5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「科学の最難問」と言ったら言語の起源だよな いつ言語が生まれて、今のように進化したのか謎すぎる

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:19:00.17 ID:Yu7jPVBT0● ?PLT(22001) ポイント特典

言語の起源

ヒトにおける言語の起源は広範に議論される話題である。それにもかかわらず、究極的な起源やその年代についての合意は得られていない。
経験的な証拠では限界があり、多くの学者はこの話題を全体として真剣な研究の対象にそぐわないものとみなし続けている。
1866年に、パリ言語学協会はこの主題を禁止するまでに至った。この禁止令は西洋世界の大部分を通じて影響力を保っている[1]。
今日、言語が最初に起こったのはどのように、なぜ、いつ、どこでなのかに関して数多くの仮説が存在する[2]。
チャールズ・ダーウィンの自然選択による進化の理論がこの話題に対する空想を励起した100年前よりも今日の方が合意に至るのは困難である[3]。
しかしながら、1990年代初頭以降、「科学の最難問」を考え始めるのに新しい方法でとりくむ言語学者、考古学者、心理学者、人類学者
その他の専門家の数が増加している[4]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:21:01.26 ID:GajcGjc/0
オレは大体想像つくけどね
まだ裏付けがないから、学会には発表してないが

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:21:41.72 ID:k+inLb4O0
言語が全く異なる国同士で意志疎通を図れているところも謎

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:21:56.69 ID:ut3r8A+e0
オレは大体想像つくけどね
まだ裏付けがないから、学会には発表してないが

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:23:00.55 ID:RpWVqGqu0
そこでバベルの塔ですよ

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:23:31.91 ID:asrRl46i0
サルのウキーが最初
解決

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:23:39.98 ID:Yu7jPVBT0
例えば、1万年前の縄文時代にタイムスリップしたとして、会話はできるのだろうか

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:24:25.05 ID:NYCejFfk0
んなもん生物なんだからコミュニケーションくらい取る

植物だって会話してるのに

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:24:50.84 ID:P8Ati7uz0
例えば「りんご」はなぜ「りんご」と言うようになったのか
あと古代壁画に書かれてるような奴はどうやって解読したのか
手がかりねーだろ

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:24:52.36 ID:8vYHfUSJ0
モノリスが全部やった

11 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:25:00.75 ID:RpWVqGqu0
>>7
ニヤニヤしながら腰をクイクイ動かすと向こうもニヤニヤするはず

12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:27:20.33 ID:AU1Uz6t/0
とりあえず動物としての人類のやりたいことって大体同じだから言語は通じなくても意思疎通はできるよ
高度なことは無理なんだろうけどそこからが人間の人間たる由縁なんだろうな

13 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:27:59.02 ID:qKyN8TKw0
音にならないジェスちゃのような、身体言語(body language)は言語(language)か
言語だとしたら、ジェスチャーとジェスチャーではない体の動きを峻別するものはなにか
お腹が痛くてとっさにお腹をおさえたその動きと、
お腹が痛いことを相手に知らせようととったお腹をおさえるジェスチャーの違いはなにか
笑うことも泣くことも感情を伝えるジェスチャーであり、言語なのではないか

みたいなことを考えるのか?
楽しいけど不毛だな

14 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:28:14.32 ID:Yu7jPVBT0
人が言葉を喋るようになって数万年、文字を書くようになって数千年

15 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:29:25.53 ID:6sU47fRo0
ある程度集落が大きくなって収穫物の数を数えるようになってからかな

16 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:29:40.11 ID:OSUhjGqZ0
鳴き声から始まったのは確実だろうけど自然と文法が出来上がっていくっていうのはすごいよな
言語がなきゃ時制なんていう概念は確実につかめないだろうし

17 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:29:48.50 ID:+KjSeDpO0
>>1
ジュワ、ジュワワ!ジュワジュワ?

18 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:30:17.99 ID:hwFj53qU0
言語らしい言語が何時出来たのかは気になるわ、すべての言語の元となったバベル言語みたいなものがあるのか
それとも、地域地域で自然発生したのでインド・ヨーロッパ語族とアルタイ語族は当時から意思疎通が困難だったのかとか

19 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:30:29.62 ID:Yu7jPVBT0
言語が出来る前は、思考はどうやって行っていたのか

言語が生まれたから知能が発達したのか

20 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:30:35.33 ID:Mg0r3e1z0
最初の言葉は
ママ
はは

21 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:31:01.74 ID:kwCcpZ+x0
>>9
>古代壁画
どの古代壁画だよ

22 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:31:18.96 ID:xGuI66Le0
全ての言語に共通する文法法則みたいのがあるんだっけ
あるとしたらつまり…つまりどうなるの?

23 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:31:53.57 ID:lnlaHjVX0
「ウホッ」
「アーッ!」
言語の起源なんてそんなものだろう
クジラだって鳥だって言語に近いコミュニケーションをとっている
人の脳が発達したからその表現が高度に進化したのだろう
何が謎だというのだろう

24 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:32:18.30 ID:fn8ghEdN0
>>1
起源って意外と簡単に辿れるはず
かなり前に豊川銀行が倒産するデマが流れて大騒ぎになったんだが発祥は簡単に特定できた

25 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:33:04.02 ID:kwCcpZ+x0
>>24
あれはデマの中で最も特殊な例だ
アレ以外であの規模のデマの元を辿れた例は一件も無い

26 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:33:20.42 ID:cYXLTH3A0
筒井康隆の短編でこういう感じのテーマのやつあったよな
言葉出来立ての原始人の生活描いたやつ

27 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:33:34.15 ID:RiJjotIk0
パプアニューギニアの原人とアマゾンの原人を無人島で出会わせて観察実験してみたいな

28 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:34:02.53 ID:xi8U0jZRO
AをなぜAと呼ぶのか、そしてなぜAをAと呼ぶ事にしたのか、そもそもなぜAをAと認識しているのか
原因は偉い人が基準を作ったからなのだろうけど、そいつはなぜAをAとする事にしたのか

29 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:35:25.74 ID:DOBVgjvf0
りんごのことを日本の類人猿は「ンゴッ」と発声し
ドイツの類人猿は「アプェッ」た発声しただけだろ

30 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:36:33.45 ID:rVsSstwT0
言葉の本当の意味での起源なんて辿れないよ
原始人が適当に発声したのが元になってるからな

31 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:38:00.65 ID:2Toh4t4D0
名詞が作られたのは多分最後の方だろうな

32 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:38:20.30 ID:ltRLmr380
火を

ヒと呼ぶのはまあわかる

ファイヤーはないだろ ながすぎだろ!

熱いときどうすんだ ファイヤーって叫ぶのか 火傷すんじゃんよ

33 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:39:33.02 ID:rOsKHB9F0
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水魚魚水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水
水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水水

34 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:40:25.09 ID:oyPcXq730
>>32
お前熱い時火ー!って叫ぶんか

35 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:40:40.66 ID:Yu7jPVBT0
お前ら、単語の話しかしないのな

想像力が乏しいな(´・ω・`)

36 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:42:52.42 ID:Qys0rddo0
地域や民族によって別々の発達を遂げたのもすごい
発音や文字、文法も全く違う!

37 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:43:05.21 ID:GqUPnFc+0
脳があるレベルに達すると言語を用いようとするんじゃね?
子供が誰に教えられたわけでなく〜菌って遊びだすのと同じで

38 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:43:17.90 ID:ltRLmr380
最初は名詞だろう

名詞なしでどうやってほかの単語を発達させるんだよ

白いっていう形容詞は白という名詞が生まれる先に生み出せるのかよ

39 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:44:17.54 ID:0J+4qqt70 ?PLT(12400)

臭い屁をかいで思わず「くっさ」
これが人類初

40 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:45:18.83 ID:k8uAZKem0
言語学関係の資料や解説はWikipediaが異様に充実している

41 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:48:34.35 ID:3XfD1Qh70
犬や猫も人間みたいな言葉発しかけるときあるよなw

42 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:49:22.24 ID:lnlaHjVX0
>>35
例えばネラーならウホッと言っただけで随分と大量の情報を共有できる
それを具体的に表現すると膨大な言語が必要になるがネラーどうしなら言語化する必要はない
コミュニティーの中であれば複雑な表現が必要ではないと言う事だ
大規模な集団になって共通の情報が限られてくるようになって初めて複雑な言語が必要になる
複雑な思考に複雑な言語が絶対に必要だろうか
言語が未成熟であったらなら単純な表現が複雑な情報を持つだけではないかと思う

43 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:49:29.08 ID:zjJ44gae0
ゴリラやオラウータンは100単語くらいの言語体系持ってるんだろ。
それも言語って呼ぶなら起源は500万年以上前になっちゃうぞ。

44 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:50:14.63 ID:AU1Uz6t/0
言語があるから所謂人間の知能とか知性とかが発達したんだろうな
でもそれはあくまで人間っていう範疇の中だけでのことだと思う

45 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:50:28.68 ID:1BxlgEoN0
>>32
うわぁ
英語はカタカナ読みより短いよ
頭だけ発して語尾は濁す
ファイヤーはファヤ
ウォーターはワラ
みたいな感じだから

46 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:54:17.71 ID:ltRLmr380
1で言ってる事は要するに

ライオンの事だろ

群れで狩りをする肉食動物は何語で打ち合わせしてるんだ

それは言語のルーツだろう しかしそれをいれると哺乳類誕生まで遡るし

恐竜だって鳴き声でコミュニケーションをとった可能性がある

鳴き声のなきわけを言語とみとめないとすると いったい言語として認めるのは何からか という事になる

47 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:55:42.68 ID:ml3WTejh0
学者はなんというか知らないが小動物で鳴くのが言語の始まり
人間は一回チューとかピーの時代に戻った方が良いのです

48 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:55:45.54 ID:xi8U0jZRO
音や擬声語辺りがベースになったのは想像に難くはないけど、そう考えるとラテン語が意味不明すぎる

49 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 01:58:59.80 ID:B7nKaO5J0
言葉の起源なんて言い始めたら鳴き声の起源まで遡らなくちゃいけないし
そもそも言葉と鳴き声の差なんて言語と方言の違いくらい曖昧だろ
そんなことより世界中に散らばる神話の起源の方が気になる
これは明確に「生まれた」と言え得るし

50 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:01:05.88 ID:wYPx2/B30
文法なんかは自然と生まれたという感じではなく一部の天才が考え概念を広めという気はする

51 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:01:23.15 ID:re4kjqWGO
バベルの塔の話になんで言語のことが入れられたんだろうな

52 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:02:47.86 ID:ZOGoFYFg0
>>11
発想がキモすぎてワロタ

53 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:03:05.03 ID:YM65xwgb0
>>50
生成文法知らんの?

54 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:04:11.13 ID:bppZGNj90
マンモスのことをどう仲間に表現しようか悩んでジェスチャー交えながら
「うがー」って発音したのが訛ったらしい

55 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:04:47.27 ID:ltRLmr380
なんで当時の連中は

今日は新しい言葉を作ったとか

日記に残してないの

56 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:05:39.55 ID:xi8U0jZRO
>>51
あの手の物は事実を元にした教訓ファンタジーなんだし
「大規模な工事に異民族やら他言語話す奴を集めると、通訳やら責任者が倒れた時にグダグダになって終わるぞ」
ってな事を後世に残したかったんじゃないの、今も昔も土木建築は一大事業だし

57 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:06:49.66 ID:pDsFTkVW0
>>55
文字作るの疲れんじゃん

58 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:06:55.70 ID:Gw6EsF7b0
そんなことより全世界英語化はよ
日本語なんていらねーよ日本人も生まれたときから英語で話すようにしろ
英語以外の土人語は排除しろよ そのほうが楽だろうが

59 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:07:50.64 ID:crMa8z+60
ヒッタイトだっけ原初のアルファベットは
はじめに体系化した奴は現代でも通用するような天才なんだろうな

60 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:08:38.11 ID:Ns113ObK0
これは何?という言葉を覚えると、その言語を加速度的にマスターできるらしい

61 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:09:03.29 ID:tGawX3ed0
語族は幾つかあれどそもそもは出アフリカでアフリカから出てきたんでしょ?出アフリカ時代はどんな言葉しゃべってたんやろ、言葉と言えないレベルだったのかな

62 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:09:35.09 ID:ltRLmr380
言語はまだしも

文字は 新しいものを作ったら 記録に残すんじゃないか?

残さなかったら 意味忘れたりしたら失われるじゃないか

あと 誰が作って誰がどうやって広めたんだろうか

作っても広まらずに失われたものもあるんだろうか 2chではやらなかったAAみたいに

63 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:11:44.83 ID:Ns113ObK0
まずは母音系の発音から始まっただろうな
あ〜お と、んだな

64 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:14:10.14 ID:s+lk9vKq0
>>63
言葉の喋れない産まれたての赤ちゃんの発音が参考になるかもな

65 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:15:07.84 ID:rIroeWYL0
バスク語は他の言語との共通点がほとんど無いらしいね
なんかそこらへんから掴めないのかね

66 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:15:18.15 ID:TXLGdd2M0
>>29
だとするとンゴッ、アプェッと呼ぶようになったのは何故か

67 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:15:25.83 ID:NYCejFfk0
>>62
AAの栄枯盛衰は面白そう
一行AAでは(´・ω・`)が女子ブロガーにも多用されてるし、一番生き残りそう

やる男は力作多かったけど、最近駄目だな

68 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:16:07.90 ID:Yu7jPVBT0
>>62
中国の場合、王朝に仕えてた文字の書けるインテリが、
王朝が滅んだ時に地方に散らばり、文字を広めたそうな

『仕事に効く 教養としての「世界史」』って本に書いてあった

69 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:19:03.08 ID:ltRLmr380
最初は鳴き声そして次にオノマトペだろうな

オノマトペは言語と認めざるを得まい しかし鳴き声とオノマトペはどう差別化するのか

意味のない遊びとしてのオノマトペが沢山生まれて消えていった中で

意味とは何かという事に思い至った者が意味の追求をしていき意味のある単語が生み出され

ほかの奴がそいつを見て理解したというような気もするな

70 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:19:07.30 ID:3mONklZ50
アンダマン諸島の島だっけ、謎の言語で生活してるとこ
調査しようとして上陸したら殺されるから何も分からないんだよな

71 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:21:01.24 ID:rIroeWYL0
>>70
なんだよそれ怖すぎ

72 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:21:09.69 ID:sEN91xpI0
2001年宇宙の旅に書いてある

73 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:21:56.99 ID:s+lk9vKq0
>>69
個人で終わらず集団に広まったという事は
あらかじめ人間には言語を構築出来る基礎があったのかな
普遍性がないと広まりようがないもんね

74 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:22:19.89 ID:LxnhNve10
言語の起源については狩や共同作業での歌から生まれた説がある。狩で歌う意味の無いリズムから単語が生まれたという説
この説を補完するかは分からないけど、サヴァン症候群で見られる驚異的な記憶力と演算力は原始的な能力で、ヒトは言語を獲得する事と引き換えにこの能力を失ったという説がある
つまり昔は記憶力だけで狩場や雨季や危険な食べ物を管理していたけど、言語の獲得で情報共有が可能になって、全て暗記する能力を失ったみたいな説

75 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:22:36.92 ID:Yu7jPVBT0
>>70
アンダマン諸島ってつい数十年前まで素っ裸同然で生活してたとこだよな

最近は服着てるらしいが

76 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:22:38.07 ID:85gDEDjw0
はじめて海をみた原始人が「うっ」と発声した
これが海という言葉の起源な

77 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:23:45.89 ID:ltRLmr380
たとえば 火を てんでに ボーボーとか ゴーゴーとか 表現していたかも知れない

これは言語とみなすのかどうか 共通の呼び方があったほうがいいという事に誰かが気づいたか

あるいはどこかのコミュニティで偶然的に呼び方が共有化されたのか

そういう経験を経て オノマトペになりやすいものから共通の呼び方に統一されていき

それらをベースに更に高度な言語が生み出されていったのかもしれないな

78 :70:2014/03/22(土) 02:23:59.16 ID:3mONklZ50
ググったら北センチネル島だった
スマトラ地震の時救助に来たヘリに矢を放って追い払ったらしい

79 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:24:22.82 ID:umwnCuYf0
ジョン万次郎が英語ペラペーラになるんだから
何の不思議も無いな

80 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:25:10.41 ID:crMa8z+60
>>70
北センティネル島だな
周りの島の状況を見るに、アフリカ系の末裔だろうね
パキスタンやイランなどインド洋の各地に、うまいこと混血できなかった、
出アフリカ系の子孫が暮らす部落みたいなところが残されている
それと同様なんだろうと思うけど、インド政府すら近づけてないんだよな

81 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:25:14.01 ID:s+lk9vKq0
>>76
射精かよ

82 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:25:45.84 ID:Yu7jPVBT0
>>78
>>80
ぐぐったが、すげえとこだな

83 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:26:21.09 ID:TXLGdd2M0
>>62
>>67
そのAAだとらん豚の表現にも使われてるように、後から別のニュアンスを含むようなった言葉とかどの様にして認知されたんだろうな

84 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:26:27.48 ID:rIroeWYL0
俺も今調べたけど世界の広さを痛感したわ
本物じゃないか

85 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:27:14.12 ID:MO0ujVhI0
>>7
逆のパターンで数年前にNHK BSでやった海外のドキュメンタリーでは
北欧じゃ数万年保管する核廃棄施設で数万年後は言語も記号も概念が変わるから
各種警告板をどうデザインするかを真剣に議論してるってやってたな

86 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:27:45.77 ID:crMa8z+60
>>75
アンダマン諸島自体はWW2前後にインドが入植して、そこそこ栄えてる
俺も旅行で行ってみたけど、なかなかいいところだった
あとは地理上、ミャンマー人もたくさん住んでて、
インドとミャンマーの文化の融合点という感じで面白い

87 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:28:07.64 ID:Cdd30Pz30
犬の遠吠えは言語になる?
まず言語の線引きがよくからん

88 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:28:16.33 ID:ltRLmr380
関係ないけど2chて日本人の社会形成のモデルをみているような気になる事がたまにあるな

89 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:29:08.44 ID:rOsKHB9F0
もともと赤ん坊は、自分と外部の区別すらついてないらしいよ。超絶のっぺりのケイオスワールド。
そこのとこを父性の介入で、無理矢理分離させられ、事象の境界線を認知せざるを得なくなり、
はじめて言語世界に参入する手がかりを得る。
同時に、インストールされた言語の働きで、事後的に−言語に乗っ取られる形で−自我が形成される。
っていう、精神分析の鏡像段階って説があるんだす。
これに則れば、言語の起源をを問う主体は、まさにその言語によって形作られてるんだから、超絶堂々巡りなわけです。
以上、科学、哲学における最後のハードプロブレムが言語問題だということの所以でありんす。

そもそも、人間が先か、言語が先かそれすらよう分らんのです。

90 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:29:58.46 ID:BChdG3sr0
言語学を科学に分類しちゃう男の人って・・・w

91 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:30:55.68 ID:LxnhNve10
>>73
実はホモサピエンスの能力は優れた知能じゃなくて言語を生み出す事と言う説があります。文字を持たない民族は存在しても、言語を持たない民族は存在しなくて、
クレオール言語が世代を下るごとに洗練されるという事実に基づく説です

クレオール言語とは言葉の通じない者同士で出来たコミュニティから自発的に生まれる言語で、これは発音だけでなく手話なんかのジェスチャーも含まれるのですが、
どのクレオール言語も親の世代から子の世代に下る時に飛躍的に複雑化します

92 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:31:44.57 ID:ltRLmr380
言語の共通機能の一つに

いくらでも話を続けられるという機能がある

たとえば

今日は晴れだった。 とAさんが言った。 とBさんが言った。 とCさんが言った。 と・・・

と無限に繋いでいけるという機能 これがない言語が最近発見されたそうだが

93 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:32:12.61 ID:s+lk9vKq0
確かに、言語が発達してない頃の思考はどうなってたんだ?
写真的なイメージで全てを考えていたのか

94 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:33:13.22 ID:BcV/WPtY0
動物同士も意思疎通してるんだから
意思疎通が最初にあってそれが言語に成長したんだろう

95 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:33:18.80 ID:SakJFyP+0
(^ν^)「メシ、風呂、ゲーム、2ちゃん、アニメ」

お前らの言語もこんな感じだろ

96 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:34:29.66 ID:rOsKHB9F0
>>91
離島に赤ん坊を複数置いといたら、おそらく彼らは勝手に言語つくってコミュニケーションはじめちゃうだろうなー
とはいわれてるよね。
ヒトの脳みそがそういうふうにできてるらしい。

97 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:34:31.00 ID:6U++2Qua0
「光あれ」と神は"言われた"
光より先に言葉があったってことだって書いてたの誰だっけ
ミヒャエル・エンデだったか?

98 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:34:58.02 ID:ltRLmr380
名詞より指示代名詞のほうが先だったかもしれないな これ それ あれ ここ こう

99 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:35:21.68 ID:SakJFyP+0
宇宙共通語は数学

100 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:36:56.50 ID:TXLGdd2M0
首を縦に振ると肯定、横だと否定の意味になるのは世界共通のジェスチャーなのかな?

101 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:37:01.15 ID:+eRjnDxF0
遺伝子でなんとかなるだろ
なんとかなったとことで、で?って感じの感想しか出なそう

102 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:37:09.63 ID:3JsjBCnr0
「うんこ」ってかなり最初の方に名詞を与えられた存在だと思う
自分のケツからあんなすごい臭くてまがまがしいものが出てくる
男・女・天・地・太陽・月・星・雲・水・土・血・肉ほらこのへんでうんこ出てくるじゃん

103 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:38:36.71 ID:vZnZzTic0
どこが科学だよボケ死ね

104 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:38:53.02 ID:rOsKHB9F0
>>97
それはよくわからんが、「無意識は言語のように構造化されている」という精神科医ラカンの有名なテーゼもあるね

105 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:39:16.14 ID:Yu7jPVBT0
センチネル族
http://www.youtube.com/watch?v=7yehiEiuFu4

威嚇してるのか踊ってるか分からんが、まさに未開の部族だ

106 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:39:17.40 ID:ltRLmr380
文字の意味づけは最初に考え出した奴が決めた意味がある事だろうが

最初は一応最初に決めた意味で広まったのだろうか

107 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:40:27.35 ID:Yu7jPVBT0
>>100
逆のとこもあったような

108 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:41:53.46 ID:vZWxcE0b0
最初の頃はマンモスのことを
「ウー」と呼ぶ小集団や「エー」と呼ぶ小集団などが
割拠していたが、次第にある程度交流の活発な小集団同志で
交流し続ける内にマンモスになったんじゃね?

109 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:42:26.74 ID:s+lk9vKq0
>>102
うんこって考えた奴は天才。一番しっくりくる
”糞”や”便”は造語臭さがハンパない

110 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:42:26.88 ID:crMa8z+60
>>100
インドは首を横に傾げると肯定の意となる

111 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:44:28.19 ID:ltRLmr380
少ない文字数の単語から先にできた説

112 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:45:44.43 ID:PqZLSO2z0
アフリカの国の言葉聞いてみ
なんか感情をそのまま口に出したような言葉だぞ
ヒントはそこらへんにあるんじゃないかと

113 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:46:04.46 ID:ltRLmr380
二次熟語はその二文字が誕生する前にはなかったという事なんだろうか

114 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:46:47.29 ID:LxnhNve10
これは大学で言語学を専攻していない全くの素人の予想なんだけど、地球の生き物は全て共感覚を持っていて、界・門・綱・目・科・属・種と分かれるごとにより具体的な感覚を共有すると思う
スズメバチの警告色、唐辛子の赤は地球の生き物は共有して危険な印象を持つ感じ。俺はコミュニケーションは絶対に共感覚が無いと成り立たないと思っているんだよ

だから宇宙からの知的生命体とコミュニケーションを取る日が訪れたとして、もし互いに共感覚が無いならコミュニケーションは無理なのではとか妄想してる

115 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:47:09.13 ID:ajE88aEx0
双子の子は、双子にしか通じない言葉が自然発生するらしいよ
二人だけの方言みたいなものがすぐ出来るらしい

116 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:47:53.35 ID:vZWxcE0b0
真面目に考えると、
元々群れで生活する生物の間には、円滑に意思疎通したいという欲求が存在した。
そして人類場合、知能が発達して、丁度言語を操れる水準に達した辺りで
その普遍的な欲求に従って、その高度な知能を用いて必死に物に固有の呼び名を編み出して
コミュニケーションをとるようになる。
さらにそれと同時に、やはり複雑な情報をやりとりしたい欲求から工夫して話してる内に原始的な
文法が誕生したんでないだろうか。
そして、そうした動きが世界中の人類の間で同時に進行する内に、独自の言語が各地で作られたのだろう。

117 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:48:00.85 ID:rOsKHB9F0
>>102
うんこは超重要、鋭いな
まなざし、糞尿、おっぱい、このあたりが言語獲得の根底にあるといわれとうよ

118 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:48:57.19 ID:crMa8z+60
>>114
界・門より高次元の種族がやってくるんだろうし、
なかなか難しいだろうね
でもそこにいろいろな可能性があるだろうとは思う

119 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:49:11.97 ID:ltRLmr380
日本なんて漢字が入ってきたわけだけど

その前はどうなってたの 文字なかったわけ

言葉はどうなってたの 山中 なんて言葉は漢字が入ってくる前はなかったわけ

大昔の日本人は漢字を漢語のまま読み書きできたらしいな

要するに単に中国人が日本に住み着いて本国とは違う変化を遂げていったという事なのか

120 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:49:24.03 ID:+eRjnDxF0
ナンセンスだな
経験論以外はオカルトや

121 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:50:27.53 ID:Ch89iivHO
起源はさほど興味湧かないな
それよりも、いつどこで何がどうなってこんなにも多様に分化してしまったのか、そちらを知りたい

122 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:50:49.05 ID:rOsKHB9F0
>>120
言語って究極的には、超越論的にしか語れなくない?

123 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:51:01.70 ID:3lI/9Ffk0
>>76
吉本隆明ね。それ言語学の世界ではボロカスらしいよ

124 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:51:51.83 ID:upA/TIIE0
単語だけを持つ動物ならけっこういる。鳥や猿とか。
でも文法構造をもってるのはヒトだけ。どうしてヒトだけが、そしてどうやって文法を獲得したのか。これが一番の謎

125 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:52:03.28 ID:ajE88aEx0
「ママ」「マンマ」って発音は大抵お母さんの事をさす
「まんま」が「ご飯」って意味になる日本語は珍しいらしい

126 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:52:06.22 ID:Yu7jPVBT0
>>119
人類が言葉を話すようになって数万年、文字を書くようになって数千年

言語の歴史からすると、文字が出来たのはまだ最近

127 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:52:11.04 ID:rOsKHB9F0
>>76
言語にとって美とは何か でやんすね

128 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:52:45.92 ID:jMO0wU/F0
言語学の歴史が凝縮されてるなこのスレはw
>>120がだいたい19世紀後半

129 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:53:05.44 ID:3lI/9Ffk0
>>124
しかも生まれたばかりの赤ちゃんはあらゆる言語に適応出来るという謎

130 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:53:25.92 ID:xgnEiIl50
まだ発表してないけど、日本語のわからない米人と英語の全くわからない日本人を一緒に生活させたら、半年後そいつらだけの物の呼び名が出来上がってた

131 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:53:41.45 ID:Ch89iivHO
>>119
山ん中でクマに遭ったけど、それがどうかしたって?

132 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:54:20.88 ID:lSQzi2yY0
こんな時間にスレ立てても直感人類学で立て板に水な大先生が暴れるだけだぞ
比較的層が厚い歴史スレですらそんな傾向なのに

133 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:54:39.88 ID:Yu7jPVBT0
>>96
>>129
でも、狼に育てられた少女は、その後教育しても片言の単語しか話せなかったんだよな

134 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:54:55.76 ID:ajE88aEx0
十姉妹が文法を持つ話があったな


ジュウシマツの歌で「言語の起源」にせまる
http://www.athome-academy.jp/archive/literature_language/0000000193_all.html

135 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:55:21.04 ID:umwnCuYf0
>>124
ミツバチの8の字ダンスとか文法と言えなくもないだろ
絶対的な差じゃなくて程度問題じゃね

136 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:55:29.54 ID:rOsKHB9F0
>>114
うん、無理だとおもう。たとえば、四次元空間を普通に知覚できる生物と、概念を共有できるとは思えない

137 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:55:31.06 ID:+eRjnDxF0
>>122
そうかもね
でも外部から見たら発声や会話って作業してる
人間以外に言語をもつ動物がいれば生体実験できるのにね

138 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:55:31.31 ID:MQZ8E55a0
>>125
これ言おうとしたらもう書かれてた。
ヨーロッパだけじゃなくて中国でもお母さんはMaなんだよな。
もっとも単純な子音ともっとも単純な母音の組み合わせだから、
赤ちゃんに取って大事なものに割り当たってるって大学で習った。

139 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:56:24.86 ID:umwnCuYf0
>>133
アマラとカマラの伝説はかなり怪しいらしいぞ
幼少期の言語環境が重要なのは間違いないけど

140 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:56:24.88 ID:ajE88aEx0
>>133
狼少女は捏造疑惑が

141 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:56:30.40 ID:ltRLmr380
>>126
しかし中国は山と中という文字が生まれる前に山中という言葉はあった可能性もあるが

日本だとそれはないだろう 音読みだし

文字がなかった頃の日本は中国に比べてはるかにレベルが低かっただろうな

言語が発達していないと知性も発達しまい

142 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:57:01.95 ID:fysDkA5o0
>>96
倫理観無視したらいろいろ捗るな

143 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:57:59.93 ID:Yu7jPVBT0
>>129
生まれてから10歳くらいまでの脳の成長って、
人類の進化をそのままたどってるらしいね

生まれてから3歳くらいまでは、原始人の脳に似てるそうな

144 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:58:15.27 ID:rOsKHB9F0
>>133
赤ん坊は時間経過とともに、環境にシナプス最適化させちゃって、元の可塑性を失うという研究結果があるんだよね
年取ると融通が利かなくなるのはそういう訳があるらしいよ

145 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:58:22.17 ID:upA/TIIE0
誰か生成文法や認知言語学のおすす本教えて

ジャッケンドフの『言語の基盤』は面白かった

146 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:58:25.94 ID:bYcLsqXO0
日本語では水とお湯とこういう言葉があるのに
英語では水とあったかい水になるのはなんで

147 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:58:50.39 ID:ltRLmr380
>>131
なぜお逃げなさいといったくせに

追いかけてくるのか!

148 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 02:58:50.92 ID:vZWxcE0b0
>>124
ある程度高い知能を持つ生物が
単語を扱ってコミュニケーションを取ろうとすると
必然的に文法が生まれるんでないか
未熟な知能を持つ生物が、進化するに従ってより多くの単語を
扱えるようになると、それを並べるだけでもかなり複雑な情報を
やりとりできるようになる。
その次に接続詞を使うことを考えつくのは、そんなに難しいこととも思えない

149 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:00:07.94 ID:iDjRmpbg0
言語がヒトの自我を作るって説があるけど
元々ヒトは言語無しでも自我が有ったが言葉が自我を作るようになり言語無しでは自我が持てなくなったんじゃないかと思う

150 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:00:30.07 ID:qUT03va50
ボディランゲージが先だと思う
自然言語は音階って決まりごとが存在してないとコミュニケーションとしては著しく効率が悪いからな

151 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:00:40.48 ID:ajE88aEx0
手話も自然発生だよね
国や地域によって全然違う

152 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:00:57.43 ID:Yu7jPVBT0
>>144
後から外国語を学ぶのとは違い、言語が話せない人は、あとからどう教えても無理ならば、
やっぱ、言語に共通の脳の働きがあるんだろうか

153 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:00:59.53 ID:umwnCuYf0
>>146
湯浴みの習慣の有無でねーの

154 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:01:24.29 ID:ltRLmr380
言語がなかった頃には理屈っぽい奴もいなかっただろう理屈がないわけだから

おまえらも女に嫌われることもなくセックスくらいさせてもらえただろうにな

155 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:02:24.21 ID:s+lk9vKq0
>>146
日米が逆のものもあったりするよな
後から入ってきた概念は単語の組み合わせになりやすい気がする

156 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:02:34.33 ID:upA/TIIE0
>>135
ダンスには統語構造がない。つまり、組み合わせによって無限の表現が出来ない。だからヒトの言語とは絶対的な差がある

とおもう。素人的には

157 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:03:01.47 ID:ajE88aEx0
>>154
数学は言葉で考えない
理屈は言葉が無くても考えられる

158 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:03:34.14 ID:rOsKHB9F0
>>137
ねー、それができたらいいのにね
実は高度な言語活動をしている生き物もいるかもとは思うよ、ただ、ヒトが認知できない形式なだけで

159 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:04:46.03 ID:Ch89iivHO
まぁ非人道的と非難轟轟となるだろうけど、
赤ん坊の数人を言語から完全隔離された空間で成育してみれば何か見つかるのかもねー

160 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:04:57.38 ID:ajE88aEx0
言語って、不完全だよね
言語が不完全すぎるから喧嘩になるんだよ
そして「大切な事は言葉ではいえない」とか言っちゃうわけ
本当に不完全すぎる
いいかげん進化しないの??

161 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:05:01.37 ID:iDjRmpbg0
ヨウムのアレックスとかは文法を扱えたのかな

162 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:05:03.46 ID:N7Tif3YQ0
チンパンジー同士って会話成立したりしないの?

163 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:06:57.74 ID:ltRLmr380
概念は概念を表す言葉がなければ広まりにくいだろう

たとえば阿修羅は人の心の中の怒りを概念化させたものだが

心の中の怒りを抑えなさい だと理解されにくかったんじゃないだろうか 怒りの概念になじみがなくて

164 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:07:55.81 ID:Yu7jPVBT0
>>146
風土や生活の関わり度合いで変わるとか

日本は水が豊かだから、「水」と「湯」の2つがあるんだとか

「雪」は日本語では一つしかないが、エスキモーの世界では複数の呼び名があるらしい

165 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:08:44.20 ID:4Hq9WOra0
>>3
その通り。
つうか逆に、言語体系が異なっても、共通する概念が多く存在したグループだけが生き残り、その発達した結果だけを、我々は見ているだけかもな。

166 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:08:55.40 ID:iDjRmpbg0
>>163
明治維新の頃の知識人は英単語を日本語に訳すとき日本に無い概念をどうするか悩んだらしいな

167 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:08:56.37 ID:3mONklZ50
>>163
とすると言語より先に宗教が生まれたのかな

168 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:09:13.97 ID:rOsKHB9F0
>>152
自閉症とかだと器質的に観念連合に障害が出る、おそらく統合失調も同様かと

169 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:09:33.71 ID:ltRLmr380
だから阿修羅という概念の象徴を作って

貴方の心の中にいて暴れる阿修羅をしずめなさいとかそんな教え方にした

仏教は概念をいちいち仏にしていて 概念の概念がなかった頃にわかりやすく教えようとしたものなのではないかと

思う

170 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:10:50.90 ID:s+lk9vKq0
>>160
そう、そこなんだよな。
言語はあくまで普遍性がありながらも万能ではない。
本当に言いたいことの95%でコミュニケーションしてるに過ぎない。

171 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:10:54.32 ID:HRINU8yq0
女性名詞男性名詞だっけ?なんか男が使うか女が使うかで変わる品詞
あれも不思議というか面倒なもの考えたよなあ
なんでああなったんだろ

172 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:11:24.05 ID:TXLGdd2M0
>>164
確かアイヌ語にも雪だかを表現する単語がごまんとあるんだよな
>>110
>>107
まじか。ジェスチャーも過信は出来ないな

173 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:12:23.02 ID:4Hq9WOra0
>>150
音が先なのか?
図形が先で、音での識別は後から発生したんじゃないか?

174 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:12:52.77 ID:Km//lz1E0
日本語の起源がインドの山の中っていうのも謎だ

175 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:13:04.80 ID:ltRLmr380
言葉のない頃だったら

おまえらが女に赤ちゃんプレイしても

ひかれる事なかっただろうな

176 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:13:48.73 ID:oyPcXq730
>>114
まず五感に互換性があるのかどうか

177 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:14:18.75 ID:et0+Dn6M0
そういや追加で新しいひらがなや漢字は作らないのかね

178 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:14:25.53 ID:rOsKHB9F0
>>160
言語っていうかロジック自体が原理的にそうなんだよね
毎月windowsのセキュリティアップデートせにゃならんのが、その証拠ですわ

179 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:15:09.01 ID:Ch89iivHO
面倒くさいよね言葉って
始めがあって終わりがあって
幾つもの事柄を同時に伝えられなくて
文章もだけどさ
こんなんでは今見聞きしている世界の事や、頭の中で考えたり思ったりしてる事なんて到底伝えきれるわけがない
言葉に囚われるとバカになりそう

180 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:15:15.73 ID:ajE88aEx0
>>173
悲鳴とか泣き声とかが先でしょ

181 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:16:16.16 ID:l1z2WbG00
チョムスキーが無名過ぎてワロタwワロタ…

182 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:17:23.64 ID:ltRLmr380
おまえらは言語に支配されているよな

思考するのは全部言語を用いてだろ

文章を推敲するように思考していくだろ

もはや全く言葉を思い浮かべずに思考する事は困難だろう

183 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:17:41.29 ID:85gDEDjw0
将来の理想は"夢"
英訳するとDream

寝ている時に見るのも"夢"
これも英訳するとDream

なんだが、偶然なの?

184 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:18:02.10 ID:Yu7jPVBT0
>>183
俺もそれ思ったことある

185 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:18:11.33 ID:QIKPiwTi0
〜的っていう言葉は明治時代に〜ticという単語を音訳して作った

186 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:19:07.47 ID:s+lk9vKq0
>>177
むしろ減る一方だな
日本語の発音も1000年前より数が減ってるらしいし
漢字も集約されつつある
ならば最も音の少ない言語が優秀と言えるのではないか

187 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:19:50.59 ID:GXgysULn0
>>11
何か意図してないものに同意して尻出してきたらどうすんだよ

188 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:19:52.50 ID:rOsKHB9F0
テッド・チャンって作家のSFにでてくる宇宙人が、通時的言語っていうのを使ってたな。
ヒトはたまたま今あるような言語体系なだけで、いろいろな可能性っていうのはきっとあると思ってる

189 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:19:54.10 ID:ajE88aEx0
未来の人類はこんな原始的な言語じゃなく
超言語を話すようになるんだろうか?

190 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:20:23.45 ID:Ch89iivHO
ワン!

191 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:21:29.50 ID:qUT03va50
>>182
空間と記号が大半だろ
感情以外の思考に言語使うなんて効率悪すぎる

192 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:21:36.06 ID:rOsKHB9F0
>>181
あまりよくしらんが、普遍言語っていうのは、構造の話で、起源の話ではないと理解している

193 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:22:20.54 ID:ajE88aEx0
>>185
中国でも使うよね

>>190
人間は何故犬と意思の疎通が出来るのか

194 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:22:36.76 ID:oyPcXq730
>>149
それわかるわ
頭の中で独り言をつぶやく形で物を考えてるけど
子供の頃はそれ以外の方法で思考してたような記憶がある

195 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:22:47.98 ID:ltRLmr380
あとさあ アメリカ人のバカな奴って 相当バカだと思うんだよね

おまえらが中学高校で学んだ英単語よりも英単語知らないんじゃないの

筆記体なんて読めも書けもしないどころか存在もしらないらしいぞ

それなのに奴らは少ないボキャブラリーでも英語話せるというのに

196 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:22:56.21 ID:s+lk9vKq0
チョムスキーは政治社会評論家ってイメージ

197 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:23:23.53 ID:4Hq9WOra0
>>180
それだと、警告と喚起の区別つかなくないか?
近くに、でっかい穴ぼこ見つけて、
「うきゃぁ(こっち来ると危ない)」って伝えたつもりが、
「べきゃぁ(何だ、なんだ?)」と思って近づいたら、
穴ぼこへ落ちちゃって死亡とか。

198 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:23:52.00 ID:O9CybPHu0
勿体無い、が日本語にしかないってのもよーわからん
言葉と概念は対になってんのかね

あとkawaiiも英語で表現しようがないからそのままkawaiiって言うらしいけど
cuteやprittyじゃダメなんだろか?

199 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:25:01.18 ID:N7Tif3YQ0
>>177
?や!は英語からパクってもう日本語といっていいレベルで使われるようになったと思う
あとネットでwを語尾につけることで笑いを表現するのもお互いに意思の疎通は取れてるわけだから、最近増えた日本語だと思う

200 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:25:13.84 ID:3mONklZ50
>>298
まあprittyではダメだろうな

201 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:25:26.42 ID:pLI0WlQV0
生成文法の言いたいことは分かるけど人間が普段使う分には複雑すぎるプロセスなきがする
本当に頭の中でこんなことやってんのかって思うわ

202 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:25:46.78 ID:ajE88aEx0
言語がないと思考できないし自我もない、って言う人がよくいるけど
考える時頭の中で言葉なんて使ってないよね?
結論をアウトプットする段に来たら下書きみたいに言葉にするけど

203 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:25:57.64 ID:Y+Y4tnSq0
http://www.youtube.com/watch?v=ZlATOHGj9EY

204 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:26:18.89 ID:Yu7jPVBT0
>>193
椎名誠が台湾か中国に旅行して「○○的」って文字をやたら見て、
「○○的××的△△的なのだ」って文章を書くようになったと書いてた

205 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:26:46.00 ID:ltRLmr380
>>191
まあ職業や生活習慣などにもよるだろうが

プレゼンなど人にアピールする事を考えたり

世間のニュースや娯楽作品などについて考えたりする時に

言語なしは難しいだろう

206 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:26:47.69 ID:4Hq9WOra0
>>194
同意。
で、その頃の方が思考のスピードが速かったことも覚えている。>>191の言うとおりだと思う。

207 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:27:20.57 ID:O9CybPHu0
>>185
中国語の「の」の意味で使う「的」が元じゃないのか?

208 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:28:22.05 ID:9+61GxcO0
古代宇宙飛行士説で全部解決だぜ!

209 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:28:29.98 ID:ajE88aEx0
>>197
A「うきゃあ!」
B「あっちへ行ったら怖い事があるんだな、行くの止めよう」

210 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:30:45.61 ID:rOsKHB9F0
>>202
無意識は言語のように構造化されている。そしてそれは言語の介入によってそうなる。OK?
まあ、証拠は示しようがないんだけどさwww

211 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:31:23.57 ID:ac54BvTa0
いや思考はその言語に支配されてるよ
外国語を学ぶとわかる

212 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:32:06.10 ID:uD/MWob+0
>>70
いまググったけどすげー島だな
島民以外は全員悪魔みたいな宗教でも持ってるんだろうか

213 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:32:10.26 ID:zlpPMu2g0
大学の教養の授業で読まされた
「こころと言葉 進化と認知科学のアプローチ」
って本でいくつかの説をさらっと紹介したり
考え方や研究の方法を説明したりしてた

言語の起源に関することは本全体のうち1/4しか扱ってないから
それだけのために買うとちょっと勿体ないけど
教養科目レベルだから専門知識がなくても読めるので
認知科学と言語学の関係に興味がある人は買ってもいいと思う

214 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:32:13.92 ID:qUT03va50
>>211
具体的にどゆこと?

215 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:32:18.12 ID:oyPcXq730
>>195
英語ってかなり行間で話してる気がする

216 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:32:29.45 ID:ajE88aEx0
言葉の論理性も面白いけど
言語の音楽性の方がもっとすごい
言葉の「調子」で何となく伝わる部分がすごい

217 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:35:34.43 ID:ltRLmr380
思考は言語に依存すると思う

言語に頼らない思考というのはどういうものだろうか

せいぜいピタゴラスイッチ的な事しか思いつかないが

218 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:35:55.71 ID:LxnhNve10
>>176
あ、何で俺が界・門…と分かれるごとに共感覚が具体的になると思うのか分かった。五感が共通するからだ。当然インプット出来る情報が重なれば共感もしやすいから

地球の生き物が同じ共感覚を持つってのは俺の妄想だけど、ヒトは共感覚を持つという学説はあるよ。濁音は重い、破裂音は軽いというヤツ

219 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:36:05.07 ID:7GXBstq+0
>>198
概念と対になってるというか概念の区切りと対になってるというべき
例えばWaterはすべての温度の液体のH2Oを表すが日本語だと水は冷たいものを表しお湯は温かいものを表すという区切りがある。

220 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:36:08.26 ID:N7Tif3YQ0
企業活動がグローバル化する中で、日本は言語がガラパゴスってるから今後落ちぶれていくだろうな

221 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:38:19.22 ID:4Hq9WOra0
>>214
I love you と あなたを愛してる
動詞が先 と 動詞が後

動詞が主体なのか、目的が主体なのか?で、思考法が異なるって事じゃね?

222 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:38:29.86 ID:ac54BvTa0
>>214
たとえば英語を用いてるとしばしば明確な判断決断が強いられる
曖昧な表現に乏しいあるいは曖昧な表現は不自然だから

223 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:39:00.57 ID:g2GWQzgFO
>>42
言語が未成熟というのは、一つの単語が持つ意味が非常に広く、標準的な日常会話の習得に必要とされる単語数が少なくて済む、というような状態を指すのだろうか
それならフラ語は日本語より未成熟な言語になるのか
インドネシア語は反復が確かに未成熟な感じがする

224 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:39:22.99 ID:ltRLmr380
日本が恥の文化なのは敬語があるからだ説

225 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:39:27.18 ID:zlpPMu2g0
>>211
サピアウォーフの仮説はもちろん正しいんだけど
問題は思考の「何に」「どの程度」影響を与えているかだと思うんだよね

イヌイットの言葉で「雪」がたくさんあるから
イヌイットは雪を区別して認識してますよ的なレベルの「支配」なら
なんというか、話者が「支配」を認識出来るっていう点で面白くないけど

統語規則がアイデアの発想を規定してたり
音韻的なルールが話者の情緒に影響を与えてたりっていう
言語使用者が意識できないレベルの「支配」を
オカルトじゃなく認知科学的な手法で記述できたら面白いよね

226 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:39:45.48 ID:nIFSafhd0
>>74
>>194
TV・ケータイ・インターネットに浸ると馬鹿になるとか言うけど、文字誕生の頃から連綿と続くものだったのか
古代エジプトの碑文に「最近の若いもんは〜」ていう愚痴があるって話がよく言われるけど、やはり人間自体は退化してるのか

227 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:40:08.06 ID:ZlXu/qxu0
これは何?

228 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:40:26.35 ID:qUT03va50
>>217
昼飯何にしようから仕事上の施策の洗い出しまで問題解決っぽいもの全般

229 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:40:57.18 ID:ac54BvTa0
>>221
そこは行動か状態か、かな
英語は行動と見ることが多い
日本語は状態と見ることが多い

230 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:41:13.88 ID:rOsKHB9F0
>>214
なんか法律が外国語でできてたりする国とかあった気がする
その国のネイティブ言語では、どうにも法体系を記述できないんだわ
まあ言語に思考が規定されちゃうことの一例として、最適かどうかわからんですけど

231 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:41:36.50 ID:ajE88aEx0
>>222
>英語を用いてるとしばしば明確な判断決断が強いられる

それは外国語だからだよ

英語と日本語の違いはあるけどそれとは違う

232 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:42:38.11 ID:ltRLmr380
日本が日本語捨てて英語だけを使うようにしたら国民性変わるんだろうか

そんな例どっかにないの

233 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:42:40.05 ID:zlpPMu2g0
>>217
スポーツやってると「言語に頼らない思考」に頼ってプレーする瞬間が多々あると思う

「ゴール前に走り込んだAにディフェンスのBが釣られているから反対側のCにパスを出そう」
って言葉で説明することも出来るけど実際の試合中は
ゴール前の様子を見て「言語に頼らない思考」をしてパスを出す、みたいな

234 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:43:28.98 ID:4Hq9WOra0
>>229
なるほどね。構文の違いは、思考パターンにあんまり影響してないんだ。

235 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:43:48.01 ID:ajE88aEx0
>>74
チンパンジーのすさまじい記憶力の良さを見たら
サバンだと思った

236 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:43:57.19 ID:ShmVgicp0
オレは大体想像つくけどね
まだ裏付けがないから、学会には発表してないが

237 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:43:58.85 ID:jFJXiyKxO
>>14
それを考えると原発の管理なんて不可能に思えるわ
核廃棄物の半減期が数万年レベルって人類滅んでんじゃね

238 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:44:04.33 ID:1aZn5M030
>>1
>1866年に、パリ言語学協会はこの主題を禁止するまでに至った。この禁止令は西洋世界の大部分を通じて影響力を保っている[1]。

まあそうだろうな
その土地に無いモノを表す単語がなぜ各国の言語で用意されているのか?
交易の発展に伴う造語だろ、という回答がほぼ正解といえる訳だけど
その未来の造語群に耐えうるだけの基礎文字が最初から全て用意されていた事(日本なら50音)
これを証明しようとすると幾つかの歴史や宗教が崩れるからな

239 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:44:07.25 ID:zlpPMu2g0
>>234
間違いなくしてると個人的には思う

240 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:44:21.98 ID:ac54BvTa0
>>231
いやたとえば自分はタイ語もある程度理解するけどタイ語は日本語同様あいまいなままで良い

241 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:44:41.20 ID:rOsKHB9F0
>>232
列強の旧植民地は大体みんなそうだよね

242 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:45:02.11 ID:upA/TIIE0
>>217
知能テストやったことある?あれに非言語的なやつもあるでしょ
思考は必ずしも言語を介すわけじゃないよ。たとえば失語症の人やチンパンジー、乳幼児は言語能力ないけど思考してる

243 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:45:06.18 ID:4Hq9WOra0
>>232
エスペランサ語
少数だけど、今でも実験コミュニティはあったと思う。

244 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:45:32.31 ID:E/ZgzlEV0
>>214
よく言われるのは色の区別だな
たとえば薄い青と濃い青に対してまったく別の単語をつかって恒常的に区別する言語の話者は
ほかの話者より両者をすばやく区別できるようになるらしい
あとギリシャ哲学の存在論の議論なんかはギリシャ語とか英語みたいにbe動詞がある言語じゃないと
成り立たないらしい

245 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:45:55.01 ID:ajE88aEx0
>>232
英語日本語バイリンガルの人が
どっち使うかで気分や話の流れが変わってくるって言っていた
「こういう話は英語の方がいい」みたいな向き不向きがあるらしい

246 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:45:56.43 ID:qUT03va50
>>222
言語の構造が違うことと思考が言語に縛られてることにどんな因果関係があるんだ?

247 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:46:44.24 ID:LxnhNve10
あと言語に思考は囚われる的な話はソシュールが否定したらしい。言語はその概念・思考を伝えたいから生まれたのであり、常に言語は思考・概念が無ければ存在しない
つまり小説1984で自由という言葉を無くせば自由という概念も消える。結果誰も組織に歯向かわなくなるとされていたのは誤りだと

248 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:47:55.48 ID:ac54BvTa0
>>246
英語はあいまいな表現に乏しく日本語と同様に返そうとするとめんどくさい表現や不自然な表現になりがち
そのためしばしば日本の感覚では強い決定を行うことになる
思考を進めるにあたって結果としてこれはかなりの違いを生じさせるだろう

249 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:48:00.08 ID:veDaOZb60
高校が電気系だったけど素粒子論について触りだけでも知っとけばモチベーション上がったと思うんだ

250 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:48:00.01 ID:ltRLmr380
ドヤ顔 とか 空気読め とかは 新しい日本語だな

テレビが存在する前は番組という単語は別の意味だったわけだし
ネットが登場する前はネットがらみの言葉はなかった

新語の多くは新たな文化に依存するが 新たな文化とは関係ない新語というと何だろう
俺が思いついたのは上記の二つだが
どちらも協調を重視し突出した存在を揶揄する傾向のある日本人らしい新語のように思う

251 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:48:00.95 ID:FKnNg1dm0
シュメールは?

言葉の始まりを考えると、その言葉に縛られて生きてるのが面白い。
法なんて誰かの言葉でしかない。

252 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:48:05.21 ID:ZlXu/qxu0
なんか国民性って突き詰めれば言語にある気がしてきた

253 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:48:57.07 ID:oyPcXq730
>>225
知り合いが同じ人間に頼み事をするのにフランス語だときっぱり断られて日本語だと断られないって話してたわ
日本語がねちっこく言い含める表現に富んでるだけかもわからんが

254 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:49:02.84 ID:ltRLmr380
>>242
ああ ゲームはほとんど非言語的思考だな

255 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:49:12.42 ID:zlpPMu2g0
>>247
シニフィエの区切りの恣意性を説いたソシュールがそんなことを言うとは不思議だなあ

256 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:49:40.17 ID:rOsKHB9F0
>>242
ことば話すよりも幼いころの記憶ってある?非言語的記憶とでもいえばいいのかな

257 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:50:12.72 ID:E/ZgzlEV0
>>151
手話が自然発生するってことは音声言語も自然発生しうるんだろうな
今のあらゆる言語が昔の単一の言語から分化してできたってことはなさそうだ

258 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:50:43.53 ID:jFJXiyKxO
>>67
やるおは大きすぎてスマホむきじゃないしな

259 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:50:55.16 ID:zlpPMu2g0
>>252
イギリス人とアメリカ人は(大体)同じ言語を使うけど
国民性に大きく違いがある

はい、論破

260 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:51:20.63 ID:hMCeEUw60
狼に育てられた少女みたいなのが居るのを見るとコミュニケーションは取れるのかなと思う

261 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:51:30.46 ID:ajE88aEx0
英語だってあいまいだよ
あいまいな言い方が出来るほど英語が上手くないだけ

ただ言葉に思考が引きずられるって言うのはある
それは論理性よりも音楽性とか感覚的なものが大きいと思う

262 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:51:55.25 ID:+76jNPOl0
実はこの前、科学雑誌ネイチャーに言語の起源についての論文出したら

言語研究の歴史を冒とくしていると言われたわ

263 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:51:59.45 ID:rOsKHB9F0
>>247
へえ、信じられん。火星語研究しておかしくなってからの話ならまだわかるけどね

264 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:52:23.02 ID:N7Tif3YQ0
人権無視して人体実験しないとこの分野の研究は進まないな

265 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:52:23.41 ID:ltRLmr380
じゃあ日本人のしみったれた国民性は

何からきてるの?

266 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:52:55.18 ID:eSo3c2Nn0
ニカラグア手話に関するレスがあるかと思ったが意外となかった

267 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:53:26.37 ID:ac54BvTa0
あと日本語は話者に焦点があたる
YesとNoが日本語と英語では逆になる

あなたがおなかがすいていますか?
日本語→はい、すいています
英語 →いいえ、すいていません

日本語は質問の相手に焦点があたっていて質問した相手を肯定する返事になる
英語は質問自体に返答していて否定となっている

こんなんもたぶん思考に影響するんじゃないの

268 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:54:00.35 ID:s+lk9vKq0
>>261
メロディに載せる言葉にしても
日本語は基本的に一音に一字、英語は一音に一語だもんな

269 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:54:28.03 ID:jFJXiyKxO
>>97
聖書のヨハネの福音書だな
はじめにことばがあった
ことばは神であった

270 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:54:29.77 ID:rOsKHB9F0
>>247
ソシュール的、に言えば自由という言葉を消しても、他の隣接語が代補包含するだけわな

271 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:54:32.13 ID:4Hq9WOra0
>>262
へぇー、毎日黒酢を飲むと、1年後には中国語がペラペラになるとでも書いたのか?

272 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:54:40.48 ID:ajE88aEx0
>>256
幼い頃の記憶って
言いたいのに言えなかった不思議な感情の記憶じゃないですか?

273 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:54:55.50 ID:ac54BvTa0
>>267間違えたw
英語→いいえ、すいてます
だ失礼

274 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:55:46.62 ID:qUT03va50
>>248
言語の構造がシンプル→だからアメリカ人は強い決定?をする→だから思考というのは言語に支配されてる
俺がバカなのか全く意味が分かんない
ごめんねもういいや

275 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:55:59.62 ID:bYcLsqXO0
>>247
ほー、反対のことを言いそうだけどな

世界を分節化する方法は言語なのかどうか

276 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:56:21.20 ID:ajE88aEx0
>>268
言葉が重いのよ

277 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:56:32.58 ID:nIFSafhd0
民族性に言語が絡んでるって言っても、もちろん地政学とかも絡むだろうし一概にいえないでしょ

>>258
なるほど・・・

278 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:57:33.18 ID:l1zJRADv0
犬や猫でも吠えたり悲しく鳴く
なにを言っとるんだこのバカタレは

279 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:59:04.73 ID:ac54BvTa0
>>274
いやこのケースは構造とは違うね
構造って言ってたのはすまんスルーしたw

280 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:59:12.04 ID:ltRLmr380
>>247
これに関しては概念が最初にあっただろうけど

誰もが最初に概念をもっていたわけじゃないだろう

自由という言葉の誕生より先に自由の概念をもっていた人間がどれだけいただろうか

自由という言葉が自由という概念を広めたんだ

自由という言葉がなかったら自由という概念を知る者はごく少数だった

ではドヤ顔という単語が広まる前にドヤ顔の概念があったか 空気読めの前に空気を読むという意識があったか

とくにここにいる奴らは空気を読むという事をしてこなかったから今ここにいるんだろ

281 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:59:49.12 ID:s+lk9vKq0
>>276
確かに、日本語は”ん”以外母音が含まれるし
会話や思考のスピードに影響ありそうだな

282 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 03:59:55.32 ID:ZlXu/qxu0
>>259
それもそうか
軽はずみに発言してすまんかった

283 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:00:10.72 ID:LxnhNve10
>>255
>>263
俺より詳しそうだからそっちが不思議に思うなら俺が間違ってるよ絶対
ソシュールの話は「史上最強の哲学入門」で確か読んで、感銘受けてそっから言語学系の本読もうと思ったから。全然読めてないけど

284 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:00:26.04 ID:t3asS/XL0
太陽 酸素 海 風 もう十分だったはずでしょう

285 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:01:35.25 ID:ltRLmr380
逆に考えれば

何かを広めるには言葉をつけてしまえばいいんだな

286 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:01:46.55 ID:oyPcXq730
>>233
ああ、確かに瞬時の判断とかだと言語化も図式化もできそうにない生の思考そのものが頭に浮かぶことはあるな
なんというかこれくらい指を動かすとこうなるなみたいなレベルの奴
それとわからないだけで言語を介さない思考も結構やってるのかも

287 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:03:25.98 ID:zlpPMu2g0
>>258
これは言語学よりもメディア論的な視点だな

伝えられる内容は媒介するメディアが規定する
メディアはメッセージである!

スマホが主流になったら大きなAAは流行らない、なんてのは当たり前すぎる話だが
マクルーハンは国民の意志、思考もどのようなメディアが社会で流通しているかで
決まってしまうと警鐘をならした

マスゴミマスゴミと騒ぎマスコミの恣意的な意図を暴いた気になって
良い気になっている2ちゃんねるの住人は
マクルーハンの言葉に一度耳を傾けなければいけない

288 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:05:44.47 ID:mKjy2Wip0
>>265
事なかれ主義

289 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:06:21.67 ID:nIFSafhd0
>>285
レッテル貼りとか蔑称って便利すぎるよね

290 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:06:54.07 ID:FKnNg1dm0
>>285
そうやって誘導、洗脳されてるんだろ。
言葉は最初に作った奴の意図があり誘導があるからな。

291 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:07:37.04 ID:mKjy2Wip0
>>273
それは何度聞いても納得いかないわ

292 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:07:52.93 ID:ltRLmr380
なぜネトウヨは

言葉を広めるのが下手糞なのか

293 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:08:58.53 ID:ajE88aEx0
日本語が母音から開放される時は来るのか

294 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:09:08.56 ID:oyPcXq730
>>285
言葉をつけることで意味が抜け落ちたり、変わったりもするね

295 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:09:40.82 ID:E/ZgzlEV0
>>253
バイリンガルの人は話す言語を切り替えると性格まで変わるって言うね
まあ言語が民族性を規定するなんてのは相当胡散くさいけど

296 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:09:47.11 ID:LxnhNve10
>>280
自由という言葉が自由をってのは分かる。昔フランス語の授業で星の王子様を翻訳したんだけど、自分は飛行機乗りだと自己紹介するときの態度を訳すのが難しいという話になったな
今ならドヤ顔がよく合うかなと思うけど、あの頃は誇らしそうにも違うし、偉そうには更に違うし、自慢したそうにが近いかな的な感じだった

297 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:10:26.81 ID:rOsKHB9F0
>>272
一般的に言語習得前の乳児期の記憶はないといわれている、もっとも顕在意識下ではという限定ではあるけれど
つまり、言語以前にはどうやっても遡れないんだわ、だからそこに非言語的思考があるかないかに関しては、謎なのです
そして、言語と一見関係ない乳児期の映像記憶ですらふつうはない。つまりやっぱり何か言語が関与してるのではないかと

ただ乳児期の経験はその後も無意識にとどまって、大きく顕在識下での思考、言語活動に作用はしているという。
なんかわかりにくい話で説明ベタですまんね

298 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:10:58.52 ID:4Hq9WOra0
>>285
記号化しただけじゃ、概念は流布しない。
重要なのは「思考」。

299 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:12:41.37 ID:g2GWQzgFO
言語化されて記憶の引き出しに仕舞われていないから、その記憶は探すのも取り出すのも困難ってことだな

300 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:13:21.51 ID:zlpPMu2g0
>>295
>バイリンガルの人は話す言語を切り替えると性格まで変わる

これってそれぞれの言語が使用される場の違いとか
言語使用の目的の違いだったりする場合も多いと思うんすよ

たとえば職場や役所の手続きでは英語を使うけど
家に帰ったらヒンディー語で家族と会話するインド人だったら
そら英語のときは自然と外向きのキャラになるし
ヒンディー語のときはマイホームパパになるやろ、的な

301 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:14:09.86 ID:ac54BvTa0
>>291
質問はおなかの状態を聞いてるのでそれに答えてる
日本語は質問自体に答えてる=相手に答えてる

302 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:14:27.06 ID:ltRLmr380
そういえばなんJの奴らはどんどん新語を作ってるな 小並感とか

けんもー発の新語はというと メシウマ ※ただイケ ステマ 負け組根性丸出しだな

303 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:14:36.95 ID:4Hq9WOra0
>>299
「映像」を見て「映像の記憶」が蘇ることもあるけど。

304 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:15:09.48 ID:ukASN9tY0
犬って言ったらどの人間も共通して犬の姿がイメージができるのも謎だな

305 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:15:21.74 ID:rOsKHB9F0
>>285
土用の丑、ネクラ、イケメン、リケジョ、コンカツ、アラサーetc
そりゃもう、昔っから常套手段でありんすな

306 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:16:56.49 ID:s+lk9vKq0
洋楽を日本語訳にすると長すぎてメロディに合わなくなるじゃん。
つまり、英語と比べて日本語は同じ時間内では
内容を簡素化、集約化しないといけない。
広範な意味を持つ曖昧な語や
行間を読む(空気を読む)ことが必要になる、とか

307 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:16:56.84 ID:nIFSafhd0
>>302
それはアフィブログで大衆に拡散されるか否かがある以上仕方ないだろ

308 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:17:00.32 ID:Ch89iivHO
言語習得以前には記憶が無いのではなくて、検索タグが付いていないだけなのでは
記憶は記憶としてあるけれど上手く呼び出せないというだけで

309 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:17:48.67 ID:ajE88aEx0
>>306
あるとおもいます

310 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:18:30.26 ID:ac54BvTa0
全然説明できてないな自分

311 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:18:36.48 ID:lf+fJhLL0
インドヨーロッパ語族はチベット生まれだっけか

312 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:18:57.76 ID:E/ZgzlEV0
>>300
俺もそれが大きいと思う
方言つかう相手は大抵地元の友人だから方言で話すとあんまり礼儀正しくなくなるとかな
ただたとえば日本語みたいに敬語がかなり体系化されてる言語だとどうしても
自分と相手の関係に気を払うことが多くなるからその分態度が変わるってのもありえると思う

313 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:18:59.60 ID:rOsKHB9F0
>>304
そう、それは犬という概念を把握しているから、つまり先立って言語的に規定されているからともいえる

314 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:19:09.39 ID:ajE88aEx0
言葉タグなんかで思い出さないよ

何かの音楽とか匂いとか、そういうので思い出す

315 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:19:48.71 ID:zlpPMu2g0
>>298
ぼんやりと皆が共有してた概念に名前をつけることで
くっきりと形が与えられることで急速に普及するってことはあるよ

日本社会の特徴を時に揶揄して呼ぶ言葉に「タテ社会」ってあるけど
これは1967年に出版された新書「タテ社会の人間関係」って本で
名前がつけられて一気に広まったもの

この言葉が流行語となり定着したことで
「タテ社会」なる概念が顕在化し問題視されるようになった

316 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:20:03.19 ID:Zm8lnZpZ0
僕 俺 私 わたくし アタシ あたい うち 我 我輩 わし 余 某 拙者 朕

日本語は一人称をなんとかしろよ
非効率すぎる

317 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:20:40.23 ID:LxnhNve10
>>291
女が男にしつこく言い寄られてるとして、

「俺の事好き?」「俺の事好きじゃないの?」
どちらの質問にも「いいえ、嫌いです」で通じるようにNOを付けるなら否定、YESなら肯定と一貫するんだってさ

318 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:20:41.93 ID:L5uWE08y0
>>301
設問が間違いだよ
否定形で訊ねないと

あなたは おなかが空いて いないですよね?
-はい、大丈夫です
T'as pas faim , n'est ce pas ?
-Non, ca va.

319 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:21:04.91 ID:ltRLmr380
新語でも概念自体は古くからあるものは廃れやすい

激おこプンプン丸 激しく同意 など

概念自体も新しいものは廃れにくい

ステマ ドヤ顔 など

という説

320 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:21:22.94 ID:2OMKNdz20
タイムマシン発明すれば分かるじゃん

321 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:21:42.73 ID:9RJHvX9/0
猿から人間に進化した空白期間の方が興味あるわ

322 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:21:54.04 ID:ajE88aEx0
>>316
「あたし」なんて言う女はすぐにバカって分かるから効率的じゃん

323 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:22:00.98 ID:FKnNg1dm0
映画のオリジナルのシナリオ、英語が多いけど
その日本語訳比べると面白い。
日本語訳によっては違う映画になってしまう。
字幕や吹替頼りに見てると違う映画見てるに等しい場合がある。
翻訳者によって誘導されてるんだよな。
これは出版物も同じだけど。

324 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:22:17.65 ID:s+lk9vKq0
>>316
でも一人称だけで、性別、年齢、地位、地域が何となく分かるのは凄いと思う

325 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:23:02.44 ID:g2GWQzgFO
>>303
それはその記憶の持ち主の記憶方法に因るところが多いんじゃないか
言語化された記憶は引き出しのラベルに言語のインデックスが貼られている
視覚や聴覚その他の記憶はそれぞれの感覚でのインデックスが
思考の大部分を言語によって行っていると言語化された記憶の引き出しを出し入れすることが多いが、感覚の記憶の納戸に行くことが少なかったらその記憶の分野は不案内になるように

326 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:23:09.88 ID:zlpPMu2g0
>>319
通言語的に
程度の激しさや感情を表す語は
新語の流行り廃りのサイクルが速いらしいよ

327 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:23:15.90 ID:ajE88aEx0
>>317
wwwwwww

328 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:23:58.62 ID:GXgysULn0
効率を求めるのなら率先して自分が1つしか使わなければいいだけ
どれでも好きなの選べよ

329 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:24:06.40 ID:Ch89iivHO
>>314
勿論それはそうだけれど、
言語獲得以前には記憶は無い筈だという話に対して、それは‥という事

330 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:24:41.17 ID:ac54BvTa0
>>318
あれっそうだよもうw

331 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:25:36.01 ID:ajE88aEx0
>>329
ok

332 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:25:38.10 ID:nIFSafhd0
>>315
そうやってできた単語ってえてして定義が曖昧だったり意味が変遷しちゃうのって何でなん?

333 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:26:55.12 ID:bFIb+aDO0
とりも直さず言語の定義の問題だよな。
「声帯等を用いて、2種類以上の違いのある音の組み合わせによって
意味が付与され、コミニケーションが行われる事」
と定義したら、犬でもワンワンとクーン等2種類以上の音の区別をしてる。
じゃあ3種?4種?こうなってくると言葉遊び

334 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:27:00.45 ID:LxnhNve10
>>304
イデアってヤツだね。完全な円は存在しないのに円をヒトは思い浮かべるってやつ

エロのイメージカラーって日本だとピンクでアメリカは青らしいけどこの違いはどこから来たのかね。黄色い声というように日本だと女子供の甲高い声を黄色だと思ったのも謎

335 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:27:19.41 ID:ltRLmr380
よーしおれも新語つくったぞー

じんつん

人生詰んでる奴の事 細かい定義つけるとかえって広まらなくなりそうなので 詰んでる奴みんな使っていいよー

336 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:30:01.10 ID:lf+fJhLL0
お前等も狩りのときは獲物に存在がバレないようクリック音で会話するんだ

337 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:30:39.59 ID:6G/UKI9L0
ところで、言語って何?

これに答えられないから言語学はいつまでたってもカスなんだけどね

338 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:31:16.26 ID:zlpPMu2g0
>>332
単に皆がワッと使いだしてから意味が収束するまでに少しラグがあるからじゃないの?

個人的に「中二病」の意味の変遷は少し伊集院光が可哀想だったと思う
世の中の中二が伊集院光が想定した水準よりもずっとガキでずっと気持ち悪かったってことなんだろうけど

339 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:33:19.01 ID:M5ZDGpgz0
日本語の大和言葉も
どうして やま を やま と言うようになったのかとか
どうして みる を みる と言うようになったのか、知りたい(´・ω・`)

340 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:33:29.67 ID:ajE88aEx0
日本語を母音から開放したい
大和言葉だけの頃はそんなじゃなかった気がする

341 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:34:29.21 ID:N7Tif3YQ0
もうステマという単語も意味変遷しちゃったな
新聞の一面広告や、電車のラッピング広告みたいなステルス要素ゼロの宣伝にステマって言ってるアホがいっぱいいる

342 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:35:19.56 ID:rOsKHB9F0
>>308
そうそう、そしてそれはないということと変わらないのではと。
また、精神分析の話になっちゃうんだけど、プレ言語期の経験は言語習得の土台というかトリガーというか、
それらに、よっていったん原初の私は殺されて、以降の言語的主体になるというか
後の整理整頓のついた経験、記憶とは役割がまったく違うというか、
ごめんね、わかりにくいね

343 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:35:39.82 ID:g2GWQzgFO
>>332
>>338
使用が広まると共に色んなハッシュタグがつくからな
やがてついたハッシュタグに飲み込まれたり引きずられたりするんだろう

344 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:35:51.11 ID:lf+fJhLL0
日本語は大和言葉の頃から開音節語だったと思われる

345 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:36:49.73 ID:FKnNg1dm0
>>332
個々の観念の違いと伝言ゲームだと思う。
その観念も過去の言葉の遺産だけど。

346 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:37:14.85 ID:Zm8lnZpZ0
日本は音を二回繰り返す言葉?みたいなのがやたらにあるけど
それが決して子供だけに使われるような幼児語ではなくて、
一般的に普段使われるのに驚いたって外国人の話を何かで聞いた

バンバンとか、ドンドンとか、ドシドシとか、そういう言葉ね。(決して擬音語だけに限らず。)
言い出したらキリがないけど、やたらあるよね
表現上は豊かになるけど、必要かというと明確な修飾語ではないし…

347 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:37:27.96 ID:zlpPMu2g0
言語オタク、言語学オタクに較べて
日本語オタクは気持ち悪い人が多い気がする

というより、どちらも気持ち悪さんだけど
気持ち悪さの質が違うというか

348 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:37:45.61 ID:M5ZDGpgz0
>>341
「ニート」 も
アホが 「無職」 の意味で煽る為に使いまくっているうちに、意味がすっかり変わったね(´・ω・`)

349 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:38:40.05 ID:HWTEyc/B0
>>319
ドヤ顔=したり顔だからそうとも言い切れないな

350 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:39:09.71 ID:ac54BvTa0
マレー語がやたら繰り返し多いよ

351 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:39:15.32 ID:s+lk9vKq0
>>339
そういうのを考えるのも楽しいね
何の裏付けもないシロウトの妄想だけど
やまの”や”は矢の尖った部分になぞらえたのかな?とか

352 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:39:16.71 ID:ajE88aEx0
>>344
そうなのか。

かいおんせつ【開音節】
母音または二重母音で終わる音節。日本語の音節のほとんどは開音節である。

353 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:39:21.41 ID:OYd82JgZ0
ブーバ/キキ効果ってのもあるし
言語、視覚、音楽は脳領域で被ってる部分あるんでしょ

354 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:40:48.78 ID:g2GWQzgFO
>>348
本来の字義では、大卒はニートに含まれないよな

355 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:40:57.60 ID:zlpPMu2g0
>>351
これも素人のツッコミだけど
山と矢だったら山のほうが昔から存在してて先に名前がついていただろうから違うと思いまーす

356 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:40:59.80 ID:N7Tif3YQ0
>>351
どう考えても矢の発明より、山に名前を付けた方が先だろう

357 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:41:37.83 ID:M5ZDGpgz0
>>351
仮に、矢 や として
じゃあ、なぜ や を や と言うようになったのか、とか、究極までさかのぼって行きたいね(´・ω・`)

358 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:42:00.45 ID:ajE88aEx0
草食男子ってのも悪い意味で作った言葉じゃないんだよね

359 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:42:16.28 ID:zlpPMu2g0
>>348>>354
そういうこと言い出すと純粋なH2O分子の集まり以外を「水」って呼んだら怒られるの?って話になったりするよね!
僕は怒られないよ派だけど

360 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:42:50.18 ID:s+lk9vKq0
>>355-356
むむむ…

361 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:43:45.15 ID:ac54BvTa0
>>359
それはちょっと違うだろう
h2oという概念のほうが水という言葉より後だ

362 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:43:49.81 ID:ajE88aEx0
山は高いから見上げながら「や〜〜」ってため息とも言語ともつかない音が漏れたんだよ
上るかと思うと、もうエライ大変だし「や〜」って言いたくなるだろ?

363 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:44:47.02 ID:ac54BvTa0
>>360
やまの語源くらいならぐぐると出てきたぞw
それが正しいのかは知らないけど山のやは矢と同じだと

364 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:44:54.86 ID:ltRLmr380
でんがなまんがなは何なの?

365 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:45:30.38 ID:Ch89iivHO
日本語は単音で意味を探すのはもう難しいんじゃないの
アイヌ語はまだそれが何とか可能で面白いらしいけど

366 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:45:54.19 ID:M5ZDGpgz0
>>362
それ面白い(´・ω・`)

うみ さくら うむ たべる あるく とか
どうして一番最初にそれをそう名付けたとか、興味があるなぁ(´・ω・`)

367 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:46:52.62 ID:rOsKHB9F0
はじめに言葉ありきはたぶん真実だと思う。証明しようがないけど
宇宙、生命、言語それぞれの始原は、何か同根の謎があるわ

368 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:47:27.92 ID:YZqsydnz0
塔とtowerの語源が一緒かと思いきや全然違うとか何かの番組で突っ込まれてた

369 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:47:36.84 ID:zlpPMu2g0
>>364
「ですがな」「ますがな」の「す」が撥音便化

ステレオタイプ的な関西弁を使ってしまう人のおかしな語尾を更に戯画化したもの
っていうことじゃないの?

370 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:47:48.70 ID:ajE88aEx0
>>359
ぱっとみ水に見えて
普段使いの水の用途を果たすものは水です
超純粋なんて飲んだら下痢するから超純粋は水じゃない

371 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:48:55.88 ID:oXE4as7L0
複雑な音声を喋れる肉体的機能があるから自然発生した
だから自然発生する言語の起源を辿ることにあまり意味は無い

ネアンデルタール人は喉の構造のせいで、脳みそはでかいのに喋れなかった説がある
多分人類に奴隷にされて、殺されたから遺伝子が混ざった

372 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:49:07.67 ID:zlpPMu2g0
>>368
それでも「ぐっすり」と「Good Sleep」の語源は一緒だよね!
あと、「おおごと」と「Oh, God!」の語源も一緒だよね!

373 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:50:05.17 ID:Uf83MArb0
>>9
ロゼッタストーンが手がかりに?

374 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:51:06.61 ID:4CUzSl4i0
よく分からないけど神代文字を研究すれば分かるよ!

375 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:51:42.74 ID:Ch89iivHO
ヤム - ア みたいな解釈したら、日本人南方渡来説の人は喜びそう

376 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:51:51.68 ID:M5ZDGpgz0
ひかり は ピカリとしたから、古代日本人がフィーリングで付けたとかだったら面白い(´・ω・`)

それとも
ひじり 日知り 聖 の 「ひ」 + 「かり」 なんだろうか(´・ω・`)
じゃあ、 かり って何だ? 狩る 「かり」?
じゃあ、 かり はなんで かり って名付けたんだ?
じゃあ…… エンドレス

377 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:52:15.13 ID:s+lk9vKq0
>>371
ネアンデルタール人とセックスした物好きがいたって事だよな…

378 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:53:48.29 ID:lf+fJhLL0
>>372
大(おお)という言葉自体、たぶんデカいものを見て思わず口に出る「おお〜(oh)」という声が元だろうな

379 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:54:36.59 ID:zlpPMu2g0
>>376
現在のハ行は昔はパ行で発音されてた説が有力だから
光とピカリはたぶんその通りでしょ

まあ擬音ありきで名詞化したのか名詞ありきで擬音化したのかは知らんけど

380 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:54:54.65 ID:Uf83MArb0
ダメヨーダメダメ

381 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:55:03.20 ID:ZnI9sLYc0
>>321
ん?
それはアヌンナキが猿の遺伝子をゴニョゴニョ・・・

382 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:56:04.12 ID:ac54BvTa0
そういえばイーリアス、オデッセイアのころの人類は自意識がなくて自意識はその後発明された
みたいなうさんくさい説があったような

383 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:57:37.41 ID:g2GWQzgFO
黄色い声の語源ぐぐったら共感覚的な話が載ってた
ひよこの高い鳴き声だと思ってたよ

384 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:58:01.99 ID:Ch89iivHO
そういえば沖縄の先島のどこかの島でヤマピカリャーとか呼ばれてる蛇がいたな

385 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:58:44.18 ID:M5ZDGpgz0
>>379
広島の原爆も ピカッした光 → ピカ ?
だとしたら、擬音から名詞が生まれるパターンってのは自然にありそうだね(´・ω・`)

386 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:59:15.50 ID:4CUzSl4i0
これだけあちこちで言葉が全く違うんをだから言語の起源なんて追い求めても無駄やろ

387 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 04:59:55.89 ID:Ch89iivHO
×島で
○島には

388 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:00:52.96 ID:M5ZDGpgz0
日 の ひ   と  火 の ひ  はなんか近そう(´・ω・`)

389 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:02:11.44 ID:Ch89iivHO
いや、蛇ではなくて物の怪の類いだったかな >ヤマピカリャー
もう忘れてしまった

390 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:02:23.87 ID:M5ZDGpgz0
>>379
ヒミコ は ピミコ か(´・ω・`)

391 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:02:52.95 ID:zlpPMu2g0
>>386
ミトコンドリアイブの時代に言語が成立していたのか
それとも起源が数か所あるのかっつー話になってきて
僕は前者だと思うンスよ

392 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:04:42.77 ID:g2GWQzgFO
>>388
日のポータブル版が火で、
後から薪くべて燃やしてる象形文字で区別してそうだな

393 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:05:36.30 ID:zlpPMu2g0
>>392
日本語ではどっちも「ひ」だったけど
中国では「火」と「日」で区別してたってだけの話じゃねーの

394 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:05:57.23 ID:ac54BvTa0
ああ二分心って説だ
人間はもともと意識はなかった
古代人は統合失語症みたいなかじだった
言語を発明して意識が生まれた
とかそんな感じ

395 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:06:25.66 ID:s+lk9vKq0
日巫女→卑弥呼だっけか
ピミコって何か嫌だなw

396 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:09:15.25 ID:ajE88aEx0
昔2chに「心はどこにあるのか」ってスレがあったんだよ
遠い昔の話じゃのう

397 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:11:25.77 ID:M5ZDGpgz0
海(あま) は 雨(あめ) として 天(あめ) から降る水か(´・ω・`)
じゃあ みず ってなんだろう

みず(水) と みず(見ず) って何か関係があるのかな?
「雨水(みず)を最近見ないなぁ〜(見ず=みず)」 とか(´・ω・`)

じゃあ、みるってなんだ… エンドレス

398 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:15:03.65 ID:Ch89iivHO
>>394
意識はあるんじゃないの
野良猫にも我彼の認識や意識はあるし
文明人的自我とか統合的人格とかいうのには言語が影響あるのかも知れないけど

399 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:16:03.45 ID:ac54BvTa0
言葉がすぐ意識を作ったのではなく、言葉を発明しても人間には意識がなかった
人間はそれが神の声かのように言葉にただ従うだけだった
あるとき神の声は聞こえなくなり意識が生まれた

400 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:16:38.22 ID:ajE88aEx0
意識って自意識の事を言ってる?

401 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:17:38.73 ID:Ch89iivHO
火には ほ というのもあるよね

402 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:17:54.65 ID:ac54BvTa0
>>398
人工知能に意識はあるだろうか

403 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:18:15.75 ID:zlpPMu2g0
ID:ac54BvTa0が言ってる「意識の起源」は
「人類の起源」でアダムが神を作りたもうた〜的な話をしてるようなもんちゃうの?

科学的な説っつーよりそういう言い伝えがありますよ的な

404 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:22:54.14 ID:ac54BvTa0
>>403
一応心理学教授による説らしいけどまあトンデモに近そうかなあ
思考実験するには面白そうだけど

405 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:23:14.48 ID:0NzqJxM40
FOXP2遺伝子調べればわかるんじゃねーの

406 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:23:55.47 ID:lf+fJhLL0
>>385
さらにいうと擬音の元にはそれぞれの子音と母音が持つ音の印象というのがあり、この印象自体は言語が異なっても共通している
例えば子音Sは速さの印象を持っている
speed,fast、素早い、サッと、スッと等、素早いことを表す言葉にS音がよく使われ、
熱を表す言葉にはhot,heat、火、炎、陽(ひ)とH音がよく使われる

407 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:24:11.41 ID:Ch89iivHO
みんな溶けて混ざりあって一体になろうよ
もう言葉なんか捨てようよー

408 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:24:28.40 ID:ajE88aEx0
心ってどこにあるの?
http://mimizun.com/log/2ch/psycho/974569037/

心ってどこにあるの? ・・・第2部じゃぞ
http://mimizun.com/log/2ch/psycho/980862047/

心ってどこにあるの? ・・・厨房よけに第3部
http://mimizun.com/log/2ch/psycho/984638115/

409 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:25:44.24 ID:M5ZDGpgz0
>>406
面白い(´・ω・`)

410 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:26:41.69 ID:veDaOZb60
嫌儲に立つ知的好奇心を擽るスレ大好きだよ

411 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:26:46.46 ID:9RJHvX9/0
言葉も最初は絵だったんだよな

412 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:28:36.92 ID:M5ZDGpgz0
G音は重そう(´・ω・`)
graviton ゴン ガスッ ガン ゴリゴリ ゴーン

413 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:31:59.61 ID:lf+fJhLL0
>>412
Gに重量感の印象があるのはその通りだね
典型的な例としては、物を叩いたときの擬音コンコンとゴンゴンでは、ゴンゴンのほうが叩かれた対象が重そうに感じられる

414 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:32:31.45 ID:hqF466bW0
ベトナム戦争後に耳が聞こえない人間を一つの施設に集めたところ自然発生的に今まで存在しなかったベトナム語の手話が生まれた
挨拶のできないチンパンジーは属するチンパンジーの群から敵意があると思われる
つまり動物の言語は敵意のないことを示す情報ということになる
情報という概念は1940年以後生み出され、上記のような例は情報交換、自己参照、コミュニケーションと呼ばれるだろうが、この二つの事例を同じ仮説で説明することは難しい
おそらく情報とはまた異なる概念が言語の起源を探る上で必要になるだろう

415 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:33:21.26 ID:s+lk9vKq0
K音は硬そう

416 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:34:30.94 ID:iN2f932s0
一度言語から完全に隔離された状態で赤ちゃん二人育ててみるしかないのかね

417 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:34:50.01 ID:8svBhFpR0
鳥とかのやり取りすら把握できてないのに
現代の科学でわかるわけない
現代人って頭悪すぎなんだよね

418 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:35:00.25 ID:zlpPMu2g0
シニフィアンとシニフィエの関係はどの程度恣意的か(恣意的でないか)っつー問題なわけだ

419 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:35:31.67 ID:sW1qkw160
( ヽ´ん`) 「ん…」がアルファでありオメガ

420 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:36:34.98 ID:iIy1NgPWO
バベルの塔のオチはよく出来てると思う

421 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:38:40.44 ID:M5ZDGpgz0
>>416
赤ちゃんって
世界のどの地域でも人種でも 「まんま〜」 「まま〜」 って言うらしいね(´・ω・`)

422 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:40:03.21 ID:oLXt8/050
>>416
丸見えかなんかで
アスペルガーの双子が自分達だけの言葉や仕草で意思の疎通してたとかやってたの思い出した

423 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:41:01.95 ID:WeiMKO8d0
声の獲得した直後からなんらかの言語の元になったのはあったんじゃないかな
ボディランゲージってのも含めるとエディアガラやカンブリアの時代には既に存在してそう

424 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:42:39.18 ID:zlpPMu2g0
>>421
母音の中では「あ」が発音しやすいくて
子音の中では「m」が発音しやすいからね

唇音の「p」や「b」も発音しやすくて
だからママとかパパとかマンマとかババとかは
子供の生存に重要な単語に充てられてる事が多い

シニフィアンとシニフィエの間の決めごとはやっぱり恣意的だって言い切れないよねソシュール先生!
あと、「あんぱんまん」が最強すぐる

425 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:42:41.77 ID:iN2f932s0
>>394
言葉が生まれる前に意識が絶無かって言うとそんな事ね―んじゃないかと思うが
言葉がある程度形になって他者視点によるフィードバックが生まれて
初めて意識ってものが今に通じる形で完成したってのはあるだろうね。

426 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:44:33.89 ID:zlpPMu2g0
お前らはどうせ読まないだろうけど
「こころと言葉 進化と認知科学のアプローチ」
よんどけ

スレタイに書かれてる疑問について専門家じゃなくてもわかる言葉で
けっこう良い感じに答えてくれてる

427 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:49:04.33 ID:lf+fJhLL0
>>421
まず赤子にとって発音しやすい子音が舌を使わず唇だけで出せるMとPで、母音で一番楽なのはAらしい
乳児にとって重要な物にはM音とP音があてがわれてるケースが多いのだとか
日本語の場合は父母には使われてないが、オッパイ、マンマと食事にMとPが使われている

428 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:50:08.93 ID:zlpPMu2g0
>>427
日本語のハ行はかつてパ行で発音されていた説が有力だから
母も「パパ」で例外ではなくなる

429 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:51:28.87 ID:4JQrFndK0
宇宙語は話せるようになってきたよ

430 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:52:11.56 ID:lf+fJhLL0
アンパンマンの人気の秘密は名前だったんだな
言われてみれば、乳幼児期にとっては最強の音だ

431 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:53:17.19 ID:M5ZDGpgz0
古代日本では
鈴木Q太郎が 「ぴみこさま〜!」 と駆け回り
お母さんが 「パパでちゅよー」 と赤子をあやしていたのか(´・ω・`)

432 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:54:30.28 ID:ajE88aEx0
>>429
話してみて

433 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:55:01.55 ID:WeiMKO8d0
m音やb音、p音なんかは唇をいったん閉じないと発音できない音だからな
こう書くと難しい音に聞こえるけど、多少クチの形がおかしくても発音できる音

434 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:56:34.41 ID:Sw22pdjM0
>>424
食べ物がまんま
英語で母親はママ
あと日本語のハ行は平安まではパ行で発音していたから
母上はパパ上と発音する

父親は母親と区別するためにタ行が多い
てて=ちち
だづ=ダディ

435 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 05:56:56.65 ID:zlpPMu2g0
どちらも新生児にとって重要な「父」と「乳」が「ちち」で同じだけど
ここにも何かわけがあるのだろうかメーン?

436 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:00:28.13 ID:Sw22pdjM0
>>435
マ行パ行バ行タ行の順に発音しやすい
ちんちんとまんまんもなんかそういうあれっぽいな

437 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:05:53.88 ID:qNMFGzYv0
なんだこの興味深いスレは

438 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:09:02.84 ID:/GkMSoVw0
カラスって実は言語を使ってそうじゃね?

439 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:09:14.14 ID:Sw22pdjM0
ハ行は爽やかで感情的なものをイメージする音だから
ハ行入れた名前は元気ツンデレっぽくなるらしい
ハルヒとか

440 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:11:56.31 ID:zlpPMu2g0
>>438
生物が言語を産み出すのに必要な能力のうち
「象徴機能」「発生学習」はカラスにもそなわっているけど「統語機能」がない

その前適応は性的ディスプレイであると言われているけど
はっきりいってその辺は眉つば

441 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:14:42.38 ID:qOdZMr8V0
言語つ山のタヌキさん〜おっぱい吸ってねんねして〜♪

442 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:14:45.55 ID:Sw22pdjM0
あんま知られてないけどカラスは人語を真似る

443 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:15:17.52 ID:mOkhxfa60
>>29
りんごは明治時代に導入されたもので古代の日本には存在しない

444 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:15:26.43 ID:ajE88aEx0
>>440
幾つか鳴き分けて仲間と意思疎通はかってるけど
それは言語ではないの?
危険な時、餌を見つけた時、帰るぞ〜って時、、、

445 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:17:08.12 ID:lf+fJhLL0
シャチは仲間内でけっこう高度な意思疎通してそうだよな

446 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:20:02.88 ID:/GkMSoVw0
車に轢かせてクルミ割ってるカラスを見たことある?
私は北海道と香川県でそーゆーカラスを見たことがあるんだが。
日本全国のカラスにその手法が広まってるなら言語によって伝播したと考えられないだろうか?

447 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:24:47.95 ID:N2MTrmwd0
発音の起源なんて、誰かが決めたとか漢字に合わせたんじゃない限りは
その用途に見合った音かその変化形だろ
ハ行が元気で爽やかなイメージを与えるなら、ハ行を出す時に力が要るってだけ

448 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:28:13.44 ID:Sw22pdjM0
カラスが外敵から襲われてる時に仲間に向かって出す警告音を
レコーダーで録音してそれ流すと
棒でつついても逃げなかったカラスが一斉に逃げ出すらしい

449 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:30:26.70 ID:L4peJwHB0
>>198
cute prettyはそのものの表現(赤い青いみたいな)
かわいいはそれを見た人間の感情

450 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:31:20.94 ID:M5ZDGpgz0
カラスにも方言や異言語があるのだろうか(´・ω・`)
ある地域のカラスの言葉が、ある地域のカラスには通じない、とか

451 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:36:29.29 ID:7Z0ZjwDB0
当然あるでしょ
大阪のカラスはおしゃべり
沖縄のカラスは時間にルーズとかとか普通にあると思う
東京のカラスも長距離通勤者ばっかだし

452 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:36:59.34 ID:e005AwVR0
動物もヒトの赤ん坊も口から音を出して意思疎通をはかろうとしてるよ。
子育てになれた母親が赤ん坊の泣き声の種類を聞き分けて世話するくらい。

453 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:38:39.87 ID:WeiMKO8d0
個人的には言語より文字の獲得の方が興味あるかな
ここら辺に現生人類とネアンデルタールとの生存競争の勝敗がかかわってそうで・・・

454 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:40:36.24 ID:y5xiiaZei
科学的に分析したらエジプト文明から理解しなきゃいけなくなるぞ

455 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 06:51:45.42 ID:OQaYn1/40
良スレ

昔は他言語民族同士が接触することが困難だったから分化?していったんだろうな
なんとなく進化は予想とか説がたてやすいけど発生は難しそう

456 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:15:15.56 ID://t1y1lw0
オーストラリアで侵略者である白人がアボリジニにあれはなんて動物だ?と聞いて
質問がよくわからなかったアボリジニがカンガルー(わからない)と答えたのがカンガルーとなった
言葉なんか適当

457 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:17:32.66 ID:QTvJUKn30
最難問は宇宙の起源だろ
ビッグバンみたいな便宜的じゃない本当の起源

458 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:18:51.33 ID:M5ZDGpgz0
>>456
じゃあ、そのアボリジニの カンガルー はなんで カンガルー と呼ぶようになったの?(´・ω・`)

459 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:19:33.85 ID:WeiMKO8d0
カンガルー

460 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:20:06.74 ID:M5ZDGpgz0
× 呼ぶ
○ 言う

461 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:24:08.40 ID:8svBhFpR0
>>449
外人にはペットとか見た時に感情はないってこと?

462 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:24:32.06 ID:ajVI66Wp0
音声による情報伝達は動物も行っているが
単語レベルの認識であり、
文としての構造は持っていないと思われる

463 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:26:06.77 ID:8svBhFpR0
>>457
それなら宇宙の外の空間の起源のほうが深い
宇宙なんて人間が把握できる程度の簡単な話しじゃん

464 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:27:35.10 ID:+i2O0o1a0
群れで活動する動物達がどうやって意思疎通しているかの方が不思議
テレパシーかよ

465 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:29:04.57 ID:L17apIe10
会話はできるけど字の読み書きができないっていうのが理解できないわ
それじゃどうやって言葉学んだんだよ

466 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:32:03.36 ID:8svBhFpR0
行動と発声を結びつけてるだけだろ
読み書きなんて基本的なものには必要ない
そっから派生した部分は文字ができてからだけのこと

467 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:32:53.65 ID:DOBVgjvf0
>>443
うそつけよ
平安時代の書物に記述ありと書いてあるぞ

468 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2014/03/22(土) 07:34:55.85 ID:Htcij37S0 ?2BP(1000)

言語学の研究は、
我々が想像もつかないくらい進んでいて、
文法も、発音も、文字も、ジェスチャーも、全部、ひっくるめて、
総合的な解決をしようとしている。

3000あるという世界の言語がすべて保存され、
いくつあるのかもわからない方言や、スラングも保存され、
とにかく、想像しているより革新的。

日本語の起源は、縄文語で、漢字を当て字にして万葉仮名として発達したはずだし、
朝鮮語の起源は、エヴェンキ語で、やはり、漢字を当て字にして発達したはず。

469 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:40:29.26 ID:ajVI66Wp0
文明を劇的に発達させたのは文字による情報の記録共有だわな

音声言語だけならいまだに土人と同じ、
ちょっと頭のいい動物とあまり変わらない生活をしいたかもしれない

470 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:45:25.70 ID:+mE+awbk0
>>355-356
こういうの浅はかだよなあ
弓矢なんて石器時代からあったんだから山という言葉よりも先に生まれててもおかしくない
というよりその時は山をやまと呼んでなかっただろうね

471 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:46:27.50 ID:WeiMKO8d0
>>457
そもそも起源という概念が有効なのかどうかから検証しないと

472 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:47:46.97 ID:M5ZDGpgz0
個体の意思や情報が、言葉によって円滑に別の個体に疎通出来るようになり
形に残らない言葉が、文字によって形を得た、か(´・ω・`)

473 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:54:15.67 ID:7Ved8jSq0
そもそも言語の定義が分からんぞぐぬぬ

474 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:54:48.72 ID:mOkhxfa60
>>339
やま
 黄泉と同源。黄泉の国に近いという宗教観から
 それ以前はモリ(盛り)と読んでいた
見る
 目を活用したものか

475 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:58:06.04 ID:A0AI/ddS0
>>38
寒いとか暑いとか形容詞かも知れないよ。

476 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 07:59:57.16 ID:M5ZDGpgz0
>>474
へぇ(´・ω・`) やま よみ か
すると よみ と やみ も近いのかね?

め → める → みる ?(´・ω・`)

477 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:01:15.97 ID:M5ZDGpgz0
すると、 め(目) は なんで め って言うようになったんだろう(´・ω・`)

478 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:01:54.62 ID:WeiMKO8d0
>>475
他の動物が警報的に声を使ってるなら
「逃げろ」とか「行け」・「やれ」・「やめろ」とかの動詞かも知れんね

479 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:02:30.49 ID:q1DXfQw7O
木の上で温く群生活をおくってた奴等が
山脈やらで気候がかわり、高い木が無くなった
長いニート生活を送ってきたしょぼい爪としょぼい牙とチンカスの様な運動能力しかなかった
いち早く敵を見つけて逃げるため猿は回りを見通しやすく立ち上がった訳だ

その中でより綿密な連携と正確な情報伝達を可能にする為
言語を取得したんじゃないか?

480 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:04:20.37 ID:Fof3biaC0
言語の起源も謎だがチンチンを膣に入れるのを始めたのも謎

481 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:09:06.77 ID:P3IXwndS0
日本語はまだ起源を辿りやすいだろう
漢字は輸入された物だしな

482 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:13:06.01 ID:M5ZDGpgz0
大和言葉の起源を探るのは難しいと思う(´・ω・`)

483 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:19:22.84 ID:UYpu+6Ch0
ほう?
お前らもこういう言語という情報に知的好奇心を持つようになったか
お前らみたいなバカでも進化するって事だな
こういうのをミームっていうんだよ、よく覚えておけカスども

484 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:21:21.44 ID:uZTE+nyb0
>>478
赤ちゃんに、意図的に単語を教えるような喋りかけをしないと、動詞から口にするようになるとか
自分の子で試したって、心理学の教授が言ってたな

485 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:25:17.28 ID:WeaBbvm00
古典的発明品による古典的パラドックスのパターン

486 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:33:00.38 ID:1kqnnaor0
インドヨーロッパ語族って用語の意味がんからん
インドとヨーロッパって距離的にだいぶ離れてんだろ

487 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:33:51.03 ID:tN3mDKsX0
数の概念は宇宙で共通だから宇宙人とは数学でコミュニケーションできる
って本当?

488 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:37:27.80 ID:jAm/3JP20
>>487
「コンタクト」では、いわゆる「宇宙人」からの信号には
「人為的(知的文明が発信している情報であって、偶然のものではない)」であることのために、
素数列を随所に織り交ぜて送信してたな。
もちろん地球人類もそれを理解して「これは知的文明からの送信だ」と同定してた。

ただし、「13は縁起悪い数字」とか、「偶数は「分けることが出来る」に通じるから、めでたい席での祝儀にはそぐわない」とか
そういう文化的な位置づけは無理だが。

489 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2014/03/22(土) 08:41:33.44 ID:Htcij37S0 ?2BP(1000)

>>486 中央アジアの白人起源なんだよ、どっちも。

490 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:45:02.89 ID:ac54BvTa0
>>486
ヨーロッパの多くの言語とインドのサンスクリットが同じ仲間の言語ってだけ
中央アジアから広がった
なお人種的関係とは無関係

491 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:46:35.64 ID:EH8stCCy0
日本語には二文字の言葉しかなかった
アメ
ハレ
サケ
どんだけ土人なんだよ

492 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:46:42.98 ID:jAm/3JP20
>>486
かつての人類の最高かつ最先端の文明を持っていたのはメソポタミア文明だ。
今で言うイランとかイラクとかあの辺りだな。

って書くと分かるか?

493 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:48:16.66 ID:J4Rkt3I10
チョムスキーおじさんが おきあがり なかまに なりたそうに こちらをみている! なかまに してあげますか?

494 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:48:45.00 ID:M5ZDGpgz0
>>486
クルガン仮説(´・ω・`)

495 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:50:51.02 ID:3v3rlOAr0
ぶっちゃけそこらのカラスですら何種類かの鳴き声使って仲間同士でコミュニケーションしてるだろ
必要なら発達するもんなんだろ

496 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:52:31.02 ID:jicce13d0
人語を理解して喋ったり手話で意思疎通出来る動物は知能的な水準は満たしてるだろうに
何で言語は生まれなかったんだ

497 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:54:45.96 ID:ac54BvTa0
言語となるには一定以上の語彙数も必要なんじゃね
数を覚える脳がないんじゃね

498 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:55:04.62 ID:jAm/3JP20
>>491
日本語には色が4つしかないんだぜ






しかもこの4色、もともとは色相じゃなくて彩度と明度の概念でしかないんだぜ。
日本語にとって色とは、「色相」じゃなくて「色の状態」を表すとでも言えばいいか。

499 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:55:34.55 ID:J4Rkt3I10
原始的な暮らしをしていた1万年以上前の頃から
壁画描いたり、生理周期を何かに刻んで記録していたと聞くから
記号と概念(動物、自然数)の結びつけは相当歴史が古いはず

500 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:57:19.89 ID:nLSxfL4g0
日本語にも方言ってのはいろいろあるけど、方言に対応するような
その地方でしか使われない文字、みたいなのはあるんだろうか?
ネット上の顔文字なんかはその派生みたいなところがあると思うが

501 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 08:59:13.11 ID:ke5Po9pI0
>>183
そういうのは全部輸入じゃね?
寝ている時に見る「夢」を意味するdreamが将来の理想の意味でも使われている
から日本でも使うようになった
それまでには日本語の夢には最初の意味しかなかったと思う

日本語と英語で一対一で対応している表現は大体そうだと思ってる

502 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:04:41.23 ID:ZC2c+KlJ0
これはやはり地球外の知的生命体が関わっている事以外考えられないでしょう。

503 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:06:13.04 ID:NE3KMgcP0
宇宙の起源

504 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:13:01.49 ID:okitcGZ00
中国語とか聞いてるとすごい発音が強いよな
日本みたいなのっぺりした話し方じゃない
これも関係あんのかな

505 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:15:34.20 ID:xnHDrbLU0
>>504
ところが中国語もさかのぼると助詞的なものがあり
声調はなく発音も単純だったとされる

506 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:23:46.26 ID:ac54BvTa0
言語の発生には嘘の発見も大きな要素じゃないかな
動物も音声などで伝達するが動物は嘘をつけない、と思う

507 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:28:54.93 ID:xnHDrbLU0
人の言葉と動物の鳴き声の違いは、再帰的な構造があるかないかだそうな。
どの言語にも、名詞句を名詞と同様に扱うとか、従属節を副詞と同等に扱うとか、そういう仕組みがある

508 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:35:08.58 ID:oLcO+z+X0
言語を話せなかったネアンデルタール人は絶滅した

509 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:44:55.10 ID:EH8stCCy0
>>498
うわ
4つしか概念がないって凄いな
やジ土

510 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:51:10.04 ID:9mta63yD0
紀元前14世紀の殷代に書かれた文書が発見されており、(明確な記録が残っており、連続的に継承され、なおかつ母語話者が存在するという意味において)現存する最古の言語としてギネスブックに認定されている。
中国

511 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:51:50.41 ID:extUAjDz0
文字がない民族はいても言語がない民族はいないって不思議だよな

512 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 09:52:31.95 ID:9mta63yD0
最古の文字資料として考えるなら(全て紀元前)。

・エジプト語 3200 年頃
エジプト語系、エジプト神聖文字、現エジプト

・エラム語 2900 年頃
系統不明、原エラム文字、現イラン

・シュメール語 2600 年頃
系統不明、シュメール文字・後の楔形文字、現イラク

・アッカド語 2500 年頃
セム語系、楔形文字、後のバビロニア・アッシリア王国

・フリ語 2000 年頃
系統不明あるいはフリ・ウラルトゥ語系、楔形文字、ミタンニ王国・現シリア

・ヒッタイト語 1600 年頃
印欧語系、楔形文字、ヒッタイト王国・現トルコ

・ヴェーダ語 1500 年頃
印欧語系、リグ・ヴェーダに書かれたもの、現インド

・古代中国語 1500 年頃
中国語系、甲骨文字で書かれたもの、現中国

言語年代学という、大雑把な計算方法があります。あくまで大雑把になので信頼できる数値にはなりませんが、目安の一つ程度にはなります。
比較言語学で再建された印欧祖語(インド・ヨーロッパ語族の先祖と考えられるもの)を、言語年代学で計算すると、だいたい紀元前 7000-4000 年になるそうです。しかし、まだクロマニョン人に辿り着けませんね。
古い文字資料を持つセム語族ですが、アッカド語が突出して古いのと、後に母音表記のないフェニキヤ文字が広まってしまうので、祖語の再建が困難です。

513 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 10:22:18.61 ID:xnHDrbLU0
サンスクリットには発音しづらい二重子音が残ってるんだが
プラークリットになると全て消える: prAjJA プラーヂニャー → paJJA パンニャー
時代が下ると発音は楽な方へ変化する

サンスクリットに変な二重子音が残ってるってことは
サンスクリットに先立つ言語の歴史は長くないってこと

クロマニョン人が現れてしばらくのうちはまだ言語と言える言語はなくて
印欧祖語の時代にようやく言語らしい言語が作られたんだと思ってる

514 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 10:31:29.36 ID:XrMUAG1Y0
言語学おもしろいね
一番単純なのは文法とか言語の分類だけどこれは恣意的なので
言語の発生についてはなにも答えられないし

系統の分析もインドが起源になっててヨーロッパが発狂したけど
否定できないかったんでしょ

過去の偉大な哲学者がとりくまなかったから未踏分野だし
ソシュールや吉本隆明でもいまいちだし

515 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 10:38:49.78 ID:M5ZDGpgz0
>>506
スウィフトのガリバー旅行記を思い出す(´・ω・`)

「言葉を使う目的が意思や情報を伝えることならば、嘘をつくという事は言葉を話す目的にそぐわない」 ってやつ

516 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 10:42:30.09 ID:Ch89iivHO
んじゃ黒アフリカやニューギニア、オーストラリア先住系の言語はどこから湧いたの?
人類は言語を持たぬまま出アフリカして、そのうちの第何次グループかが現アラビア半島を越えてもうちょっと進んだ辺りで言語を獲得したとするならば

そこで何かが起こって新言語が発生して、それが今日言うところの印欧祖語だというなら特に疑問は湧かないのだけど

517 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 10:56:48.79 ID:XrMUAG1Y0
言語の発生は人間の生活がある程度の落ち着いた循環を見て
自然のままの野蛮さから開放されたときだと思う

なぜそうなったかは手を自由に使えること
それ以前は自然学で解決しなければならない領域だろう

518 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:01:48.35 ID:xnHDrbLU0
>>516
サルの鳴き声レベルの言語しかないまま出アフリカしたから
各地の言語をさかのぼっても一つの祖語が出てこないんじゃないのかねえ

519 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:02:39.14 ID:9mta63yD0
言語の起源に対するアプローチは、何を基本的な前提にしているかによって分類することができる。「連続性理論」は、言語は複雑なので何もない所から急に完全な形で言語が現れるのを想像することはできないという考えに基づく
言語は、私たちの祖先の霊長類の間で言語に先立つ前-言語的体系から発展してきたに違いない、とされる。
「不連続性理論」は、逆の考え、つまり、言語は他に類のない特徴なのでヒト以外の動物の特徴と比較することはできないし、そのため人間の進化の過程で全く突然に表れたに違いない、という考えに基づいている。
もう一つの異なる理論は、言語が概して一般的に符号化された生来の能力であると大抵みなしている前二者と違い、言語を主に文化的な、つまり、社会的な交流を通じて習得される体系だとみなす
ノーム・チョムスキーは不連続性理論の卓越した唱道者だが、この問題に関して彼は同僚たちの中で孤立している。
約十万年前に言語機能(心―脳の構成要素)が「瞬間的に」「完全」もしくは「ほぼ完全」な形で出現するような進化の一度きりの突然変異が霊長類の一個体に起こった、と彼は主張している。
続いて哲学的主張が手短に行われた。まず、進化について知られている者から:一個体における偶発的な遺伝的変化によって種のいかなる生物学的変化も起こり、そうした変化が交配可能な集団内で広がっていく。
第二に、言語理論の計算機的観点から:求められる唯一の能力は心の再帰的データ構造(いわゆる離散的無限の性質、人の心に特異的に表れる)を構成・処理する認知能力である。
ヒトの心に離散的無限という性質を付与するこの遺伝的変化は(Nを定数として)Nまで数え上げることができるなら無限に数え上げることができる(つまり、Nまで構成できるならN+1も構成できる)ことになる、とチョムスキーは主張している。
このことは、論理的事実の問題として心が決まった数までしか数え上げられない状態から無限に数え上げられるようになる漸進的な変化の方法が存在しないのでヒトの言語機能の進化は跳躍進化であるという主張を前提としている。
不正確な類推ではあるが、ヒトにおける言語機能の形成は結晶の形成に似ている。
離散的無限は霊長類の過飽和状態の脳における種結晶であり、一たび一つの小さいがしかし決定的なかなめ石が進化によって生まれると物理的法則によって今にも発展してヒトの心にならんばかりになる

520 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:16:46.03 ID:Ch89iivHO
やっぱ言語はダメだな
長々書かれてもさっぱりだわ
何言ってんだかワカンネ

521 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:23:39.05 ID:GXyv4J81O
好きとか嫌いとか最初に言い出した人は誰なの

522 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:26:49.47 ID:XrMUAG1Y0
あとは文字の発生、韻文と散文の発生もあるしね
チョムスキーとかアメリカ人は哲学できないねやっぱり
初めに言葉ありきのキリスト教の影響もあるかもしれん

523 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:35:57.14 ID:xnHDrbLU0
>>520
ジャップ語は関係詞なしで関係節を作る、
サンスクリットでいうところのバフヴリーヒばかりの言語だから
難しい意図を伝えるには向いてない

524 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:36:50.48 ID:ZqPrMRtE0
>>1
何テメークソBeのくせに良スレ立ててるんだよ

525 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:40:02.07 ID:zlpPMu2g0
こういうスレを良スレという人は大抵頭が悪いと思う
言語学"ごっこ"で気分がよくなっても言語学をかじったことにはならないのにね

526 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:42:59.47 ID:dxVfg5MI0
餌を仲間内だけで共有するための暗号が起源だと思ってたんだが違うのか

527 :綺者(イロモノ) ◆IRomONOmp. :2014/03/22(土) 11:58:56.41 ID:gMidIOid0 ?PLT(12000)

このスレ面白いな

528 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 11:59:22.39 ID:EQUNeYgA0
>>11
世界よ、これがケンモメンだ

529 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 12:01:42.03 ID:jTZLnKtzO
>>520
そういう時は拳やサブミッションで語るんだよ
肉体言語と呼ばれる立派な会話手段だ

530 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 12:01:55.95 ID:WeiMKO8d0
>>520
日本語って流し読みがしやすいから意外とちゃんと読めてない人が多い

531 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 12:26:25.72 ID:DxMKoCDC0
日本語の歴史も面白いぞ
古くからある日本語とタミル語には共通の語彙がかなりある(大野晋の研究による)
ヘブライ語と共通の語彙が見られたりもするらしいし、古代の日本は様々な人種の往来があったのかも知れん
中国系の渡来だけでなく、海人族の存在もあるし、日本語の歴史はまだまだ研究の余地がある

532 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 12:43:34.94 ID:rg/R+RgV0
象形文字が形から文字を作っていったように
赤子の言葉みたいに発音しやすい言葉から少しずつ作っていったんじゃね

533 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 12:49:34.87 ID:784DSP/K0
A.世界⊃B.人間が五感により認識可能な範囲(すなわち概念)⊇C.言語により人間間で共有できる概念

という関係がまずある。
Bの範囲は全人類共通である。CはBの範囲内でしか発展できない。
よって、全人類は言語によりBの範囲内で概念を共有できる。ってだけじゃないの?
人間は機械を使わなければ、どうやってもコウモリの超音波話法を認知できないだろ?

534 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:06:48.47 ID:mz1ygHiL0
矢の雨が挨拶代わりとか
北センチネルやべぇ

535 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:11:30.43 ID:2SjFFICY0
>>146
お湯の妖精って何か変だよな

536 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:21:04.33 ID:/eonpMHT0
なんJ語ってなんであんなに波及してるの?

537 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:37:23.80 ID:2SjFFICY0
>>449
>>461
ふむ
私は彼女がかわいい
という構文では明らかにそうだね

cuteやprettyだとfeelを伴わなくてはならない

538 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:41:06.86 ID:jAm/3JP20
>>164
日本語だと「焼く」の一言で済まされる言葉が、
英語だとやたらに沢山あるなんて例もあるからな。

Bake
Broil
Grill
Roast
Barbeque
Toast
Burn
Suntan

これ全部日本語でいうと「焼く」だからね。
焼く方法、焼く対象、焼くやり方が色々違うだけで。

ただまあこうしてみるとBで始まる言葉が多いってのはあるな。

539 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:44:09.71 ID:nZd58JAb0
>>538
燃やす
がある

サンマを焼く
とは言うけど
サンマを燃やす
とは言わない

540 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 13:54:11.84 ID:2SjFFICY0
>>214
例えば哲学だと存在論のテーマの一つに
繋辞(英語ならbe動詞)が存在を表したり(〜がある)属性を表したり(〜である)する現象をどう解釈するかというものがあって古代から大きな問題とされていたんだけど
日本語の場合、存在の「ある」はともかく属性については形容詞なら形容詞のみで、例えば「赤い」と表され、いちいち「ある」という動詞が意識に上る事はない
外国語の分らない日本人が日本語だけで思考する限り、いかに思索的であったとしてもこのテーマが意識化されるというのは困難

541 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:05:51.18 ID:xnHDrbLU0
カリ活用と形容動詞はコピュラつきだよ

542 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:13:26.05 ID:0NzqJxM40
>>519
それがFOXP2遺伝子じゃないの?

543 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:19:38.26 ID:0NzqJxM40
>>537
感嘆詞的に使われるからそうかもしれんが
how cuteとか言っとけばいいだけだろ
だいたい>>449が適当なこと言いすぎだから始まったんであって
NIGGA THATS KAWAIIで画像検索すればわかるけど
「日本のアニメ的なかわいさ」を表してるだけの話で
自分の感情とか関係ない

544 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:27:46.28 ID:y3V6Algs0
ヒント:モノリス

545 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:36:23.07 ID:2SjFFICY0
>>543
感嘆詞じゃないよ
この構文だと自分の主観が表現できると言うこと

how cuteと言ったところでそれが対象の属性を言い表したなってしまうことには変わりない
何か勘違いしているようだがcuteという形容詞自体は「私はその対象をいとしく思っている」と言う意味は含まれない
「かわいい」には含まれるのであのような構文も取れる、それだけの話
ここが分らないなら英単語の意味自体を間違って覚えている可能性がある

546 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:40:47.59 ID:2SjFFICY0
>>541
(印欧語のように)「存在」を表すのに使われる「ある」が常に要求されるわけではないだろう?
なりでもだでもなく、必ず「ある」が用いられる(そしてcopulaを必要としない形容詞は存在しない)というなら話は別
そういう問題

547 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:44:30.31 ID:jAm/3JP20
>>545
英語には詳しくないからよく分からんが、cuteってのは「形容」ってだけあって
赤い青い丸い四角い長い短い高い低いみたいな勢いで、
ある程度の客観性を持って特定・同定・観測可能な概念だってこと?

確かに「可愛い」って言うと、感情を表す感嘆の意味だというのは分かるが、
cuteってのは、それこそ高い低いみたいな観測や比較が可能な概念って話?

548 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:46:49.15 ID:0NzqJxM40
>>545
そこは俺がアスペだったけど
英語では、「わたしは彼女がかわいい」という構文では使われてないし意識もされていないので
>>198への答えとしては間違っている

http://www.urbandictionary.com/define.php?term=kawaii

549 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:50:16.20 ID:jAm/3JP20
>>548
なんか身もふたもない書き方だなそのurban dictionay.
あれか、Wikipedia的にみんなで作る辞書みたいなものなんか?

> An adjective in Japanese meaning
> " pretty; cute; lovely; charming; dear; darling; pet"
> It's stem is two kanji meaning "can love".
> It is commonly used by anime and manga fans.
> Chibiusa-chan's new outfit is so kawaii!

なんか、まちがっちゃいないがちょっと違うだろうという説明でちょっと草が生えるw

> It's stem is two kanji meaning "can love".

550 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 14:57:07.80 ID:0NzqJxM40
この話題引っ張るのはつまらんかったごめん
存在論とかのほうが面白そう 東浩紀も最初はそういう方面の人だったんでしょ

551 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:06:37.21 ID:ajE88aEx0
ここはそんなに良スレじゃないよね
”雰囲気良スレ”

552 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:10:01.56 ID:2SjFFICY0
>>547
あまり言い切ると感情的に違うことを言いたがる人が出てきそうだけど印欧語の形容詞っていうのは基本的に属性の説明と言っていいと思う
to be beautyful はその判断自体が主観的であることはさておき「美に満ちている」という性質の説明という意識なはず

>>548
自分のレスは>>449についての指摘なので>>198について直接何か答えたつもりはないが

つまり彼女は[かわいい] she is [例えばcute]
と構文を同じにした場合に意味はどれだけ異なるのかということかな
自分はその意味でも>>449「自分にはいとしく感じる」という情感が含まれるような気がする
辞書の記述からしてそうだと思う

553 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:13:32.70 ID:rGgsn2kn0
言語を持たなかった人間の期間ってどれくらいなんだ
何にしても長年の時間で、吠え声を言語にしていったのだろうか

554 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:27:13.90 ID:xnHDrbLU0
>>546
印欧祖語でも、ラテン語でもギリシャ語でもサンスクリット語でも
コピュラはよく省略されるが?

555 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:27:25.31 ID:Q+cUploZ0
何かするときにアーアーいい始めたのが始まり
全部アーアー言ってけど
アーーー!!(どっちだよ!!!!!) けんかてなったから徐々に細分化した

556 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:29:44.89 ID:CBeln5040
出アフリカの時には当然
ある程度の、言語をもっていただろうに
全くことなる言語が乱立している不思議

557 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:31:00.56 ID:j48w7JXO0
文字なら記号論として科学になるけど
過去の言語は分析のしようがないから科学的とは言いがたいんですが

558 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:31:12.52 ID:jAm/3JP20
>>552
なるほどなー、結構目からうろこだわ

559 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:35:09.09 ID:2SjFFICY0
>>554
ちがうそうじゃない文法が求めるのは存在であれ属性であれ一つの動詞 esse, einai だという事
だ、や ですという「ある」とは別の語が使われても良い文法体系とは決定的に違う

その文法に則って言語を運用する上で省略が起こる事は重要ではないよ

560 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:35:53.47 ID:xnHDrbLU0
コピュラのない、名詞 + 形容詞 だけの文は、
コピュラが省略されたのではなくて、それがもともとの表現のよう

A GRAMMAR OF MODERN INDO-EUROPEAN
http://dnghu.org/en/indo-european-language-grammar/

p.302 NOMIAL SENTENCE
1. Nominal sentences, in which a substantive is equated with another
substantive, an adjective, or a particle, make up one of the simplest type of
sentence in PIE.

このあたり、ジャップ語の「あり」はコピュラ動詞にとても似てる

561 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:36:07.89 ID:ed5u3RT/0
インド・ヨーロッパ語族にはロマンを感じる

562 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:37:12.03 ID:tJLvxEkT0
しかも起源説論争で暴れるナショナリストとか湧いてくるのでさらなる混乱は必至

563 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:37:51.07 ID:xnHDrbLU0
>>559
「だ」は、「にてあり」の省略

564 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:47:06.71 ID:2SjFFICY0
>>563
それ定説?
そうだとしても「形が変わったら同じcopulaとして意識できない」だろ
あと形容詞はどうなるんだ?

565 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:51:56.05 ID:g1o7HPKE0
>>123
それヤペテ理論のパクリじゃねーの? 吉本さんならマルの学説について直接間接に
知っていた可能性は高いし

566 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:54:08.88 ID:2SjFFICY0
>>563
>>564
>>560が答えになってるのか
それはsimplicityという観点から論理的に順の立てたのではなく?

567 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 15:59:12.99 ID:xnHDrbLU0
>>564
定説っつーか
「だ」は「である」の省略で「で」は「にて」の変化形だから「にてあり」から来てることになる

形容詞は連用形 + あり でカリ活用になる
形容動詞は「に」 + あり

存在の「あり」がコピュラとして使われている
使用が義務的でないのも印欧祖語の存在の動詞 esmi とそっくり

>そうだとしても「形が変わったら同じcopulaとして意識できない」だろ
「である」の「ある」から意識可能かと

568 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:02:21.51 ID:2SjFFICY0
>>560
それはsimplicityという観点から論理的に順序立てたのではなく文法の形成過程で形容詞+copuraという表現の「見られなかった」時期があると言うことかい?
聞いたことないけど。引用だけじゃそうは見えないし。
形容詞+コプラと並存していたならあくまで主語 形容詞 コプラという文法的な原型の省略系なはず
もちろんsimplestであることには変わりないが

そういう意味じゃないのかい?

569 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:02:57.74 ID:cbT2Aa8o0
なんか太古の昔からある言語で現代では二人しか話せる人間がいないんだけど
その二人が喧嘩して話さなくなったせいで絶滅寸前の言語があるって昔聞いたな
あれはどんな言語だったんだろう

570 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:05:42.05 ID:jAm/3JP20
>>569
メキシコのこれか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%91%E3%83%8D%E3%82%B3%E8%AA%9E

571 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:05:49.44 ID:xnHDrbLU0
>>566
>>560 は現代的な印欧祖語の説を並列してくれてる良著だから読んでみると面白いよ

p.303
NOTE. The basic form of nominal sentences has been a matter of dispute. Some Indo-
Europeanists propose that the absence of a verb in nominal sentences is a result of ellipsis
and assume an underlying verb esmi (Benveniste 1950).

Fritz (in Meier-Brugger 2003): “Nominal phrases are not simply verbal phrases without a
finite verb (with what is called ellipsis of the copula), but rather constitute an independent
type of clause. Thus, the predicate noun in nominal phrases is always stressed, unlike the
verbal predicate in verbal phrases. In fact the term ‘elipsis’ is not exact, since the copula is
not essential. Contrarily, the use of the copula should rather be seen as an adaptation to the
common pattern of verbal phrases, which always feature a finite verb form.

572 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:07:03.18 ID:cbT2Aa8o0
>>570
あーこれだわ
言語は知恵の結晶だからどうにか保護してほしいね

573 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:11:51.47 ID:qFi4KXQWO
NHKで人類の進化の番組見たら肉食いだして脳が大きくなったらしい

574 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:16:30.79 ID:xnHDrbLU0
>>568
(>>571 の訳)
名詞文の基本形については、議論が続いている。

(Benveniste 1950)
名詞文の動詞の欠如は省略の結果であり、動詞 esmi が暗黙に存在する

Fritz (in Meier-Brugger 2003):
名詞文は、定形動詞のない単なる動詞文 (いわゆるコピュラの省略) ではなく
独立したタイプの節である。たとえば、名詞文の述語名詞にはいつも強勢があるが、
動詞文の述語名詞にはない。「省略」という用語は正確でない。なぜならコピュラは必須でないからである。
逆に、コピュラの使用は動詞文の共通パターンに合わせたものだと見るべきである。

575 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:18:26.84 ID:6PaHDf2q0
起源と言えば韓国だろ

576 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:18:46.02 ID:2SjFFICY0
>>567
文語で思考すると理屈の上では存在論を日本語で議論できそうな気がしてきた

>>571
ありがとう
うわそのものずばり言ってるんだ・・・しかも
Contrarily, the use of the copula should rather be seen as an adaptation to the
common pattern of verbal phrases, which always feature a finite verb form.
すごいなこれ 割と新しい説のようですがもしかして現代ではこっちが定説に?

577 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:19:36.86 ID:hz3Rneql0
>>11
例えがどうしてこうも下品なのか

578 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:21:28.77 ID:ajE88aEx0
>>572
世界の言語って過去50年くらいでも大量に消滅している
何百単位で

579 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:23:49.56 ID:2SjFFICY0
>>571
>>576
×こっちが定説に?
○こっちが優勢とuk ID:2SjFFICY0は見ている?

580 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:24:32.86 ID:cbT2Aa8o0
>>578
勿体無いよなぁ

581 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:30:54.72 ID:yCajYiqx0
最難問は決まっている

宇宙、生命、その全てだ

582 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:31:03.92 ID:xnHDrbLU0
>>579
俺は門外漢だから定説がどれかはわからない。このPDFを通読したことがあるだけ。
matter of dispute だから決まってないんだと思う。

あと俺がここにコピペするとき途中を飛ばしてしまったから 2003 年という新しい説に見えるけど
元々のPDF では
 ・ellipsis だという過去の説
 ・ellipsis でないという過去の説
 ・2003 年の説
のように並列してる

つまりこの本の著者は省略でない説を支持したいんだと思う

583 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 16:31:41.53 ID:hO4qEJkJ0
オウド?
テレオモ

584 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 18:44:24.24 ID:okitcGZ00
10か国の人間が同じ赤ちゃんをみんなで世話したら全部の言葉を覚えるのだろうか

585 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 20:37:12.42 ID:ajE88aEx0
どうなった

586 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 20:54:09.46 ID:rIroeWYL0
>>584
ハーフとかのバイリンガルも普通に母語が一つの人よりそれぞれに割り当てられた能力値が低いらしい
俺らは日本語に100だけど、英語と日本語が生まれつき話せる人は、50:50になるとか
資質の問題もあると思うが、中途半端に全部喋れるようになるんじゃないかな どうなのかね

587 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 20:58:29.56 ID:uZTE+nyb0
>>584
昔の貴族で研究者が、自分の子に対して、
家族それぞれが、別の言語で話しかけた研究があったような
5つくらいの言語だったと思うけど

本人は、早く自分専用の言語を作らなきゃって思ったとか

588 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 20:58:39.04 ID:KIdyeThi0
>>577笑った

589 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 21:43:24.68 ID:okitcGZ00
>>11
これだけはいつの時代のどこの地域に行っても通じそう

590 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 22:01:08.93 ID:ltRLmr380
意識は脳にあるにきまつてるだろ

じゃあためしにおまえの脳切除してみようぜ?

それでもおまえに意識あったら間違いを認めてやんよ

591 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/22(土) 23:26:21.20 ID:ltRLmr380
笑いというのも実は言語だよ

防衛のための意思表示

面白くて笑っている者などいない

他者に自分は安全な者ですというアピールをするために笑っている

これの必要のない所では

これをする必要のある場面を笑う事で自分の心を守る為に笑っているのだ

無職が攻撃的なネタを好むのはそのせい 社会そのものを攻撃するネタに同意する事で

社会になじめない自分を自覚してしまう事から自分を守っている

592 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 00:39:08.27 ID:mHCURbjI0
おまえら

今後10個の言葉しか使ったらいけないとしたら

どれ選ぶの

593 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 00:47:50.29 ID:mHCURbjI0
>>521
クリーミーマミだよ

594 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 01:05:47.14 ID:3YhIsiGu0
>>587
なにそれおもしろい

595 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 03:04:51.17 ID:g4Z+vobL0
>>551
雰囲気良スレとは言い得て妙だな

596 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 03:07:11.74 ID:0nTS1TOv0
日本語は雰囲気言語

597 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 05:08:14.67 ID:KNkOnw1M0
>>551
良いスレと思った人がいたら、その人にとって良スレ

おまえみたいにケチばっかり付けるつまんないしみったれ野郎からしたら、そうでもないスレってだけだ (´・ω・`)

598 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 05:21:42.95 ID:I5hrBzr50
名前じゃね
指差しながら「(お前は)アー」「(俺は)オー」とか

599 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 05:37:10.16 ID:xaDGFmsU0


600 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/03/23(日) 06:19:57.13 ID:l/EGlNyK0
進化?
サンスクリット語に比べたら退化してるぞ

164 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)