俺達や俺達の居る宇宙はたくさんある「それ」の部品のひとつ。
もし「それ」が機械だったらと考えて欲しい。
機械は部品が決まった動きをしないと機能が破綻しちゃうだろ?
だから何もかもプログラム通りに動くようになってる。

意思も行動も俺達は本当の意味で自由じゃない。
先に書いた解脱についてだけど、この意思の不自由から逃れる事で
本物の自我と言うものを得て、「それ」の管理から抜け出せるって意味。

487 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:49:00.76 ID:VI5YeQWv0
まったく答えになってねーw

488 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 01:49:36.49 ID:zKQDaNrbi
>>486
管理してるものがわからないのに、なぜそういうことをそれがしてる、と断定できるわけ?
あなた自身が知らないのでしょう?
正体が分からないものの意図だけが分かる、っておかしくない?

489 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:02:50.48 ID:Z8mpObPS0
管理から逃れようとした先達は、人間としてある程度当然とされる概念や
考え方を捨てる(苦行や次代を繋ぐ事の否定etc)事で本来の自我を得ようとした。
それが決められたプログラムに反する事であろう、と考えたんだと思う。
(プログラムにない動きをする事で部品は部品として機能しなくなる=「それ」の一部でなくなる)

「それ」の管理から逃れた、または「それ」に管理されていた事に気付いた。
そして「それ」の仕組みを知った人が書き残した、真実の自我の獲得に至るための
指南書的なもの、それがヴォイニッチだと思う。

俺があれを見て感じた事はそんな感じ。
ちょっと言葉で言い表し難い所が多々あったんで、かなり滅裂な所もあると思うが
その辺は勘弁してくれると幸い。

490 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:05:32.81 ID:BBId0HVM0
毎度の事ながら、適当な言葉を並べて何も答えになってない
結局、糖質の妄想

491 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:10:45.38 ID:L4L94ogt0
馬鹿チョンの売春婦ババァの妄言に似てる

492 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:11:30.17 ID:zKQDaNrbi
>>490
あなたは来なくていいから。

493 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:12:14.65 ID:zKQDaNrbi
>>491
あなたも、ここ見るだけ時間の無駄だから。

494 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:12:56.65 ID:LKZDZptE0
携帯で自演しなくてもいいよ。
ほんと、つまらない。

495 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:13:35.44 ID:zKQDaNrbi
>>494
じゃ、見なければいいだけね。

496 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:14:26.68 ID:s48Ctp9h0
君もレスしなければいいんじゃね?

497 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:15:42.82 ID:zKQDaNrbi
>>496
私は面白いと思うから見てるの。
あなたは「つまらない」って思ったんでしょう?
それだったら、見なければいいだけよ。

498 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:16:26.36 ID:s48Ctp9h0
君が一緒に荒らしてるって事を理解しような

499 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:17:09.27 ID:zKQDaNrbi
>>498
それが嫌だったら、見なければいいだけね?

500 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:18:00.33 ID:s48Ctp9h0
君も疑ってる人間のレスを見るのが嫌なら見なければいいんじゃね?

501 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:19:31.97 ID:zKQDaNrbi
>>500
疑うっていうか、文句しか言ってない人は消えたほうが時間の無駄にならなくていいわよ?

502 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:21:09.15 ID:s48Ctp9h0
だからね。その手の人間にね。消えてとか言ってる時点で意味無いの。
君みたいに反応してくれる人をからかってるだけなんだから
誰でも書き込める所なんだから。スルーできる様になりなよ。

503 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:21:54.96 ID:zKQDaNrbi
>>502
じゃ、私をスルーすればいいんじゃない?

504 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:22:35.98 ID:s48Ctp9h0
じゃあ、君も荒らしと一緒って認めるんだ

505 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:23:29.05 ID:zKQDaNrbi
>>504
あなたがそう思いたければ、そう思ってスルーして下さったら結構よ。

506 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:24:24.34 ID:c0GruLsu0
自演で赤くなって恥ずかしくないのかねw
ネカマっすかwwwww

507 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:25:25.10 ID:zKQDaNrbi
>>506
じゃ、見なければいいだけね。

508 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:25:34.95 ID:c0GruLsu0
>>507
503 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/10/07(月) 02:21:54.96 ID:zKQDaNrbi [13/15]
>>502
じゃ、私をスルーすればいいんじゃない?

509 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:26:13.45 ID:cRKYbObJ0
イデアおじさんがまた湧いたのかと思ったら、只のキチガイか・・・

510 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:27:01.89 ID:zKQDaNrbi
>>508
参ったwwww

511 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:32:01.94 ID:Z8mpObPS0
>>488
数字や記号や言語で表せる範疇の外に思考を持っていけない人だと「それ」は理解出来ないと思う。
思考の終点を飛び越えて、自分で感じてみて下さいとしか言えない。

512 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:33:32.60 ID:r5y1vHWe0
携帯で言い合ってる時に書いてくれたらねぇ〜
自演です。って言ってるようなものですよ
感じてみてください

513 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:35:06.81 ID:zKQDaNrbi
>>511
あなたは、それを感じたの?

514 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:46:29.97 ID:Z8mpObPS0
某所の1の話に結構ついてけてる人が居たから期待したけど、うーん。

最小単位の先ってどうなってると思う?
数や式で表せなくなった先は真っ暗ではないよ。
それじゃROMに戻ります。

515 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:47:47.46 ID:fIVjwza30
はい逃げたー

516 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 02:58:33.05 ID:Z8mpObPS0
>>515
ちょっと癪なんで一言だけ。
言える事は全部言ったからROMに戻るだけだよ。
逆に言えばもう言える事なんて何もない。

一応自分で読み返してみたけど、これで分からなきゃ永遠に分かんねえだろうなあと
思える程度には書けたから満足してるよ、ありがとう。

517 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 03:00:30.90 ID:fIVjwza30
宗教の馬鹿が言う事と一緒だよね
信仰がたりないから分らないのです

518 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 03:05:45.28 ID:fIVjwza30
ってかさ、なんて書かれてるか分るならさ
それをページ毎に訳して書いてくれれば良いだけなんだよ
でも、ただ感じろw分らないなら無理w
で、肝心な事は何もなし。
あほやん

519 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 03:08:48.66 ID:zKQDaNrbi
>>516
「言えることは全部言った」…?
さすがに、これはボイニッチと何の関係があったのか、と私でさえ言わなければならないレベル。馬鹿な宗教の人、と言われても仕方ないね…。スレ荒ししてゴメンなさい。
イデアおじさんの再登場を期待してます。

520 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 03:12:02.12 ID:JnK6M8QM0
オカルト板だから…。
批判しに来るのはナンセンスだよ。
私は彼の話は興味深かったよ。
書いてくれてありがとう

521 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 03:14:46.62 ID:XPcyDd1e0
なんでも鵜呑みにするなら、それこそ話す意味が無い
私は未来から来ました。
そーなんですか。それは凄いですね。
人類は滅亡します。
ソーあっじゃsjふぁそだs「ふぁkv「

522 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 03:16:29.33 ID:QTNZP+al0
…。…。…。…。
・・・。

523 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 05:19:21.75 ID:VNGYLESg0
批判でも書いてることの矛盾や穴を突いてくれるレスはいいんだけどね

何でも魔法のことば糖質で片づようとしてしまう奴は無益どころか有害なだけだわ

524 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 05:30:21.79 ID:Kj0ocB8b0
魔法の言葉でぽぽぽぽーん

525 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 07:55:53.62 ID:LRZb3EIv0
>>489
その解脱に至る方法が書いてある本なのに、読めるのは既に解脱した者だけなの?

526 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 10:21:45.82 ID:fY1LxlD60
いかにも「ソレ」っぽい単語を誰が上手に並べられるでしょうスレってことだよ言わせんな恥ずかしい
ほんとに恥ずかしいwwww
フィッシャーマン養成所かあるいはw

527 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 12:48:16.29 ID:2OzYnDMp0
>>516
結局>>434の言う比喩の範囲内の話なんじゃないの?
摂理そのものまたは摂理を知る何者かに搾取されてるってこと。
例えばスズメバチに虐殺されるミツバチの立場だとして
日本ミツバチになるか西洋ミツバチのままでいるかってことじゃないか?

528 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 13:57:23.94 ID:/d9jP0TZ0
ニホンミツバチはスズメバチを撃退できるんだが(セイヨウミツバチには無理)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=LLWZHg_TjA0
朝鮮から侵入してるツマアカスズメバチには負けるみたいだが
ってスレチ

529 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 16:11:57.69 ID:hpCnuQry0
イデアおじさんの自演だろうねww

530 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 19:57:22.21 ID:gj0pW0Sf0
この写本の文字ってもしかして、読まない文字があるんじゃないのかな

531 :霊幻道士:2013/10/07(月) 20:08:10.36 ID:zwWMfTAe0
信仰はその時点ですでに神秘体験である。
なぜなら、神や仏という目に見えないものを一心に信じるからである。
日常の規範として、信仰の生活を送っている者もあるはずである。
目に見えぬものについて語ることのそのすべてに、唾を飛ばして「キチガイ」
「トウシツ」と言うのであれば、そなたの周りでなんらかの信仰に生きてる
人にそのように噛みついて回るがよい。
そなたの姿もまた、気の触れた者と指さされるであろう。

532 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 20:34:32.79 ID:gaifXWFM0
文字なのに、読まずに感じろって。
アルファベットもハングルも、感じれば読めるようになるとでも思ってんのか。

533 :本当にあった怖い名無し:2013/10/07(月) 21:59:00.98 ID:ncZudtqb0
そwwwなwwwたwww
来ましたなwww

534 :本当にあった怖い名無し:2013/10/08(火) 01:11:22.32 ID:orb4RoAw0
勝手に理解してるって思い込んでるだけだよな(´・ω・`)

535 :本当にあった怖い名無し:2013/10/08(火) 03:15:01.21 ID:7zXuywIm0
マトリックスで0と1の羅列が女の裸に見える奴が居ただろ
もしかして、Z8mpObPS0にはボイニッチがそういう風な見え方してんじゃないか??
ボイニッチの中身が、文字や挿絵だって考え方が既に違うのかもしれないって仮説にならないかな

536 :本当にあった怖い名無し:2013/10/08(火) 14:03:56.14 ID:4LXVdyNd0
既出かもしれないけど、俺にはどうも数式みたいにも見える。

いや単なる思いつきだし、オカルトでもなんでもないけど

537 :本当にあった怖い名無し:2013/10/08(火) 14:05:24.44 ID:BOrMaaqw0
見えようがなんだろうが説明してくれたら良いんだよ

538 :本当にあった怖い名無し:2013/10/08(火) 18:20:19.33 ID:/wtjYV3g0
>>516
「それ」による管理体制に気づいた人はどうなるの?
プログラム外の行動をしたらバグとして処理されるとか?
「それ」の管理業務ってとてつもなく膨大になるはずだけど、どういう手段で管理してるの?電波を使うとか?

539 :本当にあった怖い名無し:2013/10/08(火) 23:30:35.28 ID:doYB+JjZ0
>>514
ぶどうの話すごく分かりやすい!
よかったらもっと聞かせてほしい

そのぶどうの粒=俺らっていうのはもしかして、謎の液体に浸る女達のところから解釈したの?

もし俺らの全部が決まって機械的に反応して動いてるなら、俺らの感性ってすごい大事だな
仮に全部決められてる機械みたいなもんだとしても、感じることは俺らだけにできる確かなことだもんなー生きてるってことだもんなー

540 :本当にあった怖い名無し:2013/10/09(水) 00:45:30.54 ID:CmnnVio20
はい。自演入りましたー。

541 :本当にあった怖い名無し:2013/10/09(水) 18:46:49.03 ID:8LARwrhd0
そんなわざわざ自演扱いせんでも

面白い説があったらみんなで掘り下げていくためのスレじゃないのん


少なくとも「俺は」面白い話が聞きたいんだ
そして>>481の話はすげえ興味深いと感じた
叩く人も興味無いって人も居るかもしれんが
面白い話ある人いたら話してくれんかな
受け身ばっかですまんの

542 :本当にあった怖い名無し:2013/10/09(水) 20:00:27.34 ID:z/aiY5In0
「」好きだよね・・・

543 :本当にあった怖い名無し:2013/10/09(水) 20:33:03.31 ID:NzxzTP8L0
アダムとイヴとヴォイニッチ、か。
この写本はアダムとイヴがいた楽園について書かれている、って事なのかな。

544 :本当にあった怖い名無し:2013/10/10(木) 04:08:02.88 ID:kK+g29jq0
やっぱスレタイに 記憶が2つ ってのを入れた方が良いかも。
オカルト板のヴォイニッチ考察なんだと
きちんと区分けするために。不思議な話や面白い話を
聞きたいけど感覚的な話すると妄想とか言われたら
話した人はどうしようもないよね。自分に合わない話はスルー
それがいいと思う。俺もイデアおじさんの話は難し過ぎて
ずっとスルーしてたwとにかくオカルト板って事を踏まえて
皆で楽しく話そうよ。

545 :本当にあった怖い名無し:2013/10/10(木) 16:51:42.59 ID:+a8uAwof0
>>544
霊幻道士

546 :本当にあった怖い名無し:2013/10/10(木) 20:57:53.49 ID:bFcgsqVBO
公式の情報待ちみたいな状態だし
ここでいくら自分の解釈を披露しても憶測の域は越えられないからなぁ
だから断定的な言い回しされたりとか
いかにも自分が特別って感じを出して知った風に発言されると風当たりが強くなるってもんよ
色々な妄想を巡らせて考察するのは楽しみ方としてはすごくいいと思う
実際読んでて面白いと思ったのもここまででたくさんあるし
もちろん事実の裏付けがあるともっと心が踊るんだが…
いかんせん俺には情報ないしインスピレーションにも乏しいもんでさっぱりだ
早く解読してくれエロイ人

547 :本当にあった怖い名無し:2013/10/12(土) 22:20:32.65 ID:DVwZDC4E0
そもそも公式の情報ってどこにあるんだよw

548 :本当にあった怖い名無し:2013/10/12(土) 22:52:18.29 ID:XlACJzUh0
私の頭の中にあります
公表は差し控えさせて頂きます

549 :本当にあった怖い名無し:2013/10/12(土) 23:12:45.80 ID:Kbf6eaXti
>>548
それ公式っていわねえよ

550 :本当にあった怖い名無し:2013/10/12(土) 23:33:10.42 ID:irvS4vtc0
そんなことないさなぜなら僕は
ヴォイニッチ家の一族だからねぇ!

551 :本当にあった怖い名無し:2013/10/12(土) 23:36:37.80 ID:b3vzF7MY0
ヴォイニッチさんはたまたまその手稿を入手した人で
それを書いた人とは全然関係ないんじゃないの

552 :本当にあった怖い名無し:2013/10/13(日) 00:39:03.55 ID:3aMAWsNM0
【デジタル大衆】CIA元職員スノーデン暴露・・・米国政府が隠す「高度文明 地底人」★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381214306/l50




とうとう尻尾を見せてきたなヴォイニッチ人

553 :本当にあった怖い名無し:2013/10/13(日) 00:43:10.59 ID:T8CL9XmC0
貴様ら我が一族を愚弄する気か

554 :本当にあった怖い名無し:2013/10/13(日) 23:03:08.56 ID:LUXOhcC20
読める人来て!

555 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) 14:48:33.24 ID:VsfKq2vD0
ヴォイニッチ手稿について語るスレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381729051/

556 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) 16:13:04.21 ID:RN1IEBOg0
vipスレほど無価値なものはない

557 :いゆの:2013/10/14(月) 16:54:09.47 ID:jRtSdSOb0
いや、エネルギッシュだし活発さ柔軟性においてVIPはいいもんだと思うぞ
広く浅くが比較的多く集うから多角的に見ているのが面白い
VIP自体はクソだが今のオカ板も腐りに腐ってるし大して変わらないよ

558 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) 17:02:25.24 ID:AD2M0Uyk0
VIPは時々いいレスをするな。
妄想してた平行世界にそっくりだ、とか。

559 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) 17:03:18.09 ID:AD2M0Uyk0
と思ったらなぜか途中から翼竜の話になっていた。

560 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) 17:41:30.37 ID:4YG0PBPi0
高校、大学生の幼稚なレスに感化されるおまえら(笑)

561 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) 20:58:46.57 ID:oN0biVEP0
方向性はオカルトでもVIPでも似非科学でもなんでもいいんだけどさ、
少なくとも「信じちゃいそうになる何か」がある話が欲しいな

562 :本当にあった怖い名無し:2013/10/15(火) 17:07:48.27 ID:dpzlGGBW0
VIPがクソだとは思わない
若いだけだよ

563 :本当にあった怖い名無し:2013/10/18(金) 11:27:02.68 ID:YFr01DaL0
もしかしたら時空のおっさんて架空のものなのかもな
この世って案外つまんねえもんなのかも

564 :本当にあった怖い名無し:2013/10/18(金) 16:08:46.55 ID:qhk/4J6E0
そんなこと言わずにもう少し楽しもうぜ

565 :本当にあった怖い名無し:2013/10/18(金) 16:13:30.81 ID:ebINqwCO0
もしかしたら時空のおっさんて本物なのかもな
この世って案外おもしれーもんなのかも

↑こうなってないところが面白い

566 :本当にあった怖い名無し:2013/10/18(金) 23:49:47.00 ID:KW7wSmqp0
>>413
読んでからアンパンマン見るとヴォイニッチ思い出すようになった
やなせ先生が亡くなってから先生が語ったことを読んでて
そしたらやなせ先生も時空のおっさんに近い存在だったのかなあとか考えた

567 :本当にあった怖い名無し:2013/10/25(金) 09:40:47.16 ID:52viYxE00
保守

568 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 11:51:35.85 ID:lpZ1g6Cq0


569 :本当にあった怖い名無し:2013/10/31(木) 22:59:24.34 ID:XX/eGNG90
昔にVIPに立ってた「幽霊だけど質問ある?」のスレの1が言っていた「マシン語」というのが関係してたりしてな

570 :本当にあった怖い名無し:2013/11/05(火) 18:58:51.92 ID:GgZ2rTpp0
古代シュメール人が現れなかった並行世界の文化が書かれてるのかも

571 :本当にあった怖い名無し:2013/11/08(金) 14:26:42.42 ID:+kVP+qKT0
ヴォイニッチ手稿楽譜説
>>20

ヴォイニッチ手稿はどうみても楽譜
http://kuippa.com/blog/2013/06/27/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E6%89%8B%E7%A8%BF%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%82%82%E6%A5%BD%E8%AD%9C/

『ヴォイニッチ手稿を解読した』という人物の登場
http://oka-jp.seesaa.net/article/239023609.html
ヴォイニッチ手稿は「音の波と声の音節の作業である」

572 :本当にあった怖い名無し:2013/11/15(金) 00:04:43.32 ID:vxAcrhnpi
楽譜!初めて知ったけど、これ画期的考え方では?

573 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/15(金) 21:20:05.13 ID:KIRJQlwD0
過疎化していますね。

574 :本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 02:04:41.60 ID:xA2jzdwV0
いたぞぉぉぉぉぉ
   
    ∧_∧    
  ┌ ( `・ω・)     ガガガガガガガッ!!!!!!
  ├ (   ┏ ○┓_ _ _ _从._,
  ├ つ┏┓三((〓((━(。゚。)   ━ 二 三  ━  ━  ━
  └ ≡≡≡ノ  ̄  ̄  ̄  ̄ ⌒Y⌒
    (__(__)

575 :210:2013/11/16(土) 07:15:57.69 ID:5o1MyaoN0
オカルト板らしく、スピリチュアルで。
リンク貼れない!

ヴォイニッチ手稿 さとこ  で、検索。

576 :本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 08:51:53.36 ID:qqdQpID30
既出

577 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/16(土) 19:37:41.18 ID:WZvIqQuo0
ふふふふ。

578 :本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 19:44:39.90 ID:A0W1j1CL0
                                  、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゛`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゛r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゛i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  />>577,;ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゛ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ

579 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/16(土) 19:49:48.91 ID:WZvIqQuo0
ふふふふふふ。

580 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/16(土) 20:16:26.69 ID:WZvIqQuo0
無駄にスレを荒らしてはいけませんね。

581 :本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 20:33:38.45 ID:A0W1j1CL0
おまいがいうな

582 :本当にあった怖い名無し:2013/11/17(日) 01:55:29.25 ID:ANQ+U1vD0
さっさとハロワに行って来い

583 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/17(日) 11:48:30.33 ID:dQueS8zS0
あなたはちゃんと病院に行ったほうがいいですよ

584 :本当にあった怖い名無し:2013/11/17(日) 17:10:47.53 ID:2RAH78Kl0
またそうやってスレを荒らすの?無職のイデアおじさん?

585 :本当にあった怖い名無し:2013/11/17(日) 19:25:28.43 ID:KnlczslA0
ねぇねぇ、表紙の裏の画像で
上のほうに鉛筆みたいなので「アイ ラブ サガ」って
書いてあるように見えるんだけど
これは解読に必要?

586 :本当にあった怖い名無し:2013/11/17(日) 19:58:13.43 ID:kQuzyYWm0
>>585
大発見ですね!今すぐ研究してる所に報告するべきです!
素晴らしい発見ですよ!!!!!!!!!!!!!
死ね!!!!!!!!

587 :本当にあった怖い名無し:2013/11/18(月) 23:58:43.08 ID:s0f3aX+A0
その落書き間違いない。震えがとまらなくてうまくタイプできないけど、
この本昔読んでくれたお礼にって私がもらったやつだ・・・

ずっと父に処分されたと思っていたけど、まさか約20年後にこんな風に見つける
と思わなかった!

その鉛筆のアイラブの文字は、兄が名前の代わりに書いた落書きなんです。

588 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/19(火) 21:32:47.06 ID:JoeB0fvN0
>>578
何を描いているか分かりませんね

589 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/19(火) 21:36:13.90 ID:JoeB0fvN0
自分で勝手に役目を決めて活動されているようですね

590 :本当にあった怖い名無し:2013/11/19(火) 21:57:19.16 ID:n11layqR0
(´・ω・`)惨めっすなー
つ茶

591 :本当にあった怖い名無し:2013/11/19(火) 22:45:59.08 ID:QV8Sd50f0
イデアおじさんのその言いかたや考えかた、
なにか悪いものにでも取り憑かれていそう…

592 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/20(水) 20:06:07.88 ID:l5TU9LGW0
すくなくともこのスレで取り憑いている悪いものと言えば
あなたのことではないでしょうか

593 :本当にあった怖い名無し:2013/11/20(水) 22:19:27.04 ID:SUTqY2ot0
この本って文字が先に書かれたのかな? 絵が先に描かれたのかな? どっちだろうか

594 :本当にあった怖い名無し:2013/11/21(木) 01:11:30.10 ID:F+ZFrCEm0
>>592
どんな人生を送ってきたんだろうな・・・こんな惨めなおじさんになるなんて・・・
親が哀れだ・・・

595 :本当にあった怖い名無し:2013/11/21(木) 01:20:07.81 ID:Y7oaNYwn0
おじさん、荒らすだけならもう来るなよ
落とせこんなスレ

596 :本当にあった怖い名無し:2013/11/21(木) 12:24:09.28 ID:MN/iuS1h0
もう記憶が2つの1に釣られた形で解読進める流れはなくなったのかな?
>>316が気になってるんだけどなぁ
やっぱあの1って色々ヒント多いんだよなぁ。同じ妄想なら具体的な話がやっぱwktkする。
しない?
精神世界な妄想を延々聞かされるより
これは「ヴェル」「リュサエラ」って読むって方が楽しいじゃん?

597 :本当にあった怖い名無し:2013/11/21(木) 13:49:17.72 ID:N3MGik3Z0
気持ち悪いっす

598 :本当にあった怖い名無し:2013/11/21(木) 14:29:04.91 ID:MoLJ5wcQ0
>>596
http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/ca/10/trademusicnation/folder/1531757/img_1531757_66148287_0?1358852037
これを使って

http://livedoor.blogimg.jp/worldfusigi/imgs/b/f/bf347191.jpg
「ヴェル」を変換
→qk te dr g

http://livedoor.blogimg.jp/worldfusigi/imgs/2/c/2c91f278.jpg
「リェサエラ」を変換
→do rl oy ks ns

http://www.voynich.com/pages/index.htm
てま、二文字に分けて上のサイトで検索に掛けると多数ヒットするのが驚きだった
文字が二列からなってるというのは、二文字で一音の間違いだったのだろうか

599 :本当にあった怖い名無し:2013/11/21(木) 18:09:19.81 ID:yjKfbGER0
あほすぎて悲しくなってくる

600 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/22(金) 23:19:12.07 ID:ArM3tcgj0
からーん ころーん からん ころん ころん♪

601 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/22(金) 23:22:31.11 ID:ArM3tcgj0
リモンコン・ゲタだ!     死ね!! >>594,595

602 :本当にあった怖い名無し:2013/11/22(金) 23:35:53.99 ID:PlRjqxpr0
  ┌┴┴┴┴┴┴┴┴┴┐
  |             |
  |  ●     ●   |
(○┘  ______  └○)
  |  ______  |      _______________
 /__________\   /
||  |  |  |  |  || <<  リモンコン・ゲタだ!     ●●!! >>592,600
||   └―┘  └―┘  ||  \
 \\    ┌―┐    //      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \\   |  |  //   ( 〇)
     \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ∩ ||
     `――┐┌―-′  /└┴┴つ
       / ̄ ̄ ̄ ̄/――(    ∫
       |     / ̄| ̄\__)
  /⌒\/___ノ |_/    ||
 /λ   \ __∠       ||
/ )\         ̄\    λλλ
(/  |           )   \_ノ
    \______/   / |
            /∠_   /   |
           (__)  ノノ人人

603 :本当にあった怖い名無し:2013/11/23(土) 02:09:48.26 ID:rHFR42h90
(´・ω・`)酷すぎるな。
おじさんを育てた親はゴミや(´・ω・`)

604 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/23(土) 21:05:32.08 ID:7P/ZUPLK0
髪の毛針だ!     死ね!! >>602

605 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/11/23(土) 21:25:10.87 ID:7P/ZUPLK0
人の親を罵倒してはいけませんね。

606 :本当にあった怖い名無し:2013/11/24(日) 01:34:00.56 ID:WU1inj6i0
おじさんの居場所は此処には無いんだ

607 :本当にあった怖い名無し:2013/11/25(月) 17:00:25.80 ID:ovFkr2P50
もう一冊のヴォイニッチ手稿見つけた
ttp://news.nicovideo.jp/watch/np738663

608 :本当にあった怖い名無し:2013/11/30(土) 21:00:10.39 ID:tlz6MSsP0
解読まだか

609 :本当にあった怖い名無し:2013/12/04(水) 01:47:33.79 ID:McAe0p0k0
楽譜説に同意

それから、「今現在、仮に解読できても大した意味が無い」にも同意

610 :本当にあった怖い名無し:2013/12/08(日) 08:12:30.66 ID:HAqHzSFg0
楽譜だと演奏したら、どうなるの?
あっちの世界に逝ってしまうとしたら、ゲートとなるキーアイテム本ってコト?

一度演奏聴いちゃうとインパクトのある絵だから、観ただけで頭にメロディがリフレインされて簡単にあっちの世界に飛ばされてしまうとかw

こっちの世界に戻る為の対になる本があっちの世界にあって、かつ演奏出来たらいいけど一方通行だと怖いデスね。

611 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 00:18:14.74 ID:O9LfT/580
太陽、月、天体は回ってる
蜜からアダムとイブのような生命はできる
人のような生き物から禁忌を犯すと
下位の人のような生き物になる
最下位の人は植物のたねになり
捕食される
その後はうまれかわらない
ここが今の世界
林檎は食べてはいけない
星座も神話も聖書もこれも同じ

612 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 02:01:57.91 ID:hfuJjoFJ0
  ∧_∧
  ( ・ω・)づ☆ ペチペチ
   と_,、⌒) )
     (_ ノノ

  ∧_∧
  (・ω・ )
   と_,、⌒)^)=3 ブッ
     (_ ノノ

613 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 20:33:10.85 ID:vwCZPMKJ0
ねぇ、そもそもこの写本どうしてこんなに絵が下手なのさ。
下手っつーか、絵具の塗り方とか小学生みたいじゃん、顔料を水で溶いてベタ塗りしました、みたいな。
しかもよく見ると、葉っぱの部分とか、下書きで描いてた葉脈が塗りつぶされてたりするし。やっつけで描いたように見える

614 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 20:43:47.36 ID:vwCZPMKJ0
本当に植物に詳しい人間が描いてたら、あんな全部同じような緑で塗りたくるの抵抗あるんじゃないかな、常人には見えない細かな違いだって知ってるだろうに

615 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 21:45:07.75 ID:vwCZPMKJ0
文字は綺麗で手練れてるのにな、読めないけど。
挿絵は下手くそ、特に塗りは壊滅的、やっつけ仕事。こうなったら文章の解読よりも、ボロが出まくってる挿絵から解いていったほうが近道のような気がする。

616 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 21:47:12.37 ID:vwCZPMKJ0
女性の描き方がパターン化されてるから、たぶん探せばそれの手本となった型が出てくるんじゃないかな。少なくともこの著者には生身の女性をデッサン→自力でキャラ化できるような腕はなかったはず。
その型を追えば描いた年代とか少しわかるかもしれない。
あと本物触れないと難しいけど、絵具の成分からいろいろ推定できないかな。
たぶんあの緑もテールベルトあたりかなと思うんだけど、土だから安いし。実は近代の合成顔料でした、なんて展開も面白いか。

617 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 21:57:29.18 ID:iBYKJ84Fi
女性が星持って輪を作ってる絵あるじゃん?

あれの真ん中にいるの星座だよね
射手座と魚座、それから牡牛か山羊座っぽいのもあるよね

618 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 22:28:57.80 ID:vwCZPMKJ0
>>617
真ん中は山羊っぽいけど、よく見分けつくね、ドラム缶に入ったダイヤさん(ハッチポッチステーション知ってる?)にしか見えないよ。
なんで男の人が出てこないんだろう

619 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 23:22:31.84 ID:vwCZPMKJ0
普通に考えよう、文字は読めない。絵ならなんとなくわかる。しかし下手くそである。
文字と絵を書いた人は筆致やページの構成から同じ人だとわかるけど、文字が流麗なのに対して絵は全然で、絵具の使い方もわかってないみたいだし、文字書きではあっても絵描きではなかった。

620 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 23:24:55.51 ID:vwCZPMKJ0
あとこの本、中世あたりの聖書や時祈書のような装飾性がない。パトロンとか偉い人のために書かれたものではないらしい。
美しい装飾によってもたらされる神聖さやステータスみたいなものはどうでもよくて、純粋な記録書というか実用書というか、そういった、何かをそのまま伝える役割さえ果たせば十分。なんかそんな本だった。

621 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 23:31:12.48 ID:iBYKJ84Fi
改めて画像見た結果、やっぱり星座だねこれ

70rが魚座、70v71rが牡羊座(何故か二枚書かれている
71vに牡牛座と双子座、72rに獅子座と乙女座
72vが天秤座、73rが…恐らく流れで蠍座。
で、73vが射手座。

622 :本当にあった怖い名無し:2013/12/09(月) 23:34:26.50 ID:iBYKJ84Fi
>>618
双子座の左側と射手座は男性に見える気がする

623 :Alt ALSALIVO!(オルサリボ)ハノーヴァー。:2013/12/09(月) 23:37:21.53 ID:WVQQHbWx0
はじめてみて おもうたのが、
こりゃ やろうだけのも るるな じゃた。

624 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 00:14:33.52 ID:6ka8ackC0
>>622
星座の絵、たぶん違うの見てた。ちょっと探してくる

625 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 00:20:58.02 ID:n6L6vTvDi
よく見たら山羊座は無いっぽいな
穴ぬけの74rと74vに山羊座と水瓶座が描かれたページがあったんだろう。

それと、一連の星座はホロスコープを表している気が
牡羊座が二枚に渡って描かれてるのは、白羊宮の時代の説明かね

626 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 02:56:47.16 ID:MYoHq8k50
酷い自演だな糞イデア

627 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 08:23:47.12 ID:n6L6vTvDi
そうかい。

628 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 15:59:55.09 ID:149e8OiK0
糞コテが居なければもっと盛り上がってただろうになー

629 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 20:34:54.83 ID:6ka8ackC0
星座の話は、ちょっと後回しというか、傍らに置いて時々参考にするくらいがいいかなと思ったよ。
なぜなら星座編のところだけ、現代の我々レベルでも少し意味がわかってしまって、本草学編のわけのわからなさに対して違和感がある気がして。
だからこそ本著の謎を解くヒントになるのかもしれないけど、だってさ、山羊座とか双子座とか、普通じゃん。
中国にだって独自の星宿体系があったっていうのに、もっとユニークなやり方ができなかったのかな、星座編が思いっきり西洋占星術に則って書かれてるのは何故なんだろう

630 :本当にあった怖い名無し:2013/12/10(火) 21:01:14.94 ID:6ka8ackC0
これを書いた人のことを想像するよ、
文字が上手だから、まだチビの頃かな、筆記用具の使い方を教えてくれた親か先生がいて、練習したんだろうね。
少なくとも天涯一人ぼっちじゃなかった、なんかよかったなと思う。

631 :本当にあった怖い名無し:2013/12/20(金) 23:20:51.31 ID:+ZfkD+R70
だれか赤子に与えて感想を聞いてくれ

632 :本当にあった怖い名無し:2013/12/29(日) 01:25:24.48 ID:NCE+BONJ0
>>603
どうせイデアおじさんを育てた親も、イデアおじさんもこんな顔だ >>602

633 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2013/12/29(日) 19:59:29.53 ID:zSbXRl7e0
>>632
 ちゃんちゃんこだ! 死ね!

634 :本当にあった怖い名無し:2013/12/30(月) 01:55:08.72 ID:QKc0q4QD0
スレを見るのは止められないのか・・・

635 :本当にあった怖い名無し:2013/12/30(月) 05:25:49.36 ID:oVSsv6+E0
真犯人は犯行現場に舞い戻る・・・

636 : 【末吉】 【1433円】 :2014/01/01(水) 10:37:31.94 ID:wlE86nNg0
あけおめです。

>>613
写本なんで書き写した人が、塗り迄再現出来なかったのかな?


ヴォイニッチ手稿に出会ったのが、幼稚園の頃だが、度々目にする事があったけど、昔の事はすっかり忘れてたな。

637 :本当にあった怖い名無し:2014/01/01(水) 11:06:53.33 ID:wlE86nNg0
コンピューターと数学は、密接な関係ですが、 新しいチューリングマシン説を、提唱。
暗号と数学、情報理論、符合理論・・・
素数と関係してたりして・・・



数字の混じった暗号?で

日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ) 
ひふみ神示
で、ググってみて下さい。

ヒントになるかな?


ヴォイニッチ手稿の最初によく出てくる文字なんですが、少しエボラウイルスぽいですね。

638 :本当にあった怖い名無し:2014/01/01(水) 16:33:26.02 ID:SiO5d8tt0
出て行け糞おじさん

639 :イデアおじさん ◆zbRyxr8xxg :2014/01/01(水) 18:59:54.77 ID:LIAnHalq0
今年こそイデアおじさんに
MONEYとFAMEとCREDITが舞い込みますように

640 :本当にあった怖い名無し:2014/01/04(土) 23:14:20.71 ID:+TgJiWUh0
>>406
>>615

641 :本当にあった怖い名無し:2014/01/05(日) 16:53:05.36 ID:9ZD6Oxhj0
自分が書いた所にレスして何がしたいの?

642 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 01:44:09.66 ID:iIbsY8uC0
イデアおじさんは、SHAMEと悪評なら溢れるほど持っているよ
青い鳥のように身近すぎて、イデアおじさん本人が気付かないだけ

643 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 06:05:36.10 ID:4ymcP6m70
72vの天秤座みたいなページの女性で1人だけ王冠みたいなの被ってるのが居る
73rと73vには王冠女性は登場しない
72rには1人だけ桶に足だけ漬かってるような女性が居る
71r及び71vでは着衣を身に着けている=中世のような着衣

644 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 06:33:18.75 ID:4ymcP6m70
70rから73vまでの中心に書かれているシンボルの但し書のみ、書体が違う(アルファベットの小文字みたい)

645 :本当にあった怖い名無し:2014/01/15(水) 19:58:39.56 ID:ctEljNO10
>>593

多分、大半は絵が先だと思う。
絵に沿って文字?を書いてる。

植物の章は絵が先で、
天体の章は絵が先なのもあれば、同時に描いてた?かもしれない。

http://www.mogella.com/dendo/col/col_img/02_03.jpg
http://www.mogella.com/dendo/col/col_img/02_02.jpg

646 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 10:58:04.67 ID:tboqYpAX0
木内鶴彦っていう臨死体験を二度した人は、地球上の植物は全てネットワークで繋がってると言ってるんだけど
それってヴォイニッチの植物が繋がってるような絵に共通するのかな?

647 :庵奴零:2014/01/17(金) 18:52:39.94 ID:Vv3SSgsyi
集合意識?

648 :本当にあった怖い名無し:2014/01/18(土) 10:51:01.53 ID:t7GTaBsf0
アバター?

649 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 19:48:44.24 ID:7iL9bVl10
ヴォイニッチ手稿の解読って
やはり不可能?

650 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 01:12:56.52 ID:vldFSXSi0
不可能。

651 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 03:29:37.12 ID:J01PtmSd0
ラテン語圏じゃないから我々には敷居高くね?

652 :本当にあった怖い名無し:2014/01/21(火) 14:50:59.73 ID:fxSPtagQ0
案外日本語で解読できたりして

653 :本当にあった怖い名無し:2014/01/22(水) 02:05:09.24 ID:81hyXY9T0
答えの無い問題は解けない。

654 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 15:58:49.93 ID:uVZKoQ/y0
ヒゲさんのブログでヴォイニッチのこと言ってるぞ

やっぱりアレは危険1〜続き2
http://reitekidetaihen.blog.fc2.com/category1-2.html
続き3
http://reitekidetaihen.blog.fc2.com/category1-1.html

ブログを最初から読まないとわからん部分もあるからぜひ全部見て欲しい
かなり笑え…いや興味深い内容だから何かの参考になれば

655 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 16:05:09.73 ID:uVZKoQ/y0
もうひとつあった

ヴォイニッチ手稿はヤバイそうだ
http://reitekidetaihen.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

656 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 19:29:20.88 ID:H+25P9mg0
        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

657 :本当にあった怖い名無し:2014/02/01(土) 06:28:09.74 ID:iThUjxuz0
スキゾタイパルの集まりみたいに見えるんだけど
どこで働いているんだ?

658 :本当にあった怖い名無し:2014/02/04(火) 00:35:29.73 ID:C+jxXmFl0
星新一のショートショートで、
宝物のありかを示した古文書片手に喜び勇んで発掘
           ↓
いまの技術で見ると何も価値の無いもの

っていうオチがあるんだけど
ヴォイニッチも多分その手のガッカリ解読結果だと思うな
まあ書いてあることそのものよりも解読の方にみんな興味があるんだろうけど

659 :本当にあった名無し:2014/02/05(水) 17:17:55.32 ID:Y/j7obTR0
女性のイラストはまったく無意味なもので、別になんでもよかった
思念の働きを説明する絵に、こんな感じで思念の流れの働きを女性に置き換えているだけ

植物のイラストは肉体と魂の因果関係や構造を解説している
宗教検閲を恐れ、植物のように描かれている

660 :本当にあった名無し:2014/02/05(水) 17:23:22.71 ID:Y/j7obTR0
大切なのは根、葉、花の形が大事であって、1株の植物を1つと考えてはいけない

661 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 18:41:22.10 ID:M+usnm4p0
で?

662 :本当にあった怖い名無し:2014/02/09(日) 15:48:20.32 ID:qg9Duy0D0
http://oka-jp.seesaa.net/
ほら、おじさんも頑張ってアステカ文明を調べて

663 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 00:24:24.64 ID:FivSDTFp0
時空おっさんは創作

記憶が2つある奴は釣り
ヴォイニッチを解析できたものはいない

664 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 05:58:30.04 ID:Pqm61mYf0
何でオカルト板へ来てるんだ?

665 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 07:22:50.13 ID:5KWZmYua0
>>663
記憶が2つって釣りか
ネットは釣りが多くて困る

666 :本当にあった怖い名無し:2014/02/10(月) 21:07:49.95 ID:NSYPNSGR0
>>662
それ見てここ来たらもう書かれてたww

667 :本当にあった怖い名無し:2014/02/15(土) 21:32:21.83 ID:JfE3J1rE0
>>645
絵が先にあって
文章は注釈みたいな?

668 :本当にあった怖い名無し:2014/02/23(日) 00:49:00.34 ID:bscs9O480
シュメール
デジャヴ


669 :本当にあった怖い名無し:2014/02/24(月) 01:23:53.15 ID:smpRAGvA0
79vで女の人が十字架持ってるから絶対宗教関係だと思うんだ
そして作者は決して馬鹿ではないはず

蜂の巣っぽいのがあるし、旧約聖書の雅歌の描写に近い気がしないこともない

670 :本当にあった怖い名無し:2014/02/24(月) 08:56:26.18 ID:SK3K0iDC0
>>645
「4olfa8q」みたいな同じ文字列がかなり多いけどちゃんと文になってるんだろうか

671 :本当にあった怖い名無し:2014/02/26(水) 00:13:13.55 ID:oWw2mb7E0
読めるけど質問ある?って人がいたよ

672 :本当にあった怖い名無し:2014/02/27(木) 03:12:14.21 ID:/FV4L6KG0
今まで読めるって人は何人かいたけど
実際に内容や読み方を説明できた人はいないんだよなぁ

673 :本当にあった怖い名無し:2014/02/27(木) 19:01:56.98 ID:9UOnInIM0
グレゴリオ聖歌ってネウマ譜を使ってて、
初期の無音高ネウマ譜ってドレミファソラシの明確な音がないんだよな
基礎とする音を適当に決めて、ピッチの上げ下げを支持してるだけ
音を伸ばすのも「伸ばす」とだけかいてあって、
どのくらい伸ばすかはその時の雰囲気で!みたいな感じ

ヴォイニッチの文字も明確なABCとかじゃなくて
曖昧な指示みたいのが書いてあるんじゃないか
例えば発声するときの口の開き具合とか舌の位置とか
そうなれば同じ記号みたいのが増えるし

674 :本当にあった怖い名無し:2014/02/27(木) 19:02:46.57 ID:9UOnInIM0
>>673
×支持
○指示

675 :本当にあった怖い名無し:2014/03/03(月) 19:01:46.27 ID:jd66zCWT0
なんかジップの法則が適用できたとか
ジップの法則って英語以外にも適用できるのかな
詳しく知りたいね

676 :本当にあった怖い名無し:2014/03/04(火) 02:35:14.64 ID:KOXSUpWo0
なるほど
ヴォイニッチ手稿はzip形式だったか・・・

677 :本当にあった怖い名無し:2014/03/04(火) 21:16:19.06 ID:c8QPdlNz0
なんて書いてあるかはわからないけど、西洋のものっていう先入観がはたらくのはなんでだろう

678 :本当にあった怖い名無し:2014/03/05(水) 00:24:03.69 ID:Xup2+qJF0
横書の上に字体がアルファベットやローマ数字っぽいからだと思う

679 :本当にあった怖い名無し:2014/03/05(水) 01:28:54.24 ID:DJ/6K6OA0
植物が水と光だけで物質を形造ってくことって、冷静に考えたらすごいことだよな
まあ人間も食べるもの違っても大体同じ様になってくのもすごいが
そのへんの真意を解いてんのかもな

680 :本当にあった怖い名無し:2014/03/09(日) 09:30:34.60 ID:nZD10hbT0
思ったんだけどこの本って自分にしか読めないように他人から見たらただのデタラメに見えるようにわざと書いたんじゃないの?
昔は宗教弾圧とか魔女狩りみたいなのが普通にあったし、そうだとしてもおかしくはないと思う

681 :本当にあった怖い名無し:2014/03/09(日) 09:45:01.41 ID:nZD10hbT0
>>680
すまん
分かりにくいかも知れなかったので補足すると
例えば「C」という単語を見るとセレッソ大阪ファンの俺はセレッソを連想するわけねw何となくなんだけど
でも殆どの人間、というかセレッソファンでさえただの「C」からすぐセレッソを連続する人は殆どいないと思う
この本もその類で、だから解読が捗らないんじゃないかなって思うんだよね

682 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 02:51:50.29 ID:X6YmO1vp0
>>516
ありがとう、お疲れ様

683 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 14:58:13.35 ID:FyD5R+Xz0
したらばの掲示板だがヴォイニッチ手稿と関連した世界を体験した人が現れたみたいだぞ

その人も風車を見たって言ってるんだがその内容が
「変なおっさんに拉致されてた 」と「 変なおっさんに拉致されてた」でてくる風車の証言と似ているんだよ

おまえらも一回行って見てみろ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/12320/1394297477/

684 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 15:30:17.68 ID:0p1+UqiR0
出張ご苦労。ただの2番煎じです。本当にありがとうございますた。

685 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 15:36:49.88 ID:fQjyIbxo0
世の中嘘つきばっかやな

686 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 16:09:12.88 ID:TPinW/Sw0
記憶が二つあるの人も、この人もそうだけど
レスで教えられてから→調べて読み終わる の時間が早すぎないか
俺が読むの遅いだけか

687 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 16:42:40.02 ID:FyD5R+Xz0
おまえらノリが悪いなガッカリだよ

688 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 18:42:03.30 ID:KbetjuyK0
俺は中三あたりにこのヴォイニッチ手夲の文字にそれぞれ五十音をあてて一人で暗号文をつくってニヤニヤしてたな。
その文章が今手元にあるけど画像のアップのしかたがわからなくてな〜

689 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 18:45:59.35 ID:i/ogKQ6Y0
したらばの見たけど良くできた作り話だな

690 :本当にあった怖い名無し:2014/03/12(水) 19:26:37.82 ID:fQjyIbxo0
>>687
ノリもクソもねえんだよ
こちとら真剣にやってんだよ

691 :本当にあった怖い名無し:2014/03/13(木) 01:31:13.44 ID:8y+gSx6B0
572 :本当にあった怖い名無し:2012/06/29(金) 22:31:06.37 ID:OPDmLkf60
>>571
異世界の上下関係に関する事、教えてくれ

573 :本当にあった怖い名無し:2012/06/29(金) 22:45:51.04 ID:iwReO6sg0
>>572たぶんない。その考え方が、人間の病気なんだと思う。相互関係。
おっさんの世界とも同等、歓迎されないのは、病気だから。
病気が治った人がおっさんなんじゃないのかなww
だからおっさんに会う体験者は本来の姿に一時的に戻っているからこそ
入れるんじゃないの、、子供は感染する前だから経験者が多いんじゃないの。

時空のおっさんスレで発見したけど
この病気って言われてるのってもしかして瞑想でなせるんじゃね?

692 :本当にあった怖い名無し:2014/03/13(木) 05:15:02.70 ID:500E5Do50
ttp://world-fusigi.net/archives/4300708.html

このブログのコメント欄で解読してるけど…

693 :本当にあった怖い名無し:2014/03/13(木) 14:49:54.38 ID:WMvRobAP0
その解読が真実かどうかはわからないんだけどね…

694 :本当にあった怖い名無し:2014/03/14(金) 20:37:46.67 ID:vIbSwnii0
>>692
ちょっと待てw

ということはこっちの世界に興味を抱くあまりにこちらの環境に適応するがために
禁断の果実(こちらの世界に適応するため齧り過ぎると進化してしまう果実)
を食べ過ぎて戻ることが出来なくなってしまったのがアダムとイブってわけになっちゃうなw

向こうの住民は草を操り草が生活の全てだというのはわかった
自由自在に操り。家畜も草なんだろう。
どういう世界か思い浮かべるのも難しいけど・・・

695 :本当にあった怖い名無し:2014/03/14(金) 22:16:44.69 ID:+rt6w1nO0
>最後にアダムとイブとヴォイニッチ
>(3人とも誰がつけたのか分からない変な名前だがw)は同じ世界の出来事である。

2つあるの奴もこう言ってたしな

向こうの世界→2人がりんご食べる、作者が手稿書く
こっちの世界→こっちにきた3人を誰かしらんがアダム、イブ、ヴォイニッチって名前で扱ってやがる

なんか納得する

696 :本当にあった怖い名無し:2014/03/14(金) 23:29:03.82 ID:srwCXSXl0
自演すか

697 :本当にあった怖い名無し:2014/03/15(土) 21:24:03.65 ID:47lDVB5o0
>>692貼った者だけど
これ読んで初めてヴォイニッチ知って
オカ板来たらもっと盛り上がってるのかなと思ったけどそうでもないんですね

記憶が2つの人もブログのコメント欄の人も釣りだと思いますか?
確かに「それヴォイニッチじゃん!!」って言う人が急に出てくるのが嘘っぽい

自分は小さい頃に不思議生物目撃したし幽霊も見たことあるのでオカルトを完全否定はしないです
未来人スレは完全釣りなのによくみんな釣られるなwと笑っちゃいましたが

最近は山の妖怪の話が好きです

698 :本当にあった怖い名無し:2014/03/15(土) 21:46:41.66 ID:WicuIKvx0
立ち読みなんで空覚え
今月号のムーで世界の不思議なニュースを紹介するコーナーで
怪物が人を襲う古文書が見つかり公開された内容なんだけど
詳しく知らないか?

699 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 01:31:06.77 ID:fkFp8IUX0
>>697
ヒトラーの予言とかヴォイニッチ手稿はただ考えてるだけで面白い
スタートレックを見てたときのわくわくした気持ちを思い出す
ロマンがあるよなー

700 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 15:05:27.62 ID:6eNwD4NK0
したらばのほうにまた見たっていう奴現れたな

701 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 15:24:05.04 ID:CIYn+YFm0
空っぽの訳しかできな奴にはもううんざりです

702 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 16:07:37.33 ID:SfjtPe9w0
ヴォイニッチ手稿とアステカ文明のリンク(1)
: 植物学者とアメリカ国防総省の元情報技術者がつきとめた「古代メキシコの植物学、消滅した古典ナワトル語」とヴォイニッチの共通性
ttp://oka-jp.seesaa.net/article/387784557.html

ヴォイニッチ手稿とアステカ文明のリンク(2)
: 論文「ヴォイニッチ手稿の植物学、動物学、および鉱物学に関しての予備的分析」
ttp://oka-jp.seesaa.net/article/387931542.html

703 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 16:10:45.67 ID:CIYn+YFm0
>>662を今頃ドヤ顔でコピペするおバカぁさん

704 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 19:07:15.90 ID:qhJD/WPai
我はここに記す
人類は昔2つに分かれていた



wikipeに載ってる文章のやつ。これずっと読んでると頭パンクしそう
ずっと見ているとなんか変な絵が浮き出てきて、これに意味があるのかはもっと時間かけて読まないとだけど、とにかく集中できない

つかれる

705 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 19:40:33.80 ID:JATnB2UN0
あぁ、そう・・・

706 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 21:33:25.85 ID:yYmKE9UY0
どんな感じですか

707 :本当にあった怖い名無し:2014/03/16(日) 21:39:09.26 ID:WhGQuS/W0
そうかそのナワトル語に詳しくなればいいんやな!

708 :本当にあった怖い名無し:2014/03/17(月) 16:35:50.03 ID:8VPOfYDj0
「奇跡の書」!!1552年頃製作された黙示録のような物が掲載される不思議な本!
http://japontimes.livedoor.biz/archives/35947555.html
突然ドイツに現れた 16世紀の『奇跡の書』という名のアルマゲドン書物
http://ameblo.jp/shitteokitaikoto/entry-11774628816.html

これどう思う?
バスタードみたいなんだが

709 :本当にあった怖い名無し:2014/03/17(月) 16:50:09.50 ID:vSSO14nU0
>>708
カードゲームのカードのようだ

710 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 00:45:12.58 ID:2RBmrbQq0
>>697
どっちも釣りだと思う
スレ主の
>すべて分かった。
>最後にアダムとイブとヴォイニッチ(3人とも誰がつけたのか分からない変な名前だがw)は同じ世界の出来事である。

コメント欄の
> アダムとイヴの話についてはかなり長くなりますよ。

エバはともかく(裸の女の人いるし)、アダムを言及してそうな絵が一切ない

711 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 00:46:15.39 ID:2RBmrbQq0
続き


絵をじっくり見るかぎり、アダム&エバよりもイエスキリストに注目すべきであると思われる
絵の中(フォリオ79v)で女性が十字架(イエスキリストの象徴)を握っているからだ
ということは、少なくともこの絵の作者は十字架を意識して描いている
もしこの手稿が異世界(なおかつ聖書の世界観)由来のもので、
本当に解読できたとしたら、一部分しか見てなくても必ず「救世主である神の子」に関する言及があるはず
(※例えば「主がお造りになった草木」だの「主とその独り子を讃えよ」だの)

だけどこのスレ主は >(3人とも誰がつけたのか分からない変な名前だがw)
と言っており、アダム:神が名づけた/イブ:アダムが名づけた/ヴォイニッチ:ただのヨーロッパ人
という、解読者なら当然わかるはずのことがわかっていない

そしてコメント欄の人も、植物の絵から適当に想像できるようなあたりさわりのないような翻訳しかしていない。

だから釣りだと思う

712 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 01:03:44.60 ID:2RBmrbQq0
ところで
この手稿のいたるところにお風呂っぽいのとか蜂の巣っぽいのがあるけど

「白銀の糸は絶たれ、黄金の鉢は砕ける。泉のほとりに壷は割れ、井戸車は砕けて落ちる。」
(コヘレトの言葉12章6節)

「わたしの妹、花嫁は、閉ざされた園。閉ざされた園、封じられた泉。」
(雅歌4章12節)

「ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森 ナルドやコフェルの花房」
(雅歌4章13節)

「ナルドやサフラン、菖蒲やシナモン 乳香の木、ミルラやアロエ さまざまな、すばらしい香り草」
(雅歌4章14節)

「園の泉は命の水を汲むところ レバノンの山から流れてくる水を。」
(雅歌4章15節)

あたりにちょっと似てない?

713 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 01:58:46.41 ID:RdtSenlG0
聖書とか詳しくしらんけど

>最後にアダムとイブとヴォイニッチ(3人とも誰がつけたのか分からない変な名前だがw)は同じ世界の出来事である。

これって要するにこっちの世界では聖書やら、発見者の名前やらで3人に勝手に本来と違う変な名前つけれらてるけど って事じゃねえの

714 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/21(金) 04:45:20.20 ID:+A9vZXYW0
これさあ仮に解読できたとしても大したこと書いてないような気がするなぁ
だって絵がヘタだもん

715 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/21(金) 09:40:40.67 ID:okJ8gNLr0
解読できてから言え

716 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/21(金) 20:07:02.85 ID:mT4kQUQc0
>>713
創世記自体が、この世界の出来事ではない記憶を書いたものかもな。
とすると、人間は何者かに意図的に造られた。
現時点では不必要になったけどなw

717 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/21(金) 20:23:58.78 ID:rNokeZ//0
うわぁ・・・

718 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/21(金) 22:32:58.94 ID:JW/S3Tr40
うわぁうわぁ

719 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/21(金) 23:20:46.65 ID:oovdvCVL0
これは文章ではないよ。

720 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/22(土) 00:14:10.16 ID:irel1LQq0
現時点では不必要になったけどなw
カッケーうわぁああ

721 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/22(土) 01:02:31.80 ID:idF0n5470
うわああああああ

722 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/22(土) 10:54:24.03 ID:ToxsGVmk0
こんなんで反応すんなwwww

723 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/22(土) 20:27:21.45 ID:PfYK14TZ0
このまとめサイトに

ttp://world-fusigi.net/archives/4309656.html

『2つの記憶をもつ人』のスレ主っぽいが「釣りだよ」と言っていたという旨のレスをしたら
消されていた・・・

なんでだよ
自称翻訳者の信憑性のないレスとかは消されてないのに

724 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/22(土) 23:17:07.49 ID:ToxsGVmk0
>>723
割愛だから気にすんな

725 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/03/28(金) 09:30:22.13 ID:/ntZ9Wxa0
知る必要ある?

726 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/18(金) 03:40:27.98 ID:qFXpfdXW0
異世界の存在を感じさせるね
もし異世界の文字を書くことに成功したんならスゴいことだ

727 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/18(金) 04:23:13.97 ID:sJmM37da0
てか、ヴォイニッチて手稿をみつけた20世紀初頭の古本屋の人の名前なのに、アダムとイブとヴォイニッチって並べちゃうのおかしくない?

728 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/18(金) 09:33:03.25 ID:QaXePN5K0
手稿を略しただけかと

729 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/18(金) 12:40:25.46 ID:Zo2j3SoZ0
対のもう一冊が無いと読めない、って何かで見たな。何だっけな。

730 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/19(土) 07:39:50.04 ID:mO50Q7Sq0
略称はわかるけど、アダムとイヴに対して古本屋の人じゃなくて手稿自体の名前(分からないけど)に対しておかしな名前と言うべきじゃないのか、と。

これだとヴォイニッチていうロシアの名前がおかしな名前付けられたって言い方になるじゃん

731 :656@転載禁止:2014/04/19(土) 07:56:20.21 ID:n5SfYi8h0
>>727
なんど同じ話題繰り返すんだよ
スレ読み返して

732 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/21(月) 20:57:10.40 ID:27BTrxhb0
生物学、物理学、天文学、数学、言語学、宗教学、暗号学、地学、海洋学、植物学……

フォイニックは、その先だよ

733 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/23(水) 11:55:48.68 ID:aRgJR8Vb0
スレチかもしれないけど、夢でこれににた文字を読んだことはある。
その夢はこの世界にそっくり
ただそこの世界は今までの議論されてるような世界じゃなくて、服も着てるし俺らの世界とかわらない。

あと俺が文字を読めたのは、その文字の上に俺らがわかる言語が浮き出てきたから。
多分、外国人が日本語を読める時みたいな感触に似てた。

734 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/23(水) 12:01:44.26 ID:aRgJR8Vb0
それで文字の上に出てきた俺らの言語を見たときに思ったけど。
日本語にしても配列がおかしかった。
簡単にいうと英語を直訳した感じ。
だから、文字の配列を変えてそこから翻訳する必要があるよ。
英語で翻訳しようと思ったらさらに配列変更が必要だと思う。
暗号を解く参考になるかもしれないとおもったから書き込んだ

735 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 12:10:23.81 ID:oRt+rYao0
流れ切ってすまん、新参です
今初めて「記憶が二つ〜」のスレを見て、オカ板の見解もみてみて、全部読んだわけじゃないから既出のアイディアかもしれないけど、ちょっと考えた

1が最後に出した画像と、「上下関係」という言葉とを組み合わせて考えてみた。何度かここでも出ている「左二つの惑星?と右の草が似ている」というもの、これを正解だと前提すると、上部の花も含めて世界が3つある。そして、「アダム、イヴ、ヴォイニッチ」も3。

ついでにアセンションについても付属させて考えると、より面白い。アセンションには色々な憶測があるみたいだけど、俺は「人間が一段上がる」「気づいた人は既に上がりつつある」といった思想に賛成してる。

736 :735です@転載禁止:2014/04/24(木) 12:17:48.86 ID:oRt+rYao0
あれ、書き込めない

737 :735です@転載禁止:2014/04/24(木) 12:42:44.29 ID:U+Xl+JOg0
以上の二つを組み合わせて、俺は花と二つの葉に名前がつけられていると考えた。花「ヴォイニッチ」、二つの葉がそれぞれ「アダム」と「イヴ」。我々が存在しているのは、アダムかイヴ。花に栄養を与えるためだけに存在する、葉の部分。
だとすると聖書にアダムとイヴしか出てこず、ヴォイニッチについて知る人が少ないのも、なんとなく頷ける。
1が知らない方がいいというのも、上下関係もピッタリはまる。
そして、アセンションの時期に入り、ヴォニチッチに値するものが昇格する機会を得るのではないか、というのが俺の見解。
長々と書いてしまってすまない。失礼しました

738 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 13:40:24.13 ID:ab47UGks0
いいよ。いろんな意見がほしいね。
俺の自説は「異世界の住人が地上に残したノート」なんだけど。
体系的な言語であるならば、未だ接触していない民族である可能性もある。
例えば地底人とかね。
この手稿には太陽系に関する高度な知識が描いてあるかも。

739 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 13:40:58.40 ID:+a3SafYQ0
ヴォイニッチは発見した人の名前。
名前に意味はないと思うけど
位置付けとしては面白いと思います

740 :735@転載禁止:2014/04/24(木) 14:49:31.26 ID:61va17jK0
>>738
この太陽系の中限定なのか、最近地球のいとこ惑星も見つかったことだし異なる太陽系なのか、それについてはどんな風に考えてるの?

741 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 20:01:14.10 ID:ab47UGks0
この太陽系のことだよ。惑星の内部世界について描いている。
これな
http://www.bibliotecapleyades.net/ciencia/imagenes_manuscrito/manuscrito156.jpg

惑星に内部世界があるなんて、普通はありえないわけだが、
また惑星の中から惑星が飛び出すような描写もある。
普通は意味不明なんだが、分かる人にはわかる。

742 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 21:52:03.47 ID:R6Ga3ic20
どれがどの惑星?

743 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 23:18:55.08 ID:jBwlO2UT0
俺は神の国に関して書かれた情報だと思うんだよね
記憶が二つの話だと、白人の村についたと述べてて
なぜか日本人はいない書き方だった
だからキリスト教徒の世界だと思うんだよね

744 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/24(木) 23:57:18.74 ID:J/1K20850
(´・ω・`)へぇー

745 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/25(金) 00:48:47.73 ID:Em21VHic0
スウェーデンボルグの描いた惑星探訪記って本に、
まったく同じ種族のことが載ってるからちょっと探してきてみる。

746 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/25(金) 00:55:44.05 ID:kt/WCn490
>>741 これ、右のパーツと真ん中のパーツの間にもう一つありそうじゃない?右下の惑星から左上方向に出てるモノが繋がってないぞ

747 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/25(金) 08:08:55.49 ID:FAOLO7RR0
この手稿は、以前アメリカの情報機関NSAが民間の学者に調査を依頼している。
その報告はネットで公開されているよ。
地底人は未だ接触したことのない民族と書いたが、間違いでした。m(__)m
本当は素性が知れてる。
あまり書くと命に危険が及ぶのでこれくらいにしとくよ。

748 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/25(金) 18:53:22.03 ID:FkVnDnCy0
(´・ω・`)ふーん

749 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/25(金) 22:29:15.07 ID:Mp/M2u800
正直、記憶が2つの話で上下関係という話を聞いたとき
日本でも派遣会社なんてそんなもんだろと思ったわ。
それで搾取されて悲観するとか公務員かよ
と思ったのはここだけの話だ。

ちなみに俺は上下関係の頂点を重力源だと思ってる派。

750 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/04/28(月) 16:00:31.61 ID:MpmgxDzi0
>>747
どこのサイト?

751 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/05/05(月) 04:35:43.67 ID:WZS+Kfdn0
上下関係?相互関係じゃなかったか

>>741は受精卵にしか見えん
視野が狭いな、自分

752 :庵奴零@転載禁止:2014/05/05(月) 09:41:45.64 ID:jBEGWx6vi
曼荼羅に似てると思ってた

753 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/05/07(水) 01:54:30.87 ID:apStH93O0
確カニ君

754 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/05/07(水) 21:39:42.38 ID:qZCt0w9O0
だいたいこれ、いったい何で書いたんだ?ペンか?ブラシか?

755 :本当にあった怖い名無し@転載禁止:2014/05/07(水) 21:59:44.76 ID:FJQgYRoI0
水で溶ける色鉛筆みたい

756 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/03(火) 20:25:42.29 ID:eHcVCMs00
ほしゅ

757 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/09(月) 13:37:43.17 ID:sBdSd29N0
あげ

758 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/14(土) 07:06:10.78 ID:9AvGnYfW0
マトリックスと内容が大体同じでワロタw

759 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/16(月) 18:56:04.72 ID:5F2EzMxt0
あれは文章ではなく、旋律ではないかとずっと思ってる。

760 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/16(月) 20:50:01.51 ID:B3tw2j1p0
タイムトラベルやらなんやらの危険技術を込めたものだったら面白いよね

761 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/16(月) 21:01:01.39 ID:7q6YZoMu0
解読されないのかなぁ
中身が知りたい

でも、他の解読された石板とかも、本当にその解読で合ってんの?なんでわかんの?っていつも疑ってしまうww

762 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/17(火) 00:52:54.68 ID:NiCogep/0
創造主側に関わる内容なんかね、この世を管理するイロハみたいな。

763 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/22(日) 13:47:19.33 ID:LA5Mg8sa0
>>761
ロゼッタストーンはギリシア語訳が付いてたのもあるけど
もっともよく出てくる「彼」を意味する接尾代名詞(主語になる)「.f」(角が生えた蛇)
を目印に、あと古代エジプトの直系の子孫であるコプト語をヒントに解読したらしいよ
(コプト語はギリシア文字で表記する)

764 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/06/29(日) 12:32:58.47 ID:3loB4OVB0
ビールの暗号も好き
あれは本当に暗号なんじゃないかと思ってる

765 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/07(月) 07:58:27.78 ID:YUobNkQD0
>>763
詳しいねー
ちょっと私もググってくるわ

766 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/16(水) 19:33:22.61 ID:2IlKyjkd0
オカルトがオカルトでなくなるわけだ
ヴォイニッチが理解できないのはお前らが人間単位で考えてるからだろ
知的生命体とか腐る程いるんだし協力しようとか思わない訳?
ヴォイニッチを解いたところで概念から外れられる訳が無いんだし、俺を含めたお前らは星の中で大人しく進化の歴史を築いていけばいいんだよ
でもって還元しろ、進化の歯車が
それとも何か?お前ら今の世界に対して喧嘩を売ろうってのか?プラズマとかパクり円盤があってもその持ち主ができなかったことをどうしてお前らができるってんだ?
まあアヌンナキ管轄下のお前らが高次元の話をしている時点でそもそも優先事項間違ってんだけどな
でしゃばってるとニビルが落ちてくるぞーw

まずはニビルを落とせ
でもって他の知的生命体と同盟しろ
進化の概念の根底から覆すには宇宙規模の意志の力が必要だ
反発する意志が一定数を越えれば包括する時限は機能しなくなる
でもって高次元存在にシフトして新しくルールを作れば、晴れて宇宙版明治維新の完了だ

767 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/16(水) 19:51:30.52 ID:2IlKyjkd0
ああ、ヴォイニッチを解読する前に、もうじき地球の次元が移動するらしいから多分もうそんなに時間無いと思うよー
特ア爆発で貴重な温和遺伝子の日本人が死滅したその時点で地球は終わりと考えていいな
温和遺伝子が無いと管理者さんらと同じ末路を辿っちまう
まあそれで生き残っても核で終わりか
黒幕のアメリカに従ってロシアと中国が孤立した時点で今回の地球もまた失敗した訳だ
死滅したお前らは別の時間軸である地球にまた召喚され、惑星版シムシティをお偉いさんが楽しむって寸法だ、どうだ分かったか?

768 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/16(水) 21:42:56.73 ID:iNsvAzAB0
お薬増やしておきますねー(AA略

769 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/16(水) 21:53:54.64 ID:2IlKyjkd0
>>768
かわいそうに

770 :656@転載は禁止:2014/07/16(水) 22:09:33.74 ID:DPb3La160
なぜこのスレにきたのか…

771 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/16(水) 22:23:55.00 ID:o9T4ZTTM0
地球の次元云々はスレでも立ててやってろよ

772 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/17(木) 22:04:31.62 ID:krVVZsYm0
>>20

> 日本のアーティストで「平沢進」というのがいる。あれも肉体を持った時空のおっさん見習いだ。
> もしも興味があったらYoutubeで「Susumu Hirasawa - Mermaid Song (Original)」で検索をしてみてほしい。
> 間奏中に流れる音階はイレギュラーな形で時空を超えるためのものに、あえて一音だけズラして効果を相殺させた形で使っている。

これだよね?

https://www.youtube.com/watch?v=gpW__93C5Ss&hd=1

ジャケ写がもう明らかにコッチ系な上に、間奏の音階はどこを1音だけ
変えてあるのか簡単にわかるな。そこだけ規則性が崩れてるから。
そこを直した音階、MIDIで打ち込むのも簡単だろう。
鳴らしたら時空のオッサン空間が出現するのか?

773 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/18(金) 16:34:07.76 ID:QctBQ09W0
>>767
こういう壮大な話は実際あったとしてもお前が生きてるうちはなにも起こらん
残念!

774 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/18(金) 17:45:50.63 ID:IZS6dDmO0
何かよくわからない世界を見てきた
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1405258360/

記憶が二つの人が殺されたってのも
彼らの世界にこっちの世界を上書きしてしまったせいかも知れんな

775 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/19(土) 15:25:27.60 ID:Tdv+pya+0
まーたアフィブログに転載するための自演スレか

776 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/19(土) 18:09:27.27 ID:6IYxGeL/O
何の霊感もない、ただの園芸好きだがこれだけは言える
これ描いた人はめちゃくちゃ植物愛してる

777 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/21(月) 10:23:11.39 ID:GObrvQDX0
>>772
これやってみようぜ

778 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/22(火) 23:47:49.49 ID:pHeDdYIG0
516 本当にあった怖い名無し sage 2013/02/23(土) 01:14:09.45 ID:GoFWVdK/0
君たちが遭遇した「時空のおっさん」も元々は肉体を持った人間だった。俺らのようにね。
しかし生きているうちに女主人から招待状が届くことがある。それが全ての始まりだ。
人間は死ねば肉体は土へと還り、魂は世界の根へと還っていく。
だが招待状が届いてしまった以上、俺らはそこには帰れない。
肉体は土へと還るが魂は女主人と共にあり続ける事になる。

これ明らかに輪廻から外れるってことですよね?
どっかの学者にヴォイニッチ見せて「輪廻から外れたくなけりゃかかわるな」ってのを見たんだけど
関係あるんでしょうかね
既出なら大変申し訳ない

779 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/23(水) 01:51:52.90 ID:nWyuksaN0
(´・ω・`)自分が書いたレスを引っ張り出してきて何がしたいの?infinity?

780 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/23(水) 07:22:14.91 ID:pn14rtTb0
>>779
なんで本人がかいたってわかるの?

781 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/23(水) 16:57:18.09 ID:aG53efml0
去年の意味不明なレスを張られてもねぇ
またageだしねぇ

782 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/23(水) 20:25:24.68 ID:0af//DN20
>>778
学者じゃなくて化物だって。

416 名前:本当にあった怖い名無し [sae] :2011/09/06(火) 00:13:45.41 ID:3dkbCUmd0
お前等にネタ投下
知人の化物的な人に何の予備知識も与えずにヴォイニッチ手稿の画像を見てもらった
結果は
内容の9割がフェイク、1割が本物
「この1割の部分が非常に危ない」と言うので説明を受けたが
やっぱり人間が知っちゃいけない事だった
画像データを貰うことが出来なくなったのは「恐らく犠牲者が出たんでは?」と言ってた
ヴォイニッチ手稿については見るな、知るな、扱うな、だそうだ。

417 名前:本当にあった怖い名無し [sae] :2011/09/06(火) 00:15:58.10 ID:3dkbCUmd0
もうこれ以上関わるな。と厳重に注意を受けたので俺は辞める
まっとうな生物として輪廻の中にいたいなら関わるな
知っちゃいけない事は世の中に確実にある
これはその一つ >>1が消えたのもそういう事なのだろう
俺はオカルト好きだしオカルト好きなオマイらも好きだ
だが知っちゃならん事がある。被害が出てからでは遅い
だから見るな、知るな、扱うな。だ

輪廻から外れたいなら必要なのかもね。
でも、管理側にまわるだけなら外れてないね。

783 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/23(水) 21:14:54.53 ID:K55PMBV10
よーしやっと平沢進さんのマーメイド例の音階抽出できたー
後はどれか違和感ある音一つずらせば晴れて俺も異世界人の仲間入りだなwktk

784 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/23(水) 23:50:44.82 ID:c4Bj9ioh0
>>782
ちょっと疑問なんだけど、輪廻から外れるって解脱することだよね?
世の修行僧とかは解脱のために修行してるくらいなのに、輪廻から外れることはいけないことなのかな?

785 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/24(木) 06:47:12.24 ID:DVzOhr9a0
782のコピペは100%フェイクだろw

786 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/24(木) 07:39:30.11 ID:VekKnJKn0
>>784
少しならいいけど大量の解脱者が出るのはまずいってことなんじゃないの。

787 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/24(木) 10:59:21.83 ID:1tTOkr0U0
>>741
見てると吐き気がしてくる。
漠然と拒否反応。
本当にアカンやつかもしれん。

788 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/24(木) 11:08:33.96 ID:1tTOkr0U0
中心は魂が集まってできる3階層。

789 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/24(木) 11:09:56.61 ID:1tTOkr0U0
これの作者なんでこんなの知ってるんだ。

790 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/24(木) 12:00:33.23 ID:9N4Oy2jK0
>>786
なるほど

791 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/25(金) 02:06:27.80 ID:CUxGBsYL0
>>787
蓮コラとか苦手じゃないかい?
俺の初見の印象が蓮コラっぽくてきめえだった

792 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/25(金) 15:20:18.71 ID:pJCvlA/d0
(´・ω・`)夏 ・ ・・だ なぁ ・。−。

793 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/25(金) 19:00:48.16 ID:wu4yc8+/0
ヴォイニッチ手稿を読みながら、「読める!読めるぞ!!」と一度言ってみたい。

794 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/25(金) 20:56:53.30 ID:rSN8GU/a0
読める!私にも手稿が読めるぞ!

すごい!親父が夢中になるわけだ

誰だよおまえら

795 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/25(金) 21:22:11.60 ID:FrwliugZ0
俺も、読めるwwwとかいってみたいwwww


なんかみんなが読めないのを読めたらかっこいいじゃん、みたいな
それにしても741みてると頭がくらくらするのは同意だぜ。

…なんでこんなのかけんだろ。

796 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 05:51:52.29 ID:yVjB5ifu0
吐き気って、眠る寸前の脳落ちみたいなやつ。
3階層は詳細書けない。特定されたくない。
ちな弱い霊感あり。
うち霊感ある家系だから。

797 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 05:53:28.91 ID:yVjB5ifu0
誰か霊感あるやつ見てくんねえかな。

798 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 07:54:44.78 ID:MILX+Skt0
3階層ってなに?
家族に見せてみたら?

799 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 09:58:02.55 ID:yVjB5ifu0
あの世にあるとだけ言っておく。
今は母方の方で暮らしてるから、霊感家系の父方の親族は縁遠い。
勘違いにしておこう。
ワシは何も見なかった。

800 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 19:12:54.49 ID:zi2EEtGj0
        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

801 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 19:17:24.85 ID:v5nobKzL0
>ちな霊感あり

ちな?

802 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/26(土) 19:57:23.06 ID:+LJjznQe0
っく・・・右腕が・・・こんな時に・・・

803 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:14:14.98 ID:/16FkMHZ0
>>741
いいねーお前らそれは正解だ
惑星ってのはそもそもマントルがどーのこーのとか核で詰まってるとか授業で習ったのかも知れないけどなーそれ実はウソっぱちな
重力がある理由とか本当は良く分かってないんだわ
もしかしたらニュートンが落としたリンゴが空に飛んでくかもしれない
そーんな「かもしれない」「可能性」みたいな世界が詰まってるのが惑星っていうめがっさごつい管理システムだ
んで、管理システムだけに管理者が必要になるだろ?
それがいわゆる高次元存在、まどかマギカでいう宇宙の概念みたいな、そんなやつ
741の友人さんが言いたかったのは、個別の世界と一定の世界のことだ
そーだな、お前ら今までに自分は特別な存在だーって思ったことなかったか?
それは半分正解だ
半分はお前ら一人一人の世界、もう半分はそのお前らの世界の内の基本にあたる世界
「基本に基づいて」お前らは「個別の行動をとる」これが半分半分って訳だ
シュタインズゲートでいう世界線が分岐する〜とかそういうやつ
どうだ分かったかー?
え?信じない?あ、どうぞご自由にー
でもこれ事実なんだよなー
オカルトって人間の臆病さが生んだ言葉だしね

804 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:21.56 ID:/16FkMHZ0
って782の友人さんだったか
すまんすまんw

805 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:42.84 ID:/16FkMHZ0
そうそうヴォイニッチで上下関係がどうのこうのーって色々言われてたじゃん
あれマジなんすよー
惑星に可能性の世界があるっていうのは
つまり現実の世界と地球内部の世界ってことで
俺らは地球内部の世界に向かって進化により発生するエネルギーを供給してるのね
だからこういう情報を知られて供給源であるお前らがエネルギー吸収されちゃってることにイラっときて反旗翻されたりするとあちらさんも困る訳なんすねー
まあ、そんなあちらさんは、本来のお前らである訳だし気にするこたないよw

806 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:22:12.04 ID:29WRFu7S0
スェーデンボルグの惑星探訪記読めって。いろいろ書いてあるやで (´・ω・`)

807 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/27(日) 20:50:05.69 ID:VlFAOnoo0
>>783
異世界レポート頼むぞw!

808 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/28(月) 12:08:26.87 ID:I+LQqn1HO
これって釣り神様のパターンじゃないか?
古い紙見つけたからなんか面白いの描いちゃえみたいなさ

芸術作品説が有力かと思いながら1400年代の作品にしてはシュールで新し過ぎるのがひっかかってたんだ

809 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/28(月) 12:12:46.07 ID:TcmGguLpO
>>801
俺も思った

霊感があるくらいなら自分の発言が読者をイラッとさせることくらい予想できないのかと

810 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/28(月) 13:23:21.09 ID:T7XAl/v30
霊感とそういう予想が出来ることは違くないか...?

811 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/28(月) 15:08:14.27 ID:ODe0H4sW0
ちなってどういう意味?

812 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/28(月) 15:39:22.33 ID:T2P7R/Oj0
ちなみに、ってこと。
鈴木ちなみではない。

813 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/28(月) 18:11:51.11 ID:sYRsGTdn0
霊感あるとか恥ずかしげも無く言えるような奴に人の気持ちなんて汲み取れんだろ

814 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/29(火) 17:21:13.69 ID:vMMI3iaS0
これさ 紙が作られた年は漠然とわかってるみたいだけど絵とか文字が描かれた
年代って解明されてるの?

815 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/29(火) 20:02:53.19 ID:7QjmviVd0
されてない

裸ばっかりで特定できない

816 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/07/31(木) 19:55:34.72 ID:+5HgXFZd0
だれか分かってる人音階載せてー
どこがずれてんのか分からん
せっかくの夏休み異次元旅行ができんー

c4ソ/c5ミレ/4ソ/5ドレソミ/4シラ/5ドレミソ/4ソ/5ソファミ/4ソ/5ドレソミ/4シラ/5ドレミファソラソ

817 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/11(月) 02:19:05.75 ID:ZQ5YtY6s0
まあぶっちゃけ、謎本として高く売りつけるために書かれた偽書だろうな

818 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/13(水) 09:53:05.96 ID:DCfJ3dKy0
場所も場所だしシュール系の芸術作品だと思うんだけどなぁ

819 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/14(木) 01:55:03.43 ID:r+e2I2mJ0
>>817
俺も真相はそんな感じだと思う
キチガイが延々とドヤ顔で語る妄想よりも、詐欺師が
皇帝に一杯食わせましたってオチの方が痛快だし
前時代的な荒唐無稽さやロマンがある

820 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/14(木) 14:21:17.18 ID:A15VgSuu0
>>816
二回目の 4ソ/5ドレソミ のところ抜けてない?
4ソ/5ミレ/4ソ/5ドレソミ になるはず

821 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/14(木) 18:10:11.92 ID:A15VgSuu0
解読できない大きな理由に、
「図の特定の部分を示す名前のように書かれている文字があるけど、その図および部分が何を表しているのかがそもそもよくわからない」
っていうのがあるよね。

たとえば、>>741の左下と左中の円との間にダイヤ型のアタッチメントがあるけど、
東西南北にそれぞれ "odl", "osy", "d dy", "otch" って書いてあるよね。
東西南北とか、そういう言語としてプリミティブな語彙が分かれば、それの複合語やらなんやらがまず解読できる。
だからこれがもしそのまま東西南北なら、ここから解読していけそうな気がする。
この作業はもはや解読というより「意味付け」に近いかもしれない。

ということで、プリミティブな語彙を見つけようみんな

822 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/17(日) 01:07:45.99 ID:czckw4a/0
いちおう貼っておく

ttp://www.nazotoki.com/voynich.html

823 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/08/23(土) 17:18:54.84 ID:2W3lo/CA0
>>821
東西南北なのかどうかは明確じゃないがな。
対義語とか分かりやすそう。

この4つだったら左右と上下で対の意味になってそうだな

824 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/01(月) 00:22:58.24 ID:jpDJhf4f0
こんなのあったけど、他に取り上げてるところが見つけられない

600年の謎に進展か? ヴォイニッチ手稿の一部解読に成功!!2014/08/11 00:00
ttp://blog.livedoor.jp/tankyujournal/archives/11104447.html

825 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/02(火) 16:02:35.17 ID:879fvSYl0
ヴォイニッチの文字は数字に変換できると思います!

826 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/03(水) 06:26:14.61 ID:zS5n/Ggz0
>>824
(6) 手稿を書いたのは現在のトルコ、イラン、コーカサスのあたりに住んでいた人々で、
戦争などの理由で消滅してしまった民族のひとつだと思われる。

↑だったらほかの本もあるんじゃないのか?って思った
あと解読できた部分(このような手法により、教授は14種類の文字の解読に成功した。)が知りたいなぁ

>>825
マヂ!?理由をくれ!

827 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/04(木) 20:26:27.26 ID:3Vi1OupB0
>>824
ヴォイニッチ手稿の文字は、オカルト的に解釈すれば、いわゆる異世界の文字なわけだから、
異世界人と我々とが同じ調音器官をもっているとは言い切れないし、もっと言えば、この世界の言語学は通用しないかもしれない。
ヴォイニッチ文字が音素文字である確証もないし、この言語が音節を持っているかどうかも定かではない。
我々の世界の言語には存在しない音すら弁別要素として利用している可能性さえ捨てきれない。
オカルト板としては以上のようなことに気をつけておくべきだとおもう。

オカルトではなく科学的に解釈すればこのアプローチは正しいね。

>>826
googleで"voynich manuscript stephen bax"と検索すると一番上に論文が出てくるよ

828 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/08(月) 15:22:11.86 ID:aeXixBxm0
>>805
ん…?
本来のお前らってつまり…
わかってきたかもしれない

829 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/11(木) 16:41:17.82 ID:q8jRQglB0
女ばっか大量生産してるなぁ
XXのほうが作りやすいのかなあ

830 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/12(金) 07:40:46.44 ID:5hTWNWlYO
生物学的にはメス型があるべき正しい遺伝型だからね
オス型はメスのなりそこない

831 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/12(金) 17:41:18.19 ID:gjAOsc8v0
逆に捉えたら、オスはメスの改造型やな
メスに出来んことがオスに出来るようになっとる。

832 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/14(日) 07:14:01.22 ID:lYMtVDVd0
そんじゃあヴォイニッチに女ばかり描かれてるのはまだ改良型ができてなかったてことにもなるんかな?
いろいろ面白いなあ
配管や花瓶以外の使い方があったのかも知りたいなあ

833 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/16(火) 00:59:13.79 ID:wy8LUeDs0
女ばっか描かれてるのは作者が男だからだよ

なにを好き好んで男が男の裸体を書かなきゃいかんのか
もっといえばチンコ何本も描くよりパイオツ描いてたほうがナンボかマシだわ

意味がある事柄なら我慢して必要に応じて男の裸体も描くだろうけどさ
そうでないなら描いてて楽しい方(言い方を変えれば精神的に負担の少ない方)を描くのは当たり前

だから女ばっかなんだよ

834 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/16(火) 05:56:56.74 ID:joFhOHEw0
ボインリッチ手稿

835 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/17(水) 20:23:48.81 ID:Tl5EnW2l0
これ、昔の魔術師だか錬金術師だかが高値で売るためでっちあげたって言われてるけど、
戦前、一番最初にこの手稿(写本)を発見して、さらに売りに出した古美術商のオヤジ
(手稿の名前の元にもなったヴォイニッチさん)が実は一番怪しい

手稿の筆跡とヴォイニッチさんの筆跡を調べれば多分一発だろう

バレたときのことを考えて、昔の魔術師だか錬金術師に偽造の罪をなすりつけるシナリオを
考えて安全を確保しようと考えたのもおそらくこの人

>>808も指摘してるけど、大方この古美術商のヴォイニッチさんが2chの釣り神さま騒動の時と同じく
昔の古い白紙を手に入れて、それを利用して一儲けしようとしたのが真相ってところだ

836 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/17(水) 20:36:39.41 ID:Law8TnhG0
だとしたら、これだけ不規則であり法則性も感じるような本を書いた事に才能感じるわ

837 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 02:57:58.25 ID:cimE4bJq0
創作かの検証なんてまず最初に十分行われてんだろ
流石に長年世界中で研究されてんのに創作だったら世の中の研究者がアホばかり
じゃないか

838 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 04:04:39.01 ID:LWCRs7r60
物好きくらいだろうね研究するのは

839 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 04:37:53.67 ID:IXX+FYeO0
俺は自分で調べてないから分からないけど、
そのまま解析出来ない文字、全体で何種類くらい有るんだろうね。

50音じゃ足りないのかしら。

まあ兎に角そこに同じ文字が何度も登場してきちんとあれだけの量を書けてるのなら、
イタズラや酔狂であの手稿全部を書き切る人は居ないと思うよ。

そういう所から考えても、あれは本物なんじゃ無いのかなあと思っております。

840 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 13:28:11.21 ID:GnR1Uipj0
最近科学検証で多次元がある可能性が極めて高いと聞いた
また、この世界とか死後の世界とかもフォトショのレイヤーの様にいくつも重なっているとも聞いた
そろぞれの世界にも自分は居るが、でも元となるオリジナルの存在もいるらしい
>>741の画像も周りの絵を重ねると真ん中の絵に近いものになりそうかな
真ん中の絵がオリジナル次元で周りの絵の多次元世界の自分が世界樹の根(パイプ)を通してオリジナルに供給してる?
とすると次元構造図を表す教科書的な物か?

以上ファビョり全開の考察でした

841 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 13:46:16.74 ID:y3tynfak0
>839
>イタズラや酔狂であの手稿全部を書き切る人は居ないと思うよ。

そりゃそうだろう
イタズラや酔狂のニセモノだとバレたら売りモノにならねーんだからwww

そりゃ一生懸命作成するわな

842 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 13:57:02.68 ID:y3tynfak0
オカルトの世界において正真正銘の奥義書というのは存在する
その内容を理解できるかどうかは置いといて、魔術にしろ錬金術にしろ
わざわざ未知の言語()なんか使わずとも普通の言語で書かれた本が
現代でも残ってる

真理だの教科書だのを求める人たちはこんな「それっぽく作ったマガイモノ」なんかより
現代でも復刻されてる奥義書や魔術書を読んだり解読した方がよっぽど有意義だぞ

843 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 15:02:30.71 ID:cimE4bJq0
ID:y3tynfak0
ID:Tl5EnW2l0
ID:y3tynfak0

最近ヴォイニッチを知ったかまってちゃん

844 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 16:48:03.00 ID:4zGwUljE0
>>840
ファビョるって意味わかってる?韓国人なの?

845 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 20:59:35.01 ID:y3tynfak0
>>843
随分前から知ってるし調べもしたがな
その上で言ってるんだ

ヴォイニッチの芸術性は高い
アウトサーダー・アートに位置づけれるんじゃないかと思う

ただ実用的な価値としては皆無でしょ。ビール暗号と一緒でさ、その書物なり文書なりを
一番最初に発見しただの初公開しただの言い出したやつが結局自作自演のマッチポンプだった
なんていう話はオカルトの世界じゃ常識でしょ。古くはアマラとカマラの狼少女も発見した神父の創作だった。

ヴォイニッチ手稿を元ネタに想像を発展させてラノベを書いたり漫画を描いたりとかするなら
有効だけど手稿そのものを解読しようというのは悪いけど時間の無駄でしかないと思う。

846 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/18(木) 21:09:55.87 ID:y3tynfak0
ピカソの絵は常人が見ても何がなんだか分からんが、明確な意味を込めて描かれてる。
だからそれを読み解こうとするのはゴールがあるから無駄ではない。

でもどっかの子供がキャンバスにヨソ見しながら絵の具を不規則にぶちまけたシロモノは
ハナっから意味なんか込められてないんだし、ピカソのように解読すること自体が無意味。徒労もいいとこ。

ビール暗号はまだ後ろめたさがあるのか、作った人は「生業の余暇でのみ解読に挑戦すべきで、余暇がないなら
やってはいけない」「夢かもしれないことのために、自分と家族を犠牲にしてはならない」と警告している。
無意味な作業に他人の人生の貴重な時間を費やさせることへの罪悪感があったんだろうな。

ヴォイニッチ手稿は埋蔵金を前提にした暗号とは違うし、作った人もここまで大勢の人がひっかかるとは
思ってもなかったろうから、ビール暗号のようにあまり熱心に研究するな、という前置きはしていない。
でも書かれていないだけで、ゴールが無いのは確かなんだからやっぱやるだけ無駄なんだよな。

ありもしない植物が描かれた本一冊に踊らされるよりも、
実際に巨石を運搬して城を作ったエドワード・リズカールニンの残した小冊子とかを研究する方がまだ有意義だと思うよ

847 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/19(金) 23:31:04.08 ID:WYixBj0/0
確かにヴォイニッチの文字に似てる気はするけど法則性は違うよね
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11135209461

848 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/19(金) 23:56:10.28 ID:6IIhcfQf0
cocovineanさん乙

849 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/19(金) 23:57:45.72 ID:B/8jW8hF0
最近なのスレ賑わってるけど何か起きるの?

850 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/20(土) 12:24:47.24 ID:qPe7qkhC0
>>849
なのスレって、どのスレ?

851 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/20(土) 17:13:43.07 ID:GUClIbCi0
なのスレ→このスレ

だと解釈してた

852 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/23(火) 01:55:39.51 ID:EJmKo1kH0
>>846
一応解析スレなんだから
意味有り無しは論点ではないでしょ

この手の謎解きで根本否定するのであれば
かなり脈のある有意義な見解ださないと話を止めるだけだぞ

853 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/23(火) 04:50:48.85 ID:ggCnoT9P0
ワイが昔書いたんやで
地面があるんやで

854 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/23(火) 14:51:04.18 ID:7xNyWSoM0
暗号で書かれてるのか元々そういう文字(異世界の言葉?)なのかどっちなんだ?

855 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/24(水) 02:16:33.78 ID:gSA/tXK60
コンピュータ詳しくないが
1バイトは8ビットの組み合わせからなるんだっけ
なんかそういう感じの配列だったりせんの

856 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/24(水) 12:10:53.86 ID:1TydUh/00
錬金術と関係あるの?

857 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/24(水) 14:35:25.80 ID:wAZlV3z20
読める訳ないよ、地球上では読めない言語だもの。

858 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/24(水) 15:15:03.69 ID:QiULJttr0
>>857 お前どこ星出身よ?

859 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/24(水) 18:04:43.06 ID:MPXRA/1H0
で、解読できたの?

860 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/24(水) 18:06:37.06 ID:HDHJQ2b00
名前が良いよねヴォイニッチって
犬飼ったら付けよう。飼わないけど

861 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/28(日) 22:51:42.04 ID:jFcauTDs0
これって結局何が書かれてあるの?

862 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/28(日) 23:27:41.50 ID:YmWmZIqW0
夢の中で見たものを改変

863 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/30(火) 21:06:28.62 ID:dFEk5PFR0
ゆうかいは仙人かいのことでしょ、ひとがたであるのと、裸になるって部分からして戒律がある
植物が動物のように動いてるとこからして、スーパーマリオのデザインした人と同じ世界をみた
可能性もあるね。数えきれないほどある霊界のうちのひとつだと思うよ

864 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/09/30(火) 22:48:28.46 ID:ab9RlfPW0
>>863

不気味でマリオ出来なくなったじゃねえか

865 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/10/03(金) 18:01:05.64 ID:2/NmzUmW0
これね、何人かの合作ね

866 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2014/10/04(土) 14:35:57.63 ID:4S5Zw3hS0
マリオがヤクでトリップした人の幻覚ってのは有名だよな。
霊界か異世界か妄想か分からないが。

266 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)